人気ブログランキング |

安倍、柳瀬元秘書官切りで、モリカケ問題払拭か+杉田発言、波紋広がる&稲田が反論のツイッターか



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、福岡、中国・四国地方の人たちも
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 昨日24日、安倍内閣は、元首相補佐官だった柳瀬唯夫経産省審議官(57・審議官は省内実質№2)を退任させると発表した。(・o・)

 柳瀬氏は首相秘書官だった時に、加計学園幹部や愛媛県、今治市の職員と事前に面会し、獣医学部新設のため戦略特区申請の指南をしたとされており、昨年7月に続いて、今年5月にも国会に参考人招致されたばかり。^^;

 しかし、柳瀬氏が国会で都合の悪いことは「記憶にない」とはぐらかすことが多かった上、国会で語ったこと(記憶にないと言ったことも含む)が事実と異なると愛媛県から指摘されたため、野党からは再度の参考人招致や証人喚問を要求されていた。(**)

 世耕経産大臣は、「世代交代を進めるため」とか妙な説明をしていたらしいのだが。(後任は同期なので、世代が交代していないし。)安倍首相は米国との経済面の交渉で柳瀬審議官を信頼しており、今年、加計問題で渦中にいた同氏をわざわざ米国訪問に同行させたほどだったし。(~_~;)
  
 まだ審議官になって1年、将来は次官候補とも言われていた柳田氏をここで突然、退任させることにしたのは、安倍首相が3期めにはいった時に、加計問題を引きずらないためだったとも考えられ・・・。<これ以上、突っつかれるとマズイのかも?>
 野党からは、早速、トカゲの尻尾切り、モリカケ問題切りの一環ではないかという疑問、批判の声が出ている。(@@)

<安倍自民党は、官僚を辞めて民間人になった人は、国会に招致すべきではないと主張しているのであるが。mewは、問題が生じていた当時に官僚であった者は、その当時の責任において(その当時は国民の税金から給与得ていた公僕だったのだから)参考人招致や証人喚問を認めるべきだと考える。(・・)>

* * * * *

『経産省、柳瀬経済産業審議官の退任を正式発表

 経済産業省は、元総理大臣秘書官で、「加計学園」の獣医学部新設をめぐって国会に参考人として呼ばれた柳瀬唯夫経済産業審議官を退任させると、正式に発表しました。

 柳瀬氏は安倍総理大臣の秘書官などを務め、去年からは通商政策を担当する経済産業審議官に就任しています。経産省は25日付けで柳瀬氏を退任させ、後任に寺澤達也商務情報政策局長をあてると発表しました。

 柳瀬氏は、「加計学園」の獣医学部新設をめぐって、総理官邸を訪れた愛媛県側のメモに「首相案件」などと発言したと書かれていたことから、参考人として国会に呼ばれました。柳瀬氏は当初、面会したことについて「記憶にない」と説明していましたが、一転、加計学園の関係者と面会したことは認め、「その中に愛媛県の関係者も居たのかもしれない」と発言しました。

 今回の人事について政府関係者は、「疑惑に関する答弁に追われた柳瀬氏を退任させることで、経産省の体制を強化する意味もある」としています。(TBS18年7月24日)』

『柳瀬氏は去年7月、総理秘書官を務めていた際の加計学園の関係者との面会について「お会いした記憶はございません」と繰り返し国会で答弁していた。しかし、今年になって記録が出てくると一転、面会の事実を認めていた。世耕経産大臣は「加計学園の問題は、今回の人事に何ら影響していない。年次を経て世代交代を図っていかなければいけない」と述べた。(ANN18年7月24日)』

『世耕弘成経済産業相は「加計問題は今回の人事に何ら影響していない。総合的に判断した」としている。
 柳瀬氏は1984年に旧通商産業省(現経済産業省)に入省。12年に第2次安倍晋三内閣で首相秘書官に就任した。加計学園問題では、秘書官時代の15年4月に愛媛県職員らと首相官邸で面会した際に柳瀬氏が「本件は、首相案件」と発言したと記録された文書が見つかった。

 5月に国会に参考人招致された際には、学園関係者らと会ったことは認めたが、「総理に(面会を)報告したことも、指示を受けたことも一切ない」と述べていた。(朝日新聞18年7月24日)』


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『<柳瀬氏退任>「トカゲのしっぽ切り」野党批判 加計で招致

 経済産業省は24日、安倍晋三首相の秘書官を務めた柳瀬唯夫経産審議官(57)が25日付で退任すると発表した。柳瀬氏は、学校法人「加計学園」による獣医学部新設を巡って首相秘書官時代に学園側と複数回面会した経緯があり、今年5月に国会に参考人招致された。世耕弘成経産相は今回の人事を「加計学園の問題は影響していない」と説明したが、野党は「トカゲのしっぽ切りだ」と批判している。

 柳瀬氏は1984年に旧通商産業省に入省。2008年に麻生内閣で首相秘書官、12年には第2次安倍内閣で2度目の首相秘書官に就いた。加計問題では15年4月に首相官邸で学園関係者や愛媛県職員らと面会した際、柳瀬氏が「本件は首相案件」などと発言したとする同県の文書が見つかった。国会で面会を認めたが、首相の関与は「一切ない」と否定した。

 世耕氏は24日の記者会見で「世代交代を図らなければいけない面もあり、総合的に判断した」と述べた。ただ、柳瀬氏は通商政策を仕切る経産審議官に就任して1年で、必ずしも交代時期ではない。トランプ米政権が輸入制限など保護主義的な姿勢を強める中、日米両政府は近く新貿易協議(FFR)を始めることになっており、省内には「柳瀬氏は引き続き対米協議などに当たると思っていた」という声もある。

 野党は先の通常国会で柳瀬氏を再度招致するよう与党に要求していた。国民民主党の玉木雄一郎共同代表は24日の記者会見で「柳瀬氏を国会に呼ぶことがより困難になる。安倍政権の意図を疑わざるを得ない」と批判。「退官した後も国会で真実をしっかり語ってほしい」と述べた。

 立憲民主党の山内康一国対委員長代理は「経産省の関連団体に天下らないか、これからも追いかけたい」と記者団に語り、安倍政権が柳瀬氏を「厚遇」するのではないかという懸念を隠さなかった。野党は、秋の臨時国会までに加計問題への世論の関心が薄れることを警戒している。

 一方、菅義偉官房長官は24日の記者会見で柳瀬氏の退任について「適材適所の人事だ。そういう中で(世耕氏が)判断したと思う」と強調。自民党の吉田博美参院幹事長も会見で「世耕氏が慎重に考えて決断した。それなりに評価したい」と述べた。【安藤大介、遠藤修平】(毎日新聞18年7月24日)』

<尚、後任の寺田氏は世耕大臣がごヒイキ&頼りにしている人物だとの話も。^^; また、今回の人事では、農水省TOPの次官に経産省局長を選ぶなど、異例の人事を行なっている。(*1)・・・この局長は、もともと農水省にたようだが。安倍内閣は農協解体、農業の大規模化、企業化、自由化を進めていることから、これに抵抗を示していた農水省幹部を押さえつけることも考えて、安倍政権の意向を反映した人事だとも言えるかも?(-_-)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 昨日、取り上げた自民党の杉田水脈衆院議員(比例中国ブロック)の「LGBTは生産性がない」などのトンデモ寄稿の波紋がどんどん広がっている。(@@)

 二階幹事長など一部の自民党幹部は、軽く異論を唱えながらも、コトを荒立てないためにも「個人の考え」「多様な考えを認めるべき」などとしてスル=するつもりでいるようなのだが。<安倍首相の肝いりとなると、尚更に批判しづらいしね~。(~_~;)>

 自民党内からも、疑問の声や批判の声が絶えず。超保守マドンナの稲田朋美氏まで、プチ反論をするためツイッターを立ち上げたなんていう話も。<杉田氏は閣僚級の議員が理解してくれたなどとツイートをしていたのだが。稲田氏はそれが自分だと思われたくなかったのかな?^^;>

 野党は「人権意識に欠ける」として、本人だけでなく、自民党に関しても激しく批判している。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『杉田氏寄稿、自民内からも批判 元閣僚「馬鹿な発言」

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(比例中国ブロック)が月刊誌で、同性カップルを念頭に「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がない」などと主張した問題で、自民党の二階俊博幹事長は24日の記者会見で「人それぞれ政治的立場、色んな人生観もある」と述べ、問題視しない考えを示した。党としての責任を問う声が強まっている。

 二階氏は会見で「当事者の方が社会、職場、学校でつらい思いや不利益を被ることがないよう、多様性を受け入れる社会の実現を図ることが大事だ」と指摘し、杉田氏と党の立場は異なることを強調。そのうえで「自民党は右から左まで各方面の人が集まって成り立っている」などとして、杉田氏の主張を容認した。

 これに対し、国民民主党の玉木雄一郎共同代表は同日の記者会見で「問題の重要性を分かっていない。いっそう当事者を傷つける発言だ」とし、「党として謝罪や釈明をすべきだ」と訴えた。共産党の小池晃書記局長も23日の記者会見で、「個人の尊厳を根本から否定する妄言だ。比例代表で公認した自民党の責任が問われる」と批判。「こういうことを放置していたら、自民党は基本的人権について語る資格のない政党だとなる」と党としての厳しい対応を求めた。

 杉田氏は昨年の衆院選で自民党の公認を得る以前から、同様の発言を繰り返していた。

 自民党内からも厳しい意見が続く。閣僚経験者は「論外」「なぜ、あんな馬鹿な発言をするのか」と憤り、吉田博美参院幹事長は24日の記者会見で「(性的少数者の)皆さんの人権も、しっかりと大事にした発言をすることが必要じゃないか」と苦言を呈した。

 菅義偉官房長官は同日の記者会見で「国会議員の一つひとつ(の発言)に、政府の立場でコメントすることは控えたい」とした。記者から「政府としてLGBTについて理解増進を進めていく方針に変わりないか」と問われると、「今まで申し上げてきた通り」と述べるにとどめた。

 加藤勝信厚生労働相は同日の閣議後会見で、「個々の発言についてコメントすることは差し控える」としながらも、「厚労省は様々な環境にいる方々が、それぞれの希望と思いを実現できるよう施策を推進している。引き続き、そうした観点に立って施策を進めてきたい」と語った。

 政府は2016年から骨太の方針などで、自民党は参院選公約などで、性的少数者をめぐる理解増進を図る方針を掲げている。(朝日新聞18年7月24日)』

『稲田氏、初投稿は杉田氏への反論? ツイッターを開設

 自民党の稲田朋美・元政調会長は24日、自身のツイッターで「私は多様性を認め、寛容な社会をつくることが『保守』の役割だと信じる」と投稿した。「(同性カップルは)子供を作らない、つまり『生産性』がない」などと主張した杉田水脈(みお)衆院議員の月刊誌への寄稿に、賛同しない立場を示したものとみられる。
 関係者によると、稲田氏は同日、ツイッターのアカウントを開設して初めての投稿をしたという。

 投稿では、政調会長だった2016年、自民党に「性的指向・性自認に関する特命委員会」を立ち上げた理由を「LGBTの方々が自分らしく、人として尊重され、活躍できる社会を実現するため」と振り返り、「今、LGBTの理解増進のための議員立法の作業中だ」としている。

 特命委は16年5月、夏の参院選を控えて理解増進法案の概要を取りまとめたが、党内の異論が根強く、法案提出に至っていない。(二階堂友紀)(朝日新聞18年7月25日)』

* * * * *

 あくまで伝聞情報なのだが。どうも杉田氏は維新時代に、安倍首相が敬愛するアニキ分&超保守議員のドンであったの平沼赳夫氏に評価されていて。で、同じ思想の安倍首相が杉田氏を引き取ったという話も。

 この杉田発言をTVワイドショーがどこまで取り上げてくれるかわからないが。できるなら、安倍首相が同じように人権意識の乏しい戦前志向の持ち主であることも含めて、安倍自民党の一部がどんなにアブナイ思想を持っているのか、少しでも国民に知って欲しいと思うmewなのだった。(@@)
 
 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"





*1

<政府>農水次官に経産省の末松氏 古巣に復帰、異例人事
7/23(月) 23:56配信 毎日新聞
 政府は23日、農林水産省の奥原正明事務次官(62)が退任し、後任に末松広行・経済産業省産業技術環境局長(59)を充てる人事を固めた。末松氏は交流人事で農水省から経産省に移った経緯があり、古巣の農水省に戻って事務方トップに就く異例の人事となる。

 末松氏は1983年に農水省入省。農村振興局長などを歴任した後、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)で連携を強める経産省との交流人事の一環で2016年から現在の産業技術環境局長に就任。産業技術や地球温暖化対策などを担当してきた。今回の人事では産業政策に携わった経験を農業の競争力強化などに生かしてもらう狙いがあるとみられる。【加藤明子】

********

 農水次官に末松氏=経産省局長から異例の起用
7/23(月) 22:22配信時事通信

農林水産省は24日、奥原正明事務次官が退任し、後任に同省出身の末松広行経済産業省産業技術環境局長(写真)を起用する人事を発表した。省外からの次官昇格は異例。

 政府は23日、農林水産省の奥原正明事務次官(62)が退任し、後任に、同省出身で人事交流のため経済産業省の産業技術環境局長を務める末松広行氏(59)を起用する方針を固めた。

 経産省で培った産業政策の経験や経済界との人脈を生かし、農林水産業の振興を図る。24日の閣議で承認し、27日にも発令する。

 農水省では水産庁と林野庁の長官から次官に就任する例が多く、末松氏の抜てきは異例。また、農林水産物の輸出促進を担当する新井ゆたか審議官(55)が食料産業局長に昇格する。安倍政権の女性登用方針に沿った人事で、本省局長に女性が就くのは初めて。

 農林水産物の通商交渉など国際部門を統括する次官級の松島浩道農林水産審議官(60)は、今月下旬にも始まる米国との新貿易協議(FFR)に備えて留任。同ポストとしては異例の4年目に入る。 
 



by mew-run7 | 2018-07-25 08:47 | (再び)安倍政権について


「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

更新通知を受け取る

最新の記事

安倍内閣、不支持率が10Pも..
at 2020-02-25 08:39
法務省、深夜に日付も後付けか..
at 2020-02-24 04:21
安倍、習の国賓来日を強行か?..
at 2020-02-23 09:16
法務省、森大臣のウソを認める..
at 2020-02-22 08:34
安倍官邸の圧力で、発言修正が..
at 2020-02-21 07:43
自民、ホテルに圧力で沈黙させ..
at 2020-02-20 09:22
安倍のウソをホテルが暴く~営..
at 2020-02-19 07:47
安倍、辻元らの追及に困窮。私..
at 2020-02-18 05:22
支持率低下の安倍、辻元に謝罪..
at 2020-02-17 10:26
安倍、対策に没頭って?~日本..
at 2020-02-16 06:51

以前の記事

2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のコメント

> xtc4241さん ..
by mew-run7 at 15:53
mewさん 2月25日..
by xtc4241 at 01:08
mewさん2月5日6:5..
by xtc 4241 at 07:14
mewさん森友加計も曖昧..
by kiku at 14:27
mewさん、オリンピック..
by なし at 14:44
mewさん1月17日4:..
by xtc4241 at 04:38
mewさん1月6日3:2..
by xtc4241 at 04:23
mewさん2020年1月..
by xtc 4241 at 03:17
詩織さん勝訴! 刑事で..
by xtc4241 at 06:22
mewさん12月1日4:..
by xtc4241 at 04:32

ブログパーツ

タグ

(1452)
(794)
(669)
(465)
(334)
(268)
(256)
(251)
(234)
(194)
(173)
(167)
(164)
(159)
(153)
(149)
(147)
(146)
(138)
(138)

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース