人気ブログランキング | 話題のタグを見る

身内に甘い自民と維新。茂木、吉村が的外れのズレた攻防+国民・前原は維新候補を支援


 コロナV拡大で生活や仕事でストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょう! o(^-^)o  東日本大震災の被災地、熊本、北海道など全国の震災、豪雨災害の被災地の方々も、一歩一歩着実に復興実現&新たな生活構築を目指してガンバです!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 自民党の茂木幹事長が、大阪市内で街頭演説を行い、「維新は身内に甘い」と批判。
 これに対して、維新の会の吉村副代表(大阪府知事)が「身内に甘いのは自民党でしょ」と反論していたのだが。何か2人とも的外れな発言をしていて、ピントがずれている感じがした。(~_~;)

『茂木氏「身内に甘い維新」 大阪で批判、吉村知事反論

 自民党の茂木敏充幹事長は8日、大阪市で街頭演説し、参院選をにらみ日本維新の会との対決姿勢を鮮明にした。維新創設者の橋下徹氏を念頭に「創設者は(ウクライナ情勢を巡り)ロシア寄りの発言を繰り返している。残念ながら維新の国会議員は何も言えない。身を切る改革ではなく、身内に甘い政党だ」と批判。維新副代表の吉村洋文大阪府知事は反論した。

 茂木氏は、政治の安定には参院選勝利が不可欠として「野党に大阪や日本の将来を任せるわけにはいかない。自民党に力を貸してほしい」とも訴えた。(共同通信22年5月8日)』

 吉村氏はこの記事を受ける形で、自らのツイッターで反論を行なった。^^;

『吉村洋文(大阪府知事)@hiroyoshimura

身内に甘いのは自民党でしょ。これまでずっと政権与党で、改憲を党是としながら、憲法改正の国民投票一つできてない。大将の首を差し出す覚悟で憲法改正やってくれよ。共産党や多くの憲法学者は自衛隊を違憲だと言ってるよ。中国ロシア北朝鮮を前にして日本の国防は大丈夫か?』

* * * * *

 もしかしたら、茂木幹事長は街頭演説で、もっと色々と指摘したのかも知れないし。共同通信の記事が、まとめ過ぎたかも知れないんだけど。
  
 もし維新が「身を切る改革をやっていない」&「身内に甘い」ことを指摘するのであれば、維新の吉村副代表、松井代表が首長を務める大阪府、大阪市の行政で万博やカジノIR計画などなどで、かなり無駄な支出が多いことを批判するとか・・・。
 国会議員の政策活動費として、19年には5865万円、20年には4497万円も支出していたのに(当時の馬場伸幸幹事長、浅田均政調会長、遠藤敬国会対策委員長の幹部らが受領)、その使徒に関しては公開や説明していないとかいう事実を指摘すべきだと思うのだけどね。(-"-)

<去年、ブログでも触れたけど。政策活動日の件が発覚した時には、橋下氏がツイッターで「維新国会議員幹部の数千万円の交際費的な金の使い方について組織内でチェックできないというのは異常な状況です」「これまでの維新国会議員団(オールド維新)も含めて、自分たちが税金をムシャムシャ食べることについては与野党から全く改革の声が上がらない」と指摘。

 これに対して、松井代表が記者会見で『政策活動費の原資は寄付などを充てており税金ではないと釈明。一方、「選挙に向けて人材発掘にもお金がかかった。実際に組織を動かす時、領収書の必要のない経費も必要」と開き直った』という。(東京新聞21年12月15日)>

 ただ、安倍ー菅政権の時から、政府&自民党は自分たちも大阪万博、カジノIR利権に絡んでいるし。非公開の政策活動費を使いまくっているので、そこら辺は下手に追求するとマズイのかな。(~_~;)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 また、橋下氏のロシア寄りの発言(?)<ウクライナはこれ以上、犠牲者を増やさないために、妥協すべきと提唱>に関しては、様々な疑問や否定の声が出ているのだが。
 とりあえず、橋下氏は、もう維新の会&政治家を引退した民間人だし。<維新の馬場代表も、菅直人氏の質問に、「橋下氏は維新と全く関係ない」と明言してたし?>
 とりあえず、橋下氏はコメンテーターとして自己責任で発言していることになるのだろう。(・・)

 むしろ、ロシア寄りの発言をしている&「身内に甘い」という点では、今も維新の会に属して国会議員をに務めている鈴木宗男氏の発言の方に着目にすべきではないだろうか。(・・)
 
<ロシアと長年の交流がある鈴木氏は、「ロシア侵攻は、ウクライナにも責任がある」「挑発した米国にも責任がある」とゼレンスキー大統領やバイデン大統領を批判。近時は、ロシア軍の残虐行為の映像が流れると「印象操作」の疑いを示唆したりしている。
 
 関連記事・3月15日の「SMAPの反戦歌+20億以上のロシア関連予算(=安倍遺産)を削除せぬ岸田+ムネオのロシア擁護に懸念」、21日「自公、5千円の現金給付を増額か+岸田、ロシア協力金は人道支援と+維新はムネオを擁護・・・」など。>

 まあ、もちろん、国会議員も発言の自由があるのだが。維新の会がこのまま鈴木氏の(ロシア寄りを超えて)ロシア擁護の発言を放置、容認するとしたら、その点は追求していいのではないかと思う。(++)

* * * * *

 あ、あと維新の会の参院議員に、経歴詐称の疑いが出ているのだけど。これもきちんと調査、説明しないと、「身内に甘い」と批判されても致し方ないだろう。(-"-)

『維新・岬氏が経歴詐称と刑事告発 事務所は否定

 日本維新の会の岬麻紀衆院議員が、落選した2019年参院選の選挙公報に記載した「亜細亜大非常勤講師」の肩書が虚偽の疑いがあるとして、東京都の男性が6日までに、公選法違反の疑いで名古屋地検に告発状を提出した。

 岬氏の事務所は取材に「2015年度に1年間、国際関係学部の講師を務めていた。大学側から講師料も振り込まれている」と疑惑を否定。「非常勤」と記載したのは、「常勤ではなかったため、非常勤と記載して問題ないとの認識だった」と説明した。

 岬氏はフリーアナウンサーなどを経て、19年参院選で落選。21年衆院選で愛知5区から維新単独の公認で出馬して比例復活した。(共同通信22年5月8日)』

『経歴詐称疑惑が浮上した岬麻紀衆院議員が非常勤講師を務めていたと主張する亜細亜大が、河村たかし名古屋市長側からの問い合わせに「非常勤講師を委嘱した記録は見当たらなかった」と回答していたことが6日、河村氏への取材で分かった。(共同通信5月6日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 それこそ、維新の吉村副代表の反論は、「はあ?」「何、言ってるの?」という感じだった。(゚Д゚)

 「身内に甘いのは自民党でしょ」は、適切な指摘だと思うのだが。何でそこから、憲法改正の話になるのか、「???」だ。(@@)

「これまでずっと政権与党で、改憲を党是としながら、憲法改正の国民投票一つできてない。大将の首を差し出す覚悟で憲法改正やってくれよ]って。^^;

 それに、「大将の首を差し出す覚悟で」という発想、表現もおかしい。<大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の見過ぎか?^^;>
 憲法改正は国民の意思で進めるもの。党首が辞任する覚悟を持ったら、憲法改正ができるというものではあるまい。(-"-)>
 
「共産党や多くの憲法学者は自衛隊を違憲だと言ってるよ。中国ロシア北朝鮮を前にして日本の国防は大丈夫か」も、「自民党が身内に甘い」とは何の関係もない。

 結局、吉村氏は、単に憲法改正の推進を主張したり、共産党や憲法学者をけなしたりするツイートをしたかっただけではないかと・・・。(~_~;)

 「自民党は身内に甘い」ことを主張するなら、第一に自民党が、安倍政権下で起きたいわゆるモリカケ桜の問題をきちんと解明しようとしないことを指摘すべきだし。<森友学園問題では財務省に書類を改ざんさせたり、桜を見る会の件では省庁や事務所に書類を廃棄させていたり、まさに隠蔽工作をしているんだからね。>

 茂木幹事長への反論としてもズレているし。国民の認識ともズレているし。イソジン会見などもそうだけど、何で世間がこんな人が期待されるのかな~。
 ・・・もしかして、国民の中にズレてる人が増えてるってことなのか?^^;

* * * * *

 そうそう。維新と言えば、国民党の前原代表代行と協議して、参院選の京都、静岡選挙区で、国民党の候補と相互推薦を行うことで合意したものの、国民党の玉木代表らが「待った」がかかったため、一度は合意を解消することになったのだが。

 その後、相互推薦ではなく、前原氏の地元の京都の選挙区で、国民党が維新候補を支援することが決まったという。<前原氏の維新愛による一方的な支援なのね。^^;>

『日本維新の会の馬場伸幸共同代表と国民民主党の前原誠司代表代行は6日、京都市内で共同記者会見を開き、参院選京都選挙区(改選数2)で維新の公認候補を国民民主が推薦することを正式に発表した。(略)

 会見で前原氏は、合意文書の内容が共有されていなかった党内手続きについて謝罪。京都で推薦を維持した理由について「政権交代の選択肢になるために非自民、非共産、中道保守の改革勢力を結集することが必要だ」と述べた。

 馬場氏は「前原氏との信頼関係で、国民民主の力を拝借する」と説明した。国民側への推薦を取り消した静岡については「直前まで適任者を探す。良い候補者がいれば擁立する方針に変わりはない」とした。(産経新聞22年5月6日)』

 京都選挙区には立民党の福山哲郎氏も出馬しているため、連合などは福山氏の支援を求めたようだが。前原氏と福山氏の関係が悪化しているし。前原氏は、今後、維新との連携を望んでいることもあって、今回の形をとったようだ。
 でも、自民党や都民ファーストとの連携を望んでいる国民党の玉木代表らは、これを許容するのだろうか?維新は、こんなズレてる形の合意でも、支援を受けたいと考えるのだろうか。

 どの政党も、もっとわかりやすい主張、政治をして欲しいと思うmewなのだった。(・・)
 
 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2022-05-09 05:06 | 政治・社会一般 | Comments(0)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅・維新の立場から、左右ではなく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31