岸田、安倍に取り込まれ、総裁選不出馬を発表(禅譲を期待?)~実質的に安倍、石破の一騎打ちか



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、福岡、中国・四国地方の人たちも
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 24日、ポスト安倍の有力候補とされていた岸田政調会長が、9月の総裁選に出馬しない意向を発表。これで、総裁選は実質的に安倍首相と石破茂氏の一騎打ちになりそうだ。(@@)

<野田聖子氏も出馬に意欲を示しており、mewも応援したいと思っているのだが。残念ながら、党内で支持が伸びず。しかも、知人が関わる仮想通貨交換業について金融庁に情報提供を求めていたことなどの問題が発覚したことから、今後、推薦人を集めるのも苦労しそうな感じになっている。(*1)
 「きっと、あの一味が野田潰しで情報リークしたんだわ」と邪推しているmew。自分たちだって同じようなことをやってるくせに。(`´)>

 岸田氏は、安倍首相の同期(93年初当選、9期)。自民党内でハト派・リベラルで知られる宏池会に属しており、安倍首相とは基本的な政治思想が違うのだが。博学で英語も堪能、温厚な人柄ゆえか、特に外交に精通しているわけでもなかったのに、安倍氏から妙に信頼されていて。第二次政権では、12年から17年までずっと外務大臣を務めていた。(・・)

<安倍首相に対して、欧米中などが「戦前志向の超保守派」「国家主義者」と警戒していたので、岸田氏を外務大臣にすることによって、イメージを緩和しようという意図もあったのかな~と察する。^^;>

 その間に安倍首相から、次の首相は岸田氏に任せたいと、何度も禅譲の話があった様子。<安倍首相は、岸田氏を1回はさんで、その後に稲田朋美氏を首相にしたかった(今でもしたい?)のよね。(~_~;)>

 岸田派内では、スムーズな禅譲を望む議員がいる一方で、自ら動いて総裁選に出馬することを期待する議員もおり。岸田氏は、ずっと安倍内閣にいては出馬できない&総裁になるには党三役も経験した方がいいと考えて、17年8月の人事では内閣をはずれ、政調会長に就任した。(・・)

* * * * *

 もし次の次を目指すのであったとしても、もし落選するとしても、その存在をアピールするために総裁選に出ておいた方がいいという考えもあるのだが。<小泉元首相は総裁選に当選するまでに3回、麻生元首相も3回出ているもんね。(@@)>

 しかし、岸田氏は、世論調査で1ケタの支持しかなく(党内でも1ケタ?)、今回、出馬しても安倍、石破氏らにはるかに及ばない3位になることが目に見えていることから、イメージ・ダウン(&傷つくのも?)恐れたり、見栄もあったりで、逃げたような感じも。^^;

 また、岸田氏の地元である広島が豪雨災害で、最も大きな被害を受けていることから、その対応に力を入れる必要があるし。<例の赤坂自民亭に出ていて、地元の反感を買ったのも痛かったかも。それに安倍首相に貸しを作っておけば、被災地復興にもより力を入れてくれるかも知れないし?^(-_-)>
 
 岸田氏は23日に、安倍首相と会談を行なって、自分の政治的な考えなどを話し、理解をしてもらったこともあって、総裁選出馬をやめ、安倍首相を支えて政治活動を行なうことに決めたとのこと。(@@) <この時に改めて禅譲や岸田派の人事優遇のお約束をもらったかな?^^;>

「私自身いつまでも出るのかでないのか、はっきりしないということは、結果として多くの関係者の皆さまにご迷惑をおかけしている部分があるのではないかとも考え」、24日、不出馬の意向を発表するに至ったという。(-"-)

 まあ、mewから見れば、うまく丸め込まれたように思える。(>_<)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 mewは個人的には、岸田氏や岸田派とはかなり考えが合うし。バックにはさらにハト派の古賀誠氏や谷垣禎夫氏などもついているので、安倍氏よりは岸田氏が首相になってくれた方が安心なのだけど・・・。

<岸田氏自身、昨日の会見で「もちろん安倍首相と私は、政治理念、政策についても異なる部分がある」と明言していた。9条改憲にも慎重だしね。オバマ大統領が広島を訪問したのも、岸田外務大臣(当時)の存在が大きかったと言われている。てか、岸田派が発表した政策は、立民党のものとほとんど変わらない感じなのよね。*2)>
 
 ただ、かねてからmewが自民党内ではそこそこ考えが合う(たまたまだけど、やっぱ宏池会系の)加藤紘一氏や谷垣禎一氏、そして岸田氏も何か政治的な立ち回りの仕方が不器用だし、ここぞという時に自分を前に出す力が弱いため、他の人に押し出されたり、押さえ込まれてしまって、結局、先頭には立てず。(-"-)
 しかも、本当は集団的自衛権に慎重だったくせに、安保法案とかに協力しちゃうし。安倍首相から禅譲を期待していたとしたら、尚更ガッカリなわけで。<禅譲されれば、安倍氏&超保守派の影響が大きくなるからね~。>

 岸田氏も下手すると、ここまでかな~という感じを受けている。 _(。。)_

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

『岸田氏、総裁選不出馬を決断、安倍3選支持意向明言

 自民党総裁選に出馬が取りざたされていた岸田文雄政調会長(60)は24日、都内で会見し、総裁選には出馬せず、安倍晋三首相(党総裁)の3選を支持する意向を明らかにした。

 自身の地元広島でも甚大な被害が出た西日本豪雨や、北朝鮮問題などの外交、来年、天皇退位と新天皇の即位など諸行事が控えることを挙げ、「安倍首相を中心に取り組むことが、日本にも重要と判断した」と、不出馬の理由を述べた。23日に首相と極秘に面会。決断は「今日の朝」とし、会見前、首相に電話で3選支持と自身の不出馬を伝えた。首相の憲法改正を支持するのかとの問いには、「これまで話してきている」として明確に答えなかった。

 岸田氏は、岸田派48人が結束して首相を支持する意向を表明。「派内にしっかり説明し、理解いただくことが大事」と述べたが、若手を中心に「出るべきだ」との主戦論も根強かった。ポスト安倍の有力候補といわれながら、戦わずして「安倍1強」の軍門に下る形になった岸田氏に、身内で不満が出る可能性もある。

 一方、党内には「無理に出ても勝ち目はない。敵前逃亡は冷静な判断」(関係者)の分析も。知名度は他候補より低く、岸田氏も「さまざまな情報に接し、考えることはあった」と認めた。また岸田派が流れをくむ名門派閥・宏池会は、99年総裁選で首相候補といわれた加藤紘一氏が現職の小渕恵三首相に挑んで、惨敗。その後、派閥がポスト面で冷遇された悪夢も、現職総理との対決回避に影響したようだ。今後の人事について、岸田氏は首相との密約は「ない」と訴えた。

 周辺では「禅譲」「次の次」の期待もあるが、岸田氏が戦うチャンスを自ら手放し、一気に盛り下がった総裁選。現状では、前回12年総裁選で決選投票を争った首相と石破茂元幹事長による、「AIガチンコ対決」が濃厚だ。(日刊スポーツ18年7月24日)』 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『<自民党総裁選>岸田氏、禅譲に望み 2位見込めず「撤退」

 自民党の岸田文雄政調会長は24日の記者会見で、9月の党総裁選への立候補を見送った理由として、西日本豪雨への対応や外交課題で安倍晋三首相を支えることを挙げた。しかし、実態は国会議員票と地方の党員票の両方で支持の広がりが見込めないための「撤退」に近い。岸田氏は首相からの禅譲に期待をつなぐが、これで「次の次」が保証されたわけではない。

 岸田氏が会長を務める自民党岸田派は禅譲論と主戦論に分かれ、17日に岸田氏に対応を一任していた。岸田氏は24日の記者会見で、今回の自身の判断を受けて「一致結束してもらえると信じている」と述べた。

 岸田氏は総裁選に立候補したことがなく、報道各社の世論調査でも「総裁にふさわしい人」として、首相や石破茂元幹事長らに認知度で大きく後れをとっている。

 細田、麻生、二階3派に無派閥議員の一部を加えた首相支持勢力は、党所属国会議員の半数を超えている。党員票も首相と石破氏の争いになる可能性が高く、岸田氏は当初から立候補に慎重だった。岸田氏周辺は「出るなら最低限、石破氏を超えて2位にならなければいけないが、難しい」と認めた。

 岸田氏は首相と良好な関係を築いてきた。総裁選で首相を支持すれば、選挙後の党役員と閣僚人事で岸田派が一定の処遇を受け、岸田氏が「次」に備えて求心力を維持できるという期待も透ける。

 岸田氏の不出馬を党内は織り込み済みだった。細田派の下村博文事務総長は「岸田派は安倍支持一本で応援してもらえるのではないか。首相3選に弾みがつく」と歓迎した。

 岸田派が首相を支持すれば、国会議員票では首相が圧倒的に優位になる。立候補の準備を進める石破氏は24日、「選挙はやってみないと分からない。実際にそれぞれの議員がどう判断するかだ」と記者団に語った。石破派は、首相と石破氏の一騎打ちになった場合には、党員票に活路を見いだそうとしている。

 野田聖子総務相は、岸田氏の判断について「影響はあまり考えていない。少しでもオープンな自民党を作っていけるよう取り組みたい」と記者団に語った。ただ、野田氏は立候補に必要な20人の推薦人確保のめどが立っていない。

 総裁選への態度を決めていない竹下派会長の竹下亘総務会長は「総裁選の構図が変わってきたという感じはするが、派としてどうするかはまだ決めていない」と述べた。しかし、同派には茂木敏充経済再生担当相や加藤勝信厚生労働相ら首相を支持する議員がおり、「反安倍」でまとまる可能性は低い。【小田中大、田中裕之、高橋恵子】(毎日新聞18年7月24日)』

* * * * *

 今後、総裁選について書く機会が増えると思うのだが。もし石破氏に逆転の可能性があるとしたら、安倍首相の支持率がガタ落ちするような問題が発覚するor起きないとキツそうな感じも。<あとは、竹下派や小泉進次郎氏などが石破氏を後押しして、党員票の巻き返しをはかりたいところだけど。う~ん。>

 でも、このまま何もせずに、安倍首相の3選を待つのだけはイヤだ~~~と思うmewなのだった。(@@)

  THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
Commented by xtc4241 at 2018-07-26 18:08 x
mewさん7月27日pm5:55ごろ

ぼくはアベちゃんが3選されることを希望します。
だって、やってきたことの決着がつく3年間だから。その大きなことのひとつが東京オリパラ。
絶好な季節といって決まった真夏大会。
選手、スタッフ、ボランティアにとって死を覚悟してできるのでしょうか?
これひとつとってもアベさんの責任は大きいと思います。他の誰も追えないでしょう。
それから、北との拉致交渉。これもアベさんが責任を持ってもらいたい。
まだまだアベさんが決着させることは多い。
ただ石破さんとの論争は活発にやってもらいたいと思います。
by mew-run7 | 2018-07-26 00:33 | 自民党について | Comments(1)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7