ついに東京にもオスプレイが。危険率が高い空軍仕様の配備を前倒しか。都民は拒否できないのか



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   


当ブログでは、何年か前から「オスプレイがあなたの町にやって来る!」みたいな記事をアップしていて。「オスプレイの問題は沖縄だけじゃないんだよ」「もうすぐ全国各地に配備されたり、アブナイ訓練飛行をしたりするんだよ」とアピールし続けていたのだけど・・・。

 いよいよわが東京にも、オスプレイがやって来ちゃいました~~~!!!(**)

 しかも、こちらは沖縄に配備されている主に運搬用の海兵隊のもの(MV-22)とは違って、空軍仕様の特殊作戦用のオスプレイ(CV-22)で。ヘリの下にレーダーや銃器などもついているし、低空飛行をする機会が多いため事故率もさらに高いとのこと。(゚Д゚)
 そのCV-22が、この夏にも横田基地に正式配備されることに決まったというのである。(~_~;)

 実は2014年7月にアップしたの『オスプレイが日本全国を飛び回る~日本も17機購入&佐賀空港に配備か』に、横田基地がCV22オスプレイの配備候補先になっているっていう記事を載せているように、以前からそういうウワサはあったのだけど・・・。

 でも、この夏に正式配備するなんて話は、「東京都民は全くきいてなかったっす。(-"-)」って怒っていたら・・・。どうやら日本政府にとっても、この米軍の計画前倒しはサプライズだったようで、連絡があったのもつい2週間前だったという。_(。。)_ <安倍内閣って、完全に米国、米軍にナメられているよね。あ、自衛隊にも、かな?^^;>
 
『配備は2019年10月以降とされていたが、3日に突然、前倒しが発表された。政府関係者によると、米側から連絡があったのは3月16日。ただ「こちらから連絡するまで、日本国内の公表は控えてほしい」と要請があったという。

 横田基地には数年間で段階的にオスプレイ計10機と要員約450人が配備される予定。日米安全保障条約に基づく事前協議の対象ではなく、配備に先だって日本側に連絡があるだけだ。「特定の機種の配備を『やめてくれ』という権限は日本政府にはない」と防衛省関係者は話す。(朝日新聞18年4月4日)』

 ちなみに、今、米軍オスプレイの整備拠点になってい千葉県の木更津駐屯地は、陸自が導入するオスプレイの配備先になるかも知れず。(*1)

 いや~~~、近い将来、東京や千葉の上空から関東周辺地域で、ふつ~にオスプレイが飛んでいる光景が見られちゃうのかもと思うと、ゾ~ッとしてしまうです。(>_<)

* * * * *

 mewは、沖縄だけに米軍基地の負担を押し付けるのはおかしいと思うので、その負担を全国各地で分け合うこと自体は賛成なのだけど・・・。

 ただ、それ以前に、日本にある米軍の基地をもっと減らすべきだと思っているし。<もう敗戦後、70年以上立ってるんだからね。占領中みたいに、いつまでも好き勝手に使えると思うなよって感じ。>

 それに、そもそも危険性が高い&騒音や振動の被害も大きいオスプレイ機自体が日本に配備されたり、日本各地を飛び回ったりすることにも反対の立場で。しかも、横田基地のオスプレイは空軍用のもの(=普天間基地のオスプレイとは別物)なので、沖縄の負担軽減にはつながるわけではないわけで。尚更に、今回の横田基地へのオスプレイ配備には、東京都民として大きな不満を覚えている。(`´)

<ましてや日本が(=安倍内閣が)、米国の言いなりになって、オスプレイ17機も3000億円もかけて購入する約束をしてしまったことには、本当に怒っているです。米軍オスプレイと共に、日本各地で、危険と騒音が巻き散らかされるんだよ。(-"-)>

 それゆえ、大きな声で「イヤだ~~~。絶対、反対!」と叫びたいmewなのである。 (・o・)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

『在日アメリカ軍が2018年の夏に、横田基地に正式に配備する予定の「CV-22オスプレイ」5機が神奈川・横浜市から飛び立ち、5日午前、東京の横田基地に到着した。

 5日午前11時30分すぎ、オスプレイの5機は、滑走路を利用し、回転翼を倒した状態で着陸した。着陸の際は、住宅街の上空から旋回し、回転翼の大きな音が聞こえた。

 横田基地は、東京の瑞穂町などにまたがっていて、最近では、基地の近くまで住宅や商業施設が立ち並んでいて、住民からは、特に安全性と騒音問題に対して、不安の声が多く上がっている。
 
 在日アメリカ軍は、5機を必要な訓練を行ったのち、夏ごろに正式に配備する方針で、横田基地には、今後、数年間であわせて10機が順次配備される予定。(FNN18年4月5日)』

* * * * *

『“特殊作戦”用オスプレイ首都圏へ
特殊作戦などに用いられるCV-22オスプレイ5機が、神奈川・横浜市に陸揚げされた。東京の横田基地に配備されるが、首都圏の空をオスプレイが飛行することが当たり前の光景となる。

船から陸揚げされ、1列に並べられたアメリカ軍の垂直離着陸輸送機「オスプレイ」。
このオスプレイが2018年夏に配備されるのは、在日米軍横田基地。東京・福生市や立川市、昭島市など、5市1町にまたがり、その総人口は42万人。この基地に行ってみた。

フェンスの向こう側は、横田基地の建物がずらっと並んでいる。救急車なのか、軍の車両もいくつか並んでいた。狭い通りを挟んだ側は、住宅街。一般の住宅、普通の住宅が並んでいるエリアになる。また畑、そして住宅も何軒かあり、通りを挟むと、すぐ横田基地の滑走路になる。

オスプレイも、ここを離着陸するのか。オスプレイは、基地から離陸すると、住宅の上空を飛行することになる。そして、北関東や新潟に広がる「エリアH」と呼ばれる自衛隊の訓練空域などでの訓練に向かう可能性がある。

横田基地の周辺住民は「沖縄とかで落ちてますよね。住んでいる人間としては、孫もいるし、それが心配」、「横田基地は、あまり事故とかないので、あまり意識していない」などと話した。

しかし、今回のオスプレイは、山沿いを低空飛行しながら夜間飛行したり、戦闘するなどの危険な状態を想定した、特殊作戦用のオスプレイだった。
2018年夏に配備されることが決まった特殊部隊のCV-22オスプレイ。これまで、沖縄・普天間基地に配備されていた輸送用オスプレイ、MV-22と比べ、より過酷な条件下での任務を想定したもの。

2016年12月には、沖縄・名護市で、輸送用のオスプレイの不時着事故が発生している。
その事故率は、10万飛行時間あたり、3.24件。今回の特殊作戦用は、それを上回る、4.05件。

福生市の加藤育男市長は、「本当に大変なことだと思っています」と語った。横田基地には今後、数年間であわせて10機が順次、配備される予定。(FNN18年4月4日)』

『菅義偉官房長官は4日午前の記者会見で、在日米軍が空軍の輸送機CV22オスプレイを夏ごろに横田基地(東京都福生市など)に配備すると発表した件について、「日米同盟の抑止力、対処力を向上させ、日本の防衛およびアジア太平洋地域の安定に資する」と述べた。

 そのうえで、国内での飛行に関して、「安全確保が大前提であり、安全面に最大限考慮すると同時に、地元に与える影響を最小限にとどめるよう、日米で協力していきたい」と強調した。(産経新聞18年4月4日)』
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

『安全は眼中になし オスプレイ横田配備で東京が北の標的に

 米軍輸送機「オスプレイCV22」5機が5日午前、横浜市の米軍施設「横浜ノースドック」を離陸した。一両日中にも住宅密集地の東京・横田基地で訓練を始める。来年10月配備予定が今年8月に突然の前倒し。しかも、このCV22は沖縄に配備中のMV22より事故率が高い上、ミッションは「金正恩の斬首作戦」となる可能性が大だ。

 防衛省HPには「CV22とMV22は機体構造及び基本性能が同一であり、安全性についても同等です」と明記されているが、大ウソだ。4日の衆院外務委で、山本朋広防衛副大臣は、CV22の事故率(10万飛行時間当たり)について、4・05件と答弁。これはMV22の事故率3・24件をしのぐ。防衛省はHPの記載について「事故率のみをもって機体の安全性を評価することは適当でない」(報道室)と回答したが、だったら「同等です」とも言えないはずだ。

 今後、危険度アップのオスプレイが、横田基地を拠点に列島を縦横無尽に飛び回るのだが、その任務も要注意だ。

 CV22は特殊部隊を最前線に輸送するための飛行機。高性能のレーダー探知機能があって、敵に気付かれずに、部隊を送り込むことができる。奇襲作戦ゆえ当然、訓練は夜間、低空飛行が中心。夏の蚊じゃあるまいし、熟睡中に住宅地のすぐ上でオスプレイがブンブン飛び回るのだ。

「横田基地への配備前倒しは、北有事に向けての準備とみられています。現在、米韓合同軍事演習が行われていますが、CV22を使っての斬首作戦の訓練も実施されるでしょう」(軍事ジャーナリストの世良光弘氏)

 5月の米朝会談が決裂すれば、米軍が金正恩のクビを取りに、横田のCV22が出撃―――となれば、北の反撃は出動拠点の横田に向かうだろう。

 事故率、訓練、ミッション、どれをとっても引き受けたくない代物だが、河野外相は歯牙にもかけない。

 前倒し配備の公表は3日だが、在日米軍が防衛省に伝えたのは先月16日。この日、河野大臣は訪米中でペンス副大統領やマティス国防長官らと会っている。時差から考えて、会談時、河野大臣に配備前倒しの情報は伝わっていなかったのか。

 衆院外務委で、共産の宮本徹議員が「事故を繰り返すオスプレイの配備について、国民の懸念を会談で米国側に伝えたのか」と問われると、河野大臣は「日米間で安全保障に関するさまざまな緊密な連携は行っている。詳細については差し控えたい」とけんもほろろ。国民の安全は眼中にないようだ。(日刊ゲンダイ18年4月6日)』

* * * * * 

 つい「一体、こんな日本に誰がしたんだ~~~!!!」とわめきたくなってしまう今日この頃なのだけど・・・。

 ともかく、平和で平穏な日本を取り戻すためにも、これ以上、日本をアブナイ国にしないためにも、1日も早く安倍政権を終わらせなければと改めて訴えたいmewなのだった。(@@)

 THANKS


                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"





『*1

陸自「オスプレイ」、千葉・木更津に暫定配備で調整
3/26(月) TBS News i

 陸上自衛隊が導入する輸送機「オスプレイ」の配備先をめぐり、防衛省は予定していた佐賀空港ではなく、千葉県の木更津駐屯地に暫定配備する方向で調整に入りました。

 防衛省は、陸上自衛隊が導入する輸送機「オスプレイ」の配備先を佐賀空港とする計画でしたが、配備に向けた整備の難航や、先月、佐賀県内で起きた自衛隊の攻撃ヘリコプターの墜落事故の影響もあり、計画通りの配備が難しい状況になっていました。

 このため、防衛省は秋に納入される最初の5機について、自衛隊とアメリカ軍共通のオスプレイ整備拠点がある木更津駐屯地に暫定配備する方向で調整に入りました。引き続き、佐賀への配備に向けて地元の理解を得ていく方針です。』

[PR]

by mew-run7 | 2018-04-08 05:13 | 平和、戦争、自衛隊