人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

維新がついに審議拒否?政倫審開催を求めて野党が圧力+二階の書籍代のトンデモ内訳+雲取賞


 これは2月15日、1本めの記事です。(2本め、あり)

 能登半島震災の被災者の方々にお見舞いを申し上げます。
 東日本大震災をはじめ全国の自然災害の被災地の方々へ 前向きに新たな生活を送れるようにガンバです。o(^-^)o、災害経験を風化させず、今後の災害対策に活かしましょう!(・・)
 重症化リスクのある人は、コロナ、インフルも油断しないようにしましょう。"^_^" 

 よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【地方競馬・・・昨日、太井競馬でダートクラシック前哨戦の雲取賞が行われ、JRAで3番人気のブルーサンwith和田が優勝。(*^^)v祝 mew応援の白毛馬・JRAのアマンテビアンコはスタートで大きく躓きながらも、最後に追い上げて2位に。そして、3位に地元太井のサントノーレがはいった。(川崎2歳優駿も3位だったし。期待大。)
 ただ、去年も書いたように、今年から南関クラシックが廃止されて、JRAも込みのダート・クラシック路線になったのは、やはり納得行かない。南関ファンとしては、せめて南関ダービーは残して欲しい。あと雲取賞などにまでJRA馬が出るのはいかがなものかと。南関3歳重賞を地元馬が狙うのが困難になると、南関馬を応援する者も(たぶん馬の関係者も)意欲が薄れる人がいるかも、と懸念してしまうmewなのだった。(-"-)】

* * * * *

 昨日14日、衆院予算委員会で政治資金問題に関する集中審議が開かれた。(・・)
 
 野党側は、政府与党に政倫審(政治倫理審査委員会)を開催し、安倍派幹部や二階俊博氏が出席して、説明することを強く求めている。
 岸田首相は、今年度の予算審議の日程を早く進めたいこともあって、政倫審の開催に前向きな姿勢を示しているものの、安倍派幹部や二階氏の出席に関しては、「促す」としか言うことができず。苦しいところ。^^;
 
 そんな中、何と維新の会が、もし政倫審が開催されない場合、予算審議に欠席する可能性を示唆。国民党も賛同しているようだ。(@@)

<「ゆ・よ党」の維新、国民は、立民党が審議拒否をする姿勢を示すと、「野党の審議拒否は無責任、無意味」とか批判していたのに・・・。^^;>

『岸田文雄首相は、自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を受け、衆院政治倫理審査会の開催を調整するよう党幹部に指示した。焦点の安倍派「5人組」らの意向を確認した上で、出席者を詰める。関係者が14日、明らかにした。同日の衆院予算委員会では、裏金に関わった議員を巡り「自ら説明責任を果たすよう促す。説明責任のありようを踏まえ、政治責任や処分を党として考えていく」と表明。ただ安倍派幹部らの出席を巡る与党内調整は難航しており、曲折が予想される。

 与野党は衆院政倫審の幹事懇談会を16日に開く方向で調整に入った。野党の開催要求を受け対応を協議するとみられる。野党は政倫審が開かれれば、裏金の使途について徹底追及する。

 予算委で立憲民主党の大西健介氏は「次の選挙で公認しないぐらいの厳しい態度で出席を促すべきだ」と主張。5人組らが出席しない場合、2024年度予算案審議日程に重大な影響が出るとけん制。日本維新の会や国民民主党幹部も、政倫審を開かなければ予算案審議を拒否する可能性に言及していた。(共同通信24年2月14日)』
 
* * * * *

 維新が審議拒否をすると言い出したことには、チョット驚いた。(@@)
 
 維新のスタンスが良識的過ぎるからなめられるので、審議拒否のような醜いこともしなければいけない時があるらしい。^^; <スタンスが良心的過ぎる=与党に寄り過ぎる&利用されている、ってことかな。(・・)>
 
『政治とカネの問題をめぐり、14日、日本維新の会の馬場代表ら幹部が、政治倫理審査会(政倫審)が開催されない場合、予算審議に応じない可能性に言及した。

政倫審について、維新を含む野党側は、安倍派・二階派の幹部らが出席して、派閥の政治資金問題について説明するよう求めているが、維新は従来、審議拒否の国会戦略に対し、批判的な立場をとっていた。

しかし、維新の遠藤国対委員長は、記者団に対し、「(自民が)何もして来ない状況で、今まで通り審議するのは厳しい。珍しくわれわれも、ここは腹をくくってやろうと思う」と述べ、「いつもとは違う対応」を示唆。

さらに役員会では、馬場代表が、「前に進む気配がない。わが党は、今までそういったこと(審議拒否)はしなかったが、予算審議に応じることが非常に難しい状況を迎える」と語った。

役員会後の記者会見で藤田幹事長は、馬場代表から「今まで審議拒否のような醜いことはやってこなかったが、そのあたりも含めて対応しないといけないという方針が示された」と明かした。

藤田氏は、自民党に対し「維新のスタンスが良識的過ぎるからと、なめているところがあったら困る」とけん制した。

野党では、審議拒否に否定的だった国民民主党の玉木代表も、12日、「(政倫審を)やらなければ、本当に予算委員会の審議も止まってしまうぐらい、重大な局面を迎えているのではないか」と述べていた。(FNN24年2月15日)』

 維新と国民党が、審議拒否の重要性を理解してくれたのは、よかった。(・・)
 他にも、連座制など自民党が抵抗しそうなことがあるので、いざという時には、「野党」として立民党などと一緒に政府与党に圧力をかけて欲しい。(++)
 
  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 話は変わって、二階俊博前幹事長が訂正した収支報告書で、20~22年の3年の間に、書籍代を計3472万円も支出していることが判明。
 国会でも、「こんなに書籍を買うのか」と話題になっていたのだが。昨日、二階氏の事務所が、書籍代の内訳を公表した。(領収書や銀行の振込明細なども添付してたとか。)
 
『購入した書籍名、著者、冊数、購入金額は次の通り。敬称略。

 ▽冤罪、石井一、300冊、46万2000円▽グリーンの上の政治家たち、石井一、300冊、46万2000円▽つくられた最長政権、石井一、300冊、46万2000円▽Monthly Koron(月刊公論)2020年2月号、大仲吉一、2000冊、186万6000円▽月刊日本2020年8月号、3000冊、234万円▽二階俊博の政界戦国秘録⑤、大下英治、500冊、34万1000円▽二階俊博幹事長論、森田実、300冊、30万880円▽小池百合子の大義と共感、大下英治、3000冊、396万円▽内閣官房長官、大下英治、2000冊、156万8600円▽ナンバー2の美学 二階俊博の本心、大仲吉一、5000冊、1045万円▽地元メディアが見た二階俊博 力の源泉、中村栄三、3000冊、275万円▽最長幹事長、大下英治、3000冊、231万円▽政権奪取秘史 二階幹事長・菅総理と田中角栄、大下英治、3000冊、475万2000円▽新しい「日本の歩き方」、山谷えり子、1000冊、154万円▽自民党幹事長 二階俊博伝、大下英治、300冊、44万8800円▽内閣総理大臣(MdN新書)、大下英治、500冊、39万2150円▽自治体の元気印レシピ、松浪健四郎、200冊、31万7200円。

 公表した文書によると、書籍購入に関して、一つ目のケースとして、「議員活動としての政策広報のための支出で、二階氏が推進する国土強靱(きょうじん)化、観光立国などの政策広報や政治活動を紹介することを目的として出版した書籍の費用」であり、「出版社(作家)より出版構想、最低買い取り数量を提案され購入した」と説明した。

 二つ目のケースとしては、「政策広報のため与野党の政治家や関係者より著書を紹介されまとめて購入した書籍の費用」だと記載した。「選挙区外の行政や議会関係者、その他、関連する政策を進める関係者」らに配布。出版記念会を開いて配布する予定もあったが、「新型コロナウイルス感染予防の観点から開催に至らなかった」としている。(毎日新聞24年2月14日)』
 
 う~ん。要は、自分について書いてもらった書籍を自分で多数購入して、政策広報のため配ると。<著者にもお金がはいるしね。まとまった部数を買う約束で出版してもらうケースがある。半分、自費出版みたいな感じ?>
 あとお付き合いで、関係者の書籍も多数買ってあげると。<小池百合子氏とは懇意だし。二階氏が国会に呼び戻すといウワサも。^^;>
 
 問題は、このような経費の使い方は、本当に政策活動にかなうものと言えるのかということなのだが。<国民の税金もはいっているんだからね。>
 
 ただ、今回の件を機に、こういう国会議員の一般人の常識とはかけ離れたヒドイお金の使い方が、どんどんと公になって行くのはいいことだと思うし、もっと様々な問題が、国会やメディアで明るみに出るといいな~と期待しているmewなのである。(@_@。
 
 THANKS 
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2024-02-15 08:57 | 自民党について

by mew-run7