人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

ネトウヨの生みの親、自民ネット戦略担当だった世耕。無所属で衆院選に出馬か+山本初勝利

  

 能登半島震災の被災者の方々にお見舞いを申し上げます。
 東日本大震災をはじめ全国の自然災害の被災地の方々へ 前向きに新たな生活を送れるようにガンバです。o(^-^)o、災害経験を風化させず、今後の災害対策に活かしましょう!(・・)
 重症化リスクのある人は、コロナ、インフルも油断しないようにしましょう。"^_^" 

 よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【MLB・・・今年、ドジャーズに移籍した山本由伸投手が、7日のカブス戦で5回80球3安打8三振2四球無失点の好投でMLBでの初勝利を挙げた。(*^^)v祝
 山本は1回にいきなりノーアウト満塁のピンチを迎えるも、その後、三者三振。2回の満塁も切り抜け、波に乗った感じ。(カーブの落ちがスゴかった。)5回オモテに味方が3点をゲット(大谷もヒットで貢献)した後、ウラをきっちり押さえて勝ち投手の権利を獲得。ドジャーズが継投で完封し初勝利が決まった。<ビール+αシャワーの祝福が受けたようだ。>
 前回も好投したのに勝利がつかず。とりあえず初勝利があげられてよかった、よかった。"^_^"<あとはダルの初勝利を待つばかり。ダルは好投しても勝利がつかなりケースが多いよね。(-_-;)>】
 
* * * * *

 自民党の安倍派5人衆のひとりだった世耕弘成氏は4日、パー券裏金事件に関して離党勧告の処分を受け、すぐに離党届を提出。5日、党がこれを受理して、無所属となった。
 
 お茶会談義でも、世耕に関する話や邪推で盛り上がったりして。
「世耕って、昔、自民のゲッベルスって言われてたよね~」「ある意味で、2chネトウヨの生みの親だもんね~」という懐かしい話が出たり・・・。
 そして、「こうなったら開き直って、次の衆院選の和歌山2区で、二階の息子の対抗馬として出馬すればいいのに」なんて話も出たりして。
 そうしたら何とメディアでも、衆院選の強行出馬の話が出ていたようだ。(@@)
 
* * *

 最近は、あまり話題にならなくなったのだが。世耕氏は自民党のメディア戦略、ネット戦略のベースを築いた人だと言っていい。(・・)

 同氏は、62年大阪府出身。早大卒業後、NTTに勤務。(途中ボストン大学院留学で企業広報論で修士号取得。)本社広報に勤務していたが、98年に伯父の世耕政隆参院議員(和歌山)が死去に伴う参院補選に、自民党から出馬して当選。以後、5期連続当選している。(ずっと清和会(当時は、森派)に所属。)

 2000年代にはいって、ネットが普及し始めたこともあり、メディア広報に詳しい世耕氏は若手の時から重用され、マルチメディア局長など務めることに。小泉郵政総選挙の時には、武部幹事長&安倍幹事長代理の下で幹事長補佐として、広報戦略、IT戦略を担当。安倍一次政権では、首相秘書官に起用された。

 この頃、ADSLや携帯電話の普及もあり、2chnadono政治系掲示板が発展。いわゆるネトウヨが誕生し、自民党や超保守系政治家をヨイショ、民主党・サヨク叩きの投稿が横行。また、ウヨ的な政治ブログが次々と登場するようになった。(あと麻生ローゼン閣下賞賛とかね。) 
 そして、その背後には、「自民党のゲッベルス」と呼ばれていた世耕氏と仲間たちが存在すると言われていたのだ。^^;<ゲッベルスはナチスの広報担当だった人。>
 
 自民党は09年に民主党に政権を奪われたのをきっかけに、さらにメディア戦略を強化し、10年にはネトサポ(自民党ネット・サポーター・クラブ)を設立。ネットでの広報活動を展開したのだが。(SNSの進化と共に、自民アゲ、民主叩きの投稿や動画が増加。)このベースを作ったのも、チーム世耕だったという話がある。(-"-) 

  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
 
 世耕氏は、メディア戦略や参謀役として高く評価されていたため、安倍二次政権では12-16年には官房副長官として官邸内や外遊時に安倍首相(当時)をサポート。16ー19年にはアベノミクス推進役として経産大臣を務めた後、19年からはついに参院TOPの幹事長に就任。(清和会の参院グループの会長にも。)

 将来、安倍氏の後継者として首相になりたいと考えてい世耕氏は、衆院に鞍替えすることを考え、準備を進めていたのだが。和歌山の衆院選挙区が一つ減ることになった&二階氏が自分の選挙区を息子に禅譲する気でいたことから、スムーズにことが運ばず。
 次の参院選で、衆院選に出馬するのかどうか、注目されていた。(・・)
 
 ところが、昨年暮れ、安倍派のパー券裏金事件が発覚。二階氏は先手を打って、自分は次の衆院選に出ないと表明。息子に選挙区を譲る布石を打った。
 さらに、一部メディアによれば、党執行部(特に茂木幹事長&森山総務会長)は、二階氏の意向を受ける形で、世耕氏の処分を重くすることに決めたとのこと。世耕氏は離党勧告を受け、自民党を離れることになった。_(。。)_
 
* * *

 まあ、別に自民党支持者でもないmew&周辺は、二階氏の思うようにされるのもシャクだから、世耕氏が思い切って無所属で(or他党から?)衆院選に出て、二階氏の息子に勝ったら面白いのに、と言ったりしていたのだが・・・。

 何と、FNNが、世耕氏が「無所属で、衆議院のほうに出る」という意思を示したというニュースを出していた。(゚Д゚)
 
『政治資金問題で処分を受け、自民党を離党した世耕前参議院幹事長。和歌山県内の自治体の首長に対して、「無所属で、衆議院のほうに出る」と次期衆議院選挙で“くら替え”する意思を示していたことが分かった。(略)
 
 もし世耕氏が無所属で当選した場合に、いずれ自民党に復党することはあるのだろうか?
 関西テレビ 神崎報道デスク:すぐにというのは難しいと思いますけれども、世耕氏はもともと自民党の人なので、波風の立たないタイミングを見計らって復党することはあると思います。(FNN24年4月5日)』

『世耕氏の素早い動きは、「無所属での衆院くら替え」の憶測を呼んだ。参院議員の世耕氏はかねて、次期衆院選の和歌山新2区へのくら替えに意欲を持ち、同区が地盤の二階俊博元幹事長側と水面下で競ってきたからだ。無所属となったことで「吹っ切れる」(自民中堅)との見方がある。二階氏は先月、次期衆院選への不出馬を表明した。ある党重鎮は「世耕氏は拠点を築いている和歌山新2区に攻め込むだろう」と語った。(産経新聞24年4月5日)』

 世耕氏はもちろん無所属でも、次の衆院選に出馬できるし。もしスンナリ当選すれば、早い時期に自民党に復党できるかも知れないのだが。もし二階氏の息子(たぶん三男)が同じ選挙区に自民党公認で出て来た場合、地元の自民党支持者を悩ませることになるし。仮に選挙に勝っても、反党行為を行なったとの主張があれば、復党は難しくなる。
 世耕氏は、実に難しい選択を迫られることになる。(@@)

<何か世耕氏が維新から出馬する可能性を指摘した記事もあったのだが。これに関しては、もう少し情報を集めてみたい。^^;> 
 
 同じ事は、もし1年以内(or半年以内)に衆院選が行われた場合、党員資格停止処分を受けた下村博文氏、西村康稔氏(1年の停止)、高木毅氏(6ヶ月)にも当てはまるのだが・・・。
 5人衆のひとりだった萩生田光一氏は、2700万円の不記載で法違反の程度は重いにもかかわらず、党員役職停止で済んだことから選挙での不利益がほとんどないわけで。自民党内でも、この不公平さをもっと非難すべきではないかと思うmewなのである。(@_@。
 
 THANKS
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

by mew-run7 | 2024-04-08 02:21 | 自民党について

by mew-run7