堀江氏逮捕に思うこと(4) ~彼らは特別な存在ではない~

ライブドア事件の話は、徐々に週刊誌の世界に移行しつつある。ここから「ホリエモン・
サスペンス劇場」のような疑惑が次々と出されるかも知れない。ただ疑惑の内容が内容だけ
に、TVや新聞などはよほど明白な事実でないと、あまりまともには伝えようとはしない
だろう。(マスコミも検察も事実がわかったとしても、どれだけ表に出すか・・・。)
 ここから先の疑惑に関しては、一般市民の私にはあずかり知れない世界の話なので、
何か特に公表されることでもなければ、このブログでは触れるつもりはない。

 私はむしろ、この堀江ライブドアの件を通じて、もっと身近で現実的なことをとらえ、
その背景を考えたいと思っている。
 何故なら、堀江氏は特出した存在であり、ライブドア幹部等も含めて彼らがやったこと
は特殊であったかも知れないが、決して特別な存在だとは思わないからである。だから
こそいまだに彼らを支持したり、そう悪い存在だとは思わないという若者も少なくない
のではないかと思う。そして、それをある程度理解した上で、現在および将来のことを
考えていかないと、日本の社会はボロボロになってしまう危険性があると懸念するから
である。

<つづきは ↓More をクリック>



 先に言えば、私は堀江氏とは直接的には何の関係もないし、彼のことをすごく好意的に
受け止めているわけではない。彼がオンザエッヂ社を上場した頃、たまたまメディアを
通じて彼の存在を知ってから、何となく興味や好感(というより、面白そうという思い)
を抱いて見ていたところはある。私は個人的に、自分の才覚や力で、努力を工夫を重ねて
上に上がって行こうとする人が好きだからなのかも知れない。だが、特に近時は、彼の
言動や手法には否定的に思う部分が大きかったのも事実である。

 そもそも私は、このブログでも何回か取り上げているように、いわゆるアメリカ型の
新自由主義的な経済政策を過度に推進して行くことに反対の立場である。それゆえ、
まさに「新自由主義の申し子」とも言える堀江氏の経営手法や言動には懐疑的なものが
多かった上、それを若者や子供たちに広めようとするのを見て、天敵のようにさえ思う
面があった。また結局は政界や経済界とのパイプを築こうとしたことや、違法な手段を
用いたかも知れないことには、大きな失望感も覚えている。
 だから、その気になれば、多くのメディアで見られる論調と同じように「カネ、カネ
と拝金主義はいけない」とか「企業の経営理念やモラルに欠ける」とか、色々と批判
することも可能なのである。(実際、過去の記事で何回かそうしているが。)

 だが、TV等で特に年長の人たちが、上述のような非難をしているのを見ると、「ちょ
っと待った~」と言いたくなることがある。
 私は問いたくなる。彼らがそのような考えを抱くようになったのには、年長者が築いて
来た時代や、下の者への接し方は全く影響がなかったのであろうかと。では、あのバブル
の時代に、お金や株式や土地を信奉して狂喜乱舞したり、企業理念もモラルもへったくれ
もないようなことをしていたことに関しては、どう説明するのかと。(また、その恩恵を
受けた人も少なからずいるのではないかと。)そしてバブル崩壊後、きちんと次世代の
ことを考えて、社会や教育を立て直そうとする努力をしたのかと・・・。etc.etc.
 時に一方的な堀江バッシングを見て、そのような疑問や反感を抱く人は、少なくないの
ではないだろうか?

 また、確かに堀江氏は特出した存在であり、今後、様々な意味でここまで世間に注目
される人物はしばらく出ないようにも思うし、ライブドア社が容疑をかけられている違法
な手段は特殊な面があるかも知れないが。ただ、彼らは決して特別な存在なのである。
 実際、いわゆるヒルズ族を含め、アメリカ型の新自由主義的な企業社会を是として、
向こうの会社の経営手法なども手本にしつつ、時価総額を少しでも増やして会社の評価を
あげようとか、M&A物件を物色している20~30代の若手起業家は少なからずいるの
である。彼らの中には、やはり合法スレスレの勝負を賭けている者もいるはずだ。
 他方で、同年代の者たちの中には、フリーターやニートをやっている者も少なくない。
中には、いわゆる「ミスマッチ」によって、定職につかず、または勤めていた会社をやめ
て、転職を繰り返したり、起業を考えたり、それがうまく行かず、フリーターやニートを
している者もいる。
 この両者は全く異なる形の生き方をしているようであるが、私は彼らには共通する意識
があるように思うのだ。それは「価値観」&「自己実現」である。
 そのような状況や考え方、またそれに至る背景を認識し理解しようとしなければ、何も
解決はできないようにも思うのである。

                     <つづく>  THANKS
[PR]

by mew-run7 | 2006-02-01 06:23 | 堀江氏逮捕に思うこと | Comments(4)

Commented by あらびあ at 2006-02-07 00:29 x
まあ、政策が功を奏して働かなくてもなんとか食っていける時代になったんでしょうね~~。(苦笑)

食えなきゃ「自己実現」なんて言っている場合じゃないと思います。(ちょっと極端すぎるかも・・・)

やっぱり良い時代だということでしょう。10年後は知らないけど・・・。
Commented by mew-run7 at 2006-02-07 16:10
あらびあさん、コメント有難うございます。

他はわからないけど、私の周囲では、学校を出ても親がかりの人が
少なくないんですよね。
自宅にいれば、タラタラしていたり、ちょっとバイトをすれば食べて行け
ちゃうし。親も「困った」と言いながら、結局、面倒見てたりして。
まあ、その意味じゃ、いい時代なのかも???

けど、親が養えなくなったら、彼らは40~50になって、どうするの
だろうと思ったりするです。
Commented by あらびあ at 2006-02-07 23:12 x
全くその通りです。

彼らが40~50になった時の親御さんも不幸になると思います。

しかし、そうなった彼らに税金を使われるかもしれない自分達も不幸かも。(苦笑)

世の中、悪循環が多いですね。(苦笑)
Commented by mew-run7 at 2006-02-08 02:31
あらびあさん、コメント有難うございます。

今、生活保護も簡単には申請を受け付けてくれませんしね。

最近、時々、親が死んでも届けずに、親の年金をもらい続けている人とか、
親がお金をくれなかったから逆上して殺傷したという50代ぐらいの人の
ニュースがあるじゃないですか~?

何かそんなのばっかになったら、困るな~って思ったりもするです。