人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

自民44人、政倫審出席を拒む+維新・馬場が政倫審に疑問&府議会、万博批判は副議長ダメ

  
 これは5月21日、2本めの記事です。 

 能登半島震災の被災者の方々にお見舞いを申し上げます。
 東日本大震災をはじめ全国の自然災害の被災地の方々へ 前向きに新たな生活を送れるようにガンバです。o(^-^)o、災害経験を風化させず、今後の災害対策に活かしましょう!(・・)
 重症化リスクのある人は、コロナ、インフルも油断しないようにしましょう。"^_^" 

 よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【将棋・・・18、19日、大分県別府市で名人戦七番勝負の第4局が行われ、先手の豊島将之九段(34)が藤井聡太名人(八冠・21)に95手で勝利し、1勝3敗とした。
 豊島は3手目に端歩を突き、横歩取り後手番の作戦を先手番で応用する趣向を見せるなどして藤井を揺さぶり、2日めには優勢に。藤井も巻き返し、一気に挽回する藤井曲線を描くかと注目したが、豊島が粘り逆転を許さず。終盤、押し切った。
 先日も書いたが、豊島も名人を含め元三冠の実力派だし。本人もそうだろうが、将棋ファンとしても、ストレートで負けて欲しくはないところなので、一矢報いてほっとした感じが。(温泉効果でよく眠れたとか。)
 藤井は叡王戦で伊藤匠七段に1勝2敗とリードされており、今年にはいりタイトル戦は4勝3敗。他の棋士も言っているが、タイトルは挑戦するより防衛する方が大変だし。<しかも、みんな藤井の研究をめっちゃしているし。>しかも、タイトル戦のスケジュールがハードである上(全国を移動。前夜祭、翌日のイベントなどもあり)、他にも多数の大会があるし、将棋界のイベント、免状の署名、サインなどなどで忙しいので、疲れているのではないかと心配する声も出ているのだが。そこは21歳の若さで、何とか乗り切って欲しい。ガンバ!o(^-^)o】
 
* * * * * 
 
 立民党が衆院補選で3勝し、衆院議員が3人増えたことで、政倫審委員会の人数も増加し、野党(立民、維新、共産)だけで審査の申し立てが可能に。
 そこで、野党はパー券裏金事件で不記載が明らかになった安倍派・二階派の衆院議員44人の審査を申し立て、今月14日の政倫審で全会一致で可決した。
 
『ただ、弁明は議員本人の判断に委ねられているため、政倫審会長名で20日正午までに44人の意向を確認していた』ところ、『審査を議決した44人の自民議員全員が、出席の意向を示さなかった』という。(朝日5.20)_(。。)_
 
 参院の政倫審でも17日、まだ弁明していない自民党議員ら29人に審査を行なうことを全会一致で議決し、出席要求の文書を送付したのだが。こちらも、出席者がいないかもと見られている。^^;
 
* * *

 何か2~3月頃は、機会があれば、政倫審に出て説明をしたいと言っていた議員が、何人かいたように思うんだけどな~。(-"-)
 
 幹部クラスでない議員の話でも、色々と集めて行くとパー券裏金システムや派閥運営の実態が見えて来るので、是非、多くの議員に出席して欲しいと思っていたのに・・・。
  
 先週も『自民党の片山さつき政調会長代理は18日、札幌市内で開いた支持者との会合で、政治資金パーティーの裏金問題について「森喜朗元総理から『政界には前からあった慣行だ』と言われた。(安倍派が)やめなかったのは問題だが、それまでにやめていた派閥は全部セーフですから」と述べた』なんて話が出ていたし。(共同通信24年5月18日)』
 
 それこそ、昨年暮れ「派閥の方から、かつて収支報告書に記載しなくて良いという指示がございました。はっきり申し上げます。喋るな、喋るな、これですよ!」と口止めの実態を明かし、安倍派を介錯すると張り切っていた宮沢博行衆院議員が、先月、パパ不倫が発覚して議員辞職したのは残念な限り。
  
 結局、自民党は、パー券裏金事件の経緯や真相を明らかにして、きちんとケジメをつける気はないのである。
 それよりも、ウヤムヤのままでいいから、早く裏金事件については幕引きをして、国民に忘れてもらおうという意識の方が強いのだろう。(-"-)

 こういうことをやっていると、またしばらくしたら、何か別の形で不正が起きるのだろうな~と思ってしまうmewなのである。(~_~;)
 
  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 そう言えば、維新の会は、2月頃は政倫審開催に積極的だったし。今回も、とえりあえず賛成はしているのだけど。
 馬場代表は、政倫審開催について、疑問を示す発言をしている。
 
『日本維新の会・馬場伸幸代表(発言録)・・・衆院の政治倫理審査会(政倫審)で、まだ疑惑がある自民党の議員44人の審査を求めると、我が党も賛成をしているが、44人の議員を順番に呼んで政倫審を開いても「もっと他にやることあるでしょ」というのが率直な国民の感想だ。政倫審を開くことに固執するよりも一般の国民が「政治をもう一度信頼してやろう」ということを実現していくところに、力を使っていくべきではないか。

 立法府でいろんなスキャンダルが起こったときに、事実関係を徹底的に究明することは非常に疑問視をしてきたし、限界もあるのではないか。立法府の一員である我々がどこまで事実を究明できるかと考えれば無理じゃないか。政倫審をまたやって延々と44人の議員を呼んで、毎回毎回同じ話を聞いて、納得される国民はいらっしゃらない。(記者会見で)(朝日新聞24年5月9日)』
 
 野党第一党を目指すと言っている政党が、こんな姿勢じゃ、自民党も助かるよね~。(ーー)
 
* * * * *

 維新がらみで、もう一つ。
 
 20日に、大阪府議会(定数79人、欠員1人)で議長、副議長が決められたのだが。議長には第1会派(52人)の大阪維新の府議が、副議長には第3会派(7人)の自民党の府議が選ばれたという。
 通常、副議長は第2党から選ばれるのだが。第2党(17人)公明党は、維新に「副議長になるなら、大阪万博の追及をしないように」と要求されたので、立候補をしなかったという。(・o・)
 
『維新府議団の河崎大樹幹事長は同日、記者団に「今まで通り公明さんに副議長の職をお任せして本当にいいんですかという声はあったのは事実だ」と説明。「国政選挙が迫っているかもという状況の中で、万博を政局にするのは違うのではないかとずっと言ってきた」と語った。

 一方、公明府議団の肥後洋一朗幹事長は擁立の見送りについて「維新から言われたことが影響したわけではない。ポストには固執していない」と強調しつつ、「『副議長をするなら追及をやめてください』という趣旨だと感じた」と記者団に語った。(朝日新聞24年5月20日)』
 
『維新内部からは「公明はあら探しばかりだ」(府議団幹部)などといらだちを募らせる声が出ており、副議長ポストを公明に譲ることに反対意見が出ていた。

 複数の関係者によると、副議長ポストをめぐって維新側が今月、公明側に「副議長は地元の代表として万博の開催時にはテープカットにも立ち合う。今までのような態度では難しい」などと伝達。公明側は、「今までどおり言うべきことは言う」と返答したという。(朝日新聞24年5月16日)』
 
 まあ、府議会の定数79人中52人も議員を占めるようだと、大坂維新もブイブイになっちゃうんだろうけど。
 いくら議員数が多いからって、副議長ポストに絡めて、大阪万博の諸問題を議会で追及しないようにと圧力をかけることには、大きな問題があるだろう。
 
 何だか維新の独裁支配的な体質が、よく見えて来るような話だな~と思ったmewなのである。(@_@。
      
 THANKS
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

by mew-run7 | 2024-05-21 15:01 | 政治・社会一般 | Comments(0)

by mew-run7
カレンダー