長崎市長、国連事務総長が、平和、核兵器廃絶を訴える。butコピペ挨拶の安倍は、聞く耳を持たず。



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、福岡、中国・四国地方の人たちも
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 昨日、8月9日は73回めの長崎・原爆の日。長崎市の平和公園では、長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が開かれた。
 今年の式典には、被爆者や遺族、そして米ロなどの核保有国を含めた71カ国の大使ら約5800人が参列。さらに国連のグテレス事務総長が現職として初めて出席して挨拶を行ない、核兵器廃絶の重要性を訴えた。(**)

 先に言えば、安倍首相の挨拶は、案の定、広島の式典で行なった挨拶の原稿をコピーして、何箇所かの表現をちょこっと変えただけのものだった。<特に後半は、ほぼそのまんまという感じ。(-"-)>

 広島の市長も長崎の市長も、式典での平和宣言の原稿を作るのに、かなりの時間と労力を費やしているのだけど。<広島は毎年、識者の意見をきいて市長が作成。長崎は識者や被爆者の意見を汲みいれる形で原稿を作っている。>
 首相のスピーチライターを務める秘書官は、そんなに長崎の式典用の原稿を書くのが面倒なのだろうか?^^;でも、要は、首相や官房長官が原爆の式典の挨拶に、そんなに力を入れる必要はないと考えているから、ライターもテキトーに原稿を書くし。それでOKになるのだろう。(ーー)

 安倍首相が核兵器禁止条約には触れず。これに参加しないことを前提に、核保有国と非保有国の橋渡しを云々と言っていたのも、広島での挨拶と同じであった。(>_<)

* * * * *

 長崎の田上富久市長は、国連で核兵器禁止条約が採択されたことや、条約の採択に大きな貢献をした核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)がノーベル平和賞を受賞したことを例に挙げて、「この二つの出来事は、地球上の多くの人々が、核兵器のない世界の実現を求め続けている証し」だと語った。

 そして「日本政府は、核兵器禁止条約に署名しない立場をとっている」が、「300を超える地方議会が条約の署名と批准を求める声を上げて」おり、「政府には、唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約に賛同し、世界を非核化に導く道義的責任を果たすことを求めます」ときっぱり、強く要求した。(++)

 また、これは安倍首相が憲法改正(特に9条)の実現に動き出していることを意識してのことではないかと思うのだが・・・。

 冒頭部分から、1946年に公布日本国憲法が、平和主義を揺るぎない柱の一つに据えたとアピール。さらに米朝会談や非核化にも触れ、核廃絶運動を牽引して来たものの他界した二人の被爆者の話をした後、「二人は、戦争や被爆の体験がない人たちが道を間違えてしまうことを強く心配していました。二人がいなくなった今、改めて「戦争をしない」という日本国憲法に込められた思いを次世代に引き継がなければならないと思います」と強調。「『戦争の文化』ではなく『平和の文化』を、市民社会の力で世界中に広げていきましょう」と呼びかけた。(・・)

<あと今回も東日本大震災の原発事故のことも取り上げ、「放射能の影響は福島の皆さんを苦しめ続けています。長崎は、復興に向け努力されている福島の皆さんを引き続き応援していきます」との言葉をしっかり入れ込んでくれたのも、個人的に嬉しかった。"^_^">

 ただ、広島や長崎の平和祈念式典に限ったことではないが。<それこそ沖縄慰霊の日の追悼式もしかりで。)
 安倍首相は、市長や知事が平和宣言の中で、懸命に政府に平和政策、核や基地の廃絶などを訴えているにもかかわらず、(その内容が実際に耳にはいっているのかいないのか)全く彼らや市民の思いを受け止めようとはせず。やっつけ仕事のように式典に出て、被爆者などと少し話した後、帰京して行くのである。 _(。。)_

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 そして、最初にも書いたように、今年は初めて現職の国連事務総長(アントニオ・グテーレス氏)が長崎の式典に参加して、核兵器の廃絶を訴えた。(**)

 グテーレス氏(69)は、ポルトガルの首相や国連難民高等弁務官(UNHCR)を務めていた人で。2017年1月に国連事務総長に就任した際には、「新年に皆さんも私と決意を共有していただきたい。平和を第一にすると心に決めよう」と呼びかけたことで知られている。

 式典前日の8日には長崎、広島の市長や被爆者と面会し、核兵器禁止条約普及への意欲を示していた。(・・)

『国連のグテーレス事務総長が8日、長崎原爆の日の平和祈念式典に参列するため、長崎市に入った。田上富久・長崎市長や松井一実・広島市長、被爆者団体の代表らと面会し、核軍縮への姿勢を語った。
 グテーレス氏は被爆証言などで核廃絶に向けて活動してきた被爆者らを「英雄だ」と称賛する一方、世界に核軍縮に逆行する流れがあると懸念も表明。核兵器禁止条約に触れながら「核兵器がなくなるまで国連とともに頑張りたい」などと訴えた被爆者らに、「皆さんの希望だけでなく決意も共有したい」と語った。(朝日新聞18年8月8日)』
 
<8日、長崎に行く前に、官邸で一応、安倍首相とも会談をしていた。^^;>

* * * * *

 そして、式典でも壇上に上がり、最初に日本語で「長崎の皆さま、こんにちは。皆さまにお目にかかれて光栄です」と挨拶。戦争や軍備増強に走る国々を批判。軍縮や核兵器廃絶、平和の重要性を強く主張した。(++)

『「核保有国は、核兵器の近代化に巨額の資金をつぎ込んでいる。2017年には1兆7千億ドル以上のお金が武器や軍隊のために使われた。これは冷戦終了後、最高の水準だ。世界中の人道援助に必要な金額のおよそ80倍にあたる」

「核保有国には、核軍縮をリードする特別の責任がある」

 国連事務総長として初めて被爆地・長崎の平和祈念式典に参列したグテーレス氏の演説は、名指しは避けながらも、国連加盟国の大半が賛同した核兵器禁止条約に背を向けて「使える核」の開発をめざすトランプ米政権に向けた強い抗議のメッセージを込めた。米国から国連への「圧力」も強まるなか、米ニューヨークの国連本部では言いにくいことを、長崎から世界に発信したようにも見える。

 「核軍縮プロセスが失速し、ほぼ停止している。多くの国が昨年、核兵器禁止条約を採択したことで、これに対する不満を示した」
 核大国・米ロの二国間や既存の核不拡散条約(NPT)体制による核軍縮ペースの遅さが条約の誕生につながったと指摘した。ただ、演説で「核兵器禁止条約」に触れるのには、かなりの勇気と熟慮が必要だったのではないだろうか。(朝日新聞18年8月9日)』

『「この長崎を核兵器による惨害で苦しんだ地球最後の場所にするよう決意しましょう」。国連のグテーレス事務総長が力強い口調であいさつを締めくくると、平和祈念式典の会場に大きな拍手がわき起こった。(同上)』

 米国、ロシア、中国、そして日本と、独裁的な強権政治、軍事増強に走る首脳が増えている中、このように平和を強く希求する国連の事務総長が存在してくれることは心強いと思うし。
 唯一の被爆国である日本の国民として、核兵器廃絶を実現できるように、禁止条約にも賛同し、批准できるようにしたいな~と、改めて強く願うmewなのだった。(@@)

  THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
by mew-run7 | 2018-08-10 04:20 | 平和、戦争、自衛隊

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7