人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

自民、国会さぼって選挙応援+千葉5区、自民の落下傘女子と立民が接戦&野党分裂が残念


 東日本大震災をはじめ全国の自然災害の被災地の方々へ 前向きに新たな生活を送れるようにガンバです。o(^-^)o、災害経験を風化させず、今後の災害対策に活かしましょう!(・・)
 コロナ対策が緩和されますが、油断は禁物です。感染や再拡大を防ぐことを忘れずに、気を付けて行きましょう。"^_^" 

 よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m
<右側の「政治・社会問題」を優先ポチしていただければ、幸いです。>

     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】 

【ボクシング・・・先日、兄・尚弥が返還したバンタム級4団体統一王座のうちWBAのベルトを、弟・宅真が獲得したという話を書いたのだが。<リレー系のタイトル保持。>
 今度は、ミニマム級で、兄・重岡優大(26)がWBC、弟の銀次朗(23)がIBFの暫定王者戦にそろって同日に勝利して、兄弟王者になった。<尚、兄弟で世界王者になるのは日本勢では亀田3兄弟、井上兄弟に続いて3組目で、同じ日に世界王座に就くのは初めてだ。・・・亀田三兄弟って、いたな~。(・・)>】
 
* * *

 統一地方選もラスト1週間。先月で予算審議が終わったとはいえ、4月にはいっても国会の各委員会は開会している。<自国維がやけに力を入れている憲法審査会もね。^^;>
 
 ところが、自民党の国会議員(首相、閣僚含む)は、国会はそっちのけで、地方選の応援に懸命になっている人が多いようで、欠席や遅刻が多いため定足数を満たさず、審議がストっプしているケースもあるとのこと。
 業を煮やした国対副委員長からお叱りの言葉があったという。<こういうことを、もっとニュースで取り上げるべきだよね~。(・・)>
 
『自民党 盛山正仁 国対副委員長「事務所に電話しても電話も通じないというようなことがございまして、きのうは、例えば某委員会では委員会がストップするというような事態もございまして、ぜひとも委員会に出席するのが基本である、本会議も基本である」

 このように苦言を呈したのは、自民党・国会対策委員会の盛山筆頭副委員長で、委員会や理事会に代理を立てずに欠席や遅刻をする議員が相次いでいると指摘。このために議事進行が止まったり、開催が遅れたりしているとして改善を求めました。(TBS23年4月13日)』
 
『「新人議員は、先輩議員が欠席する委員会の代理出席を頼まれることが多いのですが、同じ日に複数の委員会の差し替え依頼が重なることもある。2012年初当選の“安倍チルドレン”が今では“魔の4回生”で中堅クラスになり、その下の世代は少ないため、1回生は代理出席を掛け持ちして走り回っています。国対から差し替えの依頼が来るケースもある。委員会を滞りなく開催するのが国対の仕事ですから、盛山さんが『事務所に電話しても出ない』と怒るのは分かります。派閥から補選を全力で応援するよう指示が出て、秘書を派遣して選挙区に張り付かせている事務所もあるようです」(自民党若手議員の秘書)

 本会議をサボって選挙応援にかまける議員も少なくない。現在、衆院本会議は新型コロナ対策として、議員をA班とB班に分け、採決以外はどちらかの班のみが出席する体制を継続している。本来は議場に行かない班も事務所のテレビなどで視聴して“出席”することになっているのだが、これ幸いと地元や地方に行ってしまう自民党議員が後を絶たないのだ。

「国会は国権の最高機関であり、唯一の立法機関です。国民の代表として委員会や本会議に出席することは、国会議員として最低限の責務ですよ。派閥の号令で国会をサボって選挙応援なんて、ひと昔前には考えられなかったことです。自民党議員は国会より選挙の方が大事なのでしょう。第2次安倍政権から続く国会軽視がいよいよ極まり、自民党は完全にタガが外れてしまいました」(政治評論家・本澤二郎氏)(日刊ゲンダイ23年4月16日)』



 今回は、千葉5区の衆院補選を取り上げたい。
 
 千葉5区は、もともと自民党の薗浦健太郎衆院議員が5期(通算)で当選していた選挙区。
 薗浦氏は、首相補佐官や副幹事長に起用されるなどして、麻生派のホープと言われていたのだが。昨年、複数の政治資金パーティーで得た収入を政治資金報告書に記載していなかったことが発覚して、議員を辞職。政治資金規正法違反の罪で有罪(罰金刑)判決が出て、3年間の公民権停止になった。(-"-)
 
 今回の衆院補選は、その薗浦氏の辞職を受けて行われるものなのだが。自民党議員が「政治とカネ」の問題で議員辞職しているだけに、もし野党が共闘できれば、勝ちめがあるのではないかと見られていた。(・・)
 
<21年の衆院選では、薗浦氏が111,985票、立民の矢崎堅太郎氏が69,887票、維新の椎木保氏が32,241票、国民党の鴇田敦氏が24,307票。(小数点以下、切り捨て)
 維新の椎木氏は他の選挙区で当選していた元議員で。維新や国民が急にここに候補者を立てたのは、野党票を割って、自民党候補を助けるためではないかというウワサも出ていたらしい。^^;>
 
 そこで、立民党は元県議の矢崎健太郎氏がそれなりに知名度があることから、他の野党との選挙協力を模索していたのだが、維新や国民党が応じず。
 今回、立民の矢崎氏に加えて、維新、国民、共産、政女(+無所属1名)が候補者を擁立したため、乱戦模様になってしまった。(>_<)
 
<自民党新人の英利アルフィヤ氏(34)、国民民主党新人の岡野純子氏(44)、政治家女子48党新人の織田三江氏(41)、立憲民主党新人の矢崎堅太郎氏(55)、日本維新の会新人の岸野智康氏(28)、共産党元職の斉藤和子氏(48)、無所属新人の星健太郎氏(43)の7人が立候補。>
 
* * *

 自民党の千葉県連(特に石井準一参院議員)が千葉県議を擁立しようとしたが、「5区は麻生派の議席だ」と志公会(麻生派)が大反対したとのこと。
 オモテ向きは、公募の形をとったのだが。結局、麻生派の河野太郎氏が連れて来た英利アルフィヤ氏が新たな候補に選ばれた。(・・)
 
<若手を当選させておいて、薗浦氏が公民権停止がとけたら、若手を比例などに回し、薗浦氏を千葉5区に戻そうという考えがあるのでは、という見方も出ていた。

 ちなみに、英利氏は・・・1988年福岡県北九州市出身、米国ジョージタウン大学外交政策学部国際政治学科卒業、ジョージタウン大学外交政策大学院修士課程修了。両親はウイグル自治区出身で1999年に家族で日本に帰化。10歳から中国・上海で生活し、大学院修了後は日本銀行に就職。外務省が若手の日本人を国連に派遣する制度(ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー<JPO>)の試験に合格し、日銀退職に国連職員に。国連退職後、2022年参院選比例代表に出馬(落選)・・・という様々な意味で、スゴイ経歴の持主だ。(@@)
 
  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

『「辞職した薗浦元議員は、麻生さんの腹心中の腹心であり、麻生派の中でも中核を担っていた人物。党本部の中でも、麻生さんに配慮して5区には麻生派の議員を当てる、という雰囲気が当初はあったんです。ただ、どういうわけか県連は公平を期すという意味で公募という形をとった。実に72名の応募があったのですが、県連内では『どうせ出来レース。わざわざ公募する必要があるのか』という不満の声が聞こえてきていました」

千葉県連は2月10日に候補者を10名に絞り、21日に元国連職員・英利アルフィヤ氏(34)の擁立を決定している。選出の背景には、ある大物政治家の存在があったという。

「英利氏を強烈に後押ししたのは、河野太郎デジタル大臣です。米・ジョージタウン大学の後輩にも当たる英利氏を可愛がっているのは党内でも広く知られている。34歳という年齢や国連職員、5ヵ国語を操るという経歴も踏まえて、『国際的に活躍できる人材だ』と手放しに褒めていましたね。他の候補者の名前も挙がっていましたが、最終的には河野さんのゴリ押しで千葉に縁もゆかりもない英利氏に決まった形です」(「 」内は、自民党千葉県連の関係者)』(FRIDAY23年3月6日) 
『昨年の参院選挙では全国比例から出馬した英利氏だが、当選ラインには及ばなかった。経歴抜群の英利氏に期待の声がある一方で、不安視する向きも少なくないという。自民党のベテラン秘書が明かす。

「新疆ウイグル自治区出身の両親を持つ英利氏ですが、政治信条には謎な部分が多い。もともと中国と近い河野太郎さんが強烈にプッシュした、という点も不可解です。一部議員の間では、情報管理の面から擁立を疑問視する声もありました」(同上)』 

 自民党としては、優秀で若い女性候補を出すことで、「政治とカネ」問題のダーティーなイメージを払拭したいという思惑もあったようなのだが。
 経歴を見ればわかるように、英利氏は千葉県とは縁もゆかりもない完全な落下傘候補。やれジョージタウン大学が、国連が日銀がと言われても、ピンと来ない人、特に評価しない有権者も少なくないだろうし。外見が、いわゆるハーフっぽい感じなので、そこに違和感を抱く人もいるというネット情報も・・・。(~_~;)

<この点は、これから日本もスポーツ選手とか一般企業、公務員なんかでも、純日本人っぽくない容姿の人が増えるので、個人的には、あまり違和感や区別意識を抱かず、慣れて行く(自然にとらえて行く)必要があると思う。芸能系は大丈夫なのにね。(・・)>
 
 直近の情勢調査では、『千葉5区は、野党候補が乱立する中、自民英利アルフィヤ氏と立民矢崎堅太郎氏の両新人が競り合う。公募で選ばれた英利氏は自民、公明支持層への浸透を急ぐ。矢崎氏は立民支持層の大半を固め、態度未定の無党派層の支持拡大に懸命。日本維新の会、共産、国民民主の各党は厳しい』という。(時事通信23年4月18日)
 
 う~ん。無党派層や他の野党の票が少しとれれば、立民党の候補が勝てるかも知れないんだけどな~。<世田谷区とか一部地域の首長選では、維新が自民党候補を応援したりして、野党系の候補潰しに必死になっているしな~。(-"-)>
 ・・・と、ついついぼやきたくなってしまうmewなのだった。_(。。)_
 
 THANKS 
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2023-04-19 04:16

by mew-run7