人気ブログランキング |

菅内閣、不支持率が上回る&大阪等もやっと宣言対象に+吉村「ガラスの天井」誤用&女性の政治参加を


 豪雪の被害が出ている地域の方々、油断大敵です。外出、除雪にはくれぐれもご注意を。(・・)

 コロナV拡大で生活も仕事も大変になっている&ストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょうね! o(^-^)o 
 また、コロナVと戦う医療関係者やリスク大の中で働く福祉関係者に感謝の拍手を!( ^^)//

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・過去を嘆くより新生活の幸福を見つけて。一歩一歩、復興実現を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 11日は月曜日。土日の検査数が少なくなるせいか、東京でも多くの自治体でも、感染者が少なくなる曜日なのだが。
 東京の新規感染者は1219人で、月曜日としては過去最多。先週4日の884人を大きく上回ることに。首都圏や近畿圏などの感染者数も多く、全国でも4871人と月曜日過去最多となった。(-"-)

 何より心配なのは、死者が48人と減らないこと。そして、重症者数が全国で864人とどんどん増加しており、医療体制が逼迫。症状が出ている人もなかなか入院できず。一般の救急搬送にも支障が出始めていることだ。(-_-;)

 昨日11日には成人の日だったのだが。<成人を迎えた人には(*^^)v祝です。>成人式が中止になった地域が多かったようで、残念な限り。
 どうかこのことをしっかり覚えておいて欲しいと思うし。<国や自治体のコロナ対策の遅れの影響は大きいからね。>そして、政治や社会にも関心を持って、どうか選挙に行って、自分たちの意思を表明して欲しいと願っている。(++)

* * * * *

 さて、今年にはいって、初めての世論調査(2社とも9,10日に調査)の結果が出た。(@@)<JNNの記事は*1に。>

 共同通信は、『菅内閣の支持率は41.3%だった。12.7ポイント急落した12月の前回調査から、さらに9.0ポイント下落。今回の不支持率は42.8%で、政権発足から約4カ月で不支持と支持が拮抗した』。

 JNN(は、『菅内閣を支持できるという人は、先月の調査結果より14.3ポイント減って41.0%でした。一方、支持できないという人は14.8ポイント増加し55.9%と、支持と不支持が初めて逆転しました。』

 昨日も少し触れたのだけど、「支持率がまだ41%もあるのか~」とぼやいてしまう部分があったりして。_(。。)_ <ともかく自民党政権という人が30%ぐらい、いるかも。あとは経済優先、観光業、デジタル化支援、携帯値下げなどを評価する人がいるのかな。^^;>

 でも、「わからない」とか「どちらとも言えない」ではなくて、積極的に支持しないことを示す不支持率が56%に上がったことは、注目すべきことかも。(・・)

 政府のコロナ対策に関しては、共同通信が「評価しない」が68.3%、評価するは24.9%。JNNは、「評価しない」が63%、「評価する」が28%。

 緊急事態宣言の発出が「遅すぎる」と答えたのは、共同通信が79.2%、JNNが83%だった。^^;

* * * * *

 世論調査の数字は、全て信用できるわけでもないし。この数字に一喜一憂すべきでもないと思うのだけど・・・。
 でも、内閣支持率などの数字が、複数の社の調査で下がると、官邸に圧力をかけられるし。政権与党もバタバタし始めるので、それなりに重要な要素になると思う。(**)

 実際、「小出し」のコロナ対策を続けて来た菅首相は、大阪等への緊急事態宣言を出すことにかなり慎重になっていたのだが。<10日も専門家が数日、様子を観て決めるみたいなことを言っていた。>
 でも、支持率の大幅ダウンも響いたのか、昨日11日に早速、発出を決めたという。(~_~;)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『【速報】政府は13日にも大阪府・京都府・兵庫県に「緊急事態宣言」発出の方向で調整に入る

 政府は、新型コロナウイルスの感染が急拡大している大阪府・京都府・兵庫県について、早ければ13日にも、特別措置法に基づく「緊急事態宣言」を発出する方向で調整に入った。3府県の知事は9日、西村経済再生担当大臣に対し合同で緊急事態宣言の発出を要請し、西村大臣は「専門家の意見を聞いて検討する」としていた。(YTV21年1月11日)』

 しつこく書くと、吉村知事は5日ぐらいまでは緊急事態宣言を要請する必要はないと言っていたのだが。6日から感染者数が急増したことから、先週7日には緊急事態宣言を要請する方針に転換して、その意向を表明。9日には西村大臣に正式に要請していたのだが。早くとも13日にならないと発出できないのは、こちらも対応が遅すぎかも。

 国政では自民党べったりの「よ党」維新の代表である吉村知事も、菅内閣の対応の遅さにはかなりイラついていたようだ。^^;

『9日午後2時から行われた3知事と西村経済再生相の非公開のオンライン会議。終了後、記者団の取材に応じた知事らの口ぶりは、いずれも歯切れの悪いものとなった。

 緊急事態宣言は、新型インフルエンザ対策特措法に基づき、首相が区域と期間を定めて発令する。事前に専門家でつくる委員会に諮る必要があり、都道府県知事の意向だけでは決まらない。

 「大阪の感染状況は非常に厳しく、緊急事態宣言に該当すると思う。ただ最終的には国の判断だ」

 大阪府の吉村洋文知事は不満をにじませた。

 政府の基本的対処方針では、感染状況が悪化した地域では、宣言下の自治体に準じた対応を取ることができる。西村氏は会議で3府県に対し、この規定を利用するよう求めた。

 府は、独自に大阪市内で実施する午後9時までの居酒屋などへの時短営業の要請を、首都圏の緊急事態宣言に合わせて2月7日まで延長。対象も府内全域の全ての飲食店に拡大し、時間も1時間繰り上げる。ただ要請に従わない店舗名の公表など、より強い措置は発令がないと実施できない。

 吉村知事はこの点を踏まえ、「大阪の医療体制はこれからも逼迫(ひっぱく)してくる。完全に感染が急拡大してからでは対応が困難で、臨機応変に対応してほしい」と述べ、状況次第では1週間程度という期限にこだわらず、判断するように求めた。(読売新聞21年1月11日)』

* * * * *

 そんな中、吉村知事が8日の会見で、感染者が560名に増え「一挙にガラスの天井が突き抜けた」と「ガラスの天井」という言葉を誤って使ったため、自民党の太田房江議員(元大阪府知事)や蓮舫議員にツッコまれることに。

 吉村知事もすぐに誤まりを認めればいいのに、時々見せてしまう「若気の至り」っぽい部分がまだ抜けず。しょ~もない言い訳を行なって、ネットの一部でヒンシュクを買っていた。^^;

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 ちなみに「ガラスの天井(glass ceiling)」とは、「資質・実績があっても女性やマイノリティを一定の職位以上には昇進させようとしない組織内の障壁を指す」。(wikipediaより)
 80年代に米国で使われるようになったもので、主に企業・政治の世界において女性のキャリアをはばむ明示されない障壁をあらわす言葉だ。(・・)

 最近だと、米国ではヒラリークリントンが、16年の大統領選の時に、大統領職を女性にとっての「もっとも高く、もっとも打ち破りがたいガラスの天井」と形容。蓮舫氏も記していたが、敗戦した時に少女たちへの最後の言葉として「ガラスの天井をいつか誰かが打ち破る」という言葉を残した。
 また、次期米副大統領になるカマラ・ハリス上院議員(56)は、女性であるだけでなく、黒人・アジア系と米社会でマイノrティの立場でもあることから、「ガラスの天井にヒビを入れた」と称されている。
<大統領になったら、それこそ「ガラスの天井を突き抜ける」ことになるかも。(^^)>

 日本では、野田聖子氏が総裁選に出ることさえ厳しい状態に置かれ、「ガラスの天井」を破るのがいかに大変かという話をよくしている。(++)

* * * * *

 いずれにせよ、吉村知事の「感染者数がガラスの天井を突き抜けた」という使い方は間違っているわけで。

 元大阪府知事、自民党の太田房江参院議員が9日付ツイッターで『「う~ん、吉村知事、このタイミングで『ガラスの天井』を引き合いにされるのには違和感が…」と指摘。(デイリー1.11)』。
立民党の蓮舫参院議員も9日のツイッターに、『は?と思いました。「ガラスの天井」の意味間違ってます』と投稿したのだが・・・。
 
 これに対して、吉村知事は10日のツイッターで、何か子供じみた反論をしていたのである。

『蓮舫議員や太田議員が、「吉村が『ガラスの天井』を間違って使ってる!」と一生懸命だが、僕が役所内の「ガラスの天井」を打ち破る為に何をしてるのかも知らないんだろうな。その意味で使ってない。記者会見では、いつ割れてもおかしくない状態を「ガラス」に喩えただけ。会見の中身を見たら明らか。』『なので、同じ記者会見で「ガラス」の比喩を使わず「天井」とだけ言ってるシーンもあり、記事にしたらこうなるのが普通。勿論、僕の言葉なので、僕に責任。ただ、引用されたスポーツ記事さんの内容を見ても国会議員なら分かるだろう。「ガラスの天井」を打ち破る政策には賛成。』

 ただ、最後に『僕の言葉なので、僕に責任』『「ガラスの天井」を打ち破る政策には賛成』と記していたことは評価したいけど。何かこういうところが小ズルイ感じもするし。だからと言って、今回のものも含めて、安易に他の失言を許すわけには行くまい。(-"-)

 機会があったら、政治の世界も含め、いかに日本の女性の社会進出が遅れているか、世界でもトンデモ行進国か書きたいと思っているのだけど。

 そのためには、女性がもっと政治に関心を持つことが必要だと思うし。今回の新型コロナウィルスの問題は、自分だけでなく家族の生命や生活、仕事にも大きな影響があることなので、政治の動きに関心を持ついい機会になるのではないかと期待しているmewなのだった。(@_@。

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"





JNN世論調査、内閣支持と不支持が逆転 コロナ対応で軒並み厳しい評価
1/11(月) 5:17配信

TBS系(JNN)

 最新のJNNの世論調査で、菅内閣の支持率は先月より14.3ポイント下落して41.0%となり、支持と不支持が逆転しました。政府の新型コロナ対応にも厳しい評価が出ています。

 菅内閣を支持できるという人は、先月の調査結果より14.3ポイント減って41.0%でした。一方、支持できないという人は14.8ポイント増加し55.9%と、支持と不支持が初めて逆転しました。
 新型コロナウイルスの感染防止に向けた政府のこれまでの取り組みについて聞いたところ「評価しない」が63%と、「評価する」を上回っています。
 政府が1都3県に緊急事態宣言を出したことについて聞きました。宣言発表を「評価する」人は65%、「評価しない」人は30%でしたが、タイミングについて尋ねたところ、「遅すぎる」が83%に達しました。
 今回の宣言は飲食店などへの時短要請や不要不急の外出自粛呼びかけなどが柱となっていますが、これを「過剰だ」と答えた人は6%、「適切だ」は36%、「不十分だ」は55%でした。緊急事態宣言の期間は来月7日までとなっていますが、1か月で宣言を解除「できると思う」と答えた人は7%にとどまり、「できるとは思わない」人が87%に達しています。
 新型コロナ特措法の改正について聞きました。飲食店などが時短要請に応じない場合に罰則を設けることの是非を尋ねたところ、「賛成」は35%、「反対」は55%でした。
 今年夏に予定される東京オリンピック・パラリンピックについて、「開催できると思う」と答えた人は13%、「開催できると思わない」と答えた人は81%でした。
 「桜を見る会」の前夜祭をめぐる事件で、これまでの安倍前総理の説明に「納得できる」と答えた人は12%にとどまり、「納得できない」が80%にのぼりました。(11日02:18)


by mew-run7 | 2021-01-12 08:07 | 菅政権について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅政権の立場から、左右は関係なく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31