日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

松井、首相は加計の思いを知ってたはずと&首相の説明要求+愛媛県議会、加計に説明責任求める議決



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、福岡、中国・四国地方の人たちも
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 西日本を中心とする豪雨災害で、警察庁は12日、死者が全国14府県で200人に上っていると発表した。また避難生活を送っている人が7000人を超えているとのこと。改めて被災した方々には、お見舞いを申し上げたい。m(__)m

 愛媛県でも、昨日の段階で、死者が26人に達している上、各地に大きな被害が生じているとのこと。中村知事は9日、首相官邸を訪ね、安倍首相と面会し、激甚災害の指定と支援を要請したという。
<中村知事は、加計学園の件があってから安倍首相には会っていなかったそうだが。8日に菅官房長官からメッセージがあったとか?(~_~;)>

 ただ、愛媛県は、加計学園が経営する岡山理大の獣医学部新設に対して、30億円以上の補助金を出す予定になっているわけで。県議会でも、加計学園側が安倍首相との面談に関して、きちんと説明を行なわないことを問題視する意見が出ていた様子。<自民党の県議からも出ていた。>
 そして、県議会はついに11日、全会一致で、加計学園に説明責任を求める決議を可決した。(**)

 また、維新の代表でもある大阪府の松井知事も、加計問題には疑念を示していて。<本人は森友問題で疑惑を抱かれているんだけど。>昨日12日にも、安倍首相に国会での説明を求める発言を行なっていた。^^;

* * * * *

 先に大阪府の松井知事について書くと・・・。

 安倍首相は、長年の友人である加計理事長が獣医学部新設を考えて、申請を出していたことを知らなかったと。17年1月に申請が認められた時点で初めて知ったと主張しいているのだが。
 松井知事は、首相は長年の友達である加計理事長の思いを知ってたはずだと、発言しているのだ。(・・)

『日本維新の会の松井一郎代表(発言録)

 (加計学園の獣医学部新設の計画を、安倍晋三首相が知った時期について)長年の友達なんだから、獣医学部を新設したい(加計孝太郎理事長の)思いは、2015年と言わずにもっと先から知ってたんじゃないですか。言うならば第1次安倍内閣あたりから知っているはずですよ。ただ、国家戦略特区に見合う特区会議にかけられる具体的な計画書ができ上がったのを知ったのは(首相が答弁した通りの)17年だろうなと思う。誤解を招くのであるとすれば、誤解を解いた方がいいと思います。

 獣医学部をやりたいのは加計学園の強い思いだったわけです。だから安倍総理も知っているわけですよ。民主党(政権)のころからやりたいと言っているわけですから。ただ、実際に新設にあたっての手法は、国家戦略特区だった。特区は特別扱いする制度なんだから、制度を使う時は長年の友人であっても、やはりもっと慎重に対峙(たいじ)するべきだったと思う。(大阪府庁で記者団に)(朝日新聞18年5月22日)』

 そして、昨日も「首相の口から説明を聞きたい」と、国会が集中審議を開き、安倍首相が説明を行なうことを要求する発言を行なったという。(・o・)

『日本維新の会の松井一郎代表は12日、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐり、安倍晋三首相出席の予算委員会の集中審議を実施すべきだとの認識を示した。「国民は首相の口から説明を聞きたいと思っている。やった方がいい」と述べた。大阪市内で記者団の質問に答えた。

 松井氏は、愛媛県今治市が地域振興のため学部新設を求めてきたとし「要は今治市の誘致事業。公共の財産を提供し、大学や病院に来てくださいということはよくある話」と指摘。「首相と愛媛県の加戸守行前知事、加計孝太郎理事長が一緒に出席し、きちっと説明すればいい」と語った。(産経新聞18年7月12日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 ところで、愛媛県の職員は、加計学園側から「15年2月25日に加計理事長と安倍首相が面会し、獣医学部新設に関して、首相が『いいね』と言った」という話をきいた旨を記録に残しているのだが・・・。

 加計学園側は今年5月になって「面会の事実はない」と発表。事務局長が「記憶にないが、自分が誤ったことを言ったのかも」と言い出して、混乱を招くことに。(~_~;)
 さらに6月に加計理事長が、会見を開いて、面会の「記憶も記録もない」と語ったのだが。会見の対象が岡山県内のメディアに限定されていた上、諸経緯に関する説明をきちんと行なわなかったことから、納得できないという声が続出していた。(-"-)

 そこで愛媛県の記者クラブをはじめ複数の機関がが加計学園に会見を求めたのであるが、学園は説明を尽くしたとして、会見を行なうことをFAXで拒否。この対応には中村知事はもちろん、県民はかなり問題視したようで、県議会でも加計学園に関する議論がなされたという。(@@)

* * * * *

『学校法人「加計学園」(岡山市)は4日、愛媛県今治市での獣医学部新設について、加計孝太郎理事長が記者会見する予定はないと県庁の記者クラブにファクスで伝えた。加計氏の6月の初会見は岡山の記者限定で、25分で打ち切っており、愛媛県議会や学園内には今も「疑念が払拭(ふっしょく)されていない」との声が根強い。

 学園のファクスはA4判1枚。参加者を限らない会見を記者クラブが6月28日と7月3日付で求めたのに対し、「6月19日、学園本部において、理事長及び学長が記者会見を行った」とし、「今後の記者会見について対応予定はございません」と回答した。また、学園は文部科学省の記者クラブに対しても同様に、会見予定がないことをファクスで伝えた。(略)

 愛媛県の中村時広知事は学園のファクスの内容を受け、「最高責任者が対外的な説明責任をしっかりと果たすことにより、学園の信頼確保につながると確信していることに変わりはない。県民の代表である県議会での議論を注視したい」とのコメントを発表した。(略)

 学園の対応は開会中の愛媛県議会の6月定例会でも論議になっている。6月28日の一般質問では学部新設に賛同する議員からも批判が相次いだ。

 自民系会派の黒川洋介県議は「国民の疑念が払拭できたと言える状況ではない」。知事与党の別会派の古川拓哉県議は「『記憶にない、記録にない』では真相が明らかになったとは到底言えない」と述べた。県は、学園に約93億円を補助する今治市に対し、約31億円を支援する。別の自民系会派の岡田志朗県議は「支出を疑問視する声が一部に出ている」とただした。中村知事は「(首相と加計氏が面会したという)虚偽報告は重大な問題」としつつ、「事業そのものは適正に実施されていると確認しており、現時点で補助金交付の妥当性は問題がないと判断している」と答弁した。

 7月3日までに一般質問に立った12人の半数が獣医学部に関する質問をした。(朝日新聞18年7月5日)』

* * * * *

『県議会では、5日、総務企画委員会が開かれ、愛媛県内の報道機関が加計理事長に申し込んでいた記者会見を学園側が拒否したことが取り上げられました。この中で委員からは、「県民感覚からズレた内容だ。説明責任を果たすという真摯な対応が見られず、信頼回復にはほど遠い」とか、「しっかり対応してもらわなければ、今後も問題が発生する可能性がある」など説明責任を求める意見が相次ぎました。

 これに対して、愛媛県の担当者は、先月岡山市で行われた加計理事長の記者会見について、「学園側は『質問が出尽くした』としているが、打ち切ったと受け止めている。対外的な説明責任は果たされていない部分もある」と述べました。そのうえで、「学園の信頼を確保するためにも引き続き説明責任を果たしてほしいというスタンスで臨みたい」と述べ、県の考えや方針を説明しました。(NHK18年7月5日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 冒頭にも書いたように、その後、愛媛県では今回の豪雨災害では死者26人に対する大きな被害を受けることに。中村知事は9日、首相官邸を訪れ、「激甚災害」の指定や復旧事業への財政支援などを要望したという。(・・)
 
『西日本を中心とした豪雨被害を巡り、安倍晋三首相は9日、愛媛県の中村時広知事と首相官邸で会談した。中村知事は、国からの財政支援を強化する「激甚災害」の指定や復旧事業への財政支援、政府職員の派遣などを首相に要望した。

 中村知事は8日に菅義偉官房長官から「心配している」とのメッセージを受け取ったといい、「県民の不安を払拭(ふっしょく)するために(首相との面会の)時間を取ってほしい」と求めて実現した。

 首相と知事は、学校法人「加計学園」の獣医学部新設(愛媛県今治市)に関する県文書を巡り、ぎくしゃくしている。しかし今回の豪雨は愛媛県内でも大きな被害が出ているだけに、首相は「全面的にバックアップする」などと応じた。【川辺和将】(毎日新聞18年7月9日)』

* * * * *

 困ったことに、最近、安倍官邸に対する猜疑心いっぱいのmewは、何か菅長官がわざわざメッセージを送ったというところに、引っかかってしまうところがあったりして。 _(。。)_
 あと、知人と「愛媛は当面は災害復興が一番大事だし。知事や県議会は、安倍官邸にマイナスになるような発言はしにくくなるかもね~」なんて話もしていたのだが。

 しかし、愛媛県議会は違った。(**)<申し訳ない。m(__)m>

 愛媛県議会は11日、加計学園に対外的な説明責任を果たすように求める決議を自民系会派を含む全会一致で採択したという。(++)

『愛媛県議会「加計学園、説明責任果たせ」全会一致で採択

 学校法人「加計(かけ)学園」の愛媛県今治市への獣医学部新設をめぐり、加計孝太郎理事長の6月の初会見に批判が出ている問題で、愛媛県議会は11日、対外的な説明責任を果たすよう学園に求める決議を自民系会派を含む全会一致で採択した。

 決議は「県への虚偽報告についての謝罪や理事長の記者会見が行われたものの、未(いま)だに混迷した状況が続いている」とし、学生らが学問に専念できる環境を整えるには「学園自らが、疑念を晴らすための説明を尽くすことが最も大切」と指摘。「説明責任をしっかりと果たし、学園のコンプライアンスとガバナンスを確立すること」を学園に要請している。

 県は、学園に約93億円を補助する今治市に対し、約31億円を支援する。県議会の議会運営委員長で自民系会派の黒川洋介県議は「信頼関係構築のためにも、学園がしっかり対応することが大切。議会でも議論になっており、決議を決めた」と説明。別の自民系会派に所属する自民党県連幹事長の戒能潤之介県議は「県は税金を投入する。県民が十分納得するために、学園の丁寧な説明が必要だ」と指摘したうえで、「県民の代表として学園に対して決議した。国への影響は分からない。国会は国会として議論すればよいことだ」と述べた。

 学園は朝日新聞の取材に対し、「質問、取材への対応を控える」と回答した。

 学園は2015年、加計理事長と安倍晋三首相が獣医学部設置をめぐって面会したと県に報告。加計理事長は6月の会見で面会を否定したが、会見への参加を地元・岡山の記者に制限し、25分間で打ち切った。愛媛県庁の記者クラブの再会見の要請に、学園は「予定はない」と回答。中村時広知事は今月5日、改めて会見を開くべきだとの考えを表明している。(前田智)(朝日新聞18年7月1日)』

 この愛媛県の県議会の毅然とした行動、決議に大きな拍手を送りたいと思うし。この問題をうやむやなまま終わらせないためにも、国民が(もう飽きたとか言わずに)改めて真相究明を要望し、安倍首相と加計理事長に対して説明を求める姿勢をビシッと示すべきだと思うmewなのである。(**)

 THANKS
                       
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
by mew-run7 | 2018-07-13 07:06 | Comments(0)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7