人気ブログランキング | 話題のタグを見る

立民党、泉が新代表でがっかり。国民党に乗っ取られるのか+日本にもオミクロン感染者&濃厚接触者


 コロナV拡大で生活も仕事も大変になっている&ストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょうね! o(^-^)o 
 また、コロナVと戦う医療関係者やリスク大の中で働く福祉関係者に感謝の拍手を!( ^^)//

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・過去を嘆くより新生活の幸福を見つけて。一歩一歩、復興実現を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 あら~。12月になっちゃいましたよ~。(@@)

 何か今年は、時の流れが異常に早くありません?(・・)

 衆院選も、立憲民主党の代表選も終わったし。何かいつまでブログを続けられるかわからない状況になって来たし。<個人的な問題ね。>何かポイントも元に戻りそうになくて、どんどん激減してるし。・・・今月から、もっと好き勝手に書こうっと。^^;

 まずは、新型コロナウィルスの変異株オミクロンの話を・・・。

 28日に来日したナミビアの外交官(30代男)が、オミクロンに感染していたことが判明。政府は本人を医療機関に、陰性だった家族も宿泊施設に隔離。
 また、空気感染の疑いも出ていることから、同じ飛行機に乗っていた70人を濃厚接触者として扱うことに決めた。(・・)

『後藤厚労大臣は30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が国内で初めて確認された、28日に入国した30代の男性について、「ナミビアの外交官である」と明らかにした。男性は成田空港に到着した際は無症状だったが、その後熱が出たという。ワクチンは2回接種していたということだ。
 政府はこの男性と一緒に飛行機に乗っていた71人を濃厚接触者とし、経過を観察するとしている。(ABEMA NEWS21年11月30日)』

『東京都は30日、70人のうち約40人が都内関係者だったと明らかにした。都はこの約40人について、自宅ではなく、都が運営する宿泊療養施設への移動を調整している。小池百合子都知事は報道陣に、「いったん陰性が確認されたが、危機管理上、措置が必要だと考えて指示を出した。水際で対応することが何よりも重要だ」と述べた。(読売新聞21年11月30日)』

 もう国内にはいり込んでいる可能性もあるので、皆、注意しましょうね!(**)

* * * * *
 
 それにしても、昨日の立憲民主党の代表選では、mewが4人の候補の中で一番選ばれて欲しくなかった泉健太氏(47)が選挙に勝って、新代表に選ばれることになってしまって・・・。
 もうす~っかり、やる気が減退してしまった。_(。。)_

 勝利が発表された時の泉健太氏のどや顔とか、いかにも自信ありげに、両手を挙げて振る姿を見て、ますますゾ~ッとしちゃったりして。<あとブルーリボン・バッジをつけて来るし。(いつもつけているわけでもないのに。)それに、挨拶の時に、自分で「47歳の新しい船長に就任をいたしました」とか言っちゃったりするし。。こんな船長はイヤだ~。(-"-)>

 思わず、05年9月に前原誠司氏が、民主党の代表選に勝った時のことを思い出してしまった。(~_~;)
 
 そうそう。このブログを始めて、もう3,4回目には『民主党代表・前原じゃアブナイ???』『民主党がアブナイ?!<前原民主党はどこへ行く?>』という記事をアップしていたんですよね~。^^;

 あの時は、小泉自民党が郵政民営化を賭けた衆院選で、「劇場型選挙」を展開して大勝利。他方、民主党は議席を大きく減らしたことから、岡田克也氏が代表を辞任したため、急遽、代表選を行なうことになったのだ。(ーー)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 当時、前原氏は43歳だったけな。若手代表として、自信満々、やる気満々だったし。ギラギラしていた感じがあったかも。

 前原氏をはじめとする保守勢力は、あの頃から保守二大政党制を実現を目指していて。民主党のお執行部を乗っ取って、保守化(純化)することを計画。党の綱領の変更まで検討していたので、マジに「民主党がアブナイ!」と危惧していたのだけど・・・。
 06年にはいって、いわゆる「永田メール事件」でメールが本物だと主張した前原代表は、就任して半年ちょっとで辞任することになったので、何とか民主党は最悪の危機を免れたのだった。(・・)

<でも、前原氏は17年の代表選でまた勝利して、結局、民進党を解体しちゃったんだよね。(ノ_-。)>

 mewは、泉氏に前原氏と同じようなニオイを感じるのである。(>_<)

 実際、泉氏は民主党時代から、前原グループに属していたし。<枝野くんもいたんだけど。>過去の代表選では、前原氏とか細野豪志氏とかの推薦人になってるし。希望の党や国民党で国対や政調会長など執行部に務めていたし。
 
 発言内容をきけばわかるように、国民党とほぼ同じ考えの持ち主だし。

 それでmew周辺では、「泉のような国民党幹部だった連中は、立民党を乗っ取るために合流して来たんじゃないか」と。「国民党や保守勢力、連合などと組んで、枝野代表を潰し、自分たちの思うように党を作り変えようとしているのではないか」という疑念さえ有している人がいるのだ。<mewもチョット疑ってる。^^;>

* * * * *

 とりあえず、先に代表選に関する記事をアップしておこう。(・・)

『30日に投開票された立憲民主党代表選で、国会議員などの投票では、泉健太政調会長が96ポイントを獲得してトップに立った。2位は小川淳也元総務政務官で72ポイント、3位が逢坂誠二元首相補佐官で62ポイント、4位が西村智奈美元厚生労働副大臣の56ポイントだった。

 地方議員や党員・サポーター票と合わせた合計ポイント数は、泉氏が189ポイント、逢坂氏148ポイント、小川氏133ポイント、西村氏102ポイントとなり、泉、逢坂両氏が決選投票に進んだ。(産経新聞21年11月30日)』

『立憲民主党は30日、代表選の投開票の結果、泉健太政調会長(47)を選出した。泉氏が1回目の投票で1位だったものの、過半数に達せず、2位の逢坂誠二元首相補佐官(62)との決選投票を実施。泉氏が勝利した。決選投票の結果は泉氏205ポイント、逢坂氏128ポイントだった。任期は2024年9月末まで。来年夏の参院選に向け、野党第1党の再生を急ぐ。共産党などとの野党共闘の在り方も課題となる。(共同通信21年11月30日)』

 泉氏が国会議員から40票以上(80ポイント以上)を確保していることは、事前に報道されていたのだが。地方議員や党員などの票でもTOPだったのを見て、「あーあ」という感じになってしまった。(-_-;)

 あとmewの一押しだった西村氏の票数が少なかったのも残念。立民党の国会議員は元祖・立民党の平和・リベラル志向の人が、こんなに少なかったのかな~?
 地方議員も党員も、何だかな~という感じでガッカリ。(-_-)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 そして、泉新代表の代表就任会見での発言を、朝日新聞の速報記事から、いくつか抜粋してアップしておこう。

『泉新代表、記者会見に臨む・・・立憲民主党の新代表に選出された泉健太氏が臨時党大会後、記者会見に臨んだ。泉氏は冒頭、「立憲民主党、これから再出発ということになるが、私も代表として不慣れなところがあるので、ご指導のほどよろしくお願いします」と述べた。』

『泉氏「代表選の他3氏を執行部に」・・・立憲民主党の泉健太新代表は記者会見で、代表選で争った逢坂誠二氏、小川淳也氏、西村智奈美氏を執行部に登用する意向を表明した。3人について「執行役員にお入り頂くことを念頭に構想を練ろうと思っている」と述べた。また、執行役員の半数は女性にする方針を改めて示した。

 前執行部が先の衆院選を前に共産党と結んだ「限定的な閣外からの協力」との合意を踏襲するかについては、「今回の選挙で想定していた結果を出すことができなかった。党として、しっかり総括しなければいけない。その中で今後のことは考えていきたい」と述べた。』

『国民との合流は? 「党の再生が最優先」・・・泉健太氏は今後の党運営について「(党内に)それぞれグループはあると思うが、垣根というものは本当になくなりつつある。人事は挙党一致と話しているので、そういった姿勢で人事を行っていきたい。それぞれ持っておられるものに基づいて、専門分野に基づいて、各方面でご活躍をいただきたいなと思っている」と話した。

 さらに、連合との関係には「政策面での取り組みということも、引き続き密にしていきたい。選挙については、我々も総括をしなければいけないというふうに思っている。連合の思いをよく受け止める」と発言。国民民主党との合流については、「今すぐどの党とくっつくとかそういうことではなく、立憲民主党としての再生が最優先だと思っている」と述べた。』

『「常に自民と戦う政党では…」・・・泉健太氏は会見で、枝野幸男前氏らによる前執行部について「常に自民党と戦っている政党、これは間違いないが、ともすれば自民党の方ばっかり見て、対抗して、国民に対する説明、発信が弱くなっていた」との考えを示した。新体制での党のあり方については、「(政党活動の)原点には、国民に何を届けるかということが大事だ」と強調した。
 また、枝野幸夫前代表と比べて自身の知名度が低いことに触れ、「これから高めていかなければいけない」と語った。』

『維新は「遠め」、国民は「兄弟」・・・泉健太氏は会見で、日本維新の会との関係構築について問われ、「維新は現時点では『遠め』におられる。特段、何か維新との関係について触れるような話はない」と述べた。一方、国民民主党については「多くの国民はそれなりに(立憲民主党と)近い政党、兄弟政党のように思われているのでは」と指摘した。

 維新が「改革」を前面に掲げていることを踏まえ、泉氏は「改革については立憲も本来、持たねばならない看板、考え方だと思っている。維新だけが改革ということではないと、これから我々は訴えていきたい」とも語った。

 立憲民主はスキャンダル追及野党でいいか「もっとクリエーティブに」・・・来夏の参院選1人区の野党間の候補者調整をめぐっては、「各党、それぞれ要求事項も出てくるのではないか。交渉の中で形は明らかになってくるだろう。現時点で『こういう形』と見えている状況ではない」と述べた。』

 立憲民主党や泉氏、連合などについては書きたいことが、アレコレあるのだけど、また追々・・・。
 しばらくは、立民党と少し距離を置いて、どういう政党になるのか、支持するに値するのか、見定めたいと思っているmewなのだった。(@_@。

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2021-12-01 02:23 | 民主党、民進党に関して

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅・維新の立場から、左右ではなく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31