人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

横浜市長選は、野党候補が圧勝!ハマのドンは菅に「やめろ」と+自公は混乱&野党は勢いづく


 コロナV拡大で生活も仕事も大変になっている&ストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょうね! o(^-^)o 
 また、コロナVと戦う医療関係者やリスク大の中で働く福祉関係者に感謝の拍手を!( ^^)//

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・過去を嘆くより新生活の幸福を見つけて。一歩一歩、復興実現を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【昨日、このコーナーでもよく取り上げている3歳牝馬2頭が活躍。九州産馬のヨカヨカが北九州記念、白毛馬のソダシが札幌記念で、実績のある古馬を相手に、次々と強~い勝ち方をして嬉しかったのだけど・・・。(*^^)v祝 <レースについては、また後日に。>
 それを受けて、mewの期待は膨らんだ。「これは横浜市長選もmewが応援する候補が勝てるんじゃない?」って。結果はその通りに。しかも、こちらも強~い勝ち方だったです!(*^^)v祝&賢明な横浜市民に拍手!( ^^)//】

* * * * *

 22日、横浜市長選が行なわれ、立民党推薦の山中竹春氏(48)が、元自民党・閣僚の小此木八郎氏(58)、現職の林文子氏(75)などに大差をつける形で当選した。
 投票が終わった夜8時に、すぐに当確の速報が打たれる本当に強~い勝ち方だった。"^_^"

 投票率は49.05%。前回(2017年)を11.82ポイント上回った。<やっぱ投票率が上がって、無党派層の票がはいると、野党候補が勝ちやすくなるんだよね。>
 
 尚、確定投票数(上位5人)は、山中竹春 50万6392票、小此木八郎 32万5947票、林文子 19万6926票、田中康夫 19万4713票、松沢成文 16万2206票だった。(・・)

 山中氏は、元横浜市大医学部教授。医療データの専門家で、コロナのワクチンや治療薬に関する研究も行なっていたという。

『山中竹春氏(48)「市民1人1人と向き合いながら素晴らしい横浜市を作ってまいります。コロナ対策・カジノIR誘致の撤回、これらを市民の皆様にお約束し、評価していただいた。カジノIR誘致に関しては行わない宣言を早期に致します」(TBS8.22)』<「ひとりひとりと向き合って」という姿勢が大事!>

『山中氏は「ワクチン接種の加速化、感染源のいち早い特定、感染した人の治療機会の確保の3つの効果的な対策を行っていきたい」と述べました。(NHK8.22)』

 尚、小此木氏は、政治家を引退する意向を示した。
『小此木氏は「もう選挙には立候補しない。今後は地域にどう貢献できるか考えてきたい」と述べました。
 菅総理大臣に、携帯電話のメッセージで「ありがとうございました」と伝えると「ご苦労さま」と返信があったということです。(NHK8.22)』

* * * * *

 今回の市長選の大きな争点は、1・カジノつきIR構想の是非、2・新型コロナウィルス対策だったのだが。現職の林市長が推進していたカジノ付きIR構想に関しては、山中氏も小此木氏も反対の立場だった。

 ただ、小此木氏は、同じく地元・横浜の議員としてIR構想を進めていた菅首相の盟友だということで、当選した後に、方針を変えたり、妥協したりするのではないかと信用度がイマイチだった様子。<今の林市長も、選挙の時は消極的な感じのことを言っていて、結局、推進派に変わっちゃったので。^^;>

 また、横浜市はコロナの新規感染者が1000名を超える感染爆発状態に陥っており、医療体制も逼迫していることから、菅内閣&自民党のコロナ対策の失敗に対する批判票が山中氏に回ったのではないかと察する。(++)

<菅首相と小此木氏の関係や市長選の争点については、17日の記事「菅&盟友の小此木、ピンチ。横浜市長選で野党候補がリードか」に詳しく書いた。>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 菅氏が首相になってから、衆参院補選で連敗、大きな地方選もいくつか落としている。その上、近時は菅内閣の支持率がどんどん低下していることから、自民党内では「菅首相では衆院選が戦えない」という声が日増しに強くなっているのだが・・・。

 今回の横浜市長選で、菅首相が支援していた小此木氏が野党候補に負けたこと&菅内閣のコロナ対策への批判が強いとわかったことから、「菅おろし」の動きがアチコチで出て来る可能性が大きい。(~_~;)

『菅総理が支援した小此木氏が敗れたことを受け、政権幹部の1人は「自民党内の若手が動揺するだろう」などと懸念を示しました。また、別の閣僚経験者は「総理の地元でこれだけ差がついたことは深刻に受け止めて総選挙に対処しなければいけない」と危機感を募らせます。(

 自民党は来月総裁選を行う方向で調整を進めていますが、先月の東京都議会議員選挙での苦戦と今回の小此木氏の敗北で、党内から“菅総理で総選挙を戦えるのか”などの声があがることも予想されます。TBS21年8月22日)』

『自民 幹部「政府のコロナ対応への不満が批判票に」

 自民党幹部は、NHKの取材に対し「保守分裂で自民党支持層の票が割れてしまったことに加え、政府の新型コロナ対応への不満が批判票となって集中したことが敗因だ。知名度で勝る小此木氏が差をつけられたことは衝撃で、衆議院選挙に向けて影響を最小限に抑えなければならない」と述べました。

自民 閣僚経験者「総裁選は先延ばしにし衆院選は任期満了で」

 自民党の閣僚経験者の1人は、NHKの取材に対し「非常に厳しい結果だ。国民の声は『コロナ対応をしっかりしてほしい』ということだと思う。とにかくコロナ対応を最優先にし、自民党の総裁選挙は先延ばしにしたうえで、衆議院選挙は任期満了で行うべきではないか」と述べました。

 自民 幹部「党内が混乱するおそれも」

 自民党幹部は、NHKの取材に対し「選挙戦を通じて、政府の新型コロナ対応だけでなく、菅総理大臣を批判する声も有権者から聞かれた。今後、衆議院選挙に向けての情勢調査の結果次第では、党執行部の刷新などを求める声が広がり、党内が混乱するおそれもある」と述べました。(NHK21年8月22日)』

『公明 幹部「政権への影響は避けられない」
公明党幹部は、NHKの取材に対し「これだけ差がついた結果となると、政権への影響は避けられない。事実上の保守分裂の構図となったことも敗因となった。菅総理大臣のおひざ元でありながら、勝利できなかったことは、衆議院選挙に向けて、不安が出てくることもありえる」と述べました。(同上)』

* * * * * ☆

 周辺からも、こんな声が出ている。(@@)

『同日夜のフジテレビ「Mr.サンデー」では、司会の宮根誠司が「8時ドンで当確が出てビックリしたんですが、菅政権にとっては大打撃じゃないですか」と聞くと、木村太郎氏も「ビックリしました」と応じた。木村氏は、菅首相が支援した候補者は、かつて首相が秘書を務めた議員の息子であることを説明し「菅さんは恩人の息子さんを落としたことになる。これは、えらいことですよ」と述べた。

 「なにしろ総選挙絡みの時に、自民党にとってはこの敗北は痛いですよね」とも指摘した。(デイリースポーツ21年8月22日)』

<木村氏は、ちょっと古い考え方をしてるなと思うけど。ただ、菅氏は政治家を目指すに当たって、まず衆院議員だった小此木氏の父親の秘書になって色々と学び、その後、市議、県議、国会議員になったわけで。しかも、家族ぐるみで長い付き合いがあり、衆院同期の息子・八郎氏を政界引退に追い込んでしまったのは、「う~ん」と思っちゃうところがあるよね。(-_-)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 そして、「ハマのドン」こと横浜港ハーバーリゾート協会の藤木幸夫会長(90)は、もともと菅氏と懇意の仲だったのだが。カジノ付きIR構想に反対の立場であることから、今回は山中氏を応援。

 先日も「山中が当選して菅は終わりですよ。決まりだろう」と言っていたのだが・・・。
<関連記事・『菅は終わり,とハマのドン&菅陣営は必死で小此木支援+安倍・麻生が菅おろしの相談?」>
 
 昨日、山中氏の選挙事務所で当選を祝った後、「(菅は)やめないとしょうがないだろう」「電話がかかってきたら『(首相を)やめろ』と言う」などと語っていた。(・・)zehi!

『横浜市長選で当選確実となった山中竹春氏の陣営の開票センターで、山中氏を支援した横浜港ハーバーリゾート協会の藤木幸夫会長は「菅(義偉首相)も今日あたりやめるんじゃないの? やめないとしょうがないだろう」と話し、山中氏の支援者らを沸かせた。

 「ハマのドン」と呼ばれ、横浜の政財界に影響力を持つ藤木氏。菅氏や、山中氏と市長選を争った小此木八郎氏との関係が深い。ただ、カジノを含む統合型リゾート(IR)の横浜誘致に反対する立場から、山中氏を支援していた。

 藤木氏は「(菅氏から)電話がかかってきたら『(首相を)やめろ』と言う」と続けた。それを受け、立憲民主党の青柳陽一郎衆院議員は「やめるのは衆院選のあとでいいって言っておいて」と応じ、会場の笑いを誘っていた。(朝日新聞21年8月22日)』

* * * * *

 野党側も、衆院選に向けて、この勝利で勢いづきそうだ。<「よ党」維新、「ゆ党」国民党は除く。>
 
『山中氏には、立民が推薦、社民党が支援し、共産党も自主的支援に回ったほか、立民の支持母体の連合が推薦した。共産が独自候補の擁立を見送って一本化した候補が連合と共産の応援をともに受ける構図は、立民が次期衆院選の選挙区で描く選挙協力に近い形となった。

立民の平野博文選対委員長は「国民の命と暮らしを守る政治への転換を求めて、次期衆院選に向けた取り組みを一層強化していく決意」との談話を出し、共産の小池晃書記局長はツイッターに「市民と野党の共闘の力が発揮された」と投稿。同党幹部は「政局を野党が主導していく上でも非常に大きなプラスの影響が出る」として、立民側に衆院選の協力に向けた協議開始を改めて求める構えだ。(産経新聞21年8月22日)』

 横浜のように自民党に依存していない住民&無党派層の多い都市部と、地方の小選挙区とは同じように考えられない部分もあるのだけど。

 でも、この野党の選挙協力の形や「国民の命と暮らしを守る政治への転換」を強調して行く姿勢は間違っていないと思うし。是非、衆院選でも野党共闘がうまく行くように、しっかりと準備をして欲しいと願っているmewなのだった。(@_@。

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



by mew-run7 | 2021-08-23 06:10 | 政治・社会一般

by mew-run7