人気ブログランキング |

国民党、立民党との衆院統一会派結成を了承か&政策や理念の合わない議員は合流すべきでない


 8月11日、2本めのちょっと短めの記事です。

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【あらら。何故か今日は10日だと思っていたんだけど。もう11日なんですね。
 ふと気付けば、昨日からお盆休みウィークにはいった人も結構いるのでは?(@@)

 お盆休みと言えば、地方競馬!(**)今年も全国各地の地方競馬場で、お盆休み開催&馬券販売をしているので、お近くに競馬場のある方は是非。
 暑い中、わざわざ出かけなくとも、エアコンついてお部屋で、ライブ中継を見ながら、ネット競馬を楽しむもよし。(12日はI-PATも地方馬券を扱うらしい。)
 今年のお盆開催もどうかよろしくお願いいたします。m(__)m<勝手に地方競馬広報係のmew。>

 今日11日には、帯広競馬場でGIのばんえいグランプリが!(@@) 大井競馬も日曜から金曜までお盆ナイターを開催するです。<mewも時間が取れたら、行っちゃう!(・・)>

 ところで先週のばんえい大賞典(3歳クラシック)では、メムロボブサップが優勝。(*^^)v祝 名前を見ればわかるように、パパはあのナリタボブサップなんだけど。見た目はパパより明るい鹿毛で、目の周りや口元、お腹の白さがコマクインに似ている感じで、かわいい子。mewのごヒイキになりつつある。"^_^"

 あと先週、JRA新潟、ハヤヤッコ(3牡)with田辺がレパードSで優勝。白毛馬として初めて重賞勝利を果たした。(*^^)v祝<叔母のユキチャンが関東オークスで勝ってるけどね。>ハヤヤッコは、ちょっとグレーっぽい部分があるのだけど、鼻やお腹、ももkらお尻がうっすらピンクに見えるのは、白毛馬の証。今後のさらなる活躍を期待している。(^^)】

* * * * * 

先日、『立民、国民党の分裂狙いか?統一会派の呼びかけに政策一致を要求+進次郎、脱原発のきっかけに』という記事をアップしたのだけど。その関連の記事を少しだけ。

 立民党の枝野代表が先週、国民党や社民党などに衆院で統一会派結成を呼びかけたのであるが。
<枝野代表は、あくまでも立民党主導の会派にはいるのを誘ったという話も?^^;>

 国民党は、10日に両院議員総会を開いて、衆院の統一会派入りを決定。参院でも統一会派を作ることを促すという。(~_~;)

 ただ、先日も書いたように、枝野代表は、同じ会派で活動する条件として、市民連合の要望書(4項目)を守ることや、立民党の基本政策に合意することを求めていたわけで。

 果たして、本当に国民党の衆院議員が全員、をこれらを了承できるのか、mewには疑問でならない。(@@) 
<安保では前原くんとか、渡辺周くんとか合わないし。あと電力労連の関係の議員も、原発ゼロを目指すと言えるのかどうか。>

『立憲民主党の枝野幸男代表は6日、国民民主党に提案した衆院の立憲会派入りに関し、同党が掲げる政策への支持が条件との認識を示した。「原発ゼロ」などに国民民主から反発が出ているが、枝野氏は広島市内で記者団に「これが、わが党として今できる最大限のことだ」と述べ、譲歩しない姿勢を強調した。(産経8.6)』

『菅元首相「原発ゼロ、同調できるのか」=会派結成で国民民主けん制

 立憲民主党の菅直人元首相は10日、自身のツイッターで、国民民主党の玉木雄一郎代表が立憲に「衆参での統一会派」結成を主張していることについて懐疑的な見方を示した。
 
 菅氏は、国民民主の電力総連出身の参院議員が原発再稼働を推進していると指摘。立憲などが国会に提出した「原発ゼロ基本法案」を挙げ、「同調できるのか。まず衆院から段階を踏んだ方がいい」と書き込み、国民民主をけん制した。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

<この記事は、区切りが1箇所で終わり。(^^)>

 しかし、玉木代表は、かなり強引に統一会派入りの話を進めたようだ。

『国民、立民と統一会派 憲法や原発の根幹政策の隔たり抱えたまま

 国民民主党は10日の両院議員懇談会で、立憲民主党から提案された衆院での統一会派構想について、参院でも統一会派の結成を求める方針を決めた。今後、会派結成に向けた本格的な協議に入るが、両党は憲法改正や原発政策など根幹的な政策で隔たりを抱えており、交渉は難航する可能性がある。(広池慶一、千田恒弥)

 「統一会派結成に向けて政策的方向性、その他必要な事項について誠実に協議し、合意を形成する」

 玉木雄一郎代表は懇談会で、立民の枝野幸男代表に回答する文書を読み上げ、政権交代に向け「野党の固まり」を衆参両院でつくる必要性を強調した。ただ、協議する政策の中身は「立民に返事をした上で決まっていく」と明言を避けた。

 枝野氏は統一会派を結成する条件として、立民の憲法改正に関する考え方や原子力発電の「ゼロ」政策、選択的夫婦別姓などへの協力を掲げている。

 しかし、国民は条件付きの原発再稼働を認める電力総連の組織内候補を抱えており「原発ゼロ」をそのまま受け入れるのは難しい。憲法改正も、安倍晋三政権下の議論を否定しない玉木氏と、後ろ向きな枝野氏の間では温度差がある。

 このため、10日の懇談会では、立民側の条件をのめば党の存在感が低下しかねないとして慎重な対応を求める意見が相次いだ。

 吉良州司衆院議員は「本当に政権を目指すのなら、今まで積み上げた政策を貫くべきだ」と訴えた。川合孝典参院議員は立民への回答内容に賛同しつつ「政策・理念が守られることが前提だ」とクギを刺した。

 一方、古本伸一郎衆院議員は「立民と一緒になれば年がら年中、批判の野党になる」と懸念し、「立民の提案を見る限り、軍門に下れとしか読めない」として会派結成に反対した。

 こうした声に、玉木氏は「百パーセントこちらの意見が通るわけではないが、単に吸収されるわけではない」と述べ、協議を始めることに理解を求めた。

 統一会派構想をめぐっては、立民から同様の提案を受けた野田佳彦前首相率いる衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」も協議入りを決めている。構想が実現すれば、旧民進党勢力が会派として再結集することになり、先には党同士の合併も視野に入ってくる。懇談会の終盤、古賀之士参院議員は不安を口にした。

 「『民進党に戻るだけなんですね』といわれたとき、どう理論武装すればいいのでしょうか…」(産経新聞19年8月10日)』

* * * * *

 まあ、とりあえず会派を一緒にして活動するぐらいならいいかも知れないが。<一緒にやってみた方が、却って考え方の違う議員がわかっていいかも知れないし。>

 正直なところ、mewは、立民党が、国民党や野田グループの全員と一つの政党に合流することには大反対だし。旧民進党を復活させたくもない。(・・)

 野党のかたまりがどうのとか、数が必要だとか声高に言う人がいるけれど。大きなかたまりを作ったところで、内部でアレコレと対立してもめるようなことがあれば、早速、自民党や保守系メディア、ネットが、また「悪夢が」とおか言って叩きまくるだろうし。そうなれば、国民は「またか」と思ってしまい、政権交代への希望を失うことにもなりかねない。

 立民の枝野代表が、政策の一致にこだわったのも、そのような問題の発生を懸念してのことだと思うし。
 国民党が、党全体での会派入りや政策の調整などに関して言って来ても、安易に妥協すべきではないと思うmewなのだった。(@@) 
<枝野氏はれいわとの協力についても話していたようだけど、それもきちんと政策合意をしておいた方がいいと思う。>

 THANKS
 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-08-11 19:39 | 民主党、民進党に関して

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー