人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ひろゆき、自民議員を「うそつき、ズブズブ」と+安倍祖父が反共の統一教会を日本に+桜島噴火


 コロナV拡大で生活や仕事でストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょう! o(^-^)o  東日本大震災の被災地、熊本、北海道など全国の震災、豪雨災害の被災地の方々も、一歩一歩着実に復興実現&新たな生活構築を目指してガンバです!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【昨夜、8時05分、桜島で噴火が発生。大きな噴石が火口から2.5kmまでひろゆき「自民に怒らない人はアホ」。宗教と政治の問題に、まっとうな意見飛ぶ規模の爆発だったことから、気象庁が噴火警戒レベルを5に引き上げ、一部住民に避難を呼びかけた。
警戒レベルが最高の5になるのは、初めてだ。
 夜間ゆえ、詳しい状況はまだ把握できていないのだが。桜島では、今月18日ごろから、地下のマグマ活動により膨張していたため注意が呼びかけられていたという。
 火山灰だけでなく、火山礫もかなり飛ぶ可能性があること、火砕流や土石流が発生するおそれがあるとのことで、周辺の方々は、どうかご注意下さい。また周辺はもちろん、もしかしたら、わが親族の住む都城辺りまで、灰が降り積もる可能性がある。灰の清掃や処分が大変だと察しますが、どうか無理をして体に負担がかからないように気を付けて下さい。m(__)m】

* * * * *

 昨日の『ひろゆき「自民に怒らない人はアホ」。宗教と政治の問題に、まっとうな意見・・・】の続報を。
 
 まずは、私も共感できたひろゆき氏の意見をもう一つ。

『ひろゆき氏〝統一教会問題〟巡り3議員斬り「嘘をついていた」「ズブズブ」「不勉強」 

 徹底的に容赦ない。元2ちゃんねる管理人で実業家のひろゆき氏が、22日も〝政治と宗教〟の問題を巡って大暴れした。

 この日立て続けにやり玉に挙げたのは、自民党の下村博文元文部科学大臣、山本朋広元防衛副大臣、日本維新の会の足立康史衆院議員だ。

 下村元大臣については、世界平和統一家庭連合が世界基督教統一神霊協会(統一教会)から2015年に名称変更が認められた当時、文化庁を管轄する文科大臣だったとして炎上中。ただ、下村大臣は文書で自身の関与を否定している。

 これに対し、ひろゆき氏は共産党の宮本徹衆院議員が文化庁宗務課に問い合わせた結果をリツイートし「統一教会の名称変更は部下が勝手にやったと言い張っていた下村博文元大臣が嘘を付いていた様子。」とジャッジした。

 ひろゆき節は止まらない。次は山本議員が、旧統一教会の関連団体とされる「世界平和連合」「国際勝共連合」の太田洪量会長と面会していた写真ツイートを引用。「自民党の山本朋広元防衛副大臣で、現文部科学部会長も、統一教会とズブズブな様子。」とやった。

 矛先は自民を飛び越え維新にも。「私が不勉強だからか〝統一教会〟の何が問題なのか正確に承知していません」とつづって大炎上した足立康史氏を「統一教会で講演をして、被害の実態を知ろうともしない不勉強な貴方がわからないのは当然かと。」と皮肉った。(下に続く)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 一方で「統一教会の機関紙」とした発言について「世界日報」から抗議文が届いたことを明らかにした立憲民主党・石垣のり子参院議員のツイートに対しては「『統一教会の機関紙』と呼ばれる世界日報から抗議を受けるのは、まともな政治家の証明になりそうな昨今。」と援護射撃した。

 日頃のひろゆき氏からすれば、こうも一つのテーマに〝熱〟を入れるのは珍しい。何が彼を宗教問題にかき立てるのか。「日本が多少は良くなるんじゃないかと、思ってるおいらです」とつぶやいたひろゆき氏。179万フォロワーを誇るインフルエンサーの発信にSNS上が沸騰している。(東京スポーツ22年7月23日)』
 
<mew周辺では、「維新で関係しているとしたら、まずは足立だよね~」という話が出ていたのだが。案の定だったりして。^^; 松井代表が、維新の国会議員、地方議員が統一教会の関わりがないか、調査すると言っていた。ちゃんと公表してね。(++)
 立民党にも祝電を打っていた人がいたようだけど。もともと統一教会は、反共&保守思想なので、立民党などは関係している人が少ないかも。共社はたぶん皆無。(・・)>

 昨日も書いたように、ひろゆき氏の発言は若い人も注目しているので、若い人がアブナイ宗教に引っかからないように警戒させて欲しいし。統一教会と自民党、宗教と政治の関係の問題を、世の中にどんどんと伝えてくれることを期待している。(**)
 
* * *

 で、このブログでも、今後も統一教会と自民党、宗教と政治の関わりについて、取り上げて行きたいと思うのだが。
 今回は、旧統一教会がどのように日本にはいって来たかという話をお伝えしたい。
 
 安倍晋三氏を銃撃した容疑者が、犯行の理由の一つとして教団を(海外から日本へ)招き入れたのが岸元総理。だから(孫の)安倍氏を殺害した」と供述していたと報じられていたのだが。
 実際、旧統一教会が日本での活動を望んでいたところ、岸元大統領&超保守仲間が、共産党勢力を潰すため、同じ反共・保守思想を持つ同教団が日本進出することに協力したと言われている。(-"-)
 
 TBS【報道1930】の記事の一部を引用する。(・・) 
 
『安倍元総理殺害事件でにわかに注目される宗教法人「世界平和統一家庭連合」(以下、旧統一教会) 80年代、霊感商法や多額の献金による家庭崩壊などが社会問題化したが、韓国の新興宗教がなぜ日本に深く入り込み、広く浸透し、多額の資金を提供するに至ったか、ほとんど知られていない。今回は旧統一教会と日本の政治家とのつながりを中心にその歴史を紐解いた。

■「ある時、笹川良一、児玉誉士夫、岸信介と文鮮明が本栖湖で会った」

一枚の古い地図。その地図を見ると岸信介邸の隣に書かれてある文字は「全国学生連合原理研究会」。原理研究会とは統一教会のことである。のちに岸元総理は自らと旧統一教会との出会いを旧統一教会の本部で“奇しき因縁“としてこう語っている・・・。

「正体はわからないが、隣に住んでいる若者たちが日曜日に賛美歌を歌っていた」そして後に、「笹川良一君が統一教会に共鳴してこの運動の強化を念願して私に紹介した」
 この偶然であるかのような出会いについて旧統一教会などによる霊感商法の被害者対策に長年携わってきた山口広弁護士は・・・

全国霊感商法対策弁護士連絡会 山口広弁護士「どうして隣同士だったのはわからないんですが、場合によっちゃぁ統一教会が(岸氏に近づくために)ここにアプローチしてきたのかもしれない」

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 もう一つ岸元総理と旧統一教会を結びつけるものがある。1958年に撮られた一枚の写真。渋谷区南平台の邸宅。庭で時の首相、岸信介氏が寛ぎ、傍らで孫である4歳くらいの安倍晋三氏が兄弟で遊ぶ・・・。その6年後に同じ構図で撮影された建物は、岸信介邸ではなく旧統一教会の本部になっていた。首相私邸が教会本部になったいきさつは定かではないが、密接な関係を物語る写真だ。

北海道大学大学院 櫻井義秀 教授「(隣に原理研究会があったのは)偶然ではないと思います。右翼の大物である笹川良一さんと(60年安保を強行した)岸信介さんとの関係ですよね。要するに学生運動、労働運動に対抗するための右派運動のフロントを日本で作り上げなければならない、そういった構想の下に反共の防波堤を学生たちに作らせたいという発想から岸さんか笹川さんの方から統一教会にアプローチしたんだと思う」

全国霊感商法対策弁護士連絡会 山口広弁護士「ある時、笹川良一さんと児玉誉士夫(戦後最大のフィクサー)さんと岸信介さんと文鮮明(ムンソンミョン)が本栖湖で会った。そこで語り合って勝共連合を作ろうってことになって・・・」

 キーワードは“反共”だった。時代は冷戦時代。ベトナム戦争、安保闘争、あまねく局面で共産主義とそれを撲滅しようとする勢力が対峙していた。かくして1968年“反共の砦”と言われた「国際勝共連合」が生まれた。80年代には勝共連合に名を連ねる国会議員が120人を数えた。

ジャーナリスト 後藤謙次氏「「ある自民党の二世議員に聞いてきたんですが、その議員の祖父も国会議員だったんですが堂々とポスターに勝共連合って入れていたというんです。当時の自民党議員にとっては朝鮮戦争の後でもあるし、勝共連合はシンボルマークのようなもの。その点で当時の議員たちは全く抵抗なく統一教会に感化されていったんですね」

 反共産主義というイデオロギーで日本の保守層に入り込んだ旧統一教会。米FBIは文鮮明に関する報告書の中で「日本の右翼実業家や団体が相当な額の資金を提供している可能性がある」とした。しかし冷戦が終わり共産主義との戦いが影をひそめると、やがて旧統一教会の日本での資金集めはエスカレートし、社会問題となるのである。(TBS22年7月24日)』
 
* * *

 今でも自民党の超保守派や他党も含めて保守度が強い勢力は、共産党を毛嫌いしているし。左派政党を敵視しているので、旧・民主党系の立民党叩きを激化させている上、共産党などとの」共闘を大批判して潰そうとしているのだが。(~_~;)
 
 それこそ1960年代は、ちょうど東西冷戦が緊張を迎えていたし、岸元首相が進めていた日米安保体制や憲法改正に激しく反対する左派勢力が活動していたことから(学生運動も活発だったし)、いかなる手段を使っても、共産主義勢力を潰したいという意向が強く働いたのではないかと察する。
 
 そして、ここから「自民党は教団を選挙で利用する」「教団は日本で自由に活動し、情報や金銭を集める」という相互利用の関係が始まったわけだが。それが、今日まで50年以上続いて、ズブズブの状態になってしまったことを、情けなく、嘆かわしく感じてしまうmewなのである。_(。。)_
 
 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2022-07-25 04:15 | 自民党について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅・維新の立場から、左右ではなく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31