人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

世襲・岸信千世、家系図を批判されHP閉鎖。野党は平岡で対抗、問題提起を+世フ・宇野も2連覇


 東日本大震災をはじめ全国の自然災害の被災地の方々へ 前向きに新たな生活を送れるようにガンバです。o(^-^)o、災害経験を風化させず、今後の災害対策に活かしましょう!(・・)
 コロナ対策が緩和されますが、油断は禁物です。感染や再拡大を防ぐことを忘れずに、気を付けて行きましょう。"^_^" 

 よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m
<右側の「政治・社会問題」を優先ポチしていただければ、幸いです。>

     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

【世界フィギュア・・・男子は、SP1位だった宇野昌磨(25)が、唯一300点台(301.14点)を出し、女子の坂本花織に続いて、男子初の2連覇を達成した。(*^^)v祝
 SP7位の友野一希(24)は4Tで転倒したものの、他のジャンプは成功。友野らしくリズム感&表現力抜群の演技を見せて、自己ベストをマーク。総合273,41で6位にはいった。
 GPファイナル銀で注目された山本草太は、SP17位からの巻き返しが期待されたのだが。前半に4S転倒などジャンプが冴えず。後半、何とか立て直したものの合計232.39点とベストより50点以上低い点で15位に終わった。(ノ_-。)
 
 正直なところ、宇野が優勝できるのか・・・ちょっとハラハラさせられた。というのも、SP3位・総合2位のチャ(21・韓国)は、フリーでほぼノーミスの演技を行ない196.39という高得点を出して来たし。(宇野は196.51でかろうじてフリーも1位)
 宇野はSPで宇野に4点差の2位につけていたマリニン(17・米)は4Aをおりて、いくつかの4回転で減点をくらったものの、107.08点の高い技術点が出ていたし。(技術点だけで言えば、宇野はマリニン、チャに次いで3位。)宇野が、4Sで大きな減点をくらい4Tー3Tのコンビが4Tー1Tになってしまった時には、「優勝はアブナイかも」と憂慮していたからだ。ただ、さすがエースの貫禄という感じでしっかりレベル4+加点のステップ、スピンで締め、優勝を手にしたのであるが。今後、優勝争いがどんどん激化しそうな予感がした。(@@)<日本にも高得点を狙える鍵山、三浦などがいるしね。>
 
 あと大好きなJブラウン(米)、今季で引退するメッシング(加)のスバラシイ演技が見られたのもよかった。みんな今季もおつかれさま&楽しませてくれて有難う。(^^)】
 
* * * * *

 先週、個人的にかなり嬉しいニュースがあった。(**)
 
 4月23日に行われる山口2区の衆院補選に、元民主党衆院議員&元法相の平岡秀夫氏が出馬することが発表されたからだ。(^^)
 
<mewが最も支持していた議員のひとり。立憲民主党に加わって、議員として加わって欲しかったし。過去に山口2区で当選していたので、この補選に出てくれればいいのにとマジで思っていたので、嬉しかった。"^_^">
 
 山口4区には、旧統一教会の取材で名を馳せた元民主党参院議員のジャーナリスト・有田芳生氏が出ることも決まっている。(・・)
 
 山口2区は、自民党の岸信夫元防相が辞職し、世襲後継者として長男の岸信千世氏が出馬を表明。4区は、安倍晋三元首相が他界したため、安倍夫妻がごひいきにしていたという超保守系の前下関市議の吉田真次氏が出馬することに決まった。
 
 この2つの選挙区は既に当選者が決まっているかのような感じになっていて、野党側からこれぞという強力な対抗馬が出ていなかったのだが。
 ここで旧民主党系の2人が戦いを回避することなく、しっかりと安倍・岸兄弟の政治の問題点をアピールできる対抗馬として立つことには、大きな意義があると思う。(++)
<ただし、平岡氏は無所属で出馬するようだ。共産党が出馬予定の候補をおろし、野党全体で応援できる態勢を作ってくれた。"^_^">

  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

『4月に実施される衆議院山口2区の補欠選挙に、元法務大臣の平岡秀夫氏が無所属で立候補することを20日、正式に表明した。

(平岡秀夫氏)「岸田政権の政治の進め方、あるいは政策の中身が国民本位のものになっていない。同じような思いをしている方々がこの山口2区にも大勢おられるのではないか、そういう人たちの気持ちを反映できるような選挙になっていかなければならない」(略)
 
 平岡氏は岩国市出身の69歳。2000年以降、民主党公認候補として衆議院山口2区と比例中国ブロックで計5回当選し、野田内閣では法務大臣を務めた。現在は弁護士で、立憲民主党山口県連の顧問。

 山口2区内の国政直結の課題については、・台湾有事に備えるための米軍岩国基地の機能強化に反対、・上関原発建設計画についても反対としている。

 3月上旬に立憲民主党本部の幹部から打診を受け出馬を決意したが、立憲民主党が平岡氏を公認候補とすることでまとまらなかったため、無所属での出馬となったという。立憲民主党の一部の県議会議員らが活動を支援する意向。(KRY山口放送23年3月20日)』
 
『会見で平岡氏は「安全保障やエネルギー政策など岸田政権の政治の進め方は国民本位のものとなっていない。同じ思いを持った人が大勢いるはずで、それを反映できる選挙にしなければいけない」と述べました。(NHK23年3月20日)』
  
『4月の衆院山口2区補欠選挙に立候補の意向を示している野党系2人のうち、共産党が新人候補を取り下げる方針を固めた。旧民主党政権で法相を務めた無所属の元衆院議員平岡秀夫氏(69)に一本化し、自民党新人の元衆院議員秘書岸信千世氏(31)との一騎打ちに持ち込む構えだ。共産は平岡氏を自主的に支援する方向。関係者が25日、明らかにした。
 共産は党中央委員会組織局員の石村智子氏(47)を擁立すると発表していた。関係者によると、安全保障関連3文書や、山口県上関町で計画される上関原発建設に反対している点で平岡氏と一致したことを踏まえた。(共同通信23年3月25日)』
 
* * * 
 
 平岡氏は、もともと山口2区の岩国市出身。東大在学中に司法試験に合格。国家公務員試験にも合格し大蔵省の官僚になるも、退官後、弁護士、政治家に。
 保守王国と言われる山口県で、2000年から12年まで(1度、比例重複当選になったけど)5期連続で衆院選に当選していた実績がある。(++)
 
 12年、民主党政権に逆風が吹いていた衆院選で、安倍元首相が参院議員だった実弟の岸信夫氏に鞍替えをさせるため、山口2区から立候補させることを決定。自民党や保守系団体のただならぬ支援もあって、岸信夫氏に負けてしまったのだが。選挙区内には、いまだに平岡氏を師事する人が少なくないときく。<で、立民党山口県連の顧問を務めていた。>
 何故、立民党が党として公認を出さなかったのかは「???」・・・。(-"-)
 
   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 山口2区では、岸信夫氏が病気のため、昨年末で衆院議員を辞職することを示唆。(実際には、今年2月に辞職。)当たり前のように、長男の岸信千世氏(31・元フジTV社員)を後継者にしたいと発表したため、まだ「世襲政治」を続けるのかと、批判が集まった。(・・)
 
 山口県では、岸信介氏が旧山口2区(中選挙区)で1942~43年、53~79年と9期にわたり衆院議員を務め、57~60年には首相に。実弟の佐藤栄作氏も旧山口2区で49~75年まで11期にわたり衆院議員を務め、64年~72年まで首相を務めた。2人は実の兄弟だ。<信介氏は佐藤家から父の生家である岸家に養子に出た。>
 
 その後、岸信介氏の長女・洋子氏が衆院議員の父を持つ安倍晋太郎氏と結婚。安倍晋太郎氏が旧山口1区から出馬し、58~63、67~91年に11期当選。<病に倒れ、首相になれず。>そして、その次男の晋三氏が父を継いで、93年~2022年まで10期連続当選を果たし、12年~20年には首相を務めた。
 で、安倍家の三男として生まれた信夫氏(つまりは晋三氏の実弟)は赤ちゃんの時に子供がいない岸家に養子に出され、04年~12年に参院2期、12年~23年まで山口2区で4期連続当選していた。(@@)

* * *
 
 何故、長々とこんなことを書くかと言えば・・・。山口県の岸・安倍(佐藤)家の支持者の中には、この政治家の家系(首相3人、重要閣僚2人)を自慢に思っている人たちが多いらしいのだ。^^;
 
 それを意識してか、岸信千世氏は、自分の公式HPに、自身のプロフィールとともに、父の信夫氏、伯父の安倍晋三氏、祖父の晋太郎氏、曾祖父の安倍寛氏、岸信介氏、曾祖叔父の佐藤栄作氏の6名の名を記した家系図を掲載したのだが。
 これが世間から「大物政治家の世襲候補であることをアピールしたいのか」と大批判を浴びることに。しかも、親族のうち有名政治家の名しか出していない&女性の名が出ていないことなども批判され、ネットで炎上。結局、HPから削除せざるを得なくなったのである。(~_~;)
 
 しかも、2月下旬に更新されたHPは、TOPが後援会員募集のページになり、住所氏名や生年月日、電話番号などを入力しないと次に進まないページに。現在はアクセスしても、白い画面が出て来るだけで何も閲覧できず。衆院補選の立候補者としての自覚が足りないのではないかと、自民党系支持者からも疑問の声が出ているという。^^;
 
 今月19日には、約100人が出席して、事務所開きが行われたのだが。ここでも。「父の思い、昨年亡くなった伯父(安倍晋三元首相)の思いを背負って、山口県、そして国のために全力で働いて参ります」と世襲アピール。HPが見られないので、何を公約にするのかもわからない状態だ。(>_<)
 
『支援者は補選に向けた会議を開き、目標得票数を12万2900票に設定した。2021年の衆院選で父の岸信夫氏が獲得した10万9914票を上回る』とか。(中国3.11)

 まあ、今でも世襲政治を守らんとする地域は少なからずあるし。たぶん、岸信千世氏が当選する可能性が大きいのだろうけど。簡単には勝たせないぞと。<目指せ、10万票割れ?>
 平岡氏には、世襲政治の問題、米軍も利用する岩国基地の問題、原発新設の問題、さらには岸・安倍家の旧統一教会との関わりの問題などを強く強く訴えて、少しでも岸信千世氏の票数を減らして欲しいと。あわよくば、当選して欲しいと願っているmewなのである。(@_@。
 
 THANKS
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2023-03-26 06:08 | 自民党について

by mew-run7