人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

塩谷、岸田の犠牲なら納得いった?再審査却下で、離党勧告が決定+四国で地震6+サッカー

 
 これは4月18日、1本めの記事です。(2本め、あり。)

 能登半島震災の被災者の方々にお見舞いを申し上げます。
 東日本大震災をはじめ全国の自然災害の被災地の方々へ 前向きに新たな生活を送れるようにガンバです。o(^-^)o、災害経験を風化させず、今後の災害対策に活かしましょう!(・・)
 重症化リスクのある人は、コロナ、インフルも油断しないようにしましょう。"^_^" 

 よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【サッカーU23・・・パリ五輪予選を兼ねたUー23アジア大会が開幕した。
 日本代表は16日に中国代表と対戦し1-0で勝利をした。(^^)
 この日はナマで見れず、ハイライト観戦だったのだが。前半8分にMF山田のクロスを、後ろからはいって来たMF松木玖生が左足でダイレクトで受け、そのままゴール。(松木玖生は名前がセット。)(^^) ところが、前半17分、DF西尾がプレー外のところで、中国選手に背中を押されたのに腹を立て、肘で後ろに張ったら顔面を直撃。相手の指摘でVAR検証され、レッドカードの一発退場に。(-"-) 日本は10人になった時の練習や打ち合わせもしていたとのこと。すぐに選手同士でポジションを調節して、しっかり守って積極的な逃げ切りをはかった。(・・)
 久保ファンとしては、まだU23なので、次の五輪も出て欲しい気持ちがあるのだけど。何かチームがまとまっている感じなので、他のオーバーエイジも含めて、加えた方がいいのかどうか、迷っちゃいますね。(様子見しよう。)次もガンバ!o(^-^)o】
 
* * *

 昨日17日夜11時47分、愛媛・高知で最大震度6弱の地震が発生。現段階では、大規模な崩壊や火災、死亡者、停電などの情報ははいっていないというが、明るくなるにつれ、様々な被害が判明して来る可能性が大きい。どうか大きな被害(特に人的被害)がありませんように。
 愛媛には伊方原発があり、現在、稼働中だというので、そちらも心配だ。(-_-;)
 まだ余震も続いているようなので、大きな地震のあった地域の方々はお気をつけて下さい。m(__)m
 
* * * 

 自民党の安倍派の座長だった塩谷立氏(74)は、4日に党から「離党勧告」の処分を受けた。<読み方は「しおのや・りゅう」。知人が「しおたに・たつ」と読むので、念のため。^^;>
 しかし、塩谷氏は「自分には会計や還付に関する権限がなかった。事実誤認が多々ある。事実に基づいた公平な審査を求めたい」「岸田文雄首相(党総裁)の責任も問われるべきだ」「党や国会による真相解明も必要だ」などとして、党に再審査を請求した。(・・)
  
 塩谷氏に関する記事の中で、mewの目に止まったのは、これだった。
 
『自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件で党が下した「離党勧告」処分に「まるでスケープゴート(生けにえ)」だと反発し、岸田文雄首相(党総裁)も責任を取るべきだとして12日に党に再審査の請求をした塩谷立・元文部科学相(74)。「温厚で押しは弱い」と評される塩谷氏を駆り立てたのは、「友」と信じてきた岸田首相による非情な仕打ちへの憤りだった。

 「党の窮状でやむを得ず処分する。そういう言葉があれば、『はい分かりました』と言ったかもしれない」。離党勧告翌日の5日、塩谷氏は記者会見で、党への再審査請求を検討すると表明しつつそう語った。塩谷氏が強調したのは処分以上に、処分に至るまでの党執行部の「独裁的・専制的」(塩谷氏)な対応への不満だった。(毎日新聞24年4月13日)』 

  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 今回の安倍派・二階派のパー券裏金不記載事件を全体的に見て、そう思える部分があるのだけど。
 上の記事を見ても、自民党の旧態依然とした組織性の強さを(ちょっと反社的・体育会的っぽい上下関係、義理人情的なところも)感じてしまうところがあるし。そんな中で、マジメにイエスマンとして務めて来た議員の悲哀さを感じてしまうところもあったりして。<党や派閥の犠牲、友である首相の犠牲になるなら、それで役立ったとあきらめがつく(自己肯定できる)のかな。(~_~;)>
 
 5日に『塩谷を生贄にしたのは、森喜朗。再審査を要求か・・・』などにも書いたのだが・・・。
 塩谷氏を都合よく扱った上、生贄にしようとしたのは、清和会(安倍派)裏ボスの森喜朗氏なのだ。
 
 これは1月の記事だが。森元首相は麻生副総裁などと会い、安倍派5人衆の処分軽減を直訴。そして、塩谷氏に責任をかぶせようとしたのである。
 
『森元首相は26日には塩谷氏とも会談。そこで「今後のこともあるので5人衆を何とか助けてやってくれないか」と切り出したという。要するに森元首相は、「座長の君が離党なり議員辞職なりすれば5人を守れる」と言いたいわけで、塩谷氏に犠牲になれということだ。これに歩調を合わせるように、5人衆も塩谷氏にすべての責任をかぶせようと画策して蠢き出した。(日刊ゲンダイ24年1月30日)』 

 それゆえ、塩谷氏がまず恨むべき相手は森氏だと思うのだが。塩谷氏は、自分を森氏や他の執行部(特に茂木氏ね)から守ってくれなかった岸田氏に怒り、岸田首相も責任をとるべきだと主張したのである。
 
 でも、「党の窮状でやむを得ず処分する。そういう言葉があれば、『はい分かりました』と言ったかもしれない」という言葉に、塩谷氏の人の良さと政治家としての(政治権力争いの中での)弱さがあらわれているのではないかと思ったりもした。(ノ_-。)
 
* * * 
 
 塩谷力氏(静岡8区&東海比例10回)は、元衆院議員の一夫氏の地盤を継ぎ、90年に衆院初当選。選挙にあまり強くなく、1回落選、2回比例復活している。
<wikipediaによると、一夫氏は党内きってのハト派として知られていたとか。第二次世界大戦の際には中国戦線で戦闘に参加し、九死に一生を得た。その際、敵である中国人の子供に助けられたが、その子の名前の読みである「りゅう」を、後年生まれた長男の名にしたという。>

 文科大臣や総務会長、選対委員長を務めたが、さほど目立たず。ただ、温厚で人をまとめるのは上手かったようで、清和会の中では重宝され、細田派の時には事務総長を務めており、18年には会長代理に。21年に安倍晋三氏が会長に就任した後も、下村博文氏と共に会長代理の座についた。

  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
 
 安倍氏が22年7月に急逝した後、一度は会長代理である塩谷氏を新会長にしようという話が出たのだが、この時、派内の中堅が反対、裏ボスの森喜朗氏も了解しなかったため、会長になれず。23年8月になり、森氏の助言に従う形で集団指導体制を組むことに。5人衆を含む15人が常任委員となり、塩谷氏は座長に選ばれたのだが、座長はあくまで会合のまとめ役で特別な権限はなかったようだ。ちなみに、下村氏は幹部からも外され、お飾りの顧問にされた。
 
 森氏は安倍派幹部として、5人衆(松野、高木、西村、萩生田、世耕)に期待。 塩谷氏をとりあえず座長にしておいて、首相を狙える新会長が決まるまで、自分の意向に沿った党運営を行おうとしていたのである。^^;

* * * 
 
 塩谷氏は、本人も4日に提出した弁明書で切々と訴えていたのだが。(塩谷氏のfacebookに載っていた。)おそらく、塩谷氏は派閥内で重要事項に関与したり、大きな権限を持ったりすることはほとんどなかったのだろう。<下手すれば、重要なことをあまりきかされなかったりして。^^;>

 しかも、今回のパー券裏金不記載事件の対象になったのは、18年~22年のパーティー券収入&収支報告書だ。塩谷氏が形式的TOPの座長になったのは、23年8月ゆえ、裏金問題の対象となった時期は、まだTOPではなかったのに、責任を負わされたのである。<mew、「アンチヒーロー」的に塩谷氏の弁護人を務められるかな?(~_~;)>

 でも、塩谷氏の主張は全く認められず。自民党は16日、再審査請求を却下した。
 
『再審査請求の取り扱いは16日の総務会で協議し、森山裕総務会長に対応を一任。再審査を認める声が出なかったことなどを踏まえ、不服申し立てに「相当の理由」は認められないと森山氏が判断した。(時事通信24年4月16日)』 
  
<総務会などで協議すらしてもらえなかったのね。(~_~;)>

 派閥の問題については、また改めて書きたいが。創設者や会長、一部の幹部が大きな力を持ち、大多数の議員は、善悪の判断はせず(悪だとしても見ないようにして)言われるがままに行動する。<代わりに選挙に必要な様々な支援や党の役職、政務官→副大臣→大臣の職を得る。>
 
 その結果、今回のパー券裏金不記載事件などが起きることに。しかも、幹部がみんな「自分は知らない」「関係ない」と主張する妙な事態に陥ることになるわけで。
 こういう問題は、いい加減なくして行かないといけないな~と・・・。
 
 おまけに、その派閥の力関係で、日本のリーダーや重要な政策、法案、さらには政官財・自治体癒着による利益分配の構図も決まってしまうことがあるわけで。
 
 今回の件を機に、自民党のあり方や仕組み、ひいては、国政の決まり方や仕組みが大きく変えられるようになるといいな~と、改めて強く思うmewなのだった。(@_@。
 
 THANKS
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

by mew-run7 | 2024-04-18 04:28 | 自民党について

by mew-run7