人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

自民5派閥を特捜が捜査。4千万円の政治資金を過少記載+高市vs.安倍派のバトル勃発


 東日本大震災をはじめ全国の自然災害の被災地の方々へ 前向きに新たな生活を送れるようにガンバです。o(^-^)o、災害経験を風化させず、今後の災害対策に活かしましょう!(・・)
 コロナ対策が緩和されますが、油断は禁物です。感染や再拡大を防ぐことを忘れずに、気を付けて行きましょう。"^_^" 

 よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】 

『 

 自民党に大きな問題が判明した。5つ派閥の政治団体が政治資金パーティーの収入を政治資金収支報告書に計約4千万円分を過少記載していた疑いで、東京地検特捜部が捜査を始めたことがわかった。(@@)
 
 自民党は、ただでさえ岸田内閣の支持率低下に引きずられて、地方選でもなかなか勝てず困っている感じがあるのだが。これも大きな痛手になるかも。^^;
 
 5派閥の中では、安倍派がダントツ1位で1900万円の過小記載。議員数が多いこともあってか、2位の二階派の2倍もある。(・・)
 
<尚、今回、問題とされているのは、18~21年分の収支報告書なので、ほぼ安倍、菅総裁だった頃のことなのだけど。でも、きっと岸田総裁の責任はって話になっちゃうんでしょうね。ちょっと可哀相かも。(~_~;)>
 。
* * * 
 
『自民5派閥の過少記載を捜査 パーティー収入4千万円、特捜部

 自民党5派閥の政治団体が政治資金パーティーの収入を2018~21年分の政治資金収支報告書に計約4千万円分を過少記載したとする告発状を受け、東京地検特捜部が派閥の担当者らを任意で事情聴取していることが18日、関係者への取材で分かった。告発状の容疑は政治資金規正法違反(不記載・虚偽記入)。特捜部は担当者らから経緯を確認し、違法性の有無を判断する。5派閥は今月、取材に「事実を確認し適切に対応する」と文書で回答した。

 国会では20日から23年度補正予算案の審議が始まる。野党は自民党の不透明な「政治とカネ」の問題を厳しく追及する構えだ。

 各団体の当時の会計責任者らに対する告発状を東京地検に提出したのは神戸学院大の上脇博之教授。会計責任者らは政治団体などに販売したパーティー券の収入を記載しないなどした疑いがあるとしている。

 過少記載額は清和政策研究会(安倍派)が約1900万円、志帥会(二階派)が約950万円、平成研究会(茂木派)が約600万円、志公会(麻生派)が約400万円、宏池会(岸田派)が約200万円としている。(共同通信23年11月18日)』
 
『政治資金規正法は政治資金パーティーで20万円を超える支出をした個人や団体について、名前や金額を記載するよう義務付けていますが、その記載がなかったということです。(ANN23年11月18日)』

  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 話は変わって・・・。16日の『高市、超保守議連立ち上げ。総裁選の基盤づくりか』の続報を・・・。
 
 15日に高市早苗経済安全保障担当大臣が、党内で「『日本のチカラ』研究会」なる新たな超保守議連を立ち上げ、勉強会を開催したら13人しか参加していなかった(しょぼっ)という話を書いたのだが。

 謹んで補正をしたい。高市氏いわく、同議連には「45人」も入会者がいたという。(~_~;) 

<ただ勉強会の参加者の多くが派閥横断の超保守議連「日本の尊厳と国益を護る会」(安倍ブレーンだった青山繁晴氏が会長)のメンバーであったことを考えると、入会者もそうかも。尚、この会のメンバーには安倍派議員も結構いる。>
 
『高市早苗経済安全保障担当相は17日の記者会見で、15日に初会合を開いた自民党内の勉強会「『日本のチカラ』研究会」について、入会者が45人にのぼったと明らかにした。(略)
 同勉強会をめぐっては、高市氏の自民党総裁選出馬を見据えた足場づくりだとの受け止めが広がっている(産経新聞23年11月17日)』

* * *

 この高市氏の勉強会に関して、清和会(安倍派)幹部から疑問を呈する声が出て、プチ・バトルが交わされている。(@@) 
 
『自民党安倍派の塩谷立座長は16日の派閥会合後、内閣支持率が低迷する中で保守系議員を集めた勉強会を発足させた高市早苗経済安全保障担当相を牽制した。来年9月の党総裁選を念頭に「政局につなげる意図があると、おかしな方向に行く」と記者団に語った。(産経新聞23年11月16日)』

『世耕参院幹事長は17日の会見で「現職閣僚がこういう形で勉強会を立ち上げるのは、私はいかがなものかと思っている」と苦言を呈しました。(TBS11.17)』

* * *

 これに対し、今度は高市氏が17日のXで『議員連盟「日本のチカラ」研究会に参加した事で、散々叩かれています。(略)現職閣僚が担務外の政策を同僚議員と一緒に勉強する事の何が悪いのか、意味が分からん。』と不満をあらわに。
 
『テレビ番組で政府与党の批判をしたり、本会議場で総理の批判をされた方々に、まるで私が謀反を起こしたかの様な発言をして頂きたくはありません』と反論した。
  
<「本会議場で総理の批判をされた方々」は、国会の代表質問で岸田批判をした世耕参院幹事長のことを指していると思われる。^^; 関連記事・10月26日『岸田に、安倍派の厳しい圧力がけ。』>  
  
  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 安倍派の中には、高市氏のことを快く思っていない人が少なからずいるのだ。(-"-)
 
 高市氏はもともと清和会に所属していたのだが、11年に離脱した。その理由は「(当時の)会長の町村信孝氏ではなく、安倍晋三氏の総裁選出馬を支援したいから」というもの。
 当時、清和会には安倍氏を支援したいけど、オモテだった動きはがまんしていた議員が少なからずいたため、彼らからみると高市氏は、派閥の事情や協調を考えず、自分だけ好き勝手な動きをするプチ裏切り者っぽいところがあったのだ。<まあ、ある意味では安倍氏も清和会(町村派)の裏切り者なのだが。(~_~;)>
 
 結局、高市氏は12年の総裁選で安倍氏の推薦人になって、総理総裁復帰に貢献。その後、ずっと党三役や閣僚などに重用されていた。
 しかも、21年の総裁選では、清和会の中にも下村博文氏や稲田朋美氏など出馬の準備を進めていた人がいたのに、安倍氏は彼らの出馬には同調せず。何と派閥を出て行った高市氏の出馬を支援。(推薦人集めから選挙活動、資金面まで全面援助。)清和会の議員にも高市氏に投票するように呼びかけていたという。(-"-)
 
 清和会(この時は細田派)はこの時、岸田文雄氏を支持し(一部、高市氏に投票した議員あり)、高市氏は総裁選は3位で落選したのだが。
 高市氏は、安倍氏のバックップを失ったものの、自分が安倍氏の後継者だとして、また総裁選出馬を考え、自分の勉強会に清和会(安倍派)の議員まで巻き込んでいることから、幹部はますます不快に思っているのである。
 
 清和会にも萩生田光一氏など「我こそが安倍氏の後継者」だと自負している人が何人かいるのだが。なかなか新会長も決められず、派閥として「これぞ」という総裁選候補を確立できずにいることから、ますますイラ立ちが募っているのかも知れない。^^;
 
 もし清和会が高市氏支援に乗るようなことがあれば、コワイのであるが。ここから「高市潰し」に出て、バトルが激化する可能性の方が大きいようにも思われ・・・。アンチ高市&安倍派(超保守系)として、両者の対立につい注目してしまうmewなのだった。(@@)
 
 THANKS
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2023-11-20 10:00 | 自民党について

by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31