安倍は災害対策より自己満足の外交やカジノの経済的利益を選ぶのか+米朝の交渉、不調か



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【全英テニス・錦織圭は7日に第18シードのキリオス(豪)と対戦。試合の開始時間がかなり遅れたため、キリオスと途中で日没順延になるかと話していたそうなのだが。本人が「芝人生でベストのプレー」と評していたように、最初から集中していた上、サーブもリターンもよく、ミスが少ない安定した力を発揮。6-1、7-6,6-4のストレートで完勝。日没ギリギリ直前に試合を終えることができた。"^_^"<第3セットで見せたロブは、あまりにも芸術的だったので、公式インスタに動画で紹介されたほど。>

 錦織は2回戦で24本のサービス・エースを記録。また、キリオス戦ではファースト・サービスの確率が70%を超えるなど、苦手のサーブが今大会はかなり好調なのだが。今まではサーブの時、セカンドに備えて、ボールを2つ受け取りポケットに入れていたのを、今大会はは、チョットやり方を変えてみたとのこと。『錦織は今大会から第2サーブ時のルーティンを変え、その都度ボールパーソンからボールを受け取るようにした。「一球一球集中するって思いが一応込められている。一球入魂ですね」』
 
 4回戦で当たるガルビス(ラトビア)は元10位。負傷でランキングを落としたものの、3回戦では(相手が体調不良だったとはいえ)第4シードのスベレフ弟を破ったほど好調なので、この試合もキリオス戦のように、最初から集中し、サーブをしっかり入れて、丁寧なプレーを心がけて頑張って欲しい。o(^-^)o】

* * * * *

 西日本の豪雨災害はさらに拡大。今朝6時の段階で、90人が死亡、少なくとも73人の行方がわからなくなっているという。 (-"-)

 今日になって、雨が上がった地域が増えているものの、土砂崩れや水害の危険性は依然として大きいままだし。まだ水が引いていないところ、道路などが寸断されているところなども少なくないため、救出や復旧の作業がなかなかはかどらないとのこと。
 また晴れると気温が上がるため、水害の経験者からきいた話では、濡れた物、流れて来た物の蒸れや腐敗が進み、臭いや衛生の面で新たな問題が起きるという。家の清掃、住むところやライフラインの確保も大変なのだが。使えなくなった物、流れて来た物などのゴミ処理も大きな課題になりそうだ。 _(。。)_

 これはどう見ても、各自治体で対応できるレベルの被害ではないことは明らかで。早く被災者を救助したり、避難誘導したりして、被害を少なくするためにも、mew&周辺は、もう7日の段階で、政府は何で、非常災害対策本部を設置して、積極的に動かないのかと怒っていた&焦っていたのだが。

 政府は8日朝になってようやく、首相官邸に「非常災害対策本部」を設置するに至った。^^;

『政府は8日午前、西日本を中心とした記録的な大雨が続いていることを受け、非常災害対策本部を開き、被災者の救命・救助に万全の態勢で臨むことを確認した。救援物資の提供を含めた被災者の生活支援や電気・ガスなどライフラインの早期復旧にも迅速に取り組む方針だ。
 会議では、安倍首相が「救命・救助、避難は時間との戦いだ。事態の変化に応じ、救助部隊の態勢を機動的に強化するなど引き続き全力で救命・救助、避難誘導にあたっていきたい」と強調した。救命・救助活動や行方不明者の捜索は自衛隊や警察、消防などが約5万4000人態勢で当たっている。(読売新聞18年7月8日)』

<「救命・救助、避難は時間との戦い」だとわかっていたなら、何故、もっと早く対策をしなかったのか、「おせえだろう~」と、ますます腹が立って来たりして。(`´)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 でも、(誰かに言われたのだろうけど)災害対策のために、ちゃんと朝から官邸に来たんだな~と思ってたら・・・。
 8日の首相動静を見て、またまた失望&立腹することに。(ーー)

『午前9時2分から同22分まで、非常災害対策本部会議。午前9時48分から同10時42分まで、ポンペオ米国務長官の表敬。午後1時から同23分まで、韓国の康京和外相の表敬。午後2時16分、官邸発。午後2時29分、私邸着。』

 実は、米ポンペオ国務長官(日本でいう外務大臣)が、6~7日に北朝鮮に訪れた後、8日に日本に寄って安倍首相を表敬訪問する(+日米韓の外相会談を行なう)ことになっていたのだ。(・・)

<つまり、安倍首相はもともとポンペイ長官と会って、北朝鮮訪問に関する報告をきくために(+韓国外相)、朝から官邸に行くことが決まっていたのよね。(>_<)>

* * * * *

 ポンペオ長官は、早速「拉致問題についても取り上げた」とアピールしていたのだが。<日本の経済的協力を得るために重要だからね。>北朝鮮側の反応については、何の報告もなかった様子。^^;
『<安倍首相>米国務長官と会談「北朝鮮核と拉致の提起感謝」

『安倍晋三首相は8日午前、日米韓外相会談のために来日したポンペオ米国務長官と首相官邸で会談し、北朝鮮の非核化に向けた米朝の交渉状況について説明を受けた。6~7日に北朝鮮を訪問し、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の最側近・金英哲(キムヨンチョル)党副委員長と協議したポンペオ国務長官は、会談で「(北朝鮮での協議では)核、拉致問題、そして日米と世界にとって重要なあらゆる課題を取り上げた」と話した。

 会談で首相は「北朝鮮の核・ミサイル、そして拉致問題を解決することは地域の平和と安定のためにも極めて重要だ」と強調。そのうえで、先月12日の米朝首脳会談に関し「トランプ大統領が金委員長に直接、拉致問題について私が申し上げたことを提起し、伝えていただいたことに感謝申し上げる」と述べた。【古川宗】(毎日新聞18年7月8日)』

* * * * *

 ポンペオ長官が北朝鮮を訪問するのは3度めなのだが。過去2回は金正恩委員長と直接会って話したものの、今回は金委員長と会えなかったとのこと。北朝鮮が米国を批判する声明を出したことからも、米朝の交渉があまりスムーズに進んでいない可能性があるようで、気がかりだ。(~_~;)

『ポンペオ氏は7日に平壌を発つ前、「ほぼ全ての分野で進展があった」と金副委員長との協議を評価したが、北側は外務省報道官が声明を出し、「一方的でギャングのような非核化要求だった」と批判。「非核化への我々の意思が、揺らぎかねない危険な局面に直面することになった」とした。

これに対しポンペオ氏は、8日の共同会見で「北朝鮮は誠実だった。金正恩委員長が約束を守ってくれることを期待している」と語った。そのうえで「北朝鮮が求める安全の保証は行うし、関係を改善する。しかし、制裁の解除は別物。非核化が完全に達成されるまで続ける」と述べた。

3回目となる今回の訪朝中、金・朝鮮労働党委員長と面会しなかったことについては「もともと予定はなかった」とした。(ロイター18年7月8日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 話を戻すと、西日本の災害がここまで拡大しているというのに、安倍首相は11日に外遊に出発するのだろうか?(・o・)

 自公与党は、災害そっちのけで、安倍首相の外遊に合わせて、9、10日にカジノ法案などを強行採決するつもりなのだろうか?
 他方、野党は内閣不信任案を出すタイミングを狙っているとか。(~_~;)

『内閣不信任めぐり神経戦=与党、公選法・カジノ成立急ぐ-週明け国会

 週明けの国会は、参院選挙制度改革に関する公職選挙法改正案やカジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法案の扱いをめぐり、与野党の攻防が一段と激化する見通しだ。22日までの会期内の成立を期す与党に対し、立憲民主党など主要野党は、安倍内閣に対する不信任決議案を提出する構えを見せており、神経戦が予想される。

 自民、国民民主など4党がそれぞれ提出した公選法改正案は6日に参院で審議に入り、9日に2回目の質疑が行われる。全党の質問が一巡することから、自民党は同日中に採決に踏み切りたい考え。定数6増の同党案を11日の参院本会議で可決して衆院に送り、週内にも成立させる日程を描いている。 安倍政権が今国会の重要法案と位置付けるカジノ法案も6日の参院本会議で審議入りしており、参院内閣委員会で10日に審議が始まる。自民党は会期内成立を確実にするため、通常は採決直前に行う首相出席の質疑を、首相の欧州・中東歴訪(11~18日)前の10日に行うことを提案している。

 両案に反対する立憲は、法案よりも処理が優先される内閣不信任案を10日にも衆院に提出することを検討。首相外遊中の衆院審議を止める狙いがあり、辻元清美国対委員長は「(首相が)一番嫌な時に出さないと気が済まない」と息が荒い。主要野党は文化交流行事にも時間を割く今回の首相外遊についても「不要不急」と批判している。 

 これに対し自民党は、首相の帰国を待たずとも臨時代理の麻生太郎副総理兼財務相が衆院本会議に出席すれば採決可能との立場で、幹部は「粛々と否決するだけ」と野党をけん制。公明党の井上義久幹事長も6日の記者会見で「首相が外交に取り組むことを阻止するためかと思わざるを得ない」と語っており、与野党双方が世論も気にしながら出方を探っている状況だ。 
 主要野党は参院選挙制度改革で指導力を発揮できなかったとして伊達忠一参院議長の不信任案提出を検討。衆参両院議院運営委員長の解任決議案なども視野に入れている。会期は約2週間を残すのみとなり、与野党は最後の駆け引きを繰り広げる。(時事通信18年7月7日)』

* * * * *

 立民の枝野代表と自由の小沢代表が「国会休戦を」と言っていたとのこと。<法案成立を遅らせるという意図もあるかも知れないけど、今はともかく災害対応を優先すべきだと思う。>

『立憲民主党の枝野幸男代表と自由党の小沢一郎代表は8日、東京都内で会談した。西日本を中心とする豪雨災害を受け、政府・与党は9日以降の国会審議を中断し災害対応を優先すべきだとの考えで一致した。会談には立憲の福山哲郎幹事長も同席した。(時事通信18年7月8日)』

 でも、安倍官邸&自民党にとっては、一部の災害被災者よりも、経済的な利益、米国や経済界、自治体の支持の方が大事だからな~。(-"-)

 西日本の被災した地域の人たちは、安倍内閣や自民党がきちんと対応してくれるかどうか、しっかり見て、支持不支持を決めて欲しいと。そうしないと、安倍首相の被災者軽視の姿勢が続くのではないかと憂慮しているmewなのだった。(@@)

  THANKS
                       
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
by mew-run7 | 2018-07-09 07:44 | (再び)安倍政権について | Comments(0)