人気ブログランキング |

山田、東北新社の違法認可にも関与か&谷脇も更迭+菅、「政治責任に定義はない」と逃げる


 コロナV拡大で生活も仕事も大変になっている&ストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょうね! o(^-^)o 
 また、コロナVと戦う医療関係者やリスク大の中で働く福祉関係者に感謝の拍手を!( ^^)//

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・過去を嘆くより新生活の幸福を見つけて。一歩一歩、復興実現を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【先週、囲碁の井山裕太棋聖(31)が、第45期棋聖戦で防衛し、史上最多の9連覇を達成。7大タイトル通算獲得数の最多記録も50期と更新した。mewは囲碁はほとんどできないんだけど。でも、まだ若いのに、本当にスゴイ!と思う。(*^^)v祝】

 今朝もPCがご機嫌斜め。(少し休むと直る。もう新しいの買ってあるのだけど、永遠のC初心者ゆえ、なかなか完全にお引越しができなくて。^^;)mewも2度寝をしたため、今日も遅くなってしましました。m(__)m

* * * * *

 さて、今日8日には参院予算委員会の集中審議が行われるのだけど。<もう始まってる?>

 ここで一番、野党が一番問題にするのは、おそらく菅首相の長男が務める東北新社の外資規制違反の件ではないかと思う。(**)

 先週5日の国会で、元総務省官僚だった立民党の小西洋之氏が指摘したのだが。
 東北新社は16~17年頃、外資比率が20%以上あり、衛星放送事業者の規制に反するのに、一旬のスキをついて認可をとり、その後、規制違反のまま認可の取り消しを受けずにいるのだ。(-_-;)

 しかも、その時の認可の責任者(決裁者TOP)は、あの前内閣広報官だった山田真貴子氏(当時・情報流通行政局長なのである。(゚ロ゚)

<何でTVはもっとこの件を取り上げないのだろう?やっぱ総務省が怖いのかな~?(~_~;)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  
 
 山田真貴子氏は、総務省内で女性として省内で異例の出世を果たしていた上、13年には安倍政権で女性初の首補佐官、19年には女性初の総務審議官(№2)、20年には菅政権で女性初の内閣広報官に抜擢されたのであるが・・・。

 週刊誌報道によって、19年11月6日に菅氏長男を含む東北新社幹部らと会食し、1人単価7万円以上もの飲食費を提供してもらったことが判明。<東北新社は、他の幹部や職員も含め、30回以上の会食を行っていた。>

 菅首相は山田広報官の続投を求めたものの、本人は結局、入院して辞任。

 その直後、山田氏は他の通信事業者と会食をしていた記憶はないと言っていたのに、実際には20年6月に、総務省の巻口英司国際戦略局長とともにNTTの澤田純社長と北村亮太執行役員に接待を受け、4人で33万円相当の会食費を負担してもらっていたことが発覚。(~_~;)

 さらに、今度は、まさに違法性に関わるような東北新社の認可の問題が出て来たわけで。この件に関しては、菅首相や武田総務大臣も責任を問われることになることだろう。(・・)

<後述するが、小西議員に追及されて、菅首相は「政治責任の定義が決まっていない」とか言って逃げたとか。(@@)>

 しかも、実際の責任者TOPである山田真貴子氏は、もう退職して民間人なので参考人招致できない。菅氏長男らも民間人なので、参考人招致できないって。(-_-;)

<それじゃあ、違法なことをしても、中心にいた人が官僚をやめれば、or民間人に委託していれば、ほとんど真相が解明できなくなっちゃうじゃ~ん。(-"-)

* * * * *

 チョット小難しい話になるのだが。放送法は衛星放送事業者に対する外国資本の比率を20%未満と規定。事業者に認定された後であっても20%以上となった場合は、認定を取り消さなければならない。

 東北新社は2017年1月、BS4K「ザ・シネマ4K」の事業者として認定を受けたのだが。16年6月までは外資比率が20%以上あったのに、認可を申請した際の16年年9月末の外資比率だけ20%以下(19.96%)にして、認定を受けていたのだ。

・2015年3月末(20.55%)
・2016年3月末(20.28%)
・2016年9月末(19.96%)
※2017年1月=総務省が「BS4K」事業者の認定
・2017年3月末(21.23%=違法状態)
・2017年9月末(22.21%=違法状態)
※2017年10月=総務省が子会社への事業承継を認める (withnews21年3月7日)

 実際、その後、17年3月末に外資比率は21.23%に上昇。同9月末でも外資比率は20%を超えていたのであるが、総務省は認可を取り下げず、同10月に総務省の認可を得て「ザ・シネマ4K」を子会社の東北新社メディアサービスに承継したのである。(-_-;)

<つまり総務省が外資規制の違法状態を見逃してくれたってことね。(-"-)>

 で、小西氏が「この決裁の最高責任者は誰ですか」と問うたところ、総務官僚が「この決裁の最上位は、当時の情報流通行政局の山田真貴子局長でございます」と答弁。(・o・)
 この答弁には、委員会室が少しざわついた。^^;

『認可の決裁者トップは、情報流通行政局長(当時)の山田真貴子・前内閣広報官だった。同省の吉田博史情報流通行政局長は予算委で「当時の担当者は(東北新社が外資規制に)違反しているとは思っていなかった」と釈明した。

 小西議員は「首相の長男が働いている会社だから認定を取り消さなかったのではないか」とただしたが、武田総務相は「そういった事実は確認できていない」と否定した。
 東北新社は「現在、総務省から調査を受けており、回答は控える」(広報室)とコメントした。(時事通信21年3月5日)』 

* * * * *

 この辺りは、小西議員が元総務官僚だったからこそ、追及できたのかも知れないですね~。
 
『この日の質疑では、違法状態を解消しないまま、子会社への事業継承を認めた判断を取り消すのかについて、総務省は「これまで想定していなかったケース」と繰り返し、ルールの解釈を先送りしました。

 小西さんは、参院議員になる前、総務省の官僚として放送行政にもたずさわってきました。

「総理、私は、放送の仕事を5年ぐらいやっていますが、総務省、総務大臣が放送法の解釈を述べなかったことはなかった」と指摘。「外資規制に違反していても認定を取り消さず、子会社への承継を認める。これは放送法の私物化ではないか」と疑問を投げかけました。(withnews21年3月7日)』


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  
 おそらく小西議員は、今日の午後も参院で質疑を行うのではないかと思うのだが・・・。

 5日の委員会では、菅首相と「政治責任」について、こんなやりとりがあったのだ。(・・)

『菅義偉首相は5日午前の参院予算委員会で、放送事業会社に勤務する長男らが総務省幹部を違法接待し、処分された問題で、総務省官僚出身の立憲民主党・小西洋之氏から政治責任を追及された。

「政治責任の有無」を重ねて指摘する小西氏に対し、首相は「政治責任という定義は、ないんじゃないでしょうか」と、責任論を避けた。「一般論の政治責任は何ですか? ちゃんとした質問をしてますよ」と、迫った小西氏に「私もちゃんと答えております」と応戦した。

首相は「私の家族が関係した事案で結果的に国家公務員倫理法の違反に至ったことは大変申し訳なく、おわび申し上げます」と、何度も陳謝した。小西氏から「父親としてのおわび、政治家としてのおわび、どちらですか」と食い下がられると、「私の家族、と申し上げました」と、最後まで押し問答状態だった。

質問した小西氏は東大卒業後、旧郵政省に入省。総務省情報流通行政局衛星・地域放送課課長補佐などを務めた。(日刊スポーツ21年3月5日)』

 この小西氏の質問はもっとしつこく5回以上は行われたと思うのだけど・・・。

 菅首相が、まさかここで「政治責任という定義は、ないんじゃないでしょうか」と言い返したのには、驚いた。(゚ロ゚)

 じゃあ、今まで、色々な政治家が「政治責任」って言っていたのは、何だったの?(・・)

<そう言えば、菅氏は長官時代、桜を見る会に反社会勢力が招待された件について問われた時も「『反社会的勢力』は様々な場面で使われ、定義は一義的に定まっているわけではない」とか反論してたっけ。(何か他でも、定義がないって発言をきいたことかある気がする。)・・・結局、都合の悪い言葉は、定義がないとことにしちゃうのね。(-_-;)> 

* * * * *

 ところで、今日8日、総務省の谷脇審議官らが更迭されたことがわかった。(・・)

『総務省によりますと、谷脇総務審議官はNTTの澤田社長やNTTグループ幹部から、2018年から去年にかけて合計3回、あわせて10万円を超える接待を受けていたということです。また、巻口国際戦略局長は、山田真貴子前内閣広報官とともに、去年、1人あたりおよそ5万円の接待を受けていました。
 総務省は、谷脇氏・巻口氏を国家公務員倫理規程違反の疑いが高いとして処分を検討していて、谷脇総務審議官については、衛星放送関連会社からの接待問題でも処分を受けていることなどから、8日付で大臣官房付に異動させると発表しました。事実上の更迭です。(TBS21年3月8日)

 谷脇氏は、次期次官かと目されていたとか。<それで、ライバルかうらみのあるものがちくったかなんてウワサも出ていたのだけど。>
 本人は何万円もの食事を提供されていて、NTTから言われた会費5千円を払っていたので、倫理規定違反にならないと思ってたとか、おトボケ釈明をしているのを見て、「こういう人が官僚TOPになるはずだったのか」と大失望。_(。。)_

 ともかくこれらの問題に加え、コロナ禍も機にして、官僚と民間企業、民間人との夜の会食は、全面的に禁止したらいいのではないかと。
 民間人とお話する時は、省庁の会議室などで行うとか。海外では、1000円までのランチ・ミーティングならOKなんてところもあるらしいけど。(ただし、基本は自己負担。)二度と、昭和、平成前期の政官財癒着&利権分配のシステムに戻らないように、国民もメディアもしっかりと声を上げる必要があると思うmewなのだった。(@_@。

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2021-03-08 12:40 | 菅政権について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅政権の立場から、左右は関係なく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31