人気ブログランキング |

安倍内閣、桜招待の問題企業と関わり大+菅が名簿作成の責任とる?+内閣府シュレッダーを視察


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【24日にはJRAでジャパン・カップが行なわれて、中団につけた3番人気のスワーヴリチャード(5牡)withマーフィが、直線で内側からスルスル抜け出して来て、優勝した。(*^^)v祝
 2着には軽量を活かして先行して粘ったカレンブーケドール(津村)。3着は今回も「残念マン?」川田が騎乗したワグネリアン。(4着にトンデモ最後方にいたマカヒキ(ユタカ)が来てたのね~。)馬場がかなり悪かったこともあるけど。正直、レースとしてもイマイチだったかも。

 というか、JCは、世界の競馬に追いつこうという目的で81年に創設されたのだけど。もう国際GIとしては、意義がないレースになったのではないかと思う。
 JRAやメディアが懸命に「世界最高の騎手が集まって」とPRしていたのだけど。肝心の外国馬が、ついに一頭も出てくれなくなっちゃったんだもの。(-_-;)

 近年は外国から、どんどんいい馬が来なくなっていて。06年にディープインパクトが勝ってから、ずっと日本馬が優勝している状況だし。外国馬が馬券に絡んだのも、06年にウィジャボードが3着にはいったのが最後なのである。(>_<)

 じゃあ、何で外国馬が来なくなってしまったのか? それは、また後日に。>

* * * * *

 「桜を見る会」の話題が止まらない。(@@)

 昨日はアチコチで、マルチ商法の問題企業だったジャパンライフの社長が「桜を見る会」に招待されていた&その招待状の写真を宣伝に使っていたという話が出ていたのだけど・・・。

<宣伝に使われた安倍首相名義の「桜を見る会」の招待状の写真。
 https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-479244/photo/
 今度は受付票の60-2357のナンバーが、新たな注目ポイントになっている。(・・)>
 
 ただ、安倍夫妻や安倍内閣の大臣、側近とジャパンライフの関係は、「桜を見る会」に招待されていた話も含めて、もう2年ぐらい前から、ちょこちょこメディアに出ていたのだである。<マイ(馬い)愛読紙の日刊ゲンダイも取り上げていた。>

 たとえば、こんな記事とか。(去年の11月のもの)

『■何人もの大臣が広告塔に

 ジャパンライフは政治との近さを売りに、商売を続けていた。2014年9月に消費者庁から文書で行政指導を受けた3カ月後、安倍首相側近の下村博文文科相(当時)が代表を務める政党支部に10万円を献金。15年3月には首相主催の「桜を見る会」に招待されたと宣伝チラシで大々的にアピール。〈安倍晋三内閣総理大臣から山口(隆祥)会長に「桜を見る会」のご招待状が届きました〉という文言と招待状の写真が掲載されていた。

 16年12月に一部業務停止を命じる1度目の行政処分を受けると、さらに加速。チラシで昨年1月13日の出来事として〈安倍内閣の重要閣僚の加藤大臣と山口会長が会食し、ジャパンライフの取り組みを非常に高く評価していただきました!〉と紹介された加藤勝信厚労相(当時)の、〈ジャパンライフのビジネスモデルは、1億総活躍社会を先取りしています!〉というコメントが掲載された。その2週間後の1月27日に〈自民党・二階俊博幹事長を囲む懇親会を山口会長主催で開催しました!〉と喧伝するチラシもあった。

 一方、ジャパンライフ問題を追及する共産党の大門実紀史参院議員が入手した「お中元リスト」には安倍首相をはじめ、麻生財務相や菅官房長官、茂木経済再生相らオトモダチもズラリと名を連ねていた。(日刊ゲンダイ18年11月10日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 で、こちらは、昨日の記事。

『「桜を見る会」に新疑惑 悪徳業者ジャパンライフは安倍首相の招待枠

 公費で運営される「桜を見る会」に安倍首相の後援会関係者が850人も招待されていたことを暴いた共産党の田村智子参院議員が、また新たな疑惑をスッパ抜いた。
 25日の参院行政監視委員会。わずか15分の質問時間を「桜を見る会」問題追及にあてた田村議員が問いただしたのは、悪質な預託商法を展開していた「ジャパンライフ」の山口隆祥元社長が2015年の会に招待されていた一件だった。

 同社は17年に倒産。多額の預託金が返還されずに被害者が続出し、社会問題化した。国会でも集中審議が行われたほどで、警視庁などが特定商取引法違反で捜査中だ。消費者庁から4度も業務停止命令を受けており、14年には既に文書で行政指導されていたのに、翌年、元社長が招待されたのである。

 同社は招待されたことをチラシで大々的に宣伝し、会社の信用につなげていた。

■属性区分「60」が動かぬ証拠

 本紙(日刊ゲンダイ)も入手済みのチラシには、〈安倍晋三内閣総理大臣から山口会長に「桜を見る会」のご招待状が届きました〉と大見出しが掲げられ、招待状や封筒、受付票の写真がデカデカと掲載されている。

 そのチラシで田村議員が注目したのは「受付票」にある「60―2357」という数字。頭の2ケタは誰による招待かを示す番号だという。内閣府が田村議員に提出した15年の桜を見る会の「仕様書」には、招待者の属性区分を記した表があり、

●両院議長、各党代表、国会議員「10」
●最高裁などの長官、行政・議会の幹部、知事「20」
●与党推薦者「64、65」
●総理、長官等「60~63」となっている。

 つまり、ジャパンライフ元社長の「60」は安倍首相枠での招待の可能性が極めて高いのだ。

 動かぬ証拠を田村議員に突き付けられ、岡田直樹官房副長官と大塚幸寛内閣府官房長は顔面蒼白。「桜を見る会に全くふさわしくない人が招待された」として事実関係の調査を求められると、「個人に関する情報については、回答を差し控える」「保存期限の問題もあり、お答えを差し控える」と逃げの一手だった。

 政治評論家の野上忠興氏が言う。

「安倍首相が『桜を見る会の疑惑はもう幕引き』と思いこんでいるとしたら大間違い。世論調査では首相の発言を『納得できない』『信頼できない』が7割に上っている。真摯に対応しなければ、ますます信頼を失い、追い詰められると思います」(日刊ゲンダイ19年11月26日)』

* * * * *

 この菅官房長官の発言も覚えておきたいところだ。(++)

『桜を見る会の招待者名簿「私が責任者」 菅官房長官

 菅義偉官房長官は25日の参院行政監視委員会で、首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿の取りまとめについて「最終的な意思決定は私が責任者だ」と述べた。立憲民主党の吉川沙織氏が「意思決定はどこで行っているのか」とただしたのに答えた。菅氏は名簿の取りまとめに関し「長年の慣行で官邸内や与党にも推薦依頼を行っているが、いただいた推薦を基に内閣官房および内閣府で行っている」と説明した。(時事通信19年11月25日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 さて、25日には内閣府で門前払いをくわされた野党の追及本部の調査班だが。昨日は、ようやく内閣府が名簿廃棄に使ったシュレッダーの視察が許可された。

『「1.5万人名簿」30秒で細断 大型シュレッダー、野党視察 桜を見る会

 立憲民主党など主要野党でつくる首相主催「桜を見る会」追及本部のメンバーは26日、内閣府が招待者名簿廃棄に使った大型シュレッダーを視察した。

 約1万5000人分の今年の招待者名簿に見立てて野党が用意したA4判約800枚を30秒程度で細断。野党は、順番待ちで廃棄までに時間を要したとの内閣府の説明に疑念を強めた。

 内閣府は4月13日の桜を見る会の招待者名簿を5月9日に廃棄したと説明。共産党が資料要求した日と重なり、野党は隠蔽(いんぺい)の疑いがあると問題視している。内閣府は25日の視察要求は「予約がいっぱい」などと門前払いしていた。

 視察したメンバーは、内閣府の担当者を国会に呼びヒアリングを実施。メンバーから「シュレッダーが空かずに処分が遅れたというのは極めて怪しい」などと疑問が続出したが、担当者は「年度末とか年度初めは予約でいっぱい」と反論した。(時事通信19年11月26日)』

* * * * *

 TVでニュースの映像を見たけど、本当に裁断が速くてビツクリ。<個人的には、実験の時に、新しい白い用紙ではなく、不要な印刷物を使って欲しかったな~と思ったけど。> 

 1万5千人の名簿を30秒で裁断できちゃうのだから。予約待ちがどうのなんていう言い訳は、とても通用しそうにない。^^;

 共産党が資料要求した5月9日に、名簿を廃棄したというのも、やっぱ引っかかってしまうところがあるわけで。
 公明党の石田政調会長でさえ「(同日なのは)正直、そろい過ぎ」と言っていたし。

『公明党の石田祝稔政調会長は26日、安倍晋三首相が主催した今春の「桜を見る会」の招待者名簿を共産党が資料要求した当日に内閣府が廃棄したことについて、「(同日なのは)正直、そろい過ぎているのではないかという気はする。廃棄そのものは決められたことでやっていると思うが、日程が合ってしまったことで余計な誤解を与えた」と苦言を呈した。(時事通信19年11月26日)』

 自民党の二階幹事長に至っては「後々の記録、来年のことを考える場合の参考にもなるものだから、いちいち廃棄する必要はないと思う」と指摘していたとのこと。(・o・)(ANN11.26)

『立憲民主党・蓮舫予算委筆頭:「(二階幹事長は)初めて説得力がある発言されたと思いますね。二階幹事長がおっしゃっておられるように、廃棄したのは都合が悪いからシュレッダーを掛けたとしか、それをお認めになったんじゃないでしょうか」
 野党側は招待者名簿のデータの提出を求めるなど、追及を強めています。(同上)』

 野党は、内閣府が消去したと言っている名簿データの提出(復元)、シュレッダーの使用データの提出を求めて行く方針だという。(・・)

* * * * *

 今回、安倍首相や閣僚、自民党などが税金で開いている「桜を見る会」を私物化していることが、最大の問題なのだが。
 その招待の仕方、名簿の作成や管理のズサンさも、セキュリティの面を考えても、かなり問題があると思われ・・・。まずは、自らが責任者だと言っている菅内閣官房長官に、辞任していただくというのもいいかも知れないと思うmewなのである。(@@)

 THANKS




【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-11-27 04:56 | (再び)安倍政権について


「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

更新通知を受け取る

最新の記事

安倍内閣、不支持率が10Pも..
at 2020-02-25 08:39
法務省、深夜に日付も後付けか..
at 2020-02-24 04:21
安倍、習の国賓来日を強行か?..
at 2020-02-23 09:16
法務省、森大臣のウソを認める..
at 2020-02-22 08:34
安倍官邸の圧力で、発言修正が..
at 2020-02-21 07:43
自民、ホテルに圧力で沈黙させ..
at 2020-02-20 09:22
安倍のウソをホテルが暴く~営..
at 2020-02-19 07:47
安倍、辻元らの追及に困窮。私..
at 2020-02-18 05:22
支持率低下の安倍、辻元に謝罪..
at 2020-02-17 10:26
安倍、対策に没頭って?~日本..
at 2020-02-16 06:51

以前の記事

2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のコメント

> xtc4241さん ..
by mew-run7 at 15:53
mewさん 2月25日..
by xtc4241 at 01:08
mewさん2月5日6:5..
by xtc 4241 at 07:14
mewさん森友加計も曖昧..
by kiku at 14:27
mewさん、オリンピック..
by なし at 14:44
mewさん1月17日4:..
by xtc4241 at 04:38
mewさん1月6日3:2..
by xtc4241 at 04:23
mewさん2020年1月..
by xtc 4241 at 03:17
詩織さん勝訴! 刑事で..
by xtc4241 at 06:22
mewさん12月1日4:..
by xtc4241 at 04:32

ブログパーツ

タグ

(1452)
(794)
(669)
(465)
(334)
(268)
(256)
(251)
(234)
(194)
(173)
(167)
(164)
(159)
(153)
(149)
(147)
(146)
(138)
(138)

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース