日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

昭恵も登場、財務省が「ない」はずの交渉記録など数千枚を提出+稲田の指示軽視、日報隠しの報告も



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 一昨日22日に出た「加計学園に関する愛媛県文書」の分析もまだ終わっていないのに・・・。

 昨日23日には、森友学園問題に関して、財務省が隠していた「改ざん前の文書」が4千ページ以上、佐川前理財局長が「ない、破棄した」と言い張っていた「面会に交渉に関する記録」が数百ページも提出されたとのこと。<それでも肝心なページは抜けているらしい。>
 さらに、同じ23日には、防衛省がイラク日報隠しに関する調査報告書も提出して来たいう。(・o・)
<限りある人数しかいない野党議員やメディアが、すぐに全ての資料を読み切って、問題点を見つけて突っ込めなくするように、同じぐらい日に大量も書類を発表しているのかと勘ぐりたくなっちゃたりて。(-"-)>

 しかも、政府与党は、国民からの反対が多いにもかかわらず、経済界から早く法案を作れと言われている「高プロ制度」を含む働き方改革法案やカジノ関連法案を、まともに議論をしないまま、強行採決しようとしているわけで。<mewは18歳成年の民法改正も問題があると思うのよね~。> このまま行けば、将来、国民の中に大きな不利益をこうむる人が出るのではないかと思うと、残念でならない。(-_-;)

* * * * *

 それでも、アメフトの話も一段落したので、ここから少しはモリトモをはじめ国政の諸問題に関するニュースや話題をTVのニュース・ワイドショーが取り上げてくれるかといいな~と期待してみたのだが・・・。

 何と昨夜になって、日大の内田監督と井上コーチが急に会見を行なって、監督は「QBを潰せと言っていない「ルールを守るのは前提」、コーチは「QBを潰せと言ったが、ケガの話はしてない」と発言し、両者とも「選手が誤解した」として、生徒の説明が次々と否定することに。<おまけに会見の司会者の横柄さにも立腹?(-_-;)>

 mew自身、スポーツは大好きだし。この件はスポーツを超え、既に社会的な問題んありつつあって。決してして重要でないとは言えないけど。ワイド・ショーからふつーのニュース番組まで、この問題に時間を割いてしまうのはいかがなもかと。「なんだかな~」とアタマを抱えたくなっている日々が続いている。 ・・・何か、文春砲も来るんだって _(。。)_

<逆に安倍官邸や自民党は、TVで朝から晩までアメフトのことばっか扱ってくれる方が嬉しいんでしょ~けどね。「昭恵夫人が」とかきこえたら「ビクッ」ってしちゃたりして。^^;>
* * * * *

 それでも、日大の内田氏は「フィールド上のことは全て自分に責任がある」と言って、監督を辞任することを発表。(常務理事は謹慎らしいが。^^;)井上コーチも辞任すると発表したとのこと。(・・)
 
 他方、国政においては、安倍首相は、何か問題があるたびに、「自分には行政の長として責任がある」「任命責任がある」「最高指揮官として責任がある」と言いつつも、もう5年以上、全く辞任するそぶりも見せず。担当閣僚などもなかなかやめさせようとしないわけで。
 その意味では、日大監督らよりも、責任逃れがヒドイ&潔さがないと思ったりして。(~_~;)

 どうか心あるメディアは、アメフトのことだけでなく、北朝鮮も大事なことに留めて、今、日本の国民にとって、最も重要な国政に関する諸問題を取り上げていただきたいと願っているmewなのである。(**)

<そもそも今日24日は、原発再稼動の是非や安倍自民党のあり方が問われ、与野党が対決する大事な「新潟県知事選」の告示日なんですよ~。(・o・) <自民党はできるだけ姿を隠しているけど、早くからヒト、モノ、カネのバラまきは始めている。^^;>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 とりあえず、この記事では、昨日、内閣、国会で、どのようなものが公表されたのかを記しておきたい。(・・)
 まずは防衛省で「ない」と言ってたイラク派遣部隊の陸自の日報が見つかった件に関する調査報告を。<相変わらず、処分は軽い。>

 また、当時の稲田朋美防衛大臣は、「わたしが指示して探させる」とアピールしていたのだが。稲田氏の言葉は、「大臣指示」や「命令」だとは認識されず、ただ電話やメールで(こんなこと言ってたよ、みたいな感じで)伝達されていただけだったという。(~_~;)
 
 それこそ、これから日本は本格的に戦争をする国になるかも知れないのに、防衛省&自衛隊がこんなズサンな指揮や資料管理の仕方で、やって行けるのか危惧感さえ覚えてしまう。(-"-)

『イラク日報、防衛相「組織的隠蔽でない」 処分は17人

 防衛省が「ない」としてきたイラク派遣時の活動報告(日報)が自衛隊内で見つかった問題で、同省は23日、調査結果を国会に報告した。当時の稲田朋美防衛相の探索指示を陸上幕僚監部など受け手が「認識していなかった」として、組織の意図的な隠蔽(いんぺい)を認定しなかった。豊田硬事務次官を口頭注意とするなど17人を処分した。

 小野寺五典防衛相は23日午前、防衛省で記者団に対し、「防衛省・自衛隊が組織として大臣の指示に適切に応えられず、シビリアンコントロール(文民統制)にもかかわりかねない重大な問題」と述べたものの、「綿密に聞き取りしたが、組織的隠蔽という事案にはつながらない」とした。

 報告書によると、稲田氏が昨年2月22日に「イラクの日報は本当にないのか」と発言したことについて、探索の「指示」と認定。当時の辰己昌良・統合幕僚監部総括官が統幕の職員を通じて陸幕などに「再探索を指示」したが、「陸幕は大臣指示と認識しなかった」とした。小野寺氏は、統幕の指示伝達自体が「あいまいな形のメールで部下に伝わっていた」と述べ、命令が不徹底だったとの認識を示した。

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)の特別防衛監察中の昨年3月27日、陸自研究本部教訓課長が外付けハードディスクにイラク日報を発見。「陸幕への報告の要否を部下を通じて総合研究部総括室に確認したが、報告は不要との回答を受領」したという。3日後、陸幕から照会を受けた教訓課の文書公開担当者は「存在しない」と回答。このことを「課長に報告しなかった」として、事務処理が不適切だったと指摘した。

 この結果を踏まえ、豊田次官を口頭注意、河野克俊統合幕僚長を訓戒とした。最も重い処分は教訓課の文書公開担当者に対する減給。小野寺氏や稲田氏の責任を問うものはない。(朝日新聞18年5月23日)』

* * * * *

『防衛省「大臣指示」を軽視=メールで伝達、結果確認せず-日報問題

 調査結果などによると、昨年2月、稲田氏による日報調査の指示を受け、当時の辰己昌良・統合幕僚監部総括官=訓戒処分=が統幕職員に再探索を指示。その際、辰己氏は探索の範囲や期限など、具体的な実施要領や方針を示さなかった。

 指示された統幕職員は陸上幕僚監部など関係先に調査を依頼したが、上司に要領などを確認しないまま、文書ではなく電話とメールで伝達していた。文面に「大臣指示」や「命令」などの記載はなく、メールを受け取った側の担当者らは、探索指示が出されたという認識を持っていなかった。

 陸幕を通じて連絡を受けた陸自研究本部(現・教育訓練研究本部)教訓課の職員も、再探索の指示という認識はなく、「イラク関係の資料はない」と前任者から引き継いでいたことなどから、十分に確認しないまま「保有していない」と回答していた。 調査依頼のメールを送った職員はその後、関係先からの回答を取りまとめた報告は行わず、指示を出した辰己氏が探索結果の報告を求めることもなかったという。

 研究本部は陸幕に不存在と回答する一方、昨年3月に同本部の別の職員が日報を発見。しかし、報告義務の情報が共有されておらず、この時も報告されなかった。その後、陸自の全部隊で確認作業を行う過程で発見の事実を把握。約1年後の今年3月、小野寺五典防衛相に報告が届いた。 防衛省は23日に公表した再発防止策の一つとして、防衛相らからの重要な指示・職務命令などは、文書に具体的に明記するとした。 <時事通信5月18日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 そして、財務省の出して来た文書について・・・。

 尚、財務省は、佐川理財局長(当時)の「面会記録はない、破棄した」などの国会答弁に現実を合わせるために、あとから文書を改ざん(削除)するだけでなく、文書を破棄するようにまで指示をしたという。(゚Д゚) <でも、おそらくは「それはダメでしょ」と思った人が、個人として、また様々な形で、記録を確保していたらしい。(・・)b g.j>

『財務省「ない」とした“森友交渉記録"提出

森友学園をめぐる国有地売却問題で、財務省は当時の佐川理財局長が国会で「ない」と答弁していた、財務省側と学園側との交渉記録を23日朝、国会に提出した。

財務省が提出したのは、およそ3000ページの改ざん前の決裁文書や957ページの森友学園側との交渉記録。交渉記録について、佐川氏は国会で繰り返し「廃棄した」と答弁してきた。

2016年3月、理財局の幹部と森友学園の理事長だった籠池被告とのやりとりや、安倍首相の昭恵夫人の名前、さらに昭恵氏付の職員だった谷査恵子氏と財務省側のやりとりなどが記されている。

記録には、3年前の11月に谷氏が財務省側に連絡した内容が書かれている。その中で、谷氏は「総理夫人の知り合いの方から優遇を受けられないかと照会があり、当方からお問い合わせさせていただいた」と話している。森友学園側が昭恵夫人に、国有地の貸付料を安くしてもらえないかと要望したことを、谷氏が財務省側に伝えていたことがわかる。

このほか、およそ30ページの「本省相談メモ」も提出された。このメモもことし4月、太田理財局長が国会で追及を受けた際「まだ発見できていない」と答弁していたもの。

一方、交渉記録について去年2月に国会で取りざたされた後、理財局の職員が交渉記録を廃棄するよう指示していたことも新たにわかった。

改ざんに加え、記録の廃棄も指示していたことで財務省の責任がさらに厳しく問われることになりそうだ。(NNN18年5月23日)』

* * * * *

『森友交渉記録、改ざんと同時に廃棄 「答弁に合わせ」と財務省

[東京 23日 ロイター] - 財務省は23日、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する資料を国会に提出した。佐川宣寿前国税庁長官が「破棄した」と国会で答弁した学園側との交渉記録も含まれ、決裁文書改ざんと同時に、答弁に合わせて交渉記録を廃棄していたことも新たに判明した。
 財務省が、同日午前の衆院予算委員会理事懇談会に提出した。提出した資料には2013年から16年にかけた学園側との交渉記録もあり、理事懇談会に出席した同省の富山一成理財局次長は「昨年の国会答弁で説明してきたことが事実と異なっていたことについて、深くお詫び申し上げる」と陳謝した。

 今回明らかになった交渉記録は、職員が「手控え」として保管していた紙や個人のパソコン端末に残されていた。交渉記録の中には2016年3月15日の森友側との面会を記録したメモなどもあった。
 さらに交渉記録に関して昨年2月下旬以降、決裁文書の改ざんと同時に「当時保管されていた交渉記録の廃棄を進めていたことも認められた」と説明した。

 衆参予算委員会は28日に集中審議を実施し、不祥事の全容解明を急ぎたい考えだが、野党側からは「1日だけの集中審議で、問題が明らかになるとは思えない」と反発する姿勢を強めている。

立憲民主党の逢坂誠二・政調会長代理は、国会内で記者団に対し「これだけのものが隠蔽・廃棄され、1年間国民をだまし続けてきた。国会で虚偽の答弁をし、答弁にあわせる形で書類を廃棄していたとすれば許しがたい」と語った。(MSN18年5月23日)』

 今、あわてて、(仕事の合間に?)財務省が出して来た資料に関する記事も読みまくっているのだが(特に昭恵夫人に関連する部分をね)。野党やもメディアも、まさにラストチャンスだと思って、モリカケ問題の真相追及に力を向けて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

  THANKS

                      
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
by mew-run7 | 2018-05-24 13:36 | (再び)安倍政権について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7