人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

改憲派集会で、専守防衛やめる提案も。安倍は不在+護憲派集会で立共社が改憲批判で共闘


 5日、2本めの記事です。1本めにロシア入国禁止の日本人63人のリストをアップしました。

 コロナV拡大で生活や仕事でストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょう! o(^-^)o  東日本大震災の被災地、熊本、北海道など全国の震災、豪雨災害の被災地の方々も、一歩一歩着実に復興実現&新たな生活構築を目指してガンバです!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

 5月3日の憲法記念日・・・例年は、TVでNHKが憲法に関する特集番組を組んだり、NHK、民放とも少し多めに「憲法」「改憲」などについて扱ったりしていたと思うのだけど。
 何か今年は、NHKが世論調査の結果を丁寧に流していた以外は、ほとんどNHKも民放もほとんど取り上げていなかった感じがする。^^;

 今年は、自民党を中心に憲法改正の運動が行われているので、今こそ、中立的な立場で、憲法やその改正について多くの国民に情報を提供する必要があると思うのに。
 改憲派、護憲派いずれにも忖度したのか。下手に憲法改正に問題には触れない方がいいと考えたのか・・・。<文句をつけられると面倒だし。>

 一体、憲法改正の発議がなされたら、TVは改憲案の内容や趣旨などを国民にきちんと伝えるべく、毎日、しっかりと取り上げてくれるのだろうか。(・・)
 3日に書いたTVやラジオ、ネットの広告規制の問題も含めて、何か心配だ~。(-_-;)

* * * * *

 3日には、改憲派、護憲派の双方が全国各地で集会を開いていた。<中間派、慎重派の集会もあるといいかも。>

 改憲派の方では、櫻井よしこ氏など(安倍晋三氏の超保守仲間)が率いる「美しい日本の憲法をつくる国民の会」が大規模な集会を行なった。<全国各地の集会でオンライ映像が流れていたようだ。>

 櫻井氏は敵視している中国との関係を意識して、「アジアの真のリーダーとなるような心構えを持ちたい。そのための第一歩が憲法改正だ」「憲法改正を一日も早く成し遂げ独立国としての日本をつくっていこう」と檄を飛ばしていたという。

 また、元航空自衛隊の空将が、「専守防衛を変えるべきだ」と主張。この件は、改めて取り上げたいが、近時、こういう意見がどんどんオモテに出ているようで、アブナさを覚える。(-_-;)

 ただ、3日に改憲派の象徴であり、アチコチで改憲アピールで活躍するだろうと思っていた安倍晋三氏が、どの記事にも載っていなかったのが、ちょっと気になった。^^;
<ツイッターやインスタも4月28日に韓国代表団と面会をしたという投稿で終わっているし。GWはお休みなのかな。体調は大丈夫なのかな。川口湖の別荘で、ゴルフ三昧でもいいんだけど。>

* * * * *

『改憲派の「美しい日本の憲法をつくる国民の会」などは東京都千代田区で「公開憲法フォーラム」を3年ぶりに聴衆を入れて開いた。ウクライナ危機やコロナ禍などに触れ、今夏の参院選で改憲の必要性を訴えるよう各政党に求める声明文を採択した。

 日本会議や日本青年会議所が協賛し、主催者発表で約500人が参加。オンラインで国内20カ所でも中継した。

 声明文は、ウクライナ侵攻について「『力による現状変更』を目指す国々を隣国に持つわが国には他人ごとではない」とし、「緊急事態や安全保障上の危機を想定しない現行憲法が危機を突破する際の壁」だと主張。国会や各政党に「憲法改正で国難に対処できるよう、改憲内容の早急な合意形成を」と訴えた。(朝日新聞22年5月3日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『ジャーナリストの櫻井よしこさんは「ウクライナ問題は、中国に結び付けて考えて準備しなければ、わが国の命運はどうなるか分からない」と指摘。「(日本が)アジアの真のリーダーとなるような心構えを持ちたい。そのための第一歩が憲法改正だ」と強調した。(時事通信22年5月3日)』

『フォーラムを主催した「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の櫻井よしこ共同代表は「憲法改正を一日も早く成し遂げ独立国としての日本をつくっていこう」と提言し、長崎の会場からも拍手が送られました。(NCC22年5月3日)』

『また、航空自衛隊出身の織田(おりた)邦男・元空将は「制服を着ていた時は言えなかった」と断り、「自民党の(改憲の)提言も専守防衛が前提。憲法の精神から来るからだと。何でこれを変えないのか。そんなもので守れるんですか」と述べ、憲法9条に基づく専守防衛の方針を批判した。(朝日新聞22年5月3日)』

『改憲を求める民間憲法臨調などが主催した「公開憲法フォーラム」には自民、公明、日本維新の会、国民民主の4党の議員が出席した。自民総裁の岸田文雄首相もビデオメッセージを寄せ、「社会が大きく変化する今だからこそ(改憲に)挑戦し続けなければならない」と強調した。古屋圭司憲法改正実現本部長は「改憲の必要性を必ず公約の大項目(重点項目)に入れて訴える」とアピールし、党の改憲案4項目(9条への自衛隊明記・大規模災害時の緊急事態条項・参院選の「合区」解消・国に教育環境整備の努力義務を課す「教育の充実」)を紹介した。

 維新の足立康史衆院議員は「参院選までに9条と緊急事態条項の改正イメージ案を公表する」と明言した。議論の加速化に向けて「(消極的な)立憲民主党を野党第一党から引きずり下ろす。維新が野党の雄として憲法論議の先頭に立つ」と熱弁した。
 公明の浜地雅一衆院議員は9条や国防に触れず、緊急事態時の国会議員任期延長を可能とする改憲について「私見」と前置きして「早急に詰めた議論が必要」と述べた。(産経新聞22年5月3日)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 他方、護憲派が東京で開いた集会には、主催者発表で1万5千人もの人が集まったという。
<写真で見ても、かなりの人数がいた感じ。あまりに密だったので、心配になったほど。^^;>

『東京都内を拠点に護憲や反戦を訴える団体は連携し「改憲発議許さない!守ろう平和といのちとくらし 2022 憲法大集会」を東京都江東区で開いた。大規模な集会を開くのは19年以来で、1万5000人(主催者発表)が参加した。

 ロシアのウクライナ侵攻を受け、国内では憲法を改正して軍事力を増大すべきだとの言説が聞かれるようになっており、こうした状況を憂える発言が相次いだ。改憲問題対策法律家6団体連絡会の大江京子弁護士は「(軍事力の拡大では)国民の命を守ることはできない。果てしない軍拡の応酬と相互不信を広げるだけだ」と主張した。

 竹信三恵子・和光大名誉教授は「憲法9条は国の富を軍事でなく民生のために使う構造を作ったことでも重要な役割を担ってきた」と専守防衛の「効能」に言及。「軍事費を使う社会が、介護や保育にカネを出せるわけがない」と述べた。(毎日新聞22年5月3日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『共産党の志位和夫委員長は「危険に乗じて9条を改定し、日本を軍事対軍事の危険な道に引き込むのを止めよう」とアピール。社民党の福島瑞穂党首も「武力で平和はつくれない。今こそ9条が世界で輝く時ではないか」と声を張り上げた。(時事通信22年5月3日)』

『立民の奥野総一郎衆院議員は、ウクライナに侵攻したロシアを批判しつつ、「ロシアよりも許せないのが今の与党だ。どさくさ紛れに、ウクライナの問題をだしにして、改憲に突き進もうという姿勢は許すわけにいかない」と強調。「大事なのは参院選。改憲勢力は(改憲の国会発議に必要な)3分の2を切らせるように野党で共闘して戦っていきたい」とも訴えた。(産経新聞22年5月3日)』

『護憲派は「ながさき9条フェスタ」(実行委主催)を開き、約300人が参加。立憲民主党の辻元清美前副代表が「憲法は人権や生活を守るもの。時の政権が人権を制限し、権力を好きに使うためではない」と熱弁を振るった。
 緊急事態条項は、危機への対処を優先するあまり、国民の人権の制約につながる懸念がつきまとう。辻元氏は「プーチン大統領と同じように野党も立法府も無力化し、独裁化する」と危惧。「カッと熱くなっている中で国の根本の定めを変えてはいけない」と訴えた。(長崎新聞22年5月3日)』<辻元氏はこういう時に欠かせない人材だと思う。>

* * * * * 

 立民党の奥野氏が「どさくさ紛れに、ウクライナの問題をだしにして、改憲に突き進もうという姿勢は許すわけにいかない」という意見には大賛成なのだが。<「国民をだまそうとしている」とも言ったらしい。これもOK.>
 ただ、「ロシアよりも許せないのが今の与党だ」という表現は言い過ぎかな~と思っていたら、あちこちから指摘や批判が出て、本人もマズイと思ったようで。同日夜のTVで撤回、謝罪した。

『立憲民主党の奥野総一郎・衆院憲法審査会野党筆頭幹事は3日夜のBS番組で、与党の改憲姿勢に触れて「ロシアより許せないのは今の与党だ」と述べた同日昼の自身の発言について、「言い過ぎた」として撤回し謝罪した。「国民をだまそうとしている」と発言したことも、「もっと丁寧な説明が必要だ」として撤回した。

 奥野氏はこの日昼、東京都内で開かれた護憲派集会に出席し、あいさつする中で発言した。番組内で発言の真意を問われ、「場所が場所で私もエキサイトした」と説明した。(朝日新聞22年5月3日)』

 奥野氏は、もともと民進党から希望・国民に移っていた改憲派。<昨日、元・民進党幹事長だったのに自民党に移った改憲派の細野豪志氏が「奥野議員は本当はまっとうな憲法観を持った人。残念」と言っていたほど。>
 それゆえ、奥野氏が立民党の憲法審査会のメンバーになったと知った時は、「何で、よりによってこんな人を」と思っていたのだけど。憲法審での発言を見ていると、憲法の知識も十分にありそうだし、自公+維国の改憲与党への攻撃も鋭いので、チョット安心していたのだけど。<どうやら元・東大法卒の官僚だったらしい。ちゃんと憲法を勉強したのね。>

 ただ、ここで安易な失言をすると、(特にネットウヨに)に立民叩きをする機会を提供することになるし。参院選に影響すると困るので、みんな言葉には気をつけて欲しいところ。<維新の足立くんも「(改憲に消極的な)立憲民主党を野党第一党から引きずり下ろす」とか言ってるし。^^;>

 社民党の福島代表も言っていたけど、今の政治家主導のアブナイ改憲の流れを止めるために一番大事なのは、次の参院選で改憲与党が参院の2/3を占める数の議席獲得を阻止することにあるわけで。今こそ本当の野党がしっかり協力をする&改憲反対・慎重派の国民もしっかり声をあげる必要があると思うmewなのだった。(@_@。

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2022-05-05 02:44 | 憲法&憲法改正

by mew-run7