二階、安倍への「絶対支持」を宣言&美しい国づくりを提言。独裁君主に忠誠誓う感じで、コワくなる

 
これは8日、2日めの記事です

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、福岡、中国・四国地方の人たちも
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

【世界バドミントンの女子シングルスは、昨年の女王の奥原希望が準々決勝で、若きエースの山口茜が準決勝で、インドのプサルラに負けることに。リオ五輪でも、昨年の世界大会でも準優勝だったプサルラ(インド)は、今回こそ優勝をと意気込んでいたはずだったのだが。<長身と長い手足が印象的。mewもこうなったら優勝して欲しいなとチョット応援していた。>でも、決勝ではリオ女王のマリン(西)が勝利したため、今回も準優勝で終わってしまった。残念。(-"-)

 で、テニスはマスターズのロジャース杯がスタートしたのだが。男子は1回戦で錦織、杉田がストレート負け、西岡が途中棄権で、全員フェイドアウト。<錦織は38位のハッサ相手に、出だしで3-0とリード。絶好調かと思いきや、急にサーブがはいらなくなり、連続ダブルフォルトで自滅。2セットめに何とか粘ろうとするも、5-7,1-6の惨敗だった。(>_<)>女子も大坂なおみが、予選勝者(元6位)のナバルにストレートで負けて、シングルスは誰も残っていない。ガッカリ。(ノ_-。)】

* * * * *

 ところで・・・自民党の総裁選は、9月に行なわれるのはほぼ確実であるのだが。まだ正式な日程は決まっていない。
 そして、安倍首相&総裁が3選を目指して立候補するのもほぼ確実であるのだが。でも、こちらもまだ正式には出馬の意向を表明していない。

 ところが、二階幹事長は、早くも「安倍首相への絶対の支持を表明する」と公言。「二階派は全員、1人残らず総理の再選を願って活動する」として、二階派(志士会・44人)全体でコワイほどの(ちょっとアブナイぐらいに?)安倍ヨイショに走っているのだ。(@@)

 二階派は先月の終わりに韓国で研修会を行なったのだが。二階氏は31日に「安倍総理への、私たちは絶対の支持をここで表明する。国民が真のリーダーシップを託すことができるリーダーは、誰なのか。私は、安倍晋三総理をおいてほかにいない」と安倍支持を宣言したのである。(゚Д゚)

 しかも、研修会では、しっかりと安倍首相がビデオでメッセージを送っていたとのこと。『首相はビデオメッセージで「明日の日本をつくるために一致団結して頑張りましょう」と協力を呼びかけた(読売8.1)』という。^^;

* * * * *

 しかも二階派は、安倍晋三氏個人の政策や公約を全面的に取り入れる形で、派閥としての政策を決定。
 それがまた「強くてしなやかな美しい国日本の創出を目指す」「謙虚な保守政治を堅持し、戦後レジームからの脱却を完成させる」とか、地球儀外交が何たらとか、安倍氏が前政権からアピールしている言葉を並べ立てたものだったりして。<マジで痒くなって来そう。(~_~;)>

 そして、昨日7日、二階派の河村会長代行が、わざわざ安倍首相のところに行って、これらの政策を記した提言書と共に、二階派の議員が署名した推薦状を届けたという。 (・o・)

『自民党二階派の河村建夫会長代行らは7日、首相官邸に安倍晋三首相を訪ね、9月の党総裁選をめぐり、首相3選を支持する推薦状と、国土強靱(きょうじん)化などの実現を求める政策提言を手渡した。
 首相は「大変心強い。皆さんと一緒に日本のために頑張りたい」と応じた。推薦状には同派所属国会議員43人が署名。伊吹文明最高顧問は、衆院議長経験者であることを理由に辞退した。(時事通信18年8月7日)』 

 何だかヨソの国の独裁君主に忠誠を誓う部下のような感じさえあって、ぞ~っとしてしまうところがある。 _(。。)_

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 何故、二階氏がこんなに懸命に(露骨に?)安倍支持をアピールしているのか?^^;

 一つには、自分が党TOPの幹事長の立場を維持したいことがある。(・・)

 今から地方・参院選もあるし。二階氏一押しの国土強靭化方針に基づいて、全国各地、特に地元・和歌山のインフラ整備、カジノ誘致などビッグマネーが動く計画がたくさんあるので、幹事長として党内+αを支配し、どんどんそれらを実現したいところ。
 しかし、菅官房長官や岸田政調会長も幹事長を狙っているとの話が出ていることから、何とか安倍首相に自分の存在の重要性をアピールせんと懸命になっているのである。(>_<) <昔でいう「必死だな」ってやつね。^^;>

 もう一つは、今、党内で第5派閥の地位にある二階派の存在もアピールして、新たな人事で少しでも自派閥の議員が重用されるようにという思いからだ。(~_~;)

 自民党の派閥TOP5は、細田派(94人)、麻生派(59人)、竹下派(55人)、岸田派(48人)、二階派(44人)となっているだが。首相の出身派閥である細田派以外は、どんぐりの背くらべ。副総理として首相を支えている麻生派までは優遇されるとしても、お坊ちゃまくんが率いる竹下派や岸田派には負けたくないのだろう。(ーー)

<それゆえ、二階氏は支持表明が遅くなった岸田派や、安倍・石破支持で割れている竹下派をディスることも忘れず。竹下派に対しては、「私らのグループは、こっちが安倍さんを支持し、こっちが田中さんを支持するとか、こっちは山本さんを支持するとか、そんな器用なことは、過去、今日まで一回もやらせたことはありません。そんなのは派閥と言えないじゃないですか」と痛烈に批判していた。(「」内、TBS8.1より)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~
  
『二階氏 安倍首相3選「絶対の支持を表明」

自民党の二階幹事長は31日、韓国で行われた派閥の研修会で、9月の自民党総裁選挙での安倍首相の3選に向けて「絶対の支持を表明する」と述べ、二階派を挙げて支援する方針を強調した。

二階幹事長「安倍総理への、私たちは絶対の支持をここで表明する。国民が真のリーダーシップを託すことができるリーダーは、誰なのか。私は、安倍晋三総理をおいてほかにいない」

二階氏はその上で、「二階派は全員、1人残らず総理の再選を願って活動する」と述べ、安倍首相の3選を全面支援する考えを強調した。

さらに、党内第3派閥の竹下派が安倍首相と石破元幹事長の支持で意見が分かれていることについては、「そんなのは派閥とは言えない」と皮肉を込めてけん制した。

一方で、総裁選の後の内閣改造、自民党役員人事をめぐり、二階派の中から二階氏の幹事長続投を期待する声が出ていることについては、「まだ時間があるので熟慮して対応したい」と述べるにとどめた。(NNN18年8月1日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『自民党総裁選 二階派が政策提言を発表 安倍晋三首相支持を意識し「戦後レジーム脱却の完成」

 自民党の二階俊博幹事長率いる二階派(志帥会、44人)は1日、ソウルでの研修会で政策提言を公表した。「強くてしなやかな美しい国日本の創出を目指す」とし、重点施策として戦後レジーム脱却の完成や北朝鮮による日本人拉致問題の全面的解決などを盛り込んだ。

 提言は6つの柱で構成している。9月の党総裁選で連続3選を目指す安倍晋三首相(総裁)を支持する立場から「謙虚な保守政治を堅持し、戦後レジームからの脱却を完成させる」を最初の柱として掲げた。

 外交では、二階氏が中国や韓国などアジアを中心とした近隣外交に積極的に取り組むことを踏まえ「アジア外交を強化するとともに拉致問題の全面解決を目指す」と明記し、拉致問題解決に向けて首相を後押しする姿勢を示した。

 このほか、二階氏がライフワークに掲げる国土強靱化や地方創生、財政健全化を軌道に乗せることを盛り込んだ。子供や女性に優しい施策を徹底し、少子化に歯止めをかけることも提唱した。提言は、二階派の議員の署名とともに、7日に首相に提出する。

 一方、二階氏は1日、南北軍事境界線がある板門店を視察した。二階氏は視察後、記者団に「大変意義の深いときに訪問することができた。(北朝鮮の非核化などの問題は)一朝一夕に解決するとは思わないが、努力を常日頃からやっておく必要がある」と語った。(ソウル 大島悠亮)(産経新聞18年8月1日)』

* * * * *

『安倍3選後をにらみ過熱 “菅vs二階"自民党の醜いポスト争い
 安倍首相と石破元幹事長による事実上の一騎打ちとなってきた自民党総裁選。圧勝で石破潰しを画策する安倍首相は地方議員と頻繁に面会を重ね、2日は東日本大震災の被災地を訪問するなど、党員票の囲い込みに躍起だ。その裏で激化しているのが「安倍3選後」をにらんだポスト争い。安倍1強を支えてきた菅官房長官と二階幹事長の闘争がヒートアップしている。

「安倍首相の出身派閥の細田派幹部は〈9割に迫る得票を集めてブッ千切りで勝つ〉と息巻いてる。無派閥の菅さんから官房長官の座をいただき、首相側近の下村元文科相、あるいは萩生田元官房副長官を据える構想だといいます。菅さん本人は幹事長を狙っていますが、二階幹事長は続投する気マンマンです」(自民党中堅議員)

 二階幹事長は自派閥議員や後援会関係者ら300人を率いて訪韓し、集票力を見せつけて「安倍首相への絶対支持」を表明。〈強くてしなやかな美しい国日本の創出を目指し〉で始まる政策提言をまとめた。〈保守政治を堅持し、戦後レジームからの脱却〉〈地球儀を俯瞰する外交の堂々の展開〉〈SOCIETY5.0、スマート国家の実現〉など、6項目にわたって並べられた文言は安倍首相の“目玉”政策の丸写し。続投意欲をたぎらせている。

 そうした中、永田町で話題なのが、NHKのウェブサイト「政治マガジン」が配信した〈菅義偉、彼は何を狙うのか〉と題した特集だ。菅長官を〈自民党内の中堅・若手議員との勉強会などを複数、定期的に開催している。自民党内で75人、18%を占める無派閥議員などへの影響力を強め、9月の自民党総裁選挙に向けて安倍総理大臣の再選に布石を打っている〉と持ち上げた。

 2人ともアベ3選の貢献度を競い合い、意中のポストを得ようと必死なのだ。

「党内では複数の閣僚名簿案が流布されていますが、いずれも“菅更迭”を前提としたもの。絶対に幹事長の座を得るため、“菅外し”の動きを牽制し、あえて菅さんが書かせたともっぱらです」(前出の自民党中堅議員)(日刊ゲンダイ18年8月4日)』

 安倍陣営は、複数の閣僚名簿を流して、派閥間でさらに(支援度、忠誠度を?)競わせるつもりのようなのだけど。これじゃあ、官僚だけでなく、国会議員の間にも忖度政治が広がって、さらに安倍独裁が強まるのではないかと、絶望感さえ抱き始めているmewなのだった。(@@)

  THANKS
 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]

by mew-run7 | 2018-08-08 12:53 | (再び)安倍政権について