人気ブログランキング |

二階の五輪中止発言の真意はいかに?ハンパな五輪は不要?+政治的思惑で選手の努力を踏みにじらないで


 コロナV拡大で生活も仕事も大変になっている&ストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょうね! o(^-^)o 
 また、コロナVと戦う医療関係者やリスク大の中で働く福祉関係者に感謝の拍手を!( ^^)//

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・過去を嘆くより新生活の幸福を見つけて。一歩一歩、復興実現を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【体操全日本・・・女子は、村上茉愛が平均台で落下しながらも、2位の畠田瞳に約2点差をつけて圧勝。3位争いは混沌としていたのだが、髪をピンクに染めた平岩優奈が表彰台に。杉原愛、相馬生、寺本明日香、畠山千愛とほぼほぼ順当な結果に終わった。<アキレス腱断裂の寺本も順調に回復。段違いで落下したものの、全体的に仕上がりつつある。>
 今日は男子の決勝が行なわれるのだが。この予選が大荒れの状況に。高校生の北園が1位。有力候補では、萱和磨が3位、谷川航が4位につけているものの、橋本大輝は7位、白井健三は12位、谷川翔は22位と出遅れ。<白井は得意の床や跳馬の評価減が響いており、種目別でもアブナイかも。>他方、鉄棒1本に賭けている内村航平は万全の体制で、落下しなければ1位は確保できぞうだ。<宮地が世界最高難度のミヤジを失敗して上位にはいれず、引退を発表した。残念。>

 フィギュア国別対抗では、(毎年、やや採点が甘い気がするものの)坂本花織が2年滑り続けたマトリックスをノーミスで滑り、自己ベストを出して2位に。mewも大好きなプログラムだったので、もう見られないのは残念。そしてペアの木原・三浦組が、こちらも自己ベストで何と3位に食い込んだ。世界でもTOP10にはいったし、のびしろが大きいので楽しみだ。o(^-^)o】

* * * * * 

 遅ればせながら、自民党の二階幹事長が、五輪中止を示唆する発言を行なった件について。

 先に言えば、mewはもともと東京に五輪招致するのは反対だったし。<復興五輪をやるなら、東北か北海道に招致すべきかと。>今の国内外のコロナ感染の状況を見ていると、正直なところ、かなり開催は厳しいかな~と思っているのだけど。^^;<世論調査でも、6~7割の人は延期か中止すべきと言ってるしね。ただ、22年は冬季五輪もWCもあるので、1年延期は困難かも。>
 何分にもめっちゃスポーツ好きゆえ、選手&周辺のことを考えると、たとえ無観客にしても、何とか開催できないかな~という思いが残っているし。あとパラの選手や多くの障害者、関係者にとっては、東京でパラ開催をすることには大きな意義があると思うので(障害者に対する関心や理解も深まると思うし)、mew&周辺では、いざとなればパラリンピックだけでも開催できないものかという話も出ている。(・・)

 他方、菅内閣やIOCは一環して、東京五輪の開催は予定通りに行なうと強弁。菅首相は、今回の渡米でも、バイデン大統領やハリス副大統領に五輪開催の意欲を伝え、支持を得たという。(・o・)

<ただ、バイデン大統領自身は会見で、五輪について言及していなかった気がする。また、菅首相は、米国では、五輪開催に関して「コロナ禍に打ち勝った証」という表現は使わないようにしていた&「五輪開催の決意を支持」という言い方をしていた。^^;>

 そんな中、先週15日、菅首相とコンビを組んでいる自民党の二階幹事長が、突然、CS番組で、コロナが感染拡大した場合、「これ以上とても無理だということだったら、これはもうスパッとやめなきゃいけない」「オリンピックでたくさん蔓延させたということになったら、何のためのオリンピックかわからない」などと発言。(゚Д゚)

 二階氏幹事長は昨年、「党として開催促進の決議をしても良いくらいに思っている」と言って、五輪開催を強く後押しするような発言を行なっていただけに、多くの人がこの発言にビツクリして、物議をかもすことに。(~_~;)

 また、何故、二階氏がこの時期に急に、五輪の開催中止を示唆する発言を行なったのか、永田町でも世間でも、アレコレの憶測が飛び交うことになった。_(。。)_

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 ちなみに、メディアの記事などを見ても&mew周辺でも、「政府や与党幹部は、コロナ禍がおさまなければ、五輪中止もやむを得ない」と強く考え始めているのではないかと。そして、「ついクチが滑って、ホンネを言ってしまった」or「もし五輪中止と言った場合、永田町や世間がどんな反応をするのか見るべく、観測気球をあげる意味で、TVで発言してみたのではないか」という見解の人が多いようだ。(・・)

 前も書いたかも知れない&これはあくまでmewの邪推なのだけど・・・。mewは、菅義偉氏も二階俊博氏も、もともと個人的には「日本での五輪開催」自体には、強い関心や意欲は有していないと思っているのだ。(~_~;)

 五輪招致に関しては、森元首相が2000年代初めから、何が何でも東京五輪開催と強いこだわりを持って動いていたことに加え、世界で目立ちたい&保守思想(国旗・国歌、愛国心の定着など)をアピールしたい安倍晋三氏が首相に就任して招致活動に乗ったこともあって、自民党もそれを後押しすることになったのだが。

 当時、官房長官だった菅氏は、おそらく五輪自体より、自身が力を入れているインバウンド(外国人の呼び込み&消費拡大)を推進するにはよい機会だと考えていたのではないかと思うし。
 親中派の二階氏は、五輪の開催を機に、安倍政権で悪化した中国との関係を修復したいという思いも強かったのではないかと察する。(~_~;)
<実際、もしコロナ禍がなければ、昨春、近習平氏を国賓として招待して、五輪開催への協力を要請する予定だったしね。(-_-;)>

 そう考えると、菅首相にとってコロナ禍でインバウンドも見込めないのに赤字五輪を開催することは、あまり意義や魅力がないことだし。  
 また、日中関係、米中関係が悪化しており、最悪の場合、中国が東京五輪参加をボイコットする可能性も否定できず。<そうしたら、たぶん日米は来年の北京冬季五輪をボイコットし返すことになるかも。モスクワ&ロス五輪のデジャブー。>
 もし中国と五輪参加のことでもめるぐらいなら、二階幹事長にとっても五輪開催を中止した方がベターかも知れないのである。(@@)

* * * * *

 しかし、IOCは五輪開催すると言ってるし。色々な利権も絡んでいるし。簡単に中止を決めると、党内最大勢力の細田派(旧森派)からの支持が弱くなるかも知れないし。解散総選挙のタイミングもあるし。(支持率が低下している今より、五輪開催成功→秋に解散総選挙の方が勝てるかも知れないし。)
 アレやコレやで、政府として、五輪中止の判断をするのか、いつどのように行なうのか、実に難しいところ。^^;

 そのような背景もあって、二階幹事長のTV発言につながったのではないかと思うのだけど。思わずホンネをもらしてしまったのか、意図的に観測気球をあげたのかは定かではない。<半々かも?^^;>
 
『二階氏、五輪中止の可能性言及「とても無理となったら」

 自民党の二階俊博幹事長は15日、今夏に予定されている東京五輪・パラリンピックの開催について「ぜひ成功させたいと思うが、そのために解決すべきテーマがたくさんある」と指摘したうえで、「これ以上とても無理だということだったらこれはもうスパッとやめなきゃいけない」と述べ、新型コロナウイルスの感染状況次第で中止もあり得るとの見方を示した。

 TBSのCS番組の収録で語った。中止の選択肢もあるかと問われた二階氏は、「それは当然だ」とし、「オリンピックでたくさん蔓延(まんえん)させたということになったらなんのためのオリンピックかわからない。そのときの判断でいい」と語った。(朝日新聞21年4月15日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 ただ、この発言は他国のメディアにも取り上げられるなど、あまりに反応が大きかったためか、二階氏は同日、(発言から4時間後ぐらいに?)あわてて釈明の文書を出して、火消しに努めた。^^;
 
『二階氏、五輪中止発言を釈明 「何が何でも開催は違うとの意」

 自民党の二階俊博幹事長は15日、新型コロナウイルス感染がさらに拡大した場合、東京五輪・パラリンピックの開催中止も選択肢とした自身の発言について「ぜひ成功させたいという思いだ。何が何でも開催するのかと問われれば、それは違うという意味で発言した」と釈明する文書を発表した。

 五輪開催の可否は関係者が決定するとも指摘。「自民党として安全、安心な大会の開催に向け、しっかり支えていくことに変わりはない」と強調した。(共同通信21年4月15日)』

『官邸幹部は「幹事長が公に中止と言うと、そこだけがニュースになってしまう」と頭を抱えた。公明党幹部も、コロナ禍のなかでの五輪への不安を念頭に「抑えているものが崩れてしまう」と述べた。首相は15日夜、訪米前に記者団の取材に応じ、二階氏が発表したコメントで「安全・安心な大会の開催に向け、しっかり支えていく」ともつづったことに触れ、「政府としても開催に向け感染防止に万全を尽くしたい。これは変わらない」と語った。

 一方、立憲民主党の安住淳国対委員長は党の会合で「(開催について)慎重に見極めなければならない時期が来たのではないか」と訴えた。国民民主党の玉木雄一郎代表は「客観的にみて開催は相当難しい。政権中枢がバラバラに思いを言い、国民、アスリートを不安にしている」と述べた。(朝日新聞21年4月15日)』

『今回の発言を・・・ジャーナリストの星浩氏は「どうやら意図的な発言のようですね」と指摘した。その上で「今、政府与党側は、菅総理をはじめ必ず開催するんだ、と一色になっていますから、二階さんとすれば、いや、もしかしたら中止だってありうるんだ、と。柔軟なところもあるんですよっていうところを見せておこうという狙いがあると思いますね」と解説した。
 続けて星氏は「時々ピント外れの発言がある二階さんですが、今回は計算ずくで発言したようですね」とコメントしていた。(スポーツ報知21年4月16日)』

『「二階発言をただのアドバルーンとみるか、菅義偉首相の訪米に合わせて発言し、首相のハシゴを外すことが目的かなど憶測が飛び交う。(日刊スポーツ21年4月16日)』

* * * * *

 何か犬猿の仲の小池都知事と丸川五輪担当大臣が、二人とも二階氏の発言を「叱咤激励だ」と語っていたのも、チョット気持ち悪かったりして。<てか、何でこの発言が叱咤激励になるのか、日本語的に理解できないんだけど。^^;>

『東京五輪・パラリンピックの開催をめぐり、自民党の二階俊博幹事長が中止の可能性に言及したことについて、東京都の小池百合子知事は15日午後、「それも選択肢だという発言だったというふうに聞いている。叱咤(しった)激励、ここはコロナを抑えていきましょうというメッセージだと受け止めている」と述べた。(朝日新聞21年4月15日)』

『丸川五輪相「そのようなこと(大会中止)にならないように、しっかり安心安全な大会の実現に取り組むように、叱咤激励ではないかと受けとめています」(FNN21年4月16日)』

 スポーツ好きとしては、もうどんどんと各競技に出場する選手の選考会などが行なわれて、内定も出ていることから、あまりギリギリまで判断を引き延ばして、選手&スタッフの努力を踏みにじることだけはやめて欲しいと。必死の代表選考会を茶番劇にしないで欲しいと切に願っているmewなのである。(-人ー)

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2021-04-18 07:21 | 菅政権について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅政権の立場から、左右は関係なく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31