人気ブログランキング |

政府のネット中傷への介入には要注意。高市や三原が動くとアブナイ?政府批判潰しのおそれ


 コロナV拡大で生活も仕事も大変になっている&ストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょうね! o(^-^)o 
 また、コロナVと戦う医療関係者やリスク大の中で働く福祉関係者に感謝の拍手を!( ^^)//

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・過去を嘆くより新生活の幸福を見つけて。一歩一歩、復興実現を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 TV番組「テラスハウス」に出演した木村花さん(22)が23日に急死した。(ご冥福をお祈りします。)SNSで誹謗中傷を受けたことが他界の原因だと見られている。

 SNSでの誹謗中傷(その他にいじめ、嫌がらせ、勝手に個人情報公開など)は、ここ何年か大きな問題になっていたのだが。
 本来は、プロバイダー(接続事業者)、プラットフォーマー(SNS等の提供企業)がもっと責任を持って管理し、問題のある投稿の削除や投稿者のブロックに努めるべきだろう。

 しかし、プロバイダー責任制限法は、ほとんど機能しておらず。プロバイダーやプラットフォーマーなどは利用者数や接続数を増やすこと&コストを下げることばかりを考えて、利用者の問題にはほとんど時間や労力を使わない。問い合わせや削除依頼してもなかなか対応せず。精神面だけでなく様々な面で損害を受けても、泣き寝入りで終わってしまっているケースも少なくない。(-"-)

 ただ、今回の木村花さんの件をきっかけに、著名な芸能人やスポーツ選手などから、SNSの誹謗中傷を問題視する意見が続出。メディアでも、この問題が取り上げられるようになっている。

 国会でも、自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長が会談を行い、『「表現の自由」に配慮しつつ、海外の事例を参考に、SNSのサービスを提供するプラットフォーマーと呼ばれるIT企業に一定の責任を課す方法や、誹謗中傷した人への罰則を設けるなど法整備も含めて検討する』ことを協議したという。(・・)

* * * * *

 実は、このブログも昔は、コメント欄やTB欄に、ウヨから批判攻撃や嫌がらせを受けて、本当に大変だったのだ。(何か敵視すべき反日ブログとして、複数のサイトからマークされてたりして。^^;削除をすれば簡単に解決するってわけでもないし。被害者の精神的な苦痛はよくわかるです。)
 そして、プロバイダーやプラットフォーマーの管理を促すために、国会で与野党が一緒に協議して、人権にも配慮した上で、一定のルールを設けることも必要かも知れないと思う。(++)<あともっと小さいうちから、学校や家庭でネットのマナーを教える必要もあるよね。>

 ただ、ここで行政府(&その手下)がしゃしゃり出て来るようだと、警戒する必要があるかも知れない。<mewアラートね!(^ー^)>

 彼らは、自分たちに都合の悪い投稿、政府を批判する投稿を潰しにかかる可能性があるからだ。(**)
<安倍内閣は先日、「検察庁法改正案に抗議します!」のツイート攻撃で、大きなダメージを受けたばかりだしね~。^^;>

 ちなみに、26日には、高市総務大臣が会見で、SNS上で他者を誹謗中傷するなどした悪質な投稿者を特定しやすくする方策を検討していると発言したとのこと。(・o・)

 さらに、自民党は三原じゅん子氏が座長を務める「インターネット上の誹謗中傷対策を検討するPT(プロジェクトチーム)を立ち上げて、26日に初会合を開いたという。^^;

<偶然かも知れないけど、早速、超保守の安倍っ娘2人が声高になっちゃうので、「あら~」と。
 だって、高市総務大臣は、「テレビが政治的に公平性を欠いた発言をすれば、電波停止もありうる」と、反政府的なTV番組をけん制するような発言をしたことがある人だし。
 三原氏に至っては、総理会見の中継に関して「緊急事態での会見にも関わらず民放ではスルー?連日ワイドショーで専門家という肩書きの方の言葉を伝えるより、総理のお言葉をつたえるべきでは?」なんて、ツイートしちゃうような人なんだもん。(-_-;)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は国会内で会談。安住氏が「心ない誹謗中傷で人を傷つけるようなやり方について何らかのルール化は必要だ」として、与野党で協議するよう要請。森山氏も「何か助ける方策はなかったのかと残念に思う。立法府がどういう役割を果たすかは重要だ」と応じた。

 憲法が保障する「表現の自由」に配慮しつつ、海外の事例を参考に、SNSのサービスを提供するプラットフォーマーと呼ばれるIT企業に一定の責任を課す方法や、誹謗中傷した人への罰則を設けるなど法整備も含めて検討する。(毎日新聞20年5月25日)』

『高市早苗総務相は26日の記者会見で、インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷を巡る発信者の情報開示について、制度改正も含めて対応する考えを明らかにした。「総務省は先月、有識者会議を設置し、開示手続き円滑化の方策の検討を始めた。匿名の者が権利侵害情報を投稿した場合に、発信者の特定を容易にするための方策を検討する予定だ」と述べた上で、「検討結果を踏まえて、制度改正も含めた対応をスピード感を持って行いたい」と語った。

 フジテレビの人気番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレス選手、木村花さん(22)が急死し、SNS上での誹謗中傷との関連が指摘されている。高市氏は「どのような手段であれ、匿名で他人を誹謗中傷する行為は人としてひきょうで許しがたい」と指摘。発信者の情報開示の手続きなどを定めたプロバイダー責任制限法に触れ、「適切に運用されることが必要だ」と述べた。(毎日新聞20年5月26日)』

『現在は訴訟に持ち込まないと情報が開示されないことも多いが、迅速な開示に向けた方策を探り、氏名などに加えて電話番号を開示対象にすることも検討する。ただ「表現の自由」や「通信の秘密」を損なうとの懸念もある。(共同通信20年5月26日)

* * * * *

『三原じゅん子議員 木村花さん利用指摘に「政治批判と誹謗中傷は違う」対策チーム

 自民党の三原じゅん子参議院議員が26日、ツイッター投稿で自民党政務調査会内に、三原氏が座長となって「インターネット上の誹謗中傷・人権侵害等の対策PT」を立ち上げ、同日に役員会を行ったと報告した。

 「これまでも傷ついた方が沢山いらっしゃった事を省みながら、法整備を含めあらゆる施策を取り入れ皆様を守っていきたいと思います」としている。

 三原氏は、急死したプロレスラー木村花さんが、出演していたリアリティー恋愛番組「テラスハウス」内での言動に対してネット上で誹謗中傷を受けていたとされる問題を受け、ツイッターで「インターネット上の匿名での誹謗中傷の人権侵害に対して、政治家として動き出します」としていた。

 この日、これに先立つ投稿では、ユーザーからの「木村花さんを政治に対する批判封じ込めに利用しないで欲しい」との投稿に対し、三原氏は「何度も書いていますが、批判と誹謗中傷の違いを皆さんにまず理解して頂く事が大切。まして政治批判とは検討を加え判定・評価する事です。何の問題も無い。ご安心を」としたうえで、「しかし、政治家であれ著名人であれ、批判でなく口汚い言葉での人格否定や人権侵害は許されるものでは無いですよね」と説明した。(デイリースポーツ20年5月26日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 上の記事の三原氏の言葉が、ちょっとアブナいのだ。^^;

「批判と誹謗中傷の違いを皆さんにまず理解して頂く事が大切。まして政治批判とは検討を加え判定・評価する事です」まではいいのだが・・・。そのあと、わざわざ「政治家であれ著名人であれ、批判でなく口汚い言葉での人格否定や人権侵害は許されるものでは無いですよね」と続けたところが、チョットね~。(~_~;)

<何か「政治批判とは、検討を加え」ってとこで、例の抗議ツイートをけん制してる感じも。個人的には「皆様を守っていく」という上から目線の言い方も引っかかる。(-"-)>

* * * * *

 mewと同じように、高市大臣の発言などは、ちょっとアブナイぞと感じた人は他にもいるようだ。

『政府主導の発信者特定は「最悪の展開」懸念の声続々

 高市早苗総務相がインターネット上の発信者の特定を容易にするため制度改正を検討する意向を示したことを受け、ネット上では懸念の声もあがっている。

 映画評論家の町山智浩氏は26日、ツイッターを更新。「木村さんの死を、政府が国民監視に利用するのは最悪の展開」とし。「SNSの管理は、被害の責任をSNSが負うことにしてSNSに自己管理させたり、SNSが共同して独立した自主管理団体を作るなどで可能なはずです。政府がSNSの発信者を特定できるようにしては絶対にいけません」と訴えた。

 作家の盛田隆二氏は「政府は隙あらば国民監視を強める動きを見せる。これは#スーパーシティ法案と連動したプライバシーの重大な侵害」と危惧。町山氏と同様に「SNS上の誹謗中傷はSNSが厳しく取り締まるべきだろう」との考えを示した。

 そのほかツイッターユーザーからは「つまり政府にとって都合の悪い発信者を特定するため?」「ネット発言者特定は言論統制、表現の自由の規制にもなりかねない」「誹謗中傷は悪い。でもそれを誰が判断し、どう探るのか。言論の自由とも関わってくるし、政権による弾圧にも繋がってくる。どこまで権力を持たせるか…」などと政府による言論統制につながるのではないかと懸念する声も続々とあがっている。(日刊スポーツ20年5月26日)』

<そうそう。何かスーパーシティ法案とかいう、何かいかがわしい、アブナげな法案も出てるのよね。>

* * * * *

 この時代になって、ネットを利用する人もモラル云々と言っても、仕方がないのかも知れないけど・・・。
 何か交通ルールをちゃんと決めないでorちゃんと教えないで(習わないで)、車をどんどん好き勝手に走らせているような感じがする今日このごろ。

 やれオンライン教育の普及がどうの、テレワークの拡充がどうのというのであれば、大人にも子供にも、色々な場所で、ネットやSNSを使う上での基本的なマナーとかルールをもっと教えるべきだと思うし。
 好き勝手なことを書いたもん勝ちにさせないように、民主的に法整備を進めた上で、民間のプロバイダーやプラットフォーマーは、(できれば、誹謗中傷その他で被害を受けた人も)、どんどん告発や提訴をした方がいいのではないかと思うmewなのだった。(@_@。

  THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2020-05-27 01:55 | Comments(0)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅政権の立場から、左右は関係なく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31