人気ブログランキング |

大江「森発言の傍観は容認と同じ」&関係者は森を辞任させられず+コロナへの警戒緩む+高梨、池江


 コロナV拡大で生活も仕事も大変になっている&ストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょうね! o(^-^)o 
 また、コロナVと戦う医療関係者やリスク大の中で働く福祉関係者に感謝の拍手を!( ^^)//

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・過去を嘆くより新生活の幸福を見つけて。一歩一歩、復興実現を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【ジャンプWC女子・・・高梨沙羅(24)は個人第5戦の1本めで1位になりながら、「???」の服装規定で失格になってしまったのだが。個人第6、7戦と2連勝。男女歴代最多を更新する通算59勝目を挙げた。表彰台登壇回数も通算104回になった。(^^♪
 
『沙羅がW杯2連勝するのは、平昌五輪後の18年3月に行われたオーベルストドルフ大会以来、約3年ぶり。22年北京五輪の金メダルを目指し、課題と向き合ってジャンプを一から作り上げてきた成果が、五輪プレシーズンに結実していることに価値がある。女子でデビューから10季連続Vは、沙羅ただ一人。前人未到の高みにいてもなお、自分を磨き続けるからこそ、24歳はさらに成長できる。(報知2.7)

 水泳のジャパンOP・・・昨日、白血病を克服し、今年からレースに本格復帰した池江璃花子(20)が、50メートル自由形で学生新の24秒91のタイムで2位になり、復帰後初の表彰台に上がった。"^_^" (優勝は大本里佳(23)。24秒75は自己ベスト。)
 個人レースは24年のパリ五輪を目標に練習しているのだが。思ったよりも早く泳ぎのレベルが回復していることから、持久力をつけられれば、東京五輪のリレーメンバー(100x4)が狙えるかも知れない。(・o・)

 女性アスリートには、苦しい状況に直面しても、辛抱強く粘り強く乗り越えて、笑顔に結びつける力があるのだ!(**)<あ、男性にもあると思うけど。(差別になるといけないからね。^^;)>】

* * * * *

 7日の新型コロナウィルスの新規感染者・・・全国では1631人、東京は423人とかなり減って来ている感じ。ただ、東京で言えば、65歳以上の高齢者が121人と割合が高くなっている上、重症者は111人とさほど減っていない。<全国も含め、死者が増えた分、重症者の数が減っているだけ。病院は今も逼迫状況にある。(-_-;)>

 そのような状況の下、2月7日に緊急事態宣言が延長されたにもかかわらず、人々はもうかなり気が緩んでいる様子。東京&周辺で言うと、土日の渋谷や新宿は先月より人が多かったとのこと。また鎌倉や江ノ島は、歩行者の方がお互いに触れるほど、かなり混み合って、密になっていたという。(~_~;)

 まあ、自民党の議員が3人、銀座でYOASOBIしていることがバレてしまったし。五輪組織委の会長も、コロナへの配慮を欠く発言をしちゃうし。
 また相変わらず、菅首相のメッセージ、コントロールが弱いことが、国民の反発を高めたり、気持ちを緩ませたりしているのではないかと思う。^^;

 共同通信が6~7日に行なった世論調査によると、『菅内閣の支持率は38.8%で前回1月の調査からさらに2.5ポイント続落し、初めて40%を割り込んだ。不支持率は3.1ポイント増の45.9%となった』とのこと。(・・)

 また、菅義偉首相長男による総務省幹部接待問題では、首相説明に「納得できない」が62.0%「納得できる」30.8%だったという。

 そして、森喜朗五輪組織委会長の女性蔑視発言に関しては、会長として「適任とは思わない」との回答が59.9%、「適任と思う」は6.8%だったそうだ。(共同2.7より)

 う~ん。会長として適任だと思わないという人が、60%もいないとは、ちょっと驚き&がっかりだったかも。^^;

 こういう国民の反応も、森会長の辞任回避を支えてしまうのかも知れない。(-_-;)
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 ただ、森喜朗氏(東京五輪組織委員会会長)の女性差別発言は、今週にはいっても、まだまだ国会やメディアでは、問題視されそうな感じだ。(@@)

 先に書くと・・・。mewは、WBSの大江麻里子キャスターの発言が印象に残った。

 大江氏は、もともとそう強くものを言うタイプではないし。<モヤさまに出てた頃から好き。>WBSは五輪スポンサーになっていて森氏とも懇意の経済界(&日経)がバックについている番組であるだけに、森氏への強い批判はしにくい部分もあったかと思うのだけど。
 大江氏は、ここで黙って傍観することは、森発言を容認することになるとの意見を述べていたのだ。(++)

『大江麻理子キャスター「傍観は容認に」森発言に持論

 テレビ東京の大江麻理子キャスター(42)が5日、メインキャスターを務める同局系報道番組「ワールドビジネスサテライト(WBS)」(月~金曜午後11時))に出演し、4日に問題となった東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視と批判されている発言に関して、持論を展開した。

 大江キャスターは森会長の発言を報じるニュースを伝えた後に、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかるというのは、女性の話が長いとかどうとかというよりも、本当に個人の問題だと思うんです。それを性の違いから結論を導き出しているところに問題があるわけです」と口を開いた。

 番組で、森会長が首相在任時代から失言とされる発言を繰り返したことにも触れると「多くの方が、またか、とスルーしそうになるんですけど、社会全体が『あーあ』と思ってスルーしたり傍観してきた結果が、今につながっている感じもあるんですよね。傍観しているだけだと、容認するのと同じ結果を生むということが今回分かったと思うんです。重要な役職に就いている人がエラーを起こした場合というのは、その組織がちゃんと処分を下す。それができていないのが日本なんだと、今回分かった気がします」と分析した。

 大江キャスターはさらに「性別だけではなくて国籍もそうですし、人種も職業も学歴もカテゴリーでまとめて語ってしまうと決めつけになってしまいます。そうではなくて…差別や偏見を生み出すことにつながりかねないので、そういうことは無意味だからやめよう、というのが今の社会だと思うんですよね。私は、普段自分の意見をあまり言わないのですが、今回は言わなければならないなと感じて…ちょっと長引いてしまってごめんなさい。お伝えさせていただきました」。恒例となったマスク姿で、表情全体はうかがえなかったが、強い視線と口調で訴えた。(日刊スポーツ21年2月6日)』

* * * * *

 また、昨日は、五輪組織委員会がHPで『弊会の先週の森会長の発言はオリンピック・パラリンピックの精神に反する不適切なものであり、会長自身も発言を撤回し、深くお詫びと反省の意を表明致しました。』なる文章をアップしたという。(全文は*1に)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 ちなみに、4日の会見が終わってから、「実は森氏は組織委会長を辞める気でいたのだが。武藤敏郎事務総長らの強い説得(涙の説得?)で思いとどまった」という報道が、ちらほら出たのだけど。<何か本人も記者にそう話していたらしい。>
 
 本当に自分の発言の問題の大きさを認識&反省をして、辞任すべきだと思っていたら、説得されても辞任すればいいのだし。少なくとも、会見であのような大きな態度はとらないだろう。^^;

 しかも、mewは見ていないのだけど。あの会見後もTVに出演して、家族に注意されたことを笑いながら話していたとか。<見た人は、微塵も反省を感じられなかったと言っていた。(~_~;)>

 ふつうなら、もうこれは辞任するしかないと思うのだけど。関係者は、誰もこの森会長の首に鈴をつけようとしないのである。_(。。)_。

 政府与党も、スポーツ界や関連団体も、発言に問題があると指摘しながら、辞任しろとの声は上がらず。政官財、スポーツ関係者がみんなクチをそろえて、「余人をもって代え難い」と言うのである。(-_-;)
 それこそ、IOCまでが「謝罪したので、問題はない」と言っている。(>_<)

* * * * *

『政府与党やスポーツ界、そして国際オリンピック委員会(IOC)から辞任を求める声は上がらない。政官財、スポーツ関係者が「余人をもって代え難い」と口をそろえる。』(日刊スポーツ21年2月7日)』

『各国首脳ともパイプを持つ森元首相はバッハ氏にとってかげがえのない存在。森氏が発言の謝罪、撤回をした後、IOCが「この問題は終わった」と幕引きした理由にもつながる。
 多くの大会関係者が「森さんが会長でなくなれば、東京五輪ごと倒れる可能性がある」と話す。五輪という巨大国家事業をまとめるのは、たやすくない。しかも新型コロナウイルス禍で逆風が吹き、かじ取りはさらに困難を極める。義理堅い人柄で政官財、スポーツ界に顔が利く森氏でなければパワーバランスが崩れ、各界がバラバラになる恐れがあるからだ。』

『国内では直接的な五輪経費に加え、都の関連経費、会計検査院の試算を含めれば3兆円規模の投資。五輪が頓挫すれば日本経済にとって大ダメージだ。一方のIOCも中止となれば放映権料が入らず痛手を負う。バッハ氏が五輪史上初の延期をしてまで開催すると一貫してきた方針を急転換すれば、会長としての信頼も揺らぐ。双方にとって森氏のグリップは手放せない状況になっている。』(同上)

* * * * *

 mewはもともと東京五輪招致に反対だったし。昔から森氏の考えや発言は好まないのだけど。
 昨日も少し書いたように、確かに森氏は2000年代の初め頃から、五輪招致に懸命に取り組んで来たし。13年に五輪開催が決まった後は、病気治療をしながら、本人いわく老体にむち打って、(無償で?)力を尽くして来たことは認めよう。(++)

 ただ、その半分くらいは、ラグビーのW杯招致と並んで、森氏&仲間たちの目標を実現するための行動であったと思うし。<実際、当初、国民や都民の中で五輪招致を望んでいる人は、半分もいなかったからね~。>
 
 もう五輪開催まで半年もないので、直前に会長を替えて、仕事がスムーズに行かないのも困るという人がいるかも知れないけど。そんな脆弱な組織委&関係者で、コロナ禍の難しい五輪、パラ開催をこなせるとは思えない。

 そして何より、大江氏も言っていたように、もしここで森氏に発言の責任を追及しなければ、自分も森発言を容認したことになるし。五輪開催を控えて、日本の国民、特に女性がそれを容認していると思われたくないな~と改めて思うmewなのだった。(@_@。

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"






 五輪組織委員会のコメント

『弊会の先週の森会長の発言はオリンピック・パラリンピックの精神に反する不適切なものであり、会長自身も発言を撤回し、深くお詫びと反省の意を表明致しました。 「多様性と調和」は東京大会の核となるビジョンの一つです。ジェンダーの平等は東京大会の基本的原則の一つであり、東京大会は、オリンピック大会に48.8%、パラリンピック大会では40.5%の女性アスリートが参加する、最もジェンダーバランスの良い大会となります。 私どもは、改めてビジョンを再確認し、引続き、人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治、障がいの有無など、あらゆる面での違いを尊重し、讃え、受入れる大会を運営します。ビジョンを追求しながら、多様性の調和、持続可能性、復興に重きを置き、大会後の社会の在り方にも
レガシーを残すように取り組んで参ります。 引き続き、コロナの感染状況にも注視しつつ、対策に万全を期し、安全安心第一の大会とするべく準備を進めて参ります』(原文ママ) 報知新聞より』


by mew-run7 | 2021-02-08 04:05 | 政治・社会一般

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅政権の立場から、左右は関係なく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31