人気ブログランキング |

不都合な会も中止でウソ隠し?~安倍後援会のツアー募集が判明&菅も官邸や党の推薦枠を認める


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 安倍内閣と言えば、「不都合なものは、なくしてしまえ!」でお馴染みなのであるが・・・。案の定と言おうか、13日の午後になって突然、来年度の「桜を見る会」の中止が発表された。(・o・)

 菅官房長官は、13日の午前中の会見では、来年も開催することを前提に『「見直すべき点があれば見直す」と述べ、招待客の選定基準などを明確にする方向で検討する考えを示した』りしていたのだが。(ロイター19年11月13日)
 ところが、同日の午後の記者会見で、急に中止を発表したのである。(@@)

『菅義偉官房長官は13日午後の定例会見で、安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」について、来年度の開催は中止すると発表した。首相が中止を決めたという。(略)
 菅官房長官は「桜を見る会は長年の慣行で行っているものであるが、さまざまな意見があることを踏まえ、政府として招待基準の明確化や招待プロセスの透明化を検討する」と述べ、予算や招待人数も含めて全般的に見直しを行うとした。(ロイター19年11月13日)』

<何か招待基準の見直しを検討するために中止というのも、理由になっているのかどうか「???」なのだけど。都合が悪いからとりあえず中止というのは、チョット「共通テスト英語の民間試験導入見直しのため3年延期」に近いものがあるかな。>

 要は、色々とウソがバレて来たし、メディアも食いついて来て都合が悪くなったので、とりあえず中止しようと。それで世間が静まるのを待とうと。そういうことでしょ~。(・・)

* * * * *

 菅官房長官も内閣府の官房長らも、ひたすらに「各界で功績、功労のあった方々などを幅広く招待している」「省庁から推薦のあった人を、内閣府でとりまとめている」と説明。

 安倍首相も、自分の後援会の関係者が多数招待されていることを指摘されても、「招待者の取りまとめには関与していない」、「自治会やPTAの役員方が後援会員と重複することもある」と釈明していたのだ。

 13日の衆院文科委で、萩生田文科大臣は「後援会の常任幹事の中で、都道府県の団体などの長で招待された方がいたので、現場で会った」と。また、加藤勝信厚労大臣も同日の衆院厚労委で、「(桜を見る会で)地元の方、知っている方に会う機会はあった」と述べた。(*1)
 しかし、2人とも、出席者の招待や調整には関与していないとシラを切り通していたのに。<2人とも安倍氏の側近で、官房副長官を務めたことがある。>

 三原じゅん子参院議員は、14年4月18日のブログに、その年の桜を見る会に出席し「今年は母や叔母たちも参加し喜んでおりました」と記載していたのだが。TV朝日の番組で玉川徹氏らが、三原氏の母や叔母は「どういう功労があるんだろう」と疑問を口にしたところ、ツイッターで激怒したとのこと。

『三原議員はツイッターで激怒。玉川氏らのテレビでの発言を報じたネット記事を添付し、「この件は内閣府のルールに則って、招待された人が出席したまでです」とつぶやき「しかしながら番組での2人の母への発言は許しがたい侮辱発言だと思います。厳重に抗議します!」と怒りをにじませていた。
 そして続くツイッターで「下記、二階幹事長の記者会見での発言」として「選定者や人数については、内閣官房や内閣府の主催されている行事ですから。お尋ねがあればそちらの方に聞いていただいて、党は特別の関与を致しておりません」という言葉を紹介していた。(デイリー・スポーツ19年11月12日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ   

 でも、これらの発言は、全部、ウソorごまかしだったのだ。(**)

 一番痛かったのは、安倍首相だろう。

 (ボディの)三原姉さん。二階幹事長は、こんな風に言って、実質的に首相や議員に招待枠があるのを認めていたんですよ。

『二階幹事長は12日の記者会見で、首相が地元の後援会員を招待する是非について「議員が選挙区の皆さんに配慮するのは当然だ」と語った。
 さらに「(枠が)あっても別にいい。特別、問題になるのか」と、首相らの招待枠についても問題ないとの認識を示した。(女性自身19年11月12日)』

 何と菅官房長官も13日の午後の会見で、官邸に招待枠があることを認めていた。

『「長年の慣行」として首相官邸や与党に対して招待者の推薦依頼を行っていたことも明らかにした。官邸分については「首相、副総理、正副官房長官に推薦依頼を行ったうえで、提出された推薦者のとりまとめを行っている」として、事実上の招待「枠」があったことを認めた。(毎日新聞19年11月13日)』

『菅義偉官房長官は13日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」の招待客選定に関し、各省庁以外に国会議員からも推薦を受け付けていると認めた。
 「政治家からの推薦、働き掛けはあるか」との質問に「そうしたものも含まれているんだろうと思っている」と答えた。(時事通信19年11月13日)』

 他にも少しずつ官邸や自民党の招待枠が存在したことを示す証拠や証言がちょこまか出るようになっていた。<民主党政権下で、鳩山首相が主催した時も、各議員4名の招待枠があったと国民党の玉木代表が言っていた。>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 ただ、これまでの安倍首相、菅官房長官なら、それでも尚「問題ない」「私は関与していない」と言い張ったかも知れないのだけど・・・。

 やっぱ安倍首相にとって一番痛かったのは、安倍後援会が(書面によっては安倍晋三の名で)、「桜を見る会」ツアーの参加者を募っていたことだろう。
 ツアーに応募すれば、内閣から招待状が届くと記されているのである。(・o・)<この写真が文字が見えやすいかな?https://news.livedoor.com/article/detail/17375454/>

『安倍首相主催の「桜を見る会」を日程に組み込んだ観光ツアーの参加を受け付ける文書が、首相の事務所名で、地元の有権者らに送られていたことがわかった。

 読売新聞が入手した今春開催のツアー文書は「『桜を見る会』について(ご連絡)」との表題。1泊2日の日程で、4月12日は観光地巡りと「あべ晋三後援会 夕食会」、翌13日は「桜を見る会」への参加を提案している。このうち、観光地巡りは三つのコースがあり、それぞれの旅費など必要経費を紹介していた。

 文書の日付は「平成31年2月吉日」で、「あべ晋三事務所」として山口県下関市にある地元事務所の電話番号も記載されている。(読売新聞19年11月13日)』

『正式な招待状については「内閣府より、ご連絡いただいた住所に送付されます」との記載があり、事務所の仲介をうかがわせる内容だ。・・・
 桜を見る会当日はホテルから送迎バスを運行すると紹介し、「総理夫妻との写真撮影はバス号車ごとに行います。乗車されない方は写真撮影が困難となります」との断り書きもある。(時事通信19年11月13日)』

 このツアーに参加することによって、「桜を見る会」に招待され、(昨日書いたように)新宿御苑の開園前に特別扱いの先入りをして、安倍首相夫妻と写真を撮影できるのである。(・・)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 気になるツアーの値段だが、「桜を見る会」の前日の行動(観光の行き先などによる)によって
つのコースがあり、観光名所を巡る最も高いコースで87500円。
 「桜を見る会」前夜に行なう、安倍首相夫妻との懇親会は、別途5000円を支払うことになっている。

『「桜を見る会」の日程をはじめ、東京都内の観光を含む4つのコースが示されています。飛行機代やホテル代など6万6000円から8万7500円までのツアー代金も記されています。
 関係者によりますと、申し込んだ人には、安倍総理名義で案内状が届いたということです。安倍総理の事務所は取材に対して、「分からないのでお答えできない」としています。(JNN19年11月13日)』

『ツアーは自由行動のほか、東京の観光名所をめぐる4つのコースが設けられ、ホテルに1人で宿泊した場合の参加費の総額は、8万1000円から8万7500円となっています。
このうち、8万7500円と最も高いコースでは、東京タワーを見学した後、屋形船で昼食をとり、明治神宮周辺を見学するといったツアーになっています。
 そして、都内の高級ホテルで夜に開かれる夕食会は、会費が1人あたり5000円と記されています。(NHK19年11月13日)』

『下関市にある安倍総理大臣の事務所は、「詳細が分からず、答えられない」とコメントしています。

 安倍総理大臣の地元、下関市の複数の関係者によりますと、毎年2月ごろになると、安倍事務所から「桜を見る会」に参加するか、確認を求める書面が送られてきたということです。
 そして、参加の回答をすると、会の前日に組まれている都内の観光や夕食会などを含めた一連のツアーの日程や、必要な金額が書かれた書面が送られたということです。
 また、「桜を見る会」では、お酒やおつまみなどの軽食が無料で振る舞われたほか、お土産として、一合ますも配られたということです。(同上)』

 呆れてしまったのは、桜を見る会に参加した地方議員の言葉。

『別の議員は「安倍総理の事務所か後援会が開いていると思っていたが、今回の報道で、公的な行事であることを初めて知った」と話していました。(同上)』

 もし本気で言ってるとしたら、「はあ?(゚Д゚)」という感じなのだけど。それぐらい「安倍さま」個人が主催しているような印象を与える会だったのかも知れない。(~_~;)

* * * * *

 この87500円(懇親会も入れれば、92500円)という額が妥当なのか、mewには「???」なのだけど。

<よく旅行をする人は、宇部ー羽田の飛行機+ホテルは、団体料金のツアーだと2~3万円ぐらいではないかと。宿泊の部屋や観光内容が超豪華ならば別だが、そうでないとすれば「却ってぼられているのではないか」なんて意見も。^^;・・・それは、それで問題になる。(-_-;)>

 安倍首相は、とりあえず「桜を見る会」を中止すれば、TVメディアもこの件を扱うのをやめて、野党の追及も勢いがなくなる&そのうち国民も忘れると考えたかも知れないのだけど。<実際、この7年、そういうパターンが多いからね~。完全にナメられてるよね!(ノ_-。)>

 でも、今回ほど安倍首相自身&事務所の関与を示す証拠がオモテに出た件もないし。<まさか後援会が勝手に事務所の名を使ってやったことだとか、私は全く知らなかったとか言い出すじゃないでしょうね~。^^;>
 今回ほど、安倍首相がいかに権力を私物化しているか、都合が悪くなったらいかにウソやごまかしの答弁をしたり、関連物を消そうとしたりするか、わかりやすい例もないわけで。
 野党やメディアは、ここで簡単に引かず、さらに追及を続けて欲しいと願っているmewなのである。(@@)

  THANKS



【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-11-14 02:40 | (再び)安倍政権について