人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

大阪万博、外国Pの建築申請がゼロ。運営費用が高騰で入場料もアップ、誤算続く+棋聖戦


 東日本大震災をはじめ全国の自然災害の被災地の方々へ 前向きに新たな生活を送れるようにガンバです。o(^-^)o、災害経験を風化させず、今後の災害対策に活かしましょう!(・・)
 コロナ対策が緩和されますが、油断は禁物です。感染や再拡大を防ぐことを忘れずに、気を付けて行きましょう。"^_^" 

 よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】 


【将棋・・・棋聖戦第4局が行われ、藤井聡太七冠(20)が佐々木大地七段(28)に84手で勝ち、20代最後の日に勝利し、3勝1敗でタイトル4連覇を果たした。(*^^)v祝
 第4局は、佐々木七段の先手、得意の相掛かりでスタート。今日は忙しくて、中継を(しかも、ほとんどAI評価を)覗くだけだったのだが、中盤過ぎに佐々木が85、藤井が15になっていたので、これは行けそうだと期待したのだけど。夜、先にネット記事のタイトルで藤井が勝ったことを知り、「え~?」って。ざざっと中盤から終盤の棋譜+AI評価を追ったら、一手で藤井が15→85に逆転していたです。(@@)<香車の難しさ、合駒する歩の大事さなどを実感。>
 この2人はまだ王位戦でも対戦中。次局での佐々木の奮闘に期待。o(^-^)o
  
* * * * * 

 25年4月から開かれる予定の大阪万博の開催が危ぶまれている。^^;
 
 大阪万博は、歴代の維新代表・大阪府知事・大阪市長である橋下徹、松井一郎、吉村洋文氏らと安倍ー菅政権が協力して誘致をし、大阪や日本の経済再生の象徴にしたかったビッグ・イベントだで、世界の153の国や地域が参加する予定になっている。
 
<安倍元首相&周辺は、東京五輪、大阪万博、札幌五輪など、自分が青少年期に戦後日本の再興、経済成長の象徴になったイベントを再現すれば、国民や青少年も未来に期待を持てるようになると、意欲を示していたのよね。>
 
 ところが、参加国のうち50カ国は、自国でパビリオンを建設することになっているのに、いまだに海外パビリオンの建設申請がゼロだというのである。(゚Д゚)

 当初の計画では23年春には建築が始まっている予定だっただけに、さすがに吉村大阪府知事も懸念を示しているという。(-"-)
 
 困った万博協会は、参加国側に代わって建設を発注する「建設代行」を行なうことを検討し始めたようなのだが。費用負担や建築契約のトラブルが起きるおそれもあるし、日本が各国のパビリオンを建築してまで万博を開催すべきなのかと疑問の声が出ている。(-"-)
 
 さらに、運営費が増額しそうなことから、万博の入場料も予定額より25%増。入場者の見込みの数もあげざるを得ないなど、誤算が続いているという。(・・)
 
* * *

【2025年大阪・関西万博の会場整備が遅れている。開幕まで2年を切る中、海外の国・地域が自前で出展するパビリオンの建設に必要な申請が12日現在、大阪市に一件も出されていないのだ。背景には人材不足や資材の高騰などで、国内の建設業者との契約が進んでいない現状がある。
 国は外交ルートを通じて対象国にデザインの簡素化や予算の増額を要請、建設業界には協力を依頼した。万博を運営する日本国際博覧会協会(万博協会)もスピードアップを図るため、対象国に建設の代行を打診するなど異例の事態となっている。

「参加国のパビリオン建設が開幕までに間に合わない場合には、国際博覧会として成立しなくなることが危惧されます」
 6月末、国が建設業の関連団体に協力を要請した文書には厳しい言葉が並ぶ。国や万博協会が近く直接説明に出向く、ともあり、強い危機感がうかがえる。(毎日新聞23年7月12日)』
 
  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

『問題となっているのは、オランダ、ドイツ、スイスなど約50の国や地域の出展が見込まれるタイプAだ。この場合、各国が建設業者と契約を交わし、大阪市に「仮設建築物許可」を申請する必要があるという。協会は当初、24年7月までに建設工事を終え、25年1月に内装も含めて完成させる日程を想定していた。しかし、現状は海外パビリオンに関する申請はゼロ。前段階で提出が求められる「基本計画」も出ていないという。

 「本当に(建設が)間に合うのか」。日本建設業連合会の宮本洋一会長(清水建設会長)は6月22日の記者会見で、着工遅れに強い懸念を示した。会場予定地が人工島でアクセスが限られるため、資材運搬などで問題が生じかねないと指摘し、「前の(大阪)万博と同じように考えてもらっては困ると言ってきたが、今はこんな状態だ。非常に心配している」と語った。(同上)』
 
『大阪・関西万博に向け企業パビリオンなどの建設開始が報じられる中、懸念もささやかれ始めています。

【吉村知事】「このままだと非常に遅れが生じる懸念が少し前からありましたので。・国・博覧会協会、みなが連携して協力しながら、開催国に対してサポートや働き掛けをして期間内にそれぞれのパビリオンが完成するように進めていきたい」(テレビ大阪23年7月12日)』

* * *

『2025年4月開幕の大阪・関西万博に参加する国・地域の建てるパビリオンの建設申請が1件もない問題で、万博を準備する日本国際博覧会協会(万博協会)が13日会見を開き、石毛博行事務総長は参加国のかわりに発注を代行する選択肢を示したと認めた。一方で、費用負担については明言を避けた。日本側が負担する可能性もある。(略)

 パビリオンによっては建設に1年半ほどかかるとの見方もあり、多くの関係者には焦りの色が見える。経済産業省が6月下旬に国土交通省に協力を要請した際の文書にも、「国内施工事業者との契約が進んでいない状況にある。開幕までに間に合わない場合には、万博が成立しなくなることが危惧される」とある。

 石毛氏は、協会が7日に参加国・地域向けに説明会を開催し、デザインの簡素化による工期の短縮、簡易な工法への切り替えのほか、協会による建設会社への発注代行を選択肢として示したことを認めた。石毛氏は「そういう案を出さないといけなくなったのは、ちょっと残念」とした。(朝日新聞23年7月13日)』
 
『記者会見で、開催時期の延期の可能性を問われた岡田万博相は、「参加国と施工事業者の双方から話を聞き、建設の加速化を図っている」と説明し、「現時点で万博の開催を遅らせるとの考えは持っていない」と強調した。(毎日新聞FNN23年7月14日) 
 
  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 大阪万博の入場料金が予定より高額になったことも、問題視されている。

『大阪・関西万博(2025年4月13日~10月13日 184日間)の基本入場料金について、大人7500円(開幕後・1日券)などとすることが正式に決まった。政府が6月30日、運営主体の日本国際博覧会協会の価格案を了承した。

 開幕後(会期中)販売の「1日券」は▼大人7500円▼中人(12~17歳)4200円▼小人(4~11歳)1800円。
■平日午前11時以降に限定した「平日券」は▼大人6000円▼中人(12~17歳)3500円▼小人(4~11歳)1500円 (ラジオ関西23年6月3日)』

 日本政府が予定額として申請していたのは、大人・約5000円だったという。
 
『日本政府が2019年12月に博覧会国際事務局(BIE / 本部・パリ)に提出した登録申請書には、入場券の想定価格を44ドル(当時のレートで約5000円)と記載しており、当初の想定より5割程度高くなった。2005年に開催された愛知万博の入場料は大人4600円で、約6割アップする。2021~22年のドバイ万博は約3000円だった。(ラジオ関西23年6月15日)』 

 まあ、ディズニーランドやユニバーサル・スタジオの費用も高額ではあるが。大阪万博では、何分にも153カ国のパビリオンがあるし、アトラクションやイベントもあるとなれば、1日ではほとんど楽しむことができまい。(~_~;)
<入場してから、どれくらい費用がかかるのかも「???」だしね。>

* * *

『大阪万博をめぐっては誤算が相次いでいる。

「運営費は当初809億円と想定していましたが、物価高や警備強化の影響で500億円も上ぶれ、およそ1300億円まで増える見通しです。

 入場料については、政府が2019年にパリの博覧会国際事務局に申請した際は44ドル(当時のレートで約5000円)と記載していました。ですが、運営費の高騰で大人7500円に引き上げました。

 来場者数は当初から2820万人を想定していますが、入場料を7500円に値上げした場合でも、なぜか3036万人が来場し、1253億円の収入を見込んでいます。

 7月6日には、関西の有力企業で構成する関西経済連合会が、加盟企業に、1社あたり15~20万枚の前売り券を購入するよう求めていることが報じられました。前売り券は大人6000円で、購入額は1社あたり約9~12億円。所属する企業17社それぞれが購入すれば、合計額は150~200億円になります」(経済担当記者)(略)
  
 万博施設の建設費は、政府と大阪府・市、経済界が3分の1ずつ負担する仕組みです。当初の1250億円から600億円上ぶれし、1850億円とされた建設費ですが、日本側がパビリオンの一部を建設代行すれば、公費負担がさらに膨らむ可能性があります」(同)(FLASH23年7月10日)』
 
 これは大阪府、大阪市だけでなく国も絡んで(=国民の税金も絡んで)いる事業ゆえ、メディアは都合の悪い事実も含め、もっと国民に実態を伝える必要があると思うし。
 もし必要であれば(国民に多大な負担を強いることになるようなら)、国も大阪も、開催の延期、中止の決断もすべきではないかと思うmewなのである。(@_@。
 
 THANKS 
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2023-07-19 02:45 | 政治・社会一般

by mew-run7