人気ブログランキング | 話題のタグを見る

教団系と「縁が切れない」と地方市議。首長や地方議員と旧統一教会の関係も要チェック


 コロナV拡大で生活や仕事でストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょう! o(^-^)o  
 東日本大震災の被災地、熊本、北海道など全国の震災、豪雨災害の被災地の方々も、一歩一歩着実に復興実現&新たな生活構築を目指してガンバです!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m
<右側の「政治・社会問題」を優先ポチしていただければ、幸いです。>

     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 今日からちょっと夏休みモード。"^_^"

 でも、今年もどこにも行かない。だって、持病があるから・・・コロナ、こわいんだもん。_(。。)_
 
<来週の大井競馬がやりたくて、ちょっと夏休みを後ろにずらしたりして。^^;昔はお盆開催中、3回は現地に行ってたのにな~。(ノ_-。)・・・何でこんなおいしい時に、高知はやらないのかな~。とりあえず、今日の浦和だ!o(^-^)o
 この夏も地方競馬、よろしくお願いしますね。m(__)m 勝手に地方競馬広報係のmew>

 ブログも、ちょっとずつマイペース・モードに移行する予定? <でも、今日はしっかり政治モード。短め!>

* * * * *

 岸田改造内閣の評判は、イマイチのようだ。改造を受けて行なった世論調査でも、内閣支持率は上がらず。むしろ下がっているところもあったりする。^^;
 
 岸田首相は、旧統一教会との関係を点検するって言ってたのに、結局、今回選ばれた閣僚の中に、教団とそれなりに深い関係のある人が8人もいたことが最大の理由だろう。
<国葬の強行、物価高やコロナ対策がダメダメというのも、あるだろうけど。(-_-)>

 岸田首相は、同党の議員を点検と言っていたけど、野党のように、党として全議員を調査をして、結果を発表する気はないようだし。
 自民党の茂木幹事長は、同党の議員教団との関係に関して「これからは関係を持たないということが基本だ」と言っていたけど、それが実行できるのかどうかもわからない。(~_~;)
 
* * * 
 
 それに、来春には統一地方選が行われるわけで。地方の首長や議員と旧統一教会と関係にも目を向けるべきだろう。(**)
 
 ちなみに、おおさか維新は、地方の首長、議員16人が旧統一教会と関係があったとの調査結果を発表。今後は、関係を持たないように指示したとのこと。
 先日も少し書いたように、自民党系の地方の首長、議員も、次々と旧統一教会との関係が発覚したり、自ら告白したりしている人が出ているのだ。(-"-)
  
 9日には、長野市の荻原健司市長がは旧統一教会の関連団体の会合にビデオメッセージを送っていたことを明らかにしていたのだが。旧統一教会が社会的に問題があることは認識していたとのこと。(>_<)

 また、5日には、元衆院議員の帯広市(北海道)の市議が、40年来付き合いのある勝共連合と「一切、縁を切るとは言えない」と発言していたのには驚いた。(゚Д゚)
 
 でも、地方議員の中には、そのような人が少なからずいるかも知れない。(-"-)

<旧統一教会の信者の数はそう多くはないのだけど。地方市議選の場合、数十票とか百票とかの価値が大きいので、小さな団体の票も重要になるので。^^;> 

   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 こちらは萩原市長に関する記事。

『長野市の荻原健司市長は9日の定例記者会見で、市長就任以降、「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)の関連団体が主催するイベントにビデオメッセージを送ったり、賛同者として名前を連ねたりしていたことを明らかにした。
 荻原市長は今年1月に行われた関連団体の会合にビデオメッセージを送り、さらに今年7月に行われた別の関連団体の行事にも賛同者として名前を掲載することを承諾した。

 いずれも市秘書課を通して依頼があり、荻原市長は関連団体であることを認識した上で承諾していた。旧統一教会について「かつて社会問題化したことは承知していたが、最近は事件の情報などには接していなかった」とし、「もっと慎重に判断するべきだった」と述べた。(読売新聞22年8月10日)』
 
* * *

 そして、こちらは帯広市議のトンデモ発言の記事。 
 
<「社会問題化の認識がなかった。本州と北海道の違いではないか」って。北海道にもTV 等で報道されていたはずだし。地元をバカにし過ぎでしょ。(-"-)> 

『元衆院議員の清水誠一・北海道帯広市議(73)=自民党会派=が、40年以上にわたり、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の政治団体「国際勝共連合」と付き合いがあることが明らかになった。清水氏は8月5日、毎日新聞の取材に「(自身の)後援会の入会カードを集めてもらっていた」と述べ、支援を受けた経緯にふれ「一切縁を切ると言う気もない」と話した。

 清水氏は帯広市議、北海道議、衆院議員を歴任し、2022年4月の帯広市議補選で市議に返り咲いている。
 清水氏によると、旧統一教会が反共産主義を掲げて創設した「国際勝共連合」を知ったのは1970年代後半。当時の帯広市長選で自身が支援する候補者の選対の中にメンバーが数人いたという。その後、政治家となり、90年ごろには、自身の後援会の入会カードを集めてもらうこともあった。

 一方で、清水氏は「支援を依頼するのは旧統一教会だけではない」と強調。他に複数の宗教団体の名前を挙げ、「別の宗教団体の方が(関係性が)強かった」と話した。

 旧統一教会をめぐっては80年代以降、不安や恐怖をあおって高額な物品を売りつける「霊感商法」の事件化や、高額献金の強要をめぐる訴訟などで何度も社会問題となってきた。しかし、清水氏は「社会問題化しているということ自体、今まで認識したことがなかった。たぶん、本州と北海道の違いではないか」と語った。これまで関係を絶たなかった理由としては、寄付金や会費を払うなどの対価を求められなかったことや、反共産主義という方向性が一致していたことなどを挙げた。

 安倍晋三元首相が銃撃され死亡した事件を受け、教団側との今後の関係について問われると「一生懸命頑張ってくれている(自身の政治活動などを支援する)ボランティアの人たちがいる。あの人たちも社会を良くしたいと思っているわけであって、今後『あそこの団体と関わる人とは一切縁を切ります』というのは僕の立場では言えないし、言う気もない」と述べた。【後藤豪】(毎日新聞22年8月5日)』
 
 清水氏の話が出て来た勝共連合は、68年に日本に創設されており、中央でも地方でも、かなり自民党+αの政治家や経済会と結びつきが強いと見られている。<近いうちに、この件について書く予定。>
 
 そして、どうかメディアや野党は、国会議員だけでなく、地方の首長や地方議員と旧統一教会との関わりも見逃さないようにと、国民に呼びかけて欲しいと思うmewなのである。(**)
 
 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"




by mew-run7 | 2022-08-12 08:36 | 自民党について | Comments(0)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅・維新の立場から、左右ではなく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7