中国が北朝鮮に金融制裁?+米国牛肉関連+全英OP+馬に頭突きなど

今回も気になったニュースをいくつか・・・

☆ 中国が国営銀行の北朝鮮口座を凍結。事実上の金融制裁か?

 今朝のニュースで一番、私の目を引いたのがこの記事だった。「中国の国有銀行BOC
(中国銀行)が、北朝鮮の口座を米国の要請によって凍結した」というものだ。

 北朝鮮は、米国が昨年9月にマカオの銀行BDA(バンコ・デルタ・アジア)に
あった北朝鮮の口座を凍結するという金融制裁を行なったため<米ドル紙幣の偽造や
マネーロンダリングが制裁の要因>、近隣の中国珠海所在の国営銀行などに口座を
移したが、米国が調査を拡大するとともに中国銀行に対しても調査を続け、北朝鮮
との取引を中断させたとされる。
 その額は2400万ドルと小規模ではあるが<北朝鮮は他に2億~3億ドルの資金を
複数の海外の銀行に預けているとされる>、すぐに使用したい資金を止められたこと、
また友好国であるはずの中国が米国に協力する形で口座を凍結したことは、北朝鮮に
とって大きな痛手あると考えられる。
 尚、中国は敏感性を考慮して、この情報を公表していないが、15日から米ワシン
トンで開かれた韓米議員外交協議会に出席し帰国したハンナラ党の朴振議員が、24日
に米前職・現職高官の言葉として明らかにした。 <読売新聞、YONHAP NEWS24日など
から抜粋、引用>

 この件については、またゆっくり取り上げられたらと思うが・・・
 中国がこのような措置を行なった背景には、北朝鮮の反抗的(?)な態度に業を
煮やしどんどんお荷物に感じつつあることや、経済面や北朝鮮問題で米国との関係を
深めつつあることがあると思う。
<北朝鮮が近時、中国の人民元の偽造を行なっており、それが中国国内に流入して
いるとの情報もある。>

<つづきは ↓More をクリック>



 北朝鮮は、中国が米国と近づけば近づくほど孤立し、政治的にも経済的にも窮地に
陥ることになる。
 18日には韓国の新聞「中央日報」が「北朝鮮の金正日総書記が、今月初めに訪朝
した米国人に対し(ミサイル発射の前後だったとの話もある)『中国は信じられない
国だ』と不満をもらした」と報じられていた。その要因として、胡錦濤中国国家主席
が米国の金融制裁解除のために積極的に動かず、逆に口座確認のためマカオに立ち寄
った金総書記の側近を中国公安当局が一時拘束したことなどを指摘しているという。
 
 北朝鮮がミサイルを発射した対外的な要因として、1・日米への威嚇、けん制
(特に米国への制裁解除、直接協議の要請アピール)、2・イランへのミサイル売却
のためのプレゼン(イラン高官がミサイル発射を見学したとの情報あり)に加え、
3・中ロへの何らかのアピールの意図があったのではないかという見解も出ている。
<引きこもりの反抗児が、家族や関係者に何かを訴えたくて&気が引きたくて、少し
暴れてみせるのに近い面があるのかも?>

 ミサイル実験後、中国は北朝鮮問題に関してますます米国との連携を強めており、
<他方、米国と韓国の連携が弱まっているとの話も出ており>、六ヶ国協議の中での
日米韓vs中ロ朝の関係が崩れ、新たな図式が描かれつつあるようにも思える。
 また、それに対して北朝鮮がどのような行動に出るのかも注視すべき必要があるかも
知れない。

 ☆ 米国産牛肉輸入の再開決定、米国はBSE検査を1/10以下に縮小

 このブログでは、ずっと米国産牛肉の輸入&BSE問題について取り上げている
ので<コチラorコチラなど>、続報を。

『BSE部位混入により米国産牛肉の輸入が禁止されている問題で、厚生労働省と農水
省は21日、米政府が対日輸出を認可した牛肉処理施設35カ所などの現地査察を予定
通り終えた。輸出の仕組みに影響を与える深刻な違反はなかったとみられる。両省は
査察結果を精査し、来週中に輸入再開を正式決定。再開第1便は月内にも日本に上陸
する見込みだ。<時事通信 21日>』 <27日に正式決定の予定らしい> 

『ジョハンズ米農務長官は20日、牛海綿状脳症(BSE)の感染検査の対象牛を早け
れば8月後半から、現在の10分の1程度に大幅縮小する方針を発表した。長官は
「米国でのBSE発生が極端に少ないことを反映した措置だ」と述べ、米国産牛肉の
安全性に問題はないとの考えを繰り返した。
 日本政府は米国産牛肉の輸入再開へ向けた米食肉処理施設の調査を週末までに終える
方針。再開手続きが最終段階を迎えた中での決定に、消費者の反発が広がりそうだ。
 農務省は米国での最初のBSE発生を受けて2004年6月から検査対象を拡大。
この約2年間で75万頭以上の牛を検査してきたが、検査費用の負担増も背景に、
今後は年4万頭程度まで縮小する<共同通信21日>』 

 ともかく先に結論ありきの輸入再開ゆえ、どうせ検査も形ばかりだったとしか思え
ないのだが。「深刻な違反はなかった」とのことだが、「じゃあ、深刻ではない違反
はなかったのか?」とツッコミたくなってしまう。
<韓国は処理場査察に行って、輸入再開を停止したのにな~。>

【と言ってたら、どうも一部施設に問題があって、除外する話が出ているらしい。
査察に来るってわかっているのに、問題が見つかっちゃう施設があるってこと自体、
かなり問題では??? 本当に国民の命はどうでもいいのかな~?】



 しかも「日本が輸入再開を決めたし、もういいだろう」ってわけじゃないのだろうが
この時期に合わせるように、BSE検査の縮小を決定した。「米国でのBSE発生が
極端に少ないことを反映した措置だ」と言うが。以前も書いたように、このBSE牛の
チェックは、実態を反映していないとの声が米国内でも少なからず出ている。
 結局は、日本の全頭検査を拒んだように「コスト削減」が一番の目的なのだろう。

 これもしつこく書いているが、新自由主義というのは、国民の安全よりも利益重視&
コスト削減の方が大事なのである。

 ちなみに中国は、一足先の6月末に、2年半ぶりに米国産牛肉の輸入を解禁した
という。<これも胡錦濤主席の訪米土産だったという話が?!> しかも、こちら
は日本よりも条件の緩い30ヶ月以下の牛が対象らしい。<日本は20ヶ月以下>
 北朝鮮問題で米中が接近いている遠因には、牛肉輸入再開もあるのだろうか?
<ブッシュ大統領には、食肉業界の後押し&プレッシャーが大きいからな~。>


 ☆ ゴルフの全英OP+アーチェリー山本+馬に頭突き?!

 ゴルフの全英オープンは、結局、タイガー・ウッズが混戦を抜け出して、見事に
二連覇を果たした。
 そんなに楽な展開ではなかったのだが、苦しい場面は手堅く、ここぞという時は
勝負をかけるという形で、技術の高さもさることながら、相変わらず試合運びの
上手さと精神面の強さがスゴイな~と感心させられてしまった次第である。
 ただ、もうほぼ優勝の決まった最終ホールで、彼にしてはそう難しくないと思われた
バーディ・パットを決められなかったので、「あら? ウッズでもしびれる(緊張で
思うように打てない)ことがあるのかしら?」と思っていたら、プレーが終わったあと、
いきなりキャディに抱きついたまま号泣をし始めたのには、少し驚いてしまった。
その後も、しばらくの間、家族や関係者と抱き合いながら、時に声を出して泣き続けて
いたのである。<写真つき記事・コチラ>
 この春に最愛の父親を亡くして、精神的になかなか立ち直れず、練習もできなくて
全米OPでプロ転向後、初のメジャー予選落ちするなど、かなりつらい時期があった
ようなのだが。泣きじゃくる姿を見て、やはり世界のタイガー・ウッズにも、その
ような青年っぽいところがあるのだな~と思ってしまったりした。

 日本勢では、27歳の谷原秀人が71で回り、日本人メジャー最多アンダーパーと
なる通算11アンダーで5位と大健闘した。こちらは2番ですぐにバーディをとって
首位と2打差になり「わお」と思ったのだが、その後5番ボギー、6番ダブルボギー
でスコアも順位も急落することに。
 今まで全英では途中まで上位にいても、プレッシャーのあっかる決勝ラウンドや最終
日でどんどん崩れてしまう日本人選手の姿を何回も見ているだけに、彼もこのままズル
ズル行ってしまうのかな~と心配したのだが。そこからまたスコアを盛り返して5位
まで浮上したのは、本当に素晴らしかったと思う。来年が本当に楽しみだ。
<実際、もう一人のF選手は最終日だけで8つぐらいスコアを落としてしまった。>

 同じ日に米男子ゴルフ・BCオープン最終日が行なわれ、9位で出た丸山茂樹(36)
が65をマークし、通算17アンダーで今季自己最高の3位に入ったというニュースを
目にした。今年は全英の出場権が得られなかったのだが、来年は是非、全英で活躍する
マルちゃんを見たいな~とも思う。

 
 あと、20日にアーチェリーの山本博(43=日体大教・アテネ五輪銀メダル)が
日本人で初めて世界ランキング1位になったことがわかった。
 世界ランク制度は96年五輪後にスタート。現在は各大会にランクが反映されること
はなく不定期更新で、全日本連盟も6月末に気づいたという。山本も19日に初めて知り
「思わず、うぉーという感じでした。まさか1位になるとは。気づいた時に落ちてなくて
良かったです」と照れ笑いだったという。<日刊スポーツより>
 どの競技でも、世界で一位というのはスゴイと思うので、是非書いておきたかった。
<ちなみにこの日は、競走馬のディープインパクトも世界ランクで1位になった。>

 本当はサッカー・ネタもいくつも用意しているのだが <6月から中断したままの
日本代表の記事、ジダンの処分の話、オシムやジーコの話など>、なかなかアップする
機会がなくて残念であるのだが・・・。

 最後に、頭突きつながりのスポーツ・ネタを一つ。

『英中部ストラットフォード・アポン・エイボンの競馬場で23日、騎手が出走前の競走
馬から振り落とされた腹いせに馬に頭突きを食らわせたことが分かり、監督機関が調査に
乗り出した。その“瞬間”は競馬専門テレビにもはっきりと映し出され、25日付の英
各紙はサッカーのワールドカップ決勝で頭突きをしたフランスのジダン選手になぞらえ、
大きく報じた。
 話題の主はポール・オニール騎手(26)。競走馬シティーアフェアーに騎乗して障害
レースに出ようとしたところ、馬が暴れて振り落とされた。同騎手は、手綱を引いて馬を
引き寄せた上で、ヘルメットをかぶったまま馬の鼻に一撃。同騎手はその後、この馬に
騎乗し、レースで4位になった。
 PA通信によると、同騎手は競馬専門メディアを通じ「ファンにこんなところを見せて
申し訳ない。二度とやらない」と謝罪したという。(共同)<サンスポ25日>

 馬に大きな影響が出るほどの強い頭突きではなかったのかも知れないが・・・。本当に
腹いせでやったのか、ギャグでやったのか、個人的に馬好き(動物はたいてい好きだが)
の私としては、許し難い話だ。もしそのレースの馬券を買っていたら、も~っと許せない
かも!(ーー゛)

<もしよろしければ、↓の2つのリンク(上と下は別々のもの)をクリックして下さい。m(__)m
と~っても励みになるです。(^^♪ 両方ともクリックして頂けると、尚、嬉しいです!>

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ

 
[PR]

by mew-run7 | 2006-07-25 13:30 | 東アジア、北朝鮮問題 | Comments(8)

Commented by 風に吹かれて at 2006-07-26 00:52 x
うちのブログでも、米国産牛肉の輸入&BSE問題について取り上げています。この問題だけは腹が立って仕方がないです。
Commented by mew-run7 at 2006-07-26 04:35
風に吹かれてさん、コメント有難うございます。

本当にこの問題は腹が立ちますよね。
私たちの命がかかっているわけですし。

それに米国産牛肉それ自体を食べなくても、何かに混ぜられたら
終わりかと思うと、何か毒をまかれているみたいで、さらに腹が立つです。
Commented by intrstg at 2006-07-26 11:54 x
自国民の健康を大切にする、隣国の「勇気ある」政策を、日本も見習ってほしいと思います。Bushの顔を立てて、自国民の健康をないがしろにする、無責任男はどこの○○○だ、です。   
開明なる指導者、また、勇気ある食品行政担当者、学者、出でよ!

<韓国は処理場査察に行って、輸入再開を停止した。>
Commented by at 2006-07-26 17:29 x
mewさん、あぢぃねぇ~
ビール、かっくらってる?
飲みすぎで和牛みたいに、お腹は霜降りかな?

こっちは、蚊がすげぇ~いるよ。
根性ある蚊ばかりだから蚊取り線香の入れ物の蓋に止まっても元気で飛んでやがる。

牛に限らず、食材の入手が困難になってきてるよ。
マグロも40%以上の値上がり。
世界中でいろんな食材の奪い合いをやってる。
そのうち、安全なモノしか食べないなんて言ってられなくなるかもしれない。
日本のバイヤーが買いつけ出来なくて困ってるようだよ。
贅沢になれちゃうと・・・(俺、稼いでも質素な生活送ってる、、。
Commented by mew-run7 at 2006-07-27 05:53
intrstgさん、コメント有難うございます。

一部の施設に問題があるってわかっているのに・・・。
その問題は公表してくれないのでしょうか?

国民の生命や健康を守る気のない政治家なんて、まとめてポイ!
したいような心境です。
Commented by mew-run7 at 2006-07-27 05:57
若さん、コメント有難うございます。

こっちもだいぶ暑くなって来ました。
というか、かよわいmewには、湿度がキツイですぅ。
<今朝も湿度が90%以上もあるんだって。>

若さんのとこは、ヤブ蚊がスゴそうですね~。
今でも、リスは来ます?

マグロも高いの? いわしやウナギも高いのよね。
若さんのとこで、良質のよい食材や食品を売って下さいませ。

mewはあまり儲かってないけど、いつも贅沢においしいビールと
おつまみを追求しています。(^^ゞ
Commented by KEY at 2006-07-28 10:02 x
はじめまして、いつも興味深く読ませていただいております。
一つだけ、瑣末ですが、「世界のタイガー・ウッズにも、その
ような青年っぽいところがあるのだな」とうのは首をかしげざるを得ません。年齢に関係なく、スポーツの場で涙を流す人は、たとえトップの選手でも多くみられます。

重箱のスミのようで恐縮ですが、特に他意はありませぬ故、失礼をお許しください。

今後とも楽しい記事をお待ちしております。
Commented by mew-run7 at 2006-07-29 04:15
KEYさん、コメント有難うございます。

はじめまして。
拙文を読んで下さって有難うございます。

私の書き方が悪かったかも知れませんが・・・。
おそらくこのシーンを見て、以前より、タイガーに
好感を抱いた人は多いと思いますし、私もそのよう
な気持ちで書きました。

タイガーは、時にサイボーグのように、感情や技術を
コントロールしていて、妙に老練、熟成いているように
見られることがあるのですが。

映像をご覧になったかどうかわかりませんが、この時
彼は親にしがみついて泣きじゃくる子供のように、
人目をはばからずに、時に声をもらして号泣していた
のです。

それを見て、彼が父親を亡くしてから、必死で立ち
直ろうと頑張って来てたことや、自分の中での葛藤
プレッシャーなどと戦って来たこなどが感じられて、
彼の人間味が伝わったように思えたのでした。

また率直なご意見をお寄せ頂ければ嬉しいです。
これからもよろしくお願いいたします。