財務局職員が自殺。佐川の辞任もクチ封じと尻尾切り。真相解明とさらなる責任追及を

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

実験です。人気ブログランキングをクリックして下さる方は、できるだけ一番上の
バナーをクリックしてください。ご協力よろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   


 何だか何十年か前の日本に逆戻りしたみたいだ。(@@)

 財務省が森友学園に不適切な国有地売却を行なったとされる事件(文書の破棄、改ざんの問題も含む)の真相がなかなか明らかにならない中・・・。

 昨日、この交渉に関わっていた近畿財務局の職員が自殺したことが判明。(-"-)
 そして、ほどなくして、昨年、理財局長として、この問題の国会対応をしていた佐川国税庁長官が、急に辞任することを発表した。 (・o・)

 しかし、麻生財務大臣は、現段階では進退は考えていないとのこと。安倍首相に至っては、我関せずの姿勢を貫いていて。
 彼らはまさに、都合の悪いものはオモテから消す(闇に葬って、排除する)形で、「トカゲの尻尾切り」による幕引きをはかろうとしているのだ。(`´)

* * * * *

 佐川氏が何故、急にこのタイミングで辞任したか。最大の理由は、与野党や国民へのガス抜きと、佐川氏を民間人にして国会に呼べないようにすることだろう。(ーー)

 実際、自民党の森山国対委員長は9日、佐川前局長は「トカゲの尻尾ではなく、頭だ」「一般人を国会に呼ぶのは難しい」と発言。佐川氏の国会招致を行わないまま、同氏にアタマ(TOP)として責任をかぶせることによって、幕引きをはかることを示唆している。 (~_~;) 

<mewは、元議員、公務員などは、たとえ退職して一般の民間人になった後も、自分の現職中に担当した事案について国会招致に応じる義務があると思うんだけどな~。(-"-)>

 でも、財務省に何もやましいことがないのであれば、佐川氏が辞任をする必要もないわけで。政府与党がこのような対応をするのは、色々な疑惑や問題をカバーし切れなくなって来たからだろう。 (・・) <森友との不正な取引、破棄したと言っていた文書が実在、決裁文書の存在など。>

 もしこの森友学園の諸問題をうやむやなままに終わらせたら、決して大げさでなく、日本の民主政は腐敗&破壊が進むことになると思っている。(-_-;)

 それゆえ、どうか野党はもちろん、良識あるメディアも、この件はしっかりと追及して欲しいし。
何より国民がこの件にきちんと関心を持って「安易な幕引きは許さない!」という姿勢を明確に示して欲しいと切に願っているmewなのである。(**)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 昨日9日、森友学園問題に大きな動きが次々と起きた。(゚Д゚)

 8日、毎日新聞などが、他の決裁文書に「特殊な事情」などの文言があったと報道したことで、決裁文書の改ざんがますます疑われることに。

 さらに、9日には、今度は朝日新聞が改めて、当初の決裁文書に記されていたはずの交渉の経緯が、項目ごとごっそりと削除されたと報じた。 (・・)

<この辺りのことは改めて書きたいが。この交渉の経緯の部分には、特殊な事情or特例にすべき事情として、首相夫人である安倍昭恵氏の存在に関する(orそれを示唆すること)も記されていたので、項目ごと削除したのではないかと見られている。(~_~;)>

 そのような報道を受け、野党はますます勢いづく感じがあって。政府与党や財務省の対応に問題があるとして、9日も衆参委員会などの出席を拒んだため、国会の空転が続いていた。(@@)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 そんな中、午後2時過ぎだっただろうか? ネットで、実にショッキングなニュースを目にすることになった。(゚Д゚)

 森友学園側との交渉に関わっていた近畿財務局の男性職員が、7日に自殺していたことがわかったというのである。この件で、ついに犠牲者が出てしまった。_(__)_

 この男性は、この部署の幹部職員が森友学園前理事長の籠池泰典氏らとの直接交渉に当たっており、死亡した男性はこの職員の直属の部下だったとのこと。
 国会で問題が取り上げられるようになってから多忙を極め(精神的にもまいったか?)、昨年秋から体調を崩して休職。近時は、大阪地検から聴取を受けていたとの情報もある。

 財務省は個人情報だとして、何も情報を明かそうとしないのだが。この男性は実際、交渉の現場にいて、その過程を見聞、記録していた可能性が大きいという。(-"-)

<昨夜、TVで、土地取引がおこなわれていた当時の近畿財務局長である武内良樹・財務省国際局長が首相官邸を訪問したというニュースをやっていたので、官邸だけで情報収集&何かよからぬ打ち合わせをするのかと思ったのだけど。今にしてみれば、この職員の件もあったのかも知れない。>

 ほどなくして、午後4時頃・・・、今度は、前理財局長として森友学園の問題に関わっていた佐川国税庁長官が、長官職を辞任する意向だとのニュース速報が出て、ビックラすることに。 (@@)

 そして、午後8時頃に麻生財務大臣が会見を行なって、佐川長官の辞任を発表。さらに、佐川氏自身が、初めて記者の前に立って、ぶら下がり会見に応じるに至ったのだった。 (・o・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 順を追って、整理して行った方がいいと思うので。まずは、自殺した近畿財務局の男性職員に関する記事を・・・。

『近畿財務局職員が自殺=「森友」交渉に関与か

 学校法人森友学園に大阪府豊中市の国有地が格安で売却された問題で、学園側との交渉を担当した部署に所属していた近畿財務局の男性職員が兵庫県内で死亡していたことが9日、関係者への取材で分かった。自殺とみられる。県警などが詳しい状況を調べている。

 警察関係者によると、男性職員は数日前に神戸市内の自宅で死亡しているのが見つかった。事件性はないとみられ、自殺とみて調べている。国有地売却問題との関連は不明。
 男性職員は近畿財務局が学園側と交渉していた当時、国有財産を管理する部署に所属。この部署の幹部職員が学園前理事長の籠池泰典被告らとの直接交渉に当たっており、死亡した男性はこの職員の直属の部下だった。

 一連の問題では、この幹部職員と学園側が2016年に交渉した際のものとされる音声データの存在が明らかになっている。音声では、籠池被告が「グーンと価格を下げて」と求め、幹部職員とみられる男性が「ゼロに近い金額まで努力している」などと応じていた。

 一連の問題については、大阪地検が背任や公用文書毀棄(きき)容疑などの告発を受け捜査しており、近畿財務局職員らからも事情を聴いている。
 近畿財務局は取材に「情報を把握しておらず、個人情報でもあるので答えられない」としている。(時事通信18年3月9日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

『近畿財務局職員が自殺か 森友学園との交渉担当の部署

 学校法人・森友学園(大阪市)との国有地売買をめぐる交渉・契約を担当した財務省近畿財務局の部署に所属していた男性職員が、神戸市内の自宅で死亡していたことが9日、捜査関係者への取材でわかった。遺書があり、自殺とみられるという。

 関係者によると、職員は国有地の売却などを扱う管財部門に所属。2016年3月、10年以内の土地売却を約束した定期借地契約から、森友学園側の要望を受けて早期の売却に方針転換し、学園側と同部門が交渉していた。近畿財務局は同年6月に8億円超を値引きして売却。朝日新聞はこうした経緯を昨年2月に報道し、表面化した。関係者によると、数カ月前から欠勤がちだったという。

 一方、国有地の貸し付けや売却契約の決裁文書が書き換えられた疑惑をめぐり、財務省は関係職員の聞き取り調査を進めていた。
 麻生太郎財務相は報道陣に9日、この職員の死亡について問われ、「内容は聞いています」と答えた。
 一連の問題をめぐっては、大阪地検特捜部が背任容疑の告発を受理。また、文書管理をめぐる公用文書等毀棄(きき)容疑や証拠隠滅容疑の告発も受理している。(朝日新聞18年3月9日)』

* * * * * 

 そして、リテラの記事「近畿財務局・森友担当職員の自殺が発覚! 文書改ざんの責任押し付けか? 自殺翌日の昨晩、当時の上司が官邸に」から一部抜粋すると・・・

『恐れていたことが起こってしまった。財務省近畿財務局で森友学園への土地売却の交渉をしていた職員の部下にあたる上席国有財産管理官だった男性職員が、一昨日7日に死亡した。警察は自殺とみて調べているという。(中略)

 この男性職員が亡くなったという7日の直前には、財務省は近畿財務局で決裁にかかわった27人に聞き取りをおこなっている。ここで財務省が近畿財務局の職員に責任を押し付けようとしたことは想像に難くない。職員は昨年11月から一時、休職していたというが、最近になって、何度か登庁しており、聞き取りには応じていた可能性が高い。』

『事実、こうした政界・官界が絡んだ事件では、担当者が自殺に追い込まれるというケースが数多く起こっている。たとえば、1998年に発覚した大蔵省接待汚職事件、いわゆる「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」では、金融機関から収賄を受けて便宜供与をはかったとして大蔵省は4名の官僚の逮捕者を出したが、このとき銀行局金融取引管理官が自殺に追い込まれた。また、1988年に発覚したリクルート事件では、未公開株を譲渡されていた竹下登首相の「金庫番」と呼ばれていた秘書・青木伊平氏が自殺している。

 そして、担当者の自殺によって、事件そのものの実態が完全には解明できないという空気がつくり出され、大物の責任が問われないまま終止符が打たれることが繰り返されてきた。

 そのため、今回の担当者の自殺を受けて、安倍首相をはじめ政府関係者はほくそ笑んでいるかもしれない。「やはり近畿財務局の暴走だった」と片づける可能性もあるだろう。

 実際、昨晩には、土地取引がおこなわれていた当時の近畿財務局長である武内良樹・財務省国際局長が官邸に出向いている。このとき官邸側と自殺の一件で口裏合わせをおこない、担当者に責任を被せるシナリオを描いたのではないか。

 しかし、この問題は、そうやって幕引きできるものではけっしてない。改ざんがあったことはもはや言い逃れはできないし、今回の担当者の自殺は、まさに改ざんは組織ぐるみの犯行で、担当者が本省との板挟み状態であったことを証明するものだ。そして、この「特例」の取引の引き金となったのは、昭恵夫人の存在なのだ。

 今後、さらに改ざんを裏付ける証言や証拠が出てくる可能性は高い。保身に走る人間たちに追い詰められた末に犠牲者を出してしまうという起こってはいけない事件が起こった以上、このまま終わらせてはいけないだろう。(編集部)(リテラ18年3月9日)』

 安倍首相が、ほくそ笑んでいるとは思わないが。何人かのクビを切ってでも、自己保身に走ろうとしているのは、事実だと思われ・・。
 どうか国民の多くが、それを許すまいという方向に動いてくれればと、心から願っているmewなのだった。(@@)

  THANKS


                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"






「佐川氏は一般人になった。招致は難しい」自民・森山氏
3/9(金) 22:33配信 朝日新聞デジタル

■森山裕・自民党国会対策委員長(発言録)

 佐川宣寿(のぶひさ)・国税庁長官が辞職の申し入れをされた。極めて残念なことだった。職を辞されるということは非常に重いこと。トカゲの尻尾ではなく、国税庁長官はアタマだと思う。(野党が求める佐川氏の国会招致については)一般人になられたわけで、難しくなったと申し上げた方が分かりやすいのではないか。(国会内での記者会見で)

[PR]

by mew-run7 | 2018-03-10 06:21 | (再び)安倍政権について