人気ブログランキング | 話題のタグを見る

自公、5千円の現金給付を増額か+岸田、ロシア協力金は人道支援と+維新はムネオを擁護+ばんえい競馬


 コロナV拡大で生活も仕事も大変になっている&ストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょうね! o(^-^)o 
 また、コロナVと戦う医療関係者やリスク大の中で働く福祉関係者に感謝の拍手を!( ^^)//

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・過去を嘆くより新生活の幸福を見つけて。一歩一歩、復興実現を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【昨日は、帯広競馬場で、年度末最大のレース・ばんえい記念が行なわれ、4番人気のメジロゴーリキ(牡8)with西謙一が優勝した。(*^^)v祝
 1トンの馬が1トンのソリを引く・・・少し過酷だけど、ある意味では、まさにばんえい競馬らしいレース。以前は10才前後のベテラン馬が主体になっていたのだが。ここ1~2年は、若い馬が台頭。2着のメムロボブサップ,3着のアオノブラックは何と6歳馬だ。(・o・)
<2着馬は応援していたナリタボブサップの子。顔がコマクインに似ているので、ちょっとごヒイキ。>
 そして一昨日の伝統の3歳戦は、1番人気のキングフェスタが(牡3)with鈴木が、他馬を大きく引き離す強~い勝ち方で優勝。(*^^)v祝 ばんえい記念はじめたくさんの重賞を勝ったパパのカネサブラック同様、強くなりそうだ。(@@)<2着のヘッチャラを応援中。>
 MY溺愛馬コマクインの3人の息子は、長男のコマサンブラック(6歳)と次男でイレネー勝者のKダイヤ(5歳)がA1のオープン馬としてまあまあの活躍。三男のKタカラ(4歳)もまじめに走るようになってB3まで昇格した。そして、新年度には四男がデビューする予定なので楽しみだ。(^^♪
 今季、ばんえい競馬を応援して下さった方々、有難うございます。おかげさまでかなり売り上げが伸びています。春休み後の来季もよろしくお願いします。m(__)m】

* * * * * 

 昨日、共同通信の3月19,20日に行なわれたの世論調査の結果が発表されていたんだけど。『岸田内閣の支持率は60.1%で、前回2月の調査に比べ3.5ポイント上昇した。不支持率は5.5ポイント低下の21.9%』だと知って、「え~っ?」って。(・o・)

 2月に少し下がって、政府与党に今後のコロナ対策や経済社会対策に緊張感を与えたり、行き過ぎた安保政策をけん制したりできると思ったのに。これじゃあ、また政府与党が安心して、下手すると図に乗ってやりたい放題にやってしまうじゃないかと。(ーー)

 19日の『ばらまき買収の5千円臨時給付に怒るべし・・・』という記事にも書いたように、自公与党は、6月に支給される年金が減額されることから、約2600万人の年金受給者に一律約5千円の現金を配る施策を政府与党に提案している。<この減額は、現役世代の賃金が低下したことに伴うもの。一律5千円を支給した場合、総額1500億円、事務経費が200億~300億円かかるという。>

 これに対しては、野党や一部の識者、メディアから、「7月の参院選で、高齢者の支持アップを狙ったものではないか」「税金で有権者を買収するようなものではないか」「本当に経済的に困窮している若い世代の支援を優先すべきではなか」などの批判や疑問の声が飛んでいる。(~_~;)

共同通信の世論調査でも『政府、与党が年金生活者の支援策として検討している1人当たり5千円の支給について「適切だとは思わない」との回答が66.0%を占めた』という。(・・)

 でも、この9年、安倍、菅内閣がそうであったように、各論で「反対」が多くとも、総論とも言える内閣支持率が高ければ、政府は各施策に対する国民の声は軽視、無視するのである。(-"-)

 実際、自公与党では「5千円の支給をやめよう」ではなく、「もっと増額すべきだ」という案が出ているという。(@@) 
<自民党の閣僚経験者は「低すぎる。1万円は必要だ」と増額を主張。配慮されたはずの公明党関係者は「5000円だけとは、うちをばかにしているのか」と憤り・・・なんだって。>

 自公は、国民をかなりバカにしているようだ。(-"-)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『5000円給付、仕切り直し 疑問噴出、増額論が浮上 政府・与党

 自民、公明両党幹部が政府に申し入れた年金生活者への5000円程度の支給をめぐり、与党内で疑問の声が噴出している。

 一昨年の10万円給付に比べて少額なことや、自民党では党内手続きを経なかった点が原因だ。速やかな実施のため2021年度予算の予備費を充てる想定だったが、増額論が浮上しているため、与党が策定を求める追加経済対策の中で議論することになった。

 年金は新型コロナウイルス禍で現役世代の賃金が低下したことに伴い、22年度は年額数千円下がる。4、5月分は6月15日が支給日で、その1週間後の22日に参院選の公示が見込まれている。公明党の石井啓一幹事長は18日の記者会見で、昨年以降の給付金の対象から外れた年金生活者がいると指摘し、「ばらまき」との見方に反論した。

 複数の関係者によると、発案したのは自民党の茂木敏充幹事長だという。石井氏を誘って岸田文雄首相に申し入れた15日は、自公が参院選の相互推薦で基本合意した4日後。首相が両党間の「隙間」を認める状況だったことを受け、茂木氏には給付政策を好む公明党に配慮を示す思惑があったとみられる。

 だが、与党では不評だ。自民党の閣僚経験者は「低すぎる。1万円は必要だ」と増額を主張。配慮されたはずの公明党関係者は「5000円だけとは、うちをばかにしているのか」と憤り、同党内からは子育て世帯などに対象を広げるよう求める声が上がる。一方、自民党長老はばらまき批判を念頭に「恥ずかしい政策だ」と嘆いた。

 政策の立案・審査を担う自民党政調会は「首相と茂木氏らだけで決めるやり方は賢くない」(幹部)と強く反発。福田達夫総務会長、森山裕総務会長代行も不満を漏らしているという。

 ただ、野党は正面からの批判に及び腰だ。立憲民主党は17日に発表した文書で「ばらまきと言わざるを得ない」としつつ、年金の最低保障機能強化へ与野党協議を提案。同党幹部は「5000円もらったら誰でもうれしい。選挙を考えたら否定するのはかなり難しい」と語った。

 松野博一官房長官は18日、自民党本部に高市早苗政調会長を訪ね、給付金は追加経済対策と合わせて検討すると伝えた。策定には与党の了承手続きが必要になる方向。参院幹部は「5000円はいったん引っ込め、再検討される」との見方を示し、財務省幹部は「額や対象を増やすのではないか」と身構えた。(時事通信22年3月19日)』

<19日の記事にも書いたように、立民党は先週、蓮舫氏が参院予算委員会で「何で高齢者だけなんですか。選挙目当てって言うんじゃないですか」と、小川政調会長も会見で「事実上、公金を使った高齢者の買収ではないか。非常に安易で安直な政策だ」と正面から批判しているんだけどな~。(・・)>
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 また15日の『SMAPの反戦歌+20億以上のロシア関連予算(=安倍遺産)を削除せぬ岸田+ムネオのロシア擁護に懸念』に書いたのだが。
 安倍元首相がロシアにお貢ぎの経済協力を約束したことから、日本政府は今でも、年に20億円以上もロシアに支援金を払っている。<安倍側近の萩生田光一氏が今でも、安倍元首相が新設したロシア経済分野協力担当大臣とかやってるし。^^;>   
 野党は、この協力金を減額or廃止すべきだと主張しているのだが。岸田首相は、安倍元首相に配慮してか、全く減額する気はないようだ。
 このロシアへの経済協力金の中には、「肥満予防医療プログラム」などを含む「日露医療協力推進事業(予防医療の啓発等)」9.8億円がはいっているのだが、岸田首相は「人道支援だ」とすっとぼけたことを言っているらしい。(~_~;)

『蓮舫氏「お粗末」に続き「総理、それは違う」対露人道支援を再び批判

 立憲民主党の蓮舫参議院議員が19日、自身のツイッターを更新し、政府のロシアへの経済協力金について「総理、それは違う。」と批判した。今月17日の参院予算委員会での「お粗末」発言に続いて、ツイッターでも同じ項目で主張を繰り返した。

 蓮舫氏は17日の参院予算委員会で、令和4年度の予算案に計上されているロシアの経済協力金について岸田文雄首相に質問。14日に首相が「人道支援が含まれている」と語ったことを問いただした。

 経済協力金に、肥満予防医療プログラムが含まれていることについての質問に、岸田首相は「そうした問題も含めた医療支援と認識」しているとし、「今後の展開がどうなるか分からない状況で、この予算について修正を考えていないということであります」と説明した。蓮舫氏はこれに「いや~、お粗末ですね。あまりに考え方が違う」とあきれるように返していた。

 19日のツイートでは「平成29年度の『協力プラン』に係る予算」を掲載。「日露医療協力推進事業(予防医療の啓発等)」は9・8億円となっている。

 蓮舫氏は「外交案件の協力予算は継続性があり、予算案が通れば続けられます。」と説明。ロシアのウクライナ侵攻を受け全ての事業を止めるよう、進言したが、岸田首相は「ロシア人の肥満予防対策も人道的支援だから減額修正しないとの答弁」だったとし「総理、それは違う。」と17日に続いて批判した。(デイリーS22年3月19日)』

* * * * * 
 
 ついでに(?)・・・。15日の記事で、維新の会の鈴木宗男氏が、ロシアの侵攻について「ウクライナにも責任がある」などとウクライナ批判、ロシア擁護の発言を行なっていたことを書いたのだが。
 維新の会の松井代表は、その鈴木氏の発言を擁護していた。^^;

『松井氏はまた、維新の鈴木宗男参院議員がロシアの侵攻をめぐりウクライナ側の対応も問題視する発言をしたことに関し、「責任は全てプーチン大統領にある。ウクライナにはない」と述べた。その上で、「(鈴木氏は)ロシアに対してじくじたる思いを持っている人で、ロシアに寄っているわけでは全くない」と擁護した。(時事通信22年3月19日)』

 ふ~ん、そうなんだ~。(・・)

 鈴木宗男氏は、安倍元首相にロシアに関する情報提供をしていた見返りに、民主党から衆院議員に比例当選した娘・貴子氏(現・外務副大臣)を自民党に入れることに成功したのだが。自分の自民党復帰はかなわず、<安倍氏が仲介したのか?>維新の会が預かることになった。
 ただ、維新の国会議員団のTOPである馬場共同代表は、鈴木氏をコントロールできない様子。松井代表が、あまり鈴木氏の発言を擁護するようだと、火の粉を浴びかねないかも、と思ったりもする(期待込み?)mewなのだった。(@_@。
 
 THANKS
 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



by mew-run7 | 2022-03-21 04:04 | 岸田政権について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅・維新の立場から、左右ではなく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31