人気ブログランキング |

二階の「他山の石」発言に批判&河井克行が急に裁判で買収行為を認め、議員辞職を表明した理由は


 コロナV拡大で生活も仕事も大変になっている&ストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょうね! o(^-^)o 
 また、コロナVと戦う医療関係者やリスク大の中で働く福祉関係者に感謝の拍手を!( ^^)//

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・過去を嘆くより新生活の幸福を見つけて。一歩一歩、復興実現を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 昨日は、驚くべきニュースが2つあった。(゚Д゚)

 1つは、元自民党の議員だった河井克行氏が、公職選挙違反で起訴された東京地裁の訴訟中、急にこれまで強固に否認していた選挙戦での買収行為を認めた上、議員辞職をすると語ったこと。

 2つめは、河井氏のニュースを受けて、自民党の二階幹事長が「他山の石」だと、ほざ・・・もとい、言ったことだ。

<実はもう一つ、として、亀岡偉民・元文科副大臣(現復興副大臣)が宮崎の学校法人の理事長と十数回も会食していた(接待を受けていた?)こと、文科省TOPの藤原誠事務次官も2回、同席したことがあることが発覚したというびっくりニュースもあったのだけど。これは後日に。^^;>

* * * * *

 先に2つめの話からはいると・・・。

『自民党の二階俊博幹事長は23日午前の記者会見で、令和元年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で公職選挙法違反の罪に問われた元法相の衆院議員、河井克行被告=自民党を離党=について「本人も大いに反省しているようだが、党もこうしたことを他山の石として、しっかり対応していかなくてはならない」と述べた。

 二階氏は「いやしくも、政治で国民の皆さんにいろいろな協力を求める立場なので、国民の皆さんから後ろ指をさされたりすることについては、厳に慎むべきだ」とも語った。(産経新聞21年3月23日)』

 「他山の石」とは、「よその山から出た粗悪な石も自分の宝石を磨くのに利用できる」という詩経の故事。ここから「他人のつまらぬ言行や誤りも、自分の人格を育てる助けとなる」という意味で使われる言葉。

 このニュースを見た瞬間、mew&周辺もすぐに「他山じゃなくて、自山でしょ~」、安倍官邸の、自山の意思ね!」などとツッコんでいたのだが。
 野党からも早速、ツッコみの声が出ていたようだ。(++)

『立憲民主党の枝野幸男代表は党会合で「自民党のど真ん中で起きた事件で、党として対応しなかったことがこうした状況を招いた」と指摘した。共産党の小池晃書記局長も会見で「他山ではなく紛れもなく自分の山、自山だ。責任のかけらも感じていないような態度だ」と断じた。(時事通信21年3月23日)』

 そもそも河井克行氏は、事件当時も含め、自民党所属の議員だったのだしね。<安倍前首相と懇意で、首相補佐官や総裁特別補佐とかを務めていたし。>
 自民党は、同党候補の妻・案里氏の選挙資金として、他の候補の10倍に当たる1億5千万円を河井夫妻に提供。それが度を越えた選挙運動(スタッフへの不正な報酬含む)や買収資金に使われた疑いが強いだけに、どう見ても、他山の問題とは言えないだろう。(-"-)

 さらに言えば、案里氏が参院選に出馬したのは、安倍首相(当時)が自分の気に入らない議員を苦しめる(or落とす)ために要請したからではないかという見方も強いし。
 それゆえなのか、安倍首相と河井克行氏が、選挙の前に、1千万円単位の選挙資金の提供と連動するような形で、何回も会っていたことや安倍氏の秘書が選挙運動を手伝っていたことがわかっており、そこには安倍氏の意向(意思)も強く関わってい可能性が大きいのである。(`´)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 それにしても、これまで頑なに買収行為を否認し、無罪を主張していた河井克行氏が、急に起訴された内容をほぼ認めたこと&議員辞職の意向を表明したことには、驚いた人が多かったのではないかと思う。(@@)

 河井氏は、自分が翻意した理由として「長い間、指導を受けている神父さまと話をした」ことを挙げていた。

 まあ、それも一つの理由になっているのかも知れないけど。<河井氏がカトリック信者であるがどうかはわからなかったが。中高はカトリックの学校だった&母の葬儀も教会で行っていたとのこと。親がカトリックだった可能性もある。>

 ここに来て急に罪を認めた&議員辞職の意向を表明した理由として、このような推測が出ている。

1・裁判で、安倍官邸&自民党から1億5千万円+αもの選挙資金を提供された経緯や使途を追及されるのは、本人も自民党も困るので、その前に訴訟を終わらせたかった。<そうするように、自民党や官邸から頼まれた?>

2・途中からでも、買収行為を自ら認めて反省を見せた方が、罪が軽くなる。

3・3月16日以降に議員辞職すれば、10月まで補選が行われず。半年の間に、次の候補者の選定に関与することができる。<公民権停止が確定していなければ、自分が出馬することも可能らしい。>
 
* * * * *

『2019年7月の参院選広島選挙区をめぐり、計100人に計約2900万円を渡したとして公職選挙法違反(加重買収など)の罪に問われた元法相で衆院議員・河井克行被告(58)=自民党を離党=の被告人質問が23日、東京地裁で始まった。無罪主張から一転して地元議員や首長ら大半への買収を認め、議員辞職する意向も表明した。 
 克行議員は「すべてが買収目的ではないが、全般的に買収罪という事実は争わない」と述べたうえで、「民主主義の根幹である選挙の信頼を損なった。全ての責任は私のみにある」と辞職する考えを示した。』

『買収の動機については「案里の当選を得たいという気持ちが全くなかったとは言えない」と説明。無罪主張を変えた理由は「独房で自問自答を繰り返し、逃げることなく認めることが、支えてもらった支持者への責任の取り方だと考えるに至った」とした。
 選挙運動を取り仕切る「総括主宰者」にあたるかも争点だが、「その評価をされるのは致し方ない」と明確に否定しなかった。』(以上、朝日新聞21年3月23日)』

『河井克行被告:「妻・案里の当選を得たいという気持ちが全くなかったとはいえない。選挙買収罪の事実を争うことは致しません。家族同然の後援者の皆さま方が証言されている姿を拝見し、連日、深く自省をした。私が20年以上ご指導いただいているローマカトリック教会の神父さんから電話をちょうだいした。『最終的には神の前で誠実であることが一番です。自分の内面に誠実に向き合ってください』と。自ら内面を見つめ直し、罪を認めるべきだと考えた」

弁護人から進退について問われました。
河井克行被告:「衆議院議員を辞することとした。自民党に対してもご迷惑をかけてしまった。私は自民党を愛している。自民党への信頼を傷つけてしまった」(ANN21年3月23日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  
 
 また、安倍自民党は、河井夫妻に他の候補者の10倍に当たる1億5千万円の選挙資金を提供していたことがわかっているのだが。<首相サイドから(官房機密費や安倍マネーなどから?)もっと資金が出ていたとの話もある。>

 今年2月の裁判で、案里氏の陣営スタッフだった愛知県稲沢市の野々部尚昭市議(50)や元石川県議ら3人が克行被告から受領した約241万円の大半は、自民党本部からの1億5千万円が原資だったと証言。<3人は参院選で案里氏を当選させるため、企業回りや有権者への電話作戦を担当し報酬を受け取っていた。>
 1億5千万円の一部は、案里氏の陣営が法定上限の2倍を払った車上運動員への報酬に使われていたことも判明している。

 もし河井氏の裁判が長引けば、買収行為の原資は何だったのか、この1億5千万円+αが提供された経緯やこの資金の使途などに関して、もっと深く突っ込まれることになる可能性があるわけで。安倍ー菅陣営や自民党としては、早く裁判を終わらせて、この資金に関して深堀りされるのを避けて欲しいという強い思いがあったに違いない。(~_~;)

 『自民党にとって克行被告の証言は政権を揺るがしかねない爆弾になる可能性があった。妻で元参院議員の案里氏の参院選挙で自民党から支出された1億5千万円。その行方について案里氏が自身の公判で聞かれ、「主人に任せていた」と証言していたためだ。二階派の重鎮がこう話す。

「克行被告が議員辞職と聞いて、ホッとしている。先日から辞任の話は伝わっていたが、一向に表明しない。二階さんと周辺は『本当に辞職なのか』とピリピリしていた」

 案里氏陣営のスタッフはこう話す。

「4回、広島県全戸にチラシ配布と自動音声通話での投票呼びかけ。これだけで1億5千万円近くかかっている。実際にはそれ以上の金額を使った。すべてを把握しているのは、克行被告しかいない」

 克行被告の被告人質問の証言次第では、1億5千万円以上のカネの流れが暴かれかねない状況だった。だが、争わないなら法廷では、追求されない見込みだ。自民党幹部がこう語る。

「克行被告が議員辞職して法廷で証言しないと聞いて正直、ホッとした。1億5千万円の真相を知っているのは、安倍前首相、官房長官だった菅首相、二階幹事長、自民党の事務方幹部、ほんの数人だけです。克行被告の証言次第では、菅政権崩壊にもつながる危険性があった。克行被告は案里氏も有罪確定で戦う気力が失せたようだ」(Aera.dot21年3月23日)』

* * * * *

 mew的には、河井氏が起訴された事実を否認する中、裁判で1億5千万円の振込みを得た経緯や使途などに関して、どんどん明らかになるといいな~と思っていたし。
 野党側は、昨日もこんな主張をしていたのであるが・・・。

『買収事件については、福山氏が「自民党本部がどういう形で買収に関わったか全く明らかにしていない」と批判し、同党に説明を求めた。国民民主党の玉木雄一郎代表も「この前代未聞の買収劇の原資が自民党から出ていることは明らかだ」と指摘し、「全容を解明し、説明する責任がある」と述べた。(産経新聞21年3月23日)』
 
 逆に言えば、安倍ー菅陣営や自民党は、1億5千万円の選挙資金のことをあまり深く掘り下げて欲しくはないし。4月には案里氏の参院補選が、また衆院選も控えていることから、河井氏には早く裁判や議員辞職の問題にケリをつけてもらいたかったはずで。河井氏もその意を汲んだのではないかと思われる。<あくまで個人の邪推だが、今後の生活保障などを条件に促した可能性も否定できないと思う。(~_~;)>

 この続きは、また後日に書きたいと思うのだが。特に安倍前首相は、河井克行氏と懇意の仲で、案里氏の選挙にもかなり関与していたので、ヒヤヒヤしていたのではないかと思うmewなのだった。(@_@。

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


Commented at 2021-03-24 14:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by mew-run7 | 2021-03-24 10:58 | 自民党について | Comments(1)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅政権の立場から、左右は関係なく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31