人気ブログランキング |

安倍の花見会に百田、ケントなど、超保守仲間が出席。改憲実現の動き強める姿勢も、うまく行かず


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【14日、JRAでは皐月賞が行なわれ、1番人気のサートゥルナーリア(3牡)withルメールが優勝した。(*^^)v祝 デビューから連勝、無傷での皐月賞勝利はディープ以来。<デムーロで3連勝したんだけどね。ルメールは2週連続でクラシック勝利か~。(・・)・・・ちなみにmewは、この馬の名前がうまく言えず。ひそかにサットリーナ(通販好きなら知ってる?)と呼んでいる。^^;>
 最近の皐月賞は荒れ荒れになるケースも多いのだけど。何だかそろそろ固めで来るかなって予感も。1着は1番人気(1・7倍)、2着は4番人気(9倍)のヴェロックス、3着は3番人気のDキングリー(5.8倍)。ここまでが、アタマ、ハナでそう差がなくて、そこそこ力はあるかなと。
<2番人気のAマーズは1枠が痛かったけど、何とか4着に来たしね。>

 人気馬がほぼ先行から中団でおだんごになって進んだけど。ルメールは直線でもまれたくないので、外に出して進んだ分、優勝できたのかと思う。<ルメールは右に寄れて、隣の2着馬に接触したことから、審議となって過怠金もとられたようだけど。その前に、川田がルメールがはいろうところを左に寄ってジャマしてたので、どっちもどっちって感じ。フランスだったら、お互いにぶつかってハネ飛ばしていたかも。>
 距離と展開、枠順が変わったら、上位の順番は変わってしまうかも知れない。_(。。)_】

* * * * *

 ちょっと今、個人的に急がくて、なかなか記事を書く時間がゆっくりととれず。どこかからいただいて来まう記事が増えて、申し訳ないのけど・・・。

 今回は、おそらくニュース映像でご覧になったかもいるかも知れない、安倍首相のお花見の会の話を・・・。
 まあ、しょ~もないタレントさんは、とりあえず名前や顔をちょっとでも売るために行かざるを得ない部分もあるんだろうしね。

 先日のブログでも触れたけど、千原ジュニアは「知らんおっさんと花見ても仕方ない」と招待を断ったのだが。兄・せいじは、それこそアフリカの奥地のどんなに知らないおっさんとでも花見ができるタイプのせいか、しっかり参加していたようだし。^^;

* * * * *

 それより、mewが驚いたのは、今回の会には、最近、安倍首相と直接顔を合わせる機会がほとんどなかった、日本会議系や安倍シンパの超保守派、いわゆるネトウヨの親玉みたいな人が一斉に集まっていたことだ。(゚Д゚)

 安倍陣営は、これから天皇譲位、新元号に変更、そして憲法改憲と保守勢力の気持ちを鼓舞して、実現への協力を求めていかなければならないわけで。
 全国各地の小さな番組や集会、SNSで、しょ~もない戦前の国家思想をアピールしていたり、中韓朝などをあからさまに批判していたりしたら、「あれが安倍の仲間」かと是非、認識して欲しい。(++)

<有名のウヨどころだと『虎ノ門ニュース』ご一行、百田尚樹、有本香、ケントギルバートとかね。・・・ふつうにももクロとかエグザイル系、セレブ・マダム系の・デヴイ、IKKOもいたけど。>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』ご一行を堂々招待! 百田尚樹、有本香、ケントらネトウヨ文化人に囲まれご満悦

 また今年も安倍首相が主催する「桜を見る会」が開催された。今年は、カズレーザーや小峠英二、ミッツ・マングローブ、IKKO、五木ひろし、石坂浩二、デヴィ夫人、市川猿之助などといった芸能人を含む約1万8200人が参加。7日に放送された『Abema的ニュースショー』(AbemaTV)で千原ジュニアが「桜を見る会」に誘われながら辞退したことを明かし「知らんおっさんと見たないわと思って断った」と話したことが話題となったが、一方、ジュニアの兄で安倍応援団芸人として知られる千原せいじはしっかり出席。

 そして、安倍首相は今年も、ももいろクローバーZとともに浮かれてポーズをとったり、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーと撮った写真をさっそくInstagramにアップするはしゃっぎっぷり。新元号に触れた上で「きょう咲き誇っているこの花のように、みなさんひとりひとりがそれぞれの花を咲き誇らせることができる、そういう時代を一緒につくっていこう」と挨拶。新元号の私物化をきょうも見せつけた。

 しかし、いま安倍首相は浮かれるような状況状態にはない。塚田一郎・前国交副大臣の「忖度」発言や桜田義孝・前五輪相の「復興以上に大事なのは議員」発言による「辞任ドミノ」のほか、航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの世界初となる墜落事故が起こったばかり。いまだ操縦士の安否が確認されていない上、基地周辺に暮らす住民からは不安視する声も出ているというのに、芸能人と花見などしている場合ではないはずだ。

 毎度のことながら、無責任であることを取り繕おうともしない安倍首相の思い上がりぶりには反吐が出るが、きょうの「桜を見る会」では、もうひとつ、唖然とするような光景が繰り広げられた。

 というのも、じつはきょうの「桜を見る会」の招待客のなかに、あのフェイクデマ拡散ネトウヨ番組の面々が含まれていたからだ。そう。『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)の出演陣たちである。

 たとえば、テレビ朝日が午前中のニュースで報じた映像を見ると、安倍首相と昭恵夫人を取り囲んでいたのは、百田尚樹に有本香という世紀の欠陥本『日本国紀』(幻冬舎)のコンビに、ケント・ギルバート、竹田恒泰、上念司、石平太郎、須田慎一郎、大高未貴、藤井厳喜、武田邦彦らといった『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)のメンバーたちだった。

 また、ほかにも番組司会者である居島一平や、あの『殉愛』(幻冬舎)にも登場する、同番組のプロデューサーを務めるDHCテレビジョンの山田晃社長の姿まで……。

 さらに、『虎ノ門ニュース』出演陣が投稿した写真のなかには、『日本国紀』『殉愛』という二大事故本の版元である幻冬舎の見城徹社長の姿も確認できた。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 しかも、安倍首相はこのネトウヨ文化人オールスターズを歓待。石平のTwitterへの投稿によると、〈総理は我ら虎ノ門ファ
ミリーの一人一人に声をかけて握手して下さった〉といい、有本はこんなツイートしている。

〈安倍総理主催『桜を観る会』に虎ノ門ファミリーで参加。「文化人・芸能人」の列前を歩いて私たちの前に来られた総理が「ここから雰囲気が違いますね~。虎ノ門の皆さんが一番『左』に陣取っておられるのが面白い」といきなりの突っ込み。竹田恒泰さんが「我々から見たら一番右ですが」と即応酬。〉

 まったく気持ち悪すぎる会話だが、ようするに、安倍首相は自身の猛烈な擁護を繰り返すネトウヨ番組や、安倍応援本を多数送り出してきた出版社の社長といった“お仲間”を堂々と招待。手厚くもてなしていたのである。

ヘイトデマ垂れ流すネトウヨ番組の面々に囲まれご満悦の安倍首相
 そもそも『虎ノ門ニュース』は、例の沖縄ヘイトデマで知られる『ニュース女子』と同じDHCテレビが制作するネット番組であり、展開されるトークは、ネトウヨワールド全開の陰謀論や、もはや“安倍教”と呼ぶべき政権の徹底擁護ばかり。

 だが、そんなネット番組に、安倍首相は総裁選を控えた昨年9月6日、ついにVTR出演。同日未明には最大震度7を記録した北海道胆振東部地震が発生したというのに安倍首相の出演VTRは放送延期にもならず、安倍首相によるトランプ大統領やプーチン大統領との仲良し自慢が展開された。


 しかも、安倍首相は“番組を観たことがあるか”と問われると、「密かにありますね」と告白。インタビュー収録には別曜日レギュラーの百田も「スタッフ」として参加し、安倍首相も百田の姿を見つけると顔をほころばせながら手を挙げて挨拶するなど、“安倍応援団”に囲まれて終始ご満悦。最後には再び番組に出演することを約束したほどだった。

 総理大臣が自分の応援団であるネトウヨ文化人たちのネット番組に嬉々として出演する──。この事実だけで愕然とさせられるが、結局、安倍首相はこうした輩に慰撫されたくてたまらないのだ。

 いや、安倍首相を慰撫する“喜び組”の応援団のほうも同じだ。百田は桜田義孝前五輪相の辞任について〈自民党はアホが出世するシステムなのか、それともこんなアホでもマシな部類なのか!〉と投稿したが、歴史修正主義をばらまき、権力者に媚びを売ってベッタリの関係を築き、時にNHK経営委員に引き立てられ、時に著書を宣伝してもらってご満悦の百田のような存在こそ「アホが出世するシステム」なのではないのか。

 ともかく、安倍首相は相次ぐ大臣の暴言辞任に「批判を真摯に受け止める」などと言いながら、実際はお仲間に囲まれて癒やされることしか考えていない。このどうしようもない「アホが引き立てられるシステム」を、きょうはまざまざと見せつけられたのである。(編集部)(LITERA19年4月13日)】

 このお花見の会の光景を見ているだけでも「やっぱ、日本がアブナイ」とつぶやいてしまうmewなのだった。

   THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-04-15 02:30 | (再び)安倍政権について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7