人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

稲田は政倫審「拒まず」なのに+自民・森山、譲歩する気なし+公明・山口が厳しい指摘+競馬

  

 能登半島震災の被災者の方々にお見舞いを申し上げます。
 東日本大震災をはじめ全国の自然災害の被災地の方々へ 前向きに新たな生活を送れるようにガンバです。o(^-^)o、災害経験を風化させず、今後の災害対策に活かしましょう!(・・)
 重症化リスクのある人は、コロナ、インフルも油断しないようにしましょう。"^_^" 

 よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【JRA・・・19日、3歳牝馬クラシック第2弾のオークス(東芝2400)が行われ、2番人気のチェルヴィニアwithルメールが優勝した。(*^^)v祝
 レースは逃げ馬がやや早いペースで引っ張ったことから、有力馬は真ん中から後方で待機して、直線後半で勝負する展開に。
 桜花賞1位で1番人気になったステレンボッシュは、モレイラから乗り替わった戸崎が、ほんのちょっと出るのが早かった&あとからわかったことに落鉄してたため伸び切れず。そこを、「やっぱ上手いわ~」とつぶやいてしまうルメールがしっかり差し切って、1位でゴールした。<馬も桜花賞は不利もあって13着で終わったけど。やっぱ強かったのね。(@@)>桜花賞3位で、3番人気だったライトバック(坂井)が、後方から突っ込んで来て3着に。終いしっかりの馬なので、今後も油断できない感じ。
 GIはデータ重視のmewは、この20年で1・2・3番人気の3頭で決まったことが2回しかなかった&最近ヒモ荒れが多いので、敢えて三連単は人気薄をつけてアウトに。あの3頭であんなにつくなんてね~。<一応、三連複はとってチャラだったけど、悔しい。(>_<)>
 今年の3歳牝馬は、とりあえず上位2頭が強いけど。現段階では、まだ古馬とかに勝てるほど強くはないかな~と思ったりもする。(・・)】
 
* * * * *

 まず、昨日、『自民44人、政倫審出席を拒む・・・』という記事をアップしたのだが。
 
 実は、安倍派の稲田朋美衆院議員は、出席を「拒否せず」と伝えたのに、出席する意向がないとされてしまったようだ。<他にもそういう人がいるかも。^^;>
 
『野党は、安倍派の稲田朋美元防衛相が説明すること自体は「拒むものではない」と回答したとして出席を要求。自民側は改めて稲田氏に確認した上で「44人全員出席しないということだった」と報告した。

 野党筆頭幹事の寺田学氏(立憲民主党)は懇談会後、記者団に対し、自民議員1人が「審査会が求めるのであれば答えることは拒むものではない」との趣旨を審査会側に文書で伝えたことを明らかにした。複数の与野党関係者によると、稲田氏の回答だったという。(時事通信24年5月21日)』
 
『関係者によると、44人のうち稲田朋美氏は必要があれば説明も可能との意向をにじませたが、幹事懇の中で連絡した結果、欠席の意思を確認したという。(共同通信24年5月21日)』

 伝統的に「臭いものにはフタをしたがる」自民党は、真相解明に寄与せず。議員の説明の機会も奪ってしまうのだ。_(。。)_
 
  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 ところで、今日22日から、衆院の政治改革特別委員会で、政治資金規正法改正案の審議が始まる。
 22日は、自民党、立民・国民党などが国会に提出した改正案の趣旨説明を行なう予定だという。(・・)
 
 自民党が提出した改正案については、野党や世間から強い批判が集まっているのだが。資金源をキープしたい自民党としては、できるだけ譲歩したくないようで、こっかいの審議前から予防線を張っている。(-"-)
 
『自民党の森山裕総務会長は19日、「10万円超」に引き下げるとした政治資金規正法改正案に関し、さらなる見直しは困難との認識を示し「それなりに覚悟して決めたことだ。政治活動には一定のコストがかかる」と述べた。(スポニチアネックス24年5月20日)』

<自民担当の政治ジャーナリスト・田崎史郎が「ひるおび」」で「現在の収入を保つためには“公開基準10万円超”が限界。パーティー券の公開基準は中堅、若手議員にとって死活問題」とフォロー。(同上)>

* * *
 
『自民は公明党と規正法改正の与党案で大筋合意したが、政策活動費の使途公開などで溝が埋まらなかった。自民の森山裕総務会長は「政策活動費は非常に大事な資金だ。国民によく説明し理解をいただき、政治活動がしっかりできるようにしないといけない」と話す。(共同通信24年5月19日)』

『自民党の森山裕総務会長は19日、自民党の佐賀県連大会に出席・・・県連大会に先立ち、森山総務会長は、政治の刷新について地方議員らと意見を交わしました。

【森山裕 自民党総務会長】「政策活動費というのは、非常に大事な資金とわたしは思います。その政治活動ができなくなるような改革は私は慎重であるべきと思っています」

 また森山総務会長は、自民党員から、「派閥が人事や金に絡むことはいけないが、政策の議論や意見交換の場としては必要」との意見が出たと述べ、今後、党内で議論を進めていく考えを示しました。(サガテレビ24年5月19日)』 
 
  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 自民党は、自公の与党協議でも、公明党の提案を飲まずに、自民単独で法案を提出。野党各党と協議して、譲歩&修正をしようとする姿勢も見せていない。<維新とは、チョット協議しているけど。^^;>
 
 しかし、世論調査を見ても、自民党案への評価は低く、これではとても国民が納得しそうにない。
 
<たとえば、毎日新聞18,19日の調査では、自民党の改正案を「評価しない」が68%で、「評価する」(21%)を大きく上回った。「わからない」は10%。・・・逆に「評価する」が21%もいることに唖然。^^;>

* * *

 改革案の審議を控えて、一番困っているのは、公明党かも知れない。^^;

『公明が自民との共同歩調を避けた背景には、「法改正で安易に自民と妥協すれば、同じ穴のムジナとみられる」(幹部)との強い危機感があったとされ、「与野党協議を優先した形で決着させないと、国民の批判をかわせない」(同)との思惑からの対応だったことは間違いない。(東洋経済24年5月21日)』

 自公は、国対レベルで、今国会内で規正法改革案を成立させるように協力することで合意しているが。森山総務会長のように、頑なに自党の立場を主張し続ける執行部がいると、与野党の協議で修正することも不可能になる。(-_-;)
 
 業を煮やした公明党の山口代表は、昨日の記者会見で、敢えて岸田首相(総裁)に注文をつけた。(@@) <この「問題を起こした自民党の総裁」って言い方は、山口代表としては、かなり強いよね。^^;>
 
『公明党 山口那津男 代表「政治資金規正法の改正に向けてリーダーシップを取っていく、特に、その問題を起こした自民党の総裁という、お立場もありますので指導力を発揮していただきたい」

公明党の山口代表は内閣支持率が低迷するなか、「支持を回復していく真摯な取り組みが重要だ」と強調した上で、政治資金規正法の改正に向け、岸田総理がリーダーシップを発揮するよう注文しました。(TBS24年5月21日)』

 果たして、今日からの政治資金規正法改正案の審議はどうなるのか。ここは、今後の日本の政治全般にとって重要なところなので、TVやネットなどのメディアも、しっかりと、国民にわかりやすく伝えて欲しいと思うmewなのである。(@_@。
 
 THANKS
  

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

by mew-run7 | 2024-05-22 02:10 | 自民党について

by mew-run7
カレンダー