籠池夫妻、保釈決定するか?今こそ交渉の真実を+新潟知事選、野党共闘で隠れ自民党候補に勝ちたい


 これは5月24日、2本めの記事です。

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

【遅ればせながら、20日のJRAオークスで、アーモンドアイwithルメールが桜花賞に続き2冠を制した。(*^^)v祝 (尚、2着のリリーノーブルは骨折判明。ラッキーライラックは安定した走力を発揮)
 本当は書きたいことがあるのだけど、ぐっと我慢。ただ、アーモンドアイは、もしかして、この子はパパの瞬発力と母方のしなやかさ&走力も持ち合わせている異次元の天才的な能力の持ち主かもと思わせるような走り方だった。
 ちょっとJドンナにも雰囲気が似てる気がするけど、mewはレースを見てて、何故かタニギムのオーラ(アタマのよさや冷静さ、ギアチェンジのうまさ、すごさなどなど)が被って見えたです。 で、レース終了直後、「あの子なら凱旋門を勝てるかも。3歳牝馬は斤
量もお得だし。・・・ユタカは自分が乗れないとイヤかも知れないけど(笑)」って言ってたんだけど。クラブ馬ゆえ(会員さんにも祝!)、海外遠征は難しいとのことで、残念。でも、順調に育てば、距離を問わぬスゴイ女帝馬になれるかも知れない。(@@)<ちなみに馬券は、2倍分勝っておいたけど、安すぎてチャラ!^^;>】

* * * * *

 まず、今日5月24日、新潟県の県知事選’(6月10日投票)が告示された。(・・)


 今回の知事選は、女性スキャンダルのため辞任を発表した米山隆一知事の後任を決めるためのもの。
 新潟県には、3.11の福島原発の事故以来、稼動を中止している東京電力の柏崎苅場原発があるのだが。東電が1日も早く、原発の再稼動を求めている(&安倍自民党や経済界も応援している)のに対して、これまで、泉、米山の2人の知事は再稼動に慎重な立場をとって来た。(・・)

 今回の知事選も、本当は原発の再稼動が最大の争点になるはずで。野党側の候補である元県議の池田千賀子氏(57)は、柏崎が地元でもあることから、原発問題を前面に出して戦うことに意欲を示しているのだが。<女性目線での子育て、医療、生活支援などもアピール。>
 
 自民党は、(名護市でこの作戦が成功したこともあってか?)、いわゆる「争点外し」の戦いを展開する方針を決定。自民系候補の元副知事、花角英世氏(59)は、もともと原発慎重派の知事の下で働いていたこともあり、原発再稼動に対する積極性はオモテに出さず。<でも、自民党に支援されるということは、いずれ再稼動を認めるってことなのよ。(-"-)>

 また、今、安倍内閣や自民党にアレコレと問題が生じていて、内閣支持率も下がっていることから自民党色もオモテに出さず。あくまで特定の党には偏らない「県民党」だとアピールして選挙運動を行なうという。(~_~;) <公明党は自主投票だという話もきいたんだけどな~。>
 
『新潟県知事選は24日告示され、いずれも無所属新顔で、元同県五泉市議の安中聡(40)、前海上保安庁次長の花角英世(60)、前県議の池田千賀子(57)の3氏が立候補を届け出た。県内に立地する東京電力柏崎刈羽原発の再稼働への対応などが焦点になる。投開票は6月10日。

 同原発の再稼働に慎重姿勢だった米山隆一前知事(50)が女性問題で4月に辞職。原子力規制委員会は昨年12月に同原発6、7号機の新規制基準への適合を認め、再稼働を巡る焦点は地元同意に移っている。

 自民や公明が事実上支援する花角氏は、2015年までの約2年県副知事を務めるなど、豊富な行政経験を強調。米山氏が進めてきた福島第一原発事故の検証作業を2~3年かけて進める考えだ。任期中に再稼働の是非を判断し、選挙で民意を問うことも視野に入れる。「将来的には原発に依存しない社会をつくりたい」と訴える。

 同県柏崎市出身で県議だった池田氏は、立憲、国民、共産、自由、社民の野党5党の推薦を受ける。原発の検証作業を「3年以上」かけて進めると主張。再稼働の判断をする際、県民投票を実施する考えも示す。野党が今国会に提出した法施行後5年以内の原発停止を目指す原発ゼロ基本法案について「強く支持する」としている。(届け出順、四角囲み政党は推薦)(朝日新聞18年5月24日)』

 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 今月20日には、早くも立憲民主党の枝野代表が新潟県にはいり、池田氏の応援を行なったという。(・・)

『「原発ゼロはリアリズム」立憲・枝野氏が新潟で街頭演説

 新潟県知事選(6月10日投開票)の告示を24日に控え、立憲民主党の枝野幸男代表が20日、新潟市を訪れ、立憲が推薦を決めた地元県議の池田千賀子氏と街頭演説した。枝野氏は東京電力柏崎刈羽原発の再稼働が争点になると位置づけ、「再生可能エネルギーにより、原発ゼロはリアリズムだ。事故が起きれば、人間の力では止めようがない。一日も早くやめなければならない」と訴えた。

 森友、加計学園問題をめぐる官僚の国会答弁については、「権力に従って仕事をすることが、習い性になっている」とし、「権力を向いた平目のような県政にするのか。暮らしに寄り添う政治にするのか」と問い、暗に官僚出身の花角(はなずみ)英世氏を批判した。

 野党第1党のトップが告示前に現地入りしたことで、知事選は与野党対決の構図がいっそう鮮明になった。枝野氏は「(新潟には県連がなく)地上戦は、十分できない。その分、得意とする無党派に対する働きかけで、最大限の力を発揮したい」と語った。(朝日新聞18年5月20日)』

 新潟知事選については、また改めて状況を書く機会があるのではないかと思うのだが。

 原発政策はもちろん大事だし。安倍自民党の諸問題も、結局は国民の生活軽視につながるものばかりなので、その点をしっかりと主張して欲しいな~と。
 そして、池田候補&野党共闘には是非、頑張って欲しいと願っている。o(^-^)o

~ * ~ * ~ * ~ * ~* 

 話は変わって・・・。

 昨日23日、大阪地裁が森友学園の前理事長夫妻、籠池泰典氏(65)&諄子氏(61)の保釈を認めたというニュースが。(・o・)
 早ければ23日中にも保釈されて、すぐにも会見を開くかもと見られていたのだが、大阪地検が決定を不服として準抗告したため、保釈されずに終わってしまった。(-"-)<保釈金が夫800万円、妻700万円必要なので、保釈金集めも大変かも知れない。>

 籠池夫妻は、7月31日に大阪地検特捜部に逮捕されて以来、何と約10カ月にもわたって大阪拘置所に勾留され続けていた上、家族との接見も禁止されており、この種の犯罪では人権を軽視する異例の処遇を受けているという声が出ていたほどだ。(-_-;)

 以前も書いたが、刑事訴訟法上は、逃亡や証拠隠滅のおそれがなければ、身柄を拘束してはいけないのだけど。
 実際には、警察や検察側の捜査に協力的でなかったり、思うような供述をしなかったりする被告人は、なかなか保釈してもらえないのが実情なのだ。(>_<)<ある検事いわく「非協力的で自白しない被告人の言動自体が、罪証を隠滅している」と強引に解するらしい。^^;>

 夫妻も当初は被疑事件については、ほとんど黙秘を続けていたため、全く供述調書が作れない状態だったため、それが長期拘束につながっていたようなのだけど。
 いくつかの記事によれば、夫妻とも起訴された内容の一部を認めたとのこと。それで、裁判所も保釈の決定を出したのかも知れない。<準抗告も早く蹴ってね。(・・)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

『学校法人「森友学園」(大阪市)を巡る補助金詐欺事件で、大阪地裁が23日、詐欺罪などで勾留されている前学園理事長の籠池泰典(65)と、妻諄子(61)の両被告について、保釈を認める決定を出した。関係者が明らかにした。保釈金は籠池被告が800万円、諄子被告が700万円。大阪地検は、決定の取り消しを求めて準抗告した。

 関係者によると、両被告は捜査段階で黙秘していたが、籠池被告は大阪府・市からの補助金に関する起訴内容を大筋で認める方針を固めたという。国の補助金はだまし取る意思がなかったとして、より法定刑の軽い補助金適正化法の適用を求める見通し。

 昨年11月に保釈請求を却下されたが、今月上旬、2度目の請求を出していた。両被告は地検特捜部に逮捕された昨年7月末から約10カ月間、大阪拘置所に勾留されている。

 起訴状によると、両被告は2011~16年度、幼稚園の運営や小学校建設に関する府市と国の補助金、計約1億7700万円をだまし取るなどしたとされる。【宮嶋梓帆、高嶋将之】(毎日新聞18年5月24日)』

* * * * * 

『爆弾あり?籠池夫妻 保釈決定 会見を開く意向

 大阪地裁は23日、学校法人「森友学園」の補助金詐取事件で詐欺罪などに問われ、大阪拘置所で勾留されている学園前理事長の籠池泰典被告(65)と妻諄子(じゅんこ)被告(61)の保釈を認める決定をした。保釈保証金は籠池被告が800万円、諄子被告は700万円。

 弁護人によると、納付はされておらず、保釈の時期は不明。地裁は保釈後の両被告の同居を認めている。大阪地検は決定を不服として準抗告した。

 両被告合わせて1500万円の保釈保証金について、長男佳茂氏に近い関係者は「大金であることは間違いなく、急いでお金の工面をしている」と明かした。一般社団法人「日本保釈支援協会」の保釈保証金立替システム(立て替え限度額500万円)の利用も視野に入れているという。

 両被告は7月31日に大阪地検特捜部に逮捕されて以降、約10カ月にわたり大阪拘置所に勾留されている。この間、家族との接見も禁止されている。昨年11月の保釈請求は却下され、弁護人が今月、2度目の請求をしていた。

 特捜部は学園が大阪府豊中市の国有地で開校を目指した小学校建設を巡り、国の補助金約5600万円を詐取したとする詐欺罪で両被告を起訴。大阪府や大阪市の補助金計約1億2000万円をだまし取ったなどとして、詐欺と詐欺未遂の罪で追起訴した。

 関係者によると、籠池被告は府市の補助金詐取の起訴内容について、補助金を申請した事実は認めるという。国の補助金については両被告ともに「手続きの詳細を分かっておらず、詐欺の認識はなかった」と主張し、詐欺罪の成立を争う方針。

 関係者によると、籠池氏は保釈された場合、会見を開く意向。3月には一連の問題を巡る財務省の文書改ざん問題で、接見に訪れた野党議員に対し勾留について「国策留置のようなものだ」と不満を漏らしており、発言に注目が集まる。
[スポニチ18年5月24日)』

 何分にもちょうど森友関連の文書がオモテに出て来たところだし。(籠池氏が一部公表した録音テープの内容と合致する部分が多いようだし。)
 籠池夫妻には、訴訟に不利にならない範囲で、安倍夫妻の関与や財務省の忖度交渉に関する説明をじっくりとしてもらいたいと願っているmewなのだった。(@@)

   THANKS           

                     
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]

by mew-run7 | 2018-05-24 18:52 | 政治・社会一般