人気ブログランキング | 話題のタグを見る

プーチンがおかしいとの声が。禁断の気化爆弾を使用か&大統領暗殺部隊を派遣+アノニマスがロシア攻撃


 コロナV拡大で生活も仕事も大変になっている&ストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょうね! o(^-^)o 
 また、コロナVと戦う医療関係者やリスク大の中で働く福祉関係者に感謝の拍手を!( ^^)//

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・過去を嘆くより新生活の幸福を見つけて。一歩一歩、復興実現を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【今月21日からフランスで行なわれるフィギュア・スケートの世界選手権に、代表に決まっていた羽生結弦が欠場することになった。北京五輪の練習中に捻挫をした右足首が、十分に回復していないようだ。
 羽生の代わりに、16歳の三浦佳生が出場することが決まった。まだ高1ながら、今年からシニアに挑戦して全日本で4位に。4回転も3種類こなせるし、スピード感がいっぱい。でも、16歳の割に顔がオトナっぽくって(正直、鍵山くんよりずっと大人っぽい)、落ち着いた雰囲気もあるので、どんな演技を見せてくれるか楽しみだ。"^_^"】

* * * * *

 昨日、ギョッとしするニュースを目にした。ロシアがウクライナを攻撃する際、気化爆弾を使っている可能性があるというのだ。(゚Д゚)

 気化爆弾(or気化燃料爆弾)というのは、燃料を気化させて地表で高圧の爆風を起こすもの。急激な気圧の変化によって人体に内臓破裂や窒息死を引き起こす殺傷能力の高い爆弾であるため、核兵器に準ずる被害を及ぼすことから、クラスター爆弾と並び、人道上、使用しないことを求められている。(・・) <詳しい説明は*1に。>

 mewは、昔、米国がイラクで恐ろしい武器を使ったとして、この爆弾の紹介をする記事を読んで、何て残酷なものを開発するのかとぞ~っとした覚えがあるのだが。
 もしロシアが本当に、ウクライナでこの爆弾を使ったとしたなら、許し難いことだ。(-"-)

『【ワシントン時事】ロイター通信によると、マルカロワ駐米ウクライナ大使は28日、ロシア軍がウクライナで気化爆弾(サーモバリック爆弾)を使用したと指摘した。
 気化爆弾は戦術核兵器の次に威力が大きいとされ、無差別に人々を殺傷するために非人道的兵器と呼ばれている。

 マルカロワ大使は米議員らとの会合後、記者団に「ロシア軍が28日に気化爆弾を使った。ウクライナに大規模な破壊をもたらそうとしている」と批判。「ロシアは重い代償を払うべきだ」と述べた。(時事通信22年2月28日)』 
 
『気化爆弾は、液体燃料を気化させて酸素を巻き込みながら高温の爆発を起こすもので、通常兵器よりはるかに高い殺傷能力を持つ。ジェン・サキ米大統領報道官は同日の記者会見で、事実関係を確認していないとしつつ、「本当ならば戦争犯罪になる可能性がある」と述べた。(読売新聞22年3月1日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 ところで、1日の記事に『プーチン氏の身体や精神の状態に問題がある、判断力に狂いが生じて暴走しているという見方も出ている』と書いたのだが。

 TVでプーチン氏の映像でも、顔の輪郭が少し丸くなっていて、能面のような表情になったり、少しイッちゃっているような目をしたりするのがわかり、「チョット変かも」と思う場面が増えている。^^;

 海外でも、「何かおかしい」という話が出ているようだ。(~_~;)

『ウクライナへ侵攻したロシアのプーチン大統領について、その精神状態を疑問視する声が、アメリカの政界から相次いで上がっています。

 ブッシュ政権で国務長官を務めたライス氏は…。

 ライス元国務長官:「これまで何度も会った、以前の彼とは違う。不安定に見え、私が見たことのない人物になってしまっている」

 また、トランプ氏と大統領候補の座を争った、共和党のマルコ・ルビオ上院議員は…。

 マルコ・ルビオ米上院議員(ツイッターから):「できれば、もっと話したいのですが、今お伝えできるのは、プーチン氏は明らかに何かおかしいということです」

 イギリスのインディペンデント紙によりますと、ルビオ氏は、プーチン大統領が「いくつかの神経学的、心理的問題を抱えているようだ」と述べたといいます。

 ルビオ氏は、上院諜報(ちょうほう)特別委員会のメンバーで、アメリカのスパイから、極秘の報告を受けているということです。

 マルコ・ルビオ米上院議員(ツイッターから):「彼がこれまでと同様に、合理的に計算し、決定を下すと考えるのは大きな誤りです。『古いプーチン』は冷血でしたが、計算ずくの殺人者でした。『新しいプーチン』はそれよりも、さらに危険なのです」(「グッド!モーニング」2022年3月1日放送分より)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 CIAの秘密工作員とFBIの特別捜査官の両方の経験を持つトレイシー・ウォルダーは、このように語っていた。

『最近のプーチンについては、フランスのエマニュエル・マクロン大統領をはじめとする多くの人が、外見も考え方も以前とは変わったと指摘しているが、ウォルダーも同意する。番組の司会が、コロナ禍で自主隔離を求められたプーチンが深刻な孤立に直面した可能性について尋ねると、彼女は大きくうなずいた。

「まさにそれが、気づいたことの一つだ。大げさに聞こえるだろうが、プーチンの写真を見るとそれが分かる。私はよく彼の写真を見るのだが、顔の輪郭までが変わっている」とウォルダーは言う。「プーチンは外見も話し方も、以前とは変わった。歴史の邪悪な側に渡ってしまった」(Newsweek22年3月1日)』

 プーチン氏は、もともと旧ソ連の情報機関KGBの高官だった人。同氏が大統領になってから、プーチン政権を批判するジャーナリストや政治家、識者が生命を奪われるケースがあったのだが・・・。
 英紙タイムズによれば、今度は、ウクライナのゼレンスキー大統領ら政府要人23人を殺害するため、キエフに暗殺部隊400人を送り込んだという。まさに常軌を逸していると言っていだろう。(ーー)

* * * * *

 そんな中、国際ハッカー集団「アノニマス」が、ロシア政府に対する「サイバー戦争」を通告したという。

『【モスクワ=工藤武人】国際ハッカー集団「アノニマス」は25日、ツイッターで、ウクライナに侵攻したロシア政府に対する「サイバー戦争」を通告した。

 アノニマスはツイッターで、露国防省や政府系テレビRTを標的にサイバー攻撃を仕掛けたことを明らかにした。これに対し、露国防省は「偽情報だ」と攻撃された事実を否定した。
 ウクライナではロシアの侵攻前から政府機関などがサイバー攻撃の被害を受けており、米国はロシアが関与したとの見方を示している。(読売新聞22年2月27日)』

 アノニマス(anonymous)は英語で「匿名の」という意味。インターネット上の匿名性や情報発信の自由を守ることを旗印に掲げ、これに制限や規制を加えようとする政府や団体、企業などにサイバー攻撃をかける国際集団で。その攻撃は評価されることもあれば、問題視されるべき部分も大きいのだが。
 今回のロシアへのサイバー攻撃に関しては、世界でも応援している人が多い様子。(・・)

 今回はウクライナと心あるロシア市民の自由を守るために、その卓越した技術を存分に発揮して欲しいと思うmewなのだった。(@_@。

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"





*1

Weblio辞書

【燃料気化爆弾】(ねんりょうきかばくだん)
Fuel-Air Explosive Bomb.

揮発性及び引火性の高い液体(酸化エチレン・酸化プロピレン・ジメチルヒドラジンなど)を、爆薬によって瞬間的に加圧・沸騰させて空気中に散布し、適度な濃度で着火して爆風と衝撃波を発生させる爆弾。
また「サーモバリック爆弾(Thermobaric Bomb)」とも呼ばれるが、これは液体燃料の代わりに固体燃料を用いて小型化したものを指す場合が多い。

危害範囲はしばしば100mを越える広範囲に渡り、かつ比較的長く爆風が残留し、人間や非装甲目標に多大な被害を与える。
高熱と爆風・衝撃波による爆散・炭化を免れても高温高圧のガスが周囲に浸透し、内臓や精密機械を焼灼・圧壊させる。
気密扉などで防護されていれば生存の可能性は高いが、直接の被害を免れても大気中の酸素濃度が急激に低下すると共に一酸化炭素が充満し、生存者は窒息死の危険を伴う環境に取り残される事になる。

燃料気化爆弾を最も積極的に運用するアメリカ軍は「土中の地雷原や施設内に保管された兵器を無力化するための特殊爆弾」として運用しており、人体への殺傷力と残虐性はさほど評価していない。

これらの条件と、燃え残った燃料が土壌などを汚染する点から、戦時国際法における「不必要な苦痛を与える兵器」として廃絶運動の対象ともなっている。
対NBC防護が有効である事と、戦術核に次ぐ威力を持つ点から、一部の有識者に「貧者の核爆弾」とも称される。

この「威力」というのが何の事なのかは必ずしも明瞭ではないが、生身の人間にとって「常軌を逸した『威力』」なのは間違いない。
とはいえ現代では通常爆弾そのものが既に常軌を逸した威力であり、それらと比べて突出して危険なわけではなく、むしろ運用上多くの点で通常爆弾に劣る。
廃絶運動が行われているのは化学的な有害性と不必要な残虐性を伴うからであって、威力の凶悪さは論ずるに値しない。

ベトナム戦争でアメリカ軍が実用化し、それ以後湾岸戦争やイラク戦争でも使用されたと言われる。
その爆発を見たイラク兵のみならず、イギリスの特殊部隊「SAS」の隊員までもが核兵器と勘違いをした程である。
また、その後イラク軍の前線に「同じ爆弾を投下する」といったビラをまいたところ、大勢のイラク兵が投降したという逸話がある。

なお、BLU-82、通称デイジーカッターが燃料気化爆弾であるという情報が多々見られるが、BLU-82はあくまでも通常爆弾であり、燃料気化爆弾ではない。
おそらく、スラリー爆薬の原料中に燃料気化爆弾で使用されるものが含まれている事がこの誤解の原因だと思われる。
同様に信頼性の疑わしい風説には「粉塵爆発を利用したタイプも存在する」「湾岸戦争で死のハイウェイを作り出した原因である」などというものもある。

by mew-run7 | 2022-03-02 01:52 | 平和、戦争、自衛隊

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅・維新の立場から、左右ではなく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7