人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

原発処理水放出の時期検討、健康保険証の資格確認書プッシュ型で公明・山口に賛同+棋聖戦


 東日本大震災をはじめ全国の自然災害の被災地の方々へ 前向きに新たな生活を送れるようにガンバです。o(^-^)o、災害経験を風化させず、今後の災害対策に活かしましょう!(・・)
 コロナ対策が緩和されますが、油断は禁物です。感染や再拡大を防ぐことを忘れずに、気を付けて行きましょう。"^_^" 

 よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m
<右側の「政治・社会問題」を優先ポチしていただければ、幸いです。>

     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【将棋・・・3日、棋聖戦第三局(5番勝負)が行われ、藤井聡太七冠(20)が107手で佐々木大輔七段(28)を破り、2勝1敗で大手をかけた。この対局はナマでは見られなかったのだけど、藤井は得意の先手・角換わり。佐々木が右玉に構えたのを見て、藤井がひそかに(?)研究していた九七桂、飛車を8筋に回転させるという技を見せて、周囲をビツクリさせたとのこと。その後は、ひふみんの言葉を借りると「肉を切らせて骨を断つ」戦法と「ぼっち玉」(王が単騎で8筋に)で守り、しっかり押し切った。
 ちなみに佐々木七段は初のタイトル戦で和服が必要になった佐々木は、初戦は師匠・深浦康市九段がかつて羽生善治九段に勝って王位戦をとった時の和服を着ることに。2戦めは高見泰地七段と三枚堂達也七段が贈ってくれた羽織を着用したという。次は佐々木が先手なので、もう1勝してタイに持ち込みたいところ。ガンバ!o(^-^)o】
 
* * * * *

 公明党の山口代表の発言が、注目を浴びている&物議をかもしている。(@@)
 
 一つは、24年に健康保険証を廃止した後に交付する「資格確認書」を、プッシュ型にすべきという提言。

 もう一つは、福島第一原発の原発処理水の放出開始は、海水浴の期間を避けた方がいいという提言だ。
 
 mewは2つとも、至極まっとうな意見だと思う。賛同する!<公明支持者ではないけど。(・・)>
 
* * *

 まずは、「資格確認書」の件を・・・。 
 
『健康保険証がマイナンバーカードに一本化される2024年秋以降、カードを持たない人などに発行される「資格確認書」をめぐり、公明党の山口那津男代表は4日の記者会見で、「積極的にお届けすることも検討していただきたい」と述べた。申請を待たずに発行する「プッシュ型」も検討すべきだと政府に求めた。

 資格確認書は、「マイナ保険証」の利用を希望しない人や申請が難しい高齢者らに対し、健康保険組合などが発行する。取得は申請に基づいて発行し、1年ごとの更新が必要となる。山口氏は会見で「健康保険を利用できない状況は回避すべきだ」と指摘。資格確認書を発行することで、患者が窓口で医療費の「10割負担」とならないよう配慮する必要性に言及した。(野平悠一)(朝日新聞23年7月4日)』 
 
 政府は、24年に健康保険証を廃止した後、本人の申請に基づき1年毎に「資格確認証」を発行すると言っている。しかし、それでは、自力で申請すること自体が困難な人、申請を失念した人などが、本来なら健康保険の負担軽減を受ける資格があるのに、10割負担を強いられることになりかねない。 
  
 mewは、そもそも24年秋に健康法検証を廃止すること自体、やめるべきだと考えているのだが。もし、廃止するのであれば、それに代わる「資格確認書」は、これまでの保険証と同じように(できれば、2年毎に)申請がなくとも、組合の方からプッシュ型で送るようにすべきだと思う。その方が、保険証廃止後のトラブル&国民の負担が大きく減るに違いない。(++)
 
  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 そして、福島原発の原発処理水(いわゆる汚染水)の放出に関する件を・・・。
 
 政府と津京電力はは、まだ時期を明確にしていないものの、今年の夏から福島第一原発の処理水を、海洋に放出する方針を決めている。
 もし夏に海洋放出が始まった場合、福島の夏の海水浴場の利用や9月から始まる底引き漁などが風評被害を受けることを強く懸念。夏の海洋放出に異論を唱えている。(-"-)
 
『公明党の山口那津男代表は2日、東京電力福島第1原発で生じた処理水の海洋放出に関し、「風評を招かないことが大事だ。直前に迫った海水浴シーズンなどは避けた方がいい」と指摘した。
 福島市内で記者団の質問に答えた。政府は「夏ごろ」の放出開始を目指している。

 山口氏は「タイミングは政府として慎重に対応してもらう。まずは国民と国際社会に対し、安全性を丁寧に説明して(理解の)浸透を図っていただきたい」と求めた。地元漁業者が依然反発していることに関しても「慌てないで説明を尽くしてほしい」と語った。(時事通信23年7月3日)』  

『公明党・山口代表:「風評を招かないということが大事でありますし、IAEAなど国際機関の客観的な説明を普及していく、浸透させていくということが重要でありますから直近に迫った海水浴シーズンなどは、避けたほうがよいのではないかと思います。(海開きなど)そのシーズンにわざわざ開始する理由も特にないと私は思っていますけど、ぜひその点をぜひ考慮した上で、政府として慎重に対応していただきたい」
 福島県いわき市の薄磯海水浴場。2022年は約9万2000人が訪れた人気の海水浴場だ。(FTV23年7月3日)』
 
* * *

 福島県には、多数の海水浴場やサーフィンに適したビーチがあり、夏には地元の人だけでなく、他県からも観光客が訪れる。今年はようやくコロナ禍が明けたこともあり、地元の関係者は多くの来客を期待している。(・・)
 
 また福島県では、9月1日から底引き網が解禁になる。さらに、今年9月には、原発事故が起きて以降初めて沖合底引き網船の漁を再開することが決まっている。 福島の漁業は原発事故のため、壊滅的な打撃を受けたものの、10年以上を経て、ようやく少しずつ漁獲高、売り上げが回復して来た。
 
 しかし、もし原発処理水が放出されてニュースで取り上げられたら、また風評被害によって来場者が減少したり、福島でとれた魚の買い控え、食べ控えが増えたりするおそれが大きい。(-"-)
   
 地元の関係者の中には、せめて重要な時期となる夏or9月前に、原発処理水の放出を始めるのはやめて欲しいというのが正直な気持ちだろう。(**)
 
  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 しかし、政府は、着々とこの夏の処理水放出の準備を始めている。(@@)
 
 昨日4日には、国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長が日本で会見を行ない、「処理水の放出による人や環境への放射線の影響は、ごくわずかで無視できるレベル」「処理水の放出計画は国際的な基準に準拠している」とする調査報告を発表。
 岸田首相はその包括報告書を事務局長から受け取り、IAEAのお墨付きを得る形を作った。^^; (関連記事・*1に)
 
 そんな中、山口代表がこのような発言をしたことで、逆に原発処理水放出への注目が集まったり、処理水が危険であるかのような印象を与えたりして(余計に中国や韓国が処理水が危険だと騒ぐし?)、風評被害を助長するのではないかという批判の声が出ているという。(-"-)
 
* * * 
 
『「科学的に認識の間違った発信を与党の代表が行うことで、あらぬ風評被害が広がる恐れがある。極めて不見識だ」。処理水を巡る風評被害の払拭に取り組んできた日本維新の会の藤田文武幹事長は3日、産経新聞の取材にこう語った。・・・
 山口氏の発言には「このような発言が風評被害を生み出す」(維新の柳ケ瀬裕文 総務会長の2日のツイッター)などと批判が相次いでいた。(産経新聞23年7月3日)』

『佐藤正久元外務副大臣は3日、ツイッターで「風評被害を招くだけでなく、(海洋放出を批判する)中国や韓国野党にも塩を送る発言。全く科学的でない」と指摘した。原子力政策に詳しい自民の中堅議員は3日、「与党幹部が言うべき発言ではない。むしろ自信を持って『放出すべきだ』と言って当たり前だ。自ら風評を招きかねず、残念だ」と語った。(同上)』

『共産党の小池晃書記局長は3日の記者会見で(略)、「結局、安全ではない、問題があると認めることになるのではないか。汚染水(処理水)の放出そのものをやめるべきだ」と強調した。「与党が混迷している」とも述べた。(同上)』

『日本商工会議所の小林健会頭は4日、東京電力福島第1原発で生じた処理水の海洋放出について、「科学的に言えば全く問題ないものなので、処理水は放出すべきだと思う」と述べた。(時事通信23年7月4日)』

* * *
 
 山口代表はこのような批判を受けて『「処理水放出の科学的根拠に基づいた客観的な安全性の周知徹底を図る時間の余裕ということ」であり、「政府として適切なタイミングで判断していただきたいという趣旨を申し上げた」として、処理水が危険であるという認識は「全くありません」と強調した。
 そして「国内はもちろん、国際社会に対しても周知していく努力が必要」と政府に安全性についてのさらなる発信を求めた』という。(FNN23年7月4日)

 政府与党や経済界は、何事もなかったかのように「そ~っと」処理水放出を始めたかったのかも知れないが。そんな都合のいいようには行かないんだからね。(-"-)
 それに、山口代表の発言に対し、逆に「風評被害になる」「中韓が云々」などと(一部の保守系はさも非国民であるかのように)批判するから、却ってコトが大きくなって、さらなる風評被害につながるのでは思ってしまうところがある。(~_~;)

 それよりも政府与党として、「確かに、この夏は放水開始の時期としてよくない」「地元の不安を助長する可能性が大きい」と素直に受け止めて、放水開始の時期を再検討する&もっと国内外に向けて安全性周知に努めるようにするのが、望ましいあり方なのではないかと思うmewなのだった。(@_@。
 
 THANKS
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"





処理水放出の影響「無視できるレベル」、IAEAが報告書…岸田首相「国内外に丁寧に説明」
7/4(火) 23:37配信

読売新聞オンライン

 岸田首相は4日、国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシ事務局長と首相官邸で会談し、東京電力福島第一原子力発電所の「処理水」を巡り、海洋放出の安全性に対する評価を含む包括報告書を受け取った。IAEAは同日、報告書を公表し、「国際的な安全基準に合致している」と放出の妥当性を認めた。これを踏まえ、首相は「夏頃」とする放出時期を最終判断する方針だ。

 首相は報告書を受け取った後、記者団に「引き続き科学的根拠に基づいて、国の内外に対して高い透明性をもって丁寧に説明を行っていきたい」と述べた。

 IAEAは報告書で、処理水の放出による人や環境への放射線の影響について、「無視できるレベル」と評価した。基準を超える濃度の処理水の流出を避けるための放出設備の設計・安全管理や、原子力規制委員会の対応も適切と判断した。

 グロッシ氏は報告書の公表後、東京都内で記者会見し、「処理水の放出計画は国際的な基準に準拠している。海洋放出は中国や韓国、米国、フランスなど多くの国が行っている。我々は報告書の内容に強い自信を持っている」と語った。

 処理水は、汚染水を多核種除去設備(ALPS=アルプス)で浄化処理し、トリチウム(三重水素)以外の放射性物質の大部分を取り除いた水だ。福島第一原発の貯蔵タンクで保管されているが、来年前半にはタンクが満杯になる見通しで、廃炉作業に支障をきたす。

 政府は2021年4月、処理水を海洋放出する方針を決定し、IAEAに安全性に関する調査を要請した。IAEAは、中国や韓国を含む11か国の専門家らでつくる調査団を日本に派遣し、現地調査などを進めてきた。

 東電の計画では、処理水は大量の海水で100倍以上に薄め、トリチウム濃度を国の排出基準の40分の1未満にする。その上で沖合1キロ・メートルの海底トンネルの先端から放出する。放出期間は30年程度に及ぶ見通しだ。

 放出設備の工事は6月26日に完了した。原子力規制委員会は今週中にも原子炉等規制法に基づく使用前検査の終了証を交付する予定で、放出に向けた設備上の準備は全て整う。

政府は報告書の内容を関係国に説明して安全性をアピールし、放出に向けた環境整備につなげる考えだ。

 ◆IAEA=原子力の軍事利用を防止して平和利用を促進することを目的に、1957年に設置された国連の関連機関。本部はオーストリアのウィーンで、2023年1月時点で日欧米や中国など176か国が加盟する。

by mew-run7 | 2023-07-05 06:42 | 政治・社会一般

by mew-run7