日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

加藤紘一氏宅が放火か?! & 小泉首相の靖国参拝

16日16時、加藤宅放火?の男について【 】内に追記。

<一部のブログ(特にrakuten,goo系)の方へのTBがうまく行かない状態が続いています。
何度かトライしていますが、TBをお返しできていない方、ご容赦下さい。>


 昨日8月15日は終戦記念日であった。
 私たち国民が、この日になすべきことはただ一つ。戦争のために心ならずも亡くなった
方々を思い、そして日本が二度と戦争をしないように強く誓うことだと考える。
 私のPOLICYは、日本に戦争をさせないことなのである。<コチラ


 15日、案の定、小泉首相が靖国神社に参拝した。現職首相の終戦記念日の参拝は昭和
60年の中曽根康弘元首相以来21年ぶりになる。<この件は後述>
これも大きな問題性のある話ではあるのだが、おそらく私も含め、多くの人にとっては
想定内のことであり、特に驚くべきニュースではなかったであろう。

 河野洋平衆院議長が15日、全国戦没者追悼式の追悼の辞で「戦争を主導した当時の
指導者たちの責任をあいまいにしてはならない」と戦争責任に関する話をしたのには
少し驚いた。どこかで全文が記載されたものを見つけて、じっくり読んでみたいと思う。


 だが、昨夜、帰宅してネットのニュース・サイトを開いて、もっと衝撃や怒りを覚える
ニュースを目にすることになった。
 自民党の加藤紘一氏の山形の実家と事務所が、全焼したというのだ。タイトルを見て、
「もしや」と思ったら、やはり放火された可能性があるという。

<つづきは ↓More をクリック>





『15日午後5時50分ごろ、山形県鶴岡市大東町、自民党元幹事長の加藤紘一衆院議員
(67)の実家から出火、木造2階建て住宅と棟続きの事務所計約338㎡を全焼した。
 実家北側の敷地内で50~60代くらいの男が腹部から血を流して倒れているのが見つ
かり、病院の集中治療室で手当てを受けている。
 
 男は角刈りで、白っぽい半袖Tシャツに作業ズボン姿。腹を横に切り、左手首も切って
おり、重傷で、病院の集中治療室で治療を受けている。男は風上に倒れていたのに、煙を
吸い込んで口にやけども負っていたことなどから、同署は男が実家に放火した後、自殺を
図った可能性があるとみて身元などを調べている。

 加藤議員は、これまで小泉純一郎首相の靖国神社参拝を批判。首相の参拝を受けた15日
の民放のインタビューに「日中関係、日韓関係、アジア外交がほぼ崩壊に近い結果になった」
などと答えていた。同署はこうした発言との関連も調べる。事務所関係者は事情聴取に
「トラブルや脅迫はなかった」と話しているという。(毎日、読売等15日抜粋)』

<尚、加藤氏は、15日、安倍氏に関してこのような発言をしたという。「日中、日韓
関係をどう打開するのか諸国は厳しい目で見るだろう」と強調。日米関係に関しても
「安倍晋三官房長官の歴史観が東京裁判否定に近い表現になっている。問題点が表に出る
かもしれない」と懸念を示した。(西日本新聞 15日)』>

 幸い、加藤氏の実母(97)は外出しており、また事務所にいた事務員も逃げ出して
無事だったという。
 加藤氏は急遽、午後10時過ぎに空路で地元に戻ったが、画面で見る限り、かなりショッ
クを受けているような表情だった。だが、さすが冷静かつ客観的にものを見る人だけあって、
「子供のころから過ごし、思い出が詰まった家が全部焼けてしまった。事件の背景がまだ
よく分からないが、明らかに放火なので怒りを感じる」と述べた。ただし、「(病院に運ば
れた男が)靖国(神社参拝問題)の思想的なものと関係があるのか、’(精神的な要因に
よる)突発的なものか、先入観は持ちたくない」と語っていた。<ニュース等で見聞>


 まだ情報が十分でない上、病院に運ばれた男はかなりの重体で意識がないという報道も
あったので、事実関係を解明するには時間がかかるかも知れない。また加藤氏も言うよう
に、先入観でアレコレ決め付けてはいけないとは思うが・・・。

【鶴岡署は16日、割腹自殺を図ったのは、東京都内の右翼団体に所属する男(65)と断定
した。男は意識が回復しておらず、同署は男の回復を待って事情を聴く方針。<共同16日>】



 もし、これが加藤氏が小泉首相の靖国参拝を批判し続けていることに対して行なった
ものだとしたなら、私はそのような言論(特に政治的な言論)に対する暴力的な行為、
特に人命に関わるような行為には大きな憤りを覚える。それは自由&民主主義を破壊
する行為だからだ。
<それに戦争というのも、こういうような考え、やり方から始まるように思う。>

 それこそ小泉首相が言うように、日本の国民には思想、良心の自由が保障されている。
だから、その人がどのような思想を持とうと自由である。
 だけど、どんなに自分の思想が正しいという信念を持っていたとしても、自分と考え方
や意見が異なる者に対して、暴力やその脅威によって、その言論を抑圧するようなことは
絶対に認められるべきではない。<本人を直接、殺傷するのはもちろん、建物に銃弾を
撃ち込んだり、銃弾や刃物、脅迫文などを送り付けたりする行為も同様である。>
 他人の思想や表現の自由(考え方)を尊重できない者には、自分の思想や言論を主張
する資格はないと思う。

* * * * * *

 実は昨夜は帰宅してから、加藤氏の件の情報を集めることに時間を割いてしまった
ので、小泉首相の靖国参拝に関する報道や情報に、まだ全て目を通し切れないでいるの
であるが・・・。
 首相の靖国参拝の問題点については、稿を改めて書くとして、今回はとりあえずの
感想を書いてみたい、

 私自身は小泉首相は15日に参拝すると思っていたので、正直なところ「やっぱり行っ
たのね」と思っただけであった。

<TVの報道の仕方には、若干の疑問があった。たとえば、公邸から靖国に向かう車を
わざわざヘリで追う必要があるのだろうか? 何か政治的な問題を報道するというより
イベント中継みたいな扱い方になっているところもあったように思う。
 ただ、靖国神社がどういうところか、戦争に対する考え方や国との関わりの問題
なども含めて、わかりやすく説明をしようと試みている番組も少なからずあった。>

 メモ替わりに記しておくなら、モーニング姿、記帳には内閣総理大臣の肩書きを付し、
献花料3万円はポケット・マネー、本殿で参拝したものの一礼のみだった。
玉串料はなし。本来の神道の参拝方式である「二拝二拍手一拝」はとらなかった。                 
<それゆえ、21年前の終戦記念日に公式参拝を行なった中曽根前首相には「靖国参拝と
いうのは公約すべき対象ではない。そもそも首相候補として公約しておきながら私的参拝
というのは矛盾している」(つまりは中途半端な形はとるな)と言われてしまった。>

 また相変わらず「内閣総理大臣としての人間・小泉純一郎が参拝した」と、公人、私人
の区別をつけないような表現を用いていた。<一国民→人間に変わったけど>

 ただ、今回は小泉首相も少しお勉強をして来たらしい。
 以前は記者団の質問や官邸のメルマガなどで、靖国神社に参拝反対の問題点を中国の反対
に限定するような言い方をしていたのだが<コチラコチラ参照>、さすがに周囲からそれ
だけに限定するのはおかしいと言われたのだろう。今回は中国の問題に加え、A級戦犯の
合祀、憲法問題に関しても説明を試みていた。
<私から見ると順番が逆なのであるが。その件については、次回に書きたいと思う。>


 少し笑ったのは、この記事を見た時だった。
『「ブッシュ大統領が私に『参拝するな』と言ったとしても、私は行きます」・・・米政府
内でも、靖国参拝に端を発する日中、日韓関係の悪化を懸念する声がある。首相はこう
した声が念頭にあるのか、「小泉は米国と親しいと。(だから)大統領が言えば(参拝)
しないだろう。そんなことない」と反論した。 さらに「もっとも大統領はそんな大人げ
ないことは言わないけどね」とも語った。<朝日新聞 15日抜粋>』

 アメリカは内政の問題として静観の構えを見せているが、
『ブッシュ大統領は7月の読売新聞社などとの会見で、日中、日韓関係との関係改善は
「わが国の国益だ」と指摘し、日本と近隣国との関係を注視していることを強調した。
米国が中東やイラン問題への対応に追われる中、北朝鮮などアジアの問題では、同盟国の
日本に指導力を発揮してもらいたいというのが米政権の「本音」だ。
 ただ、大統領は、近隣国との関係改善は「(今後の)日本の指導者が決めることだ」と
述べている。米政権内では、アジア外交の本格的な仕切り直しは「『ポスト小泉』を待つ
しかない」(ホワイトハウス関係者)との見方が一般的だ。(読売新聞15日))』

 ブッシュ大統領は、親友の性格をよく知っているので(どうせ耳は傾けないだろう
から)言ってもムダだとわかっているようなアドバイスはしないのかも知れない。
 もうホワイトハウスは、次の首相の方を向いているのだ。

<尚、これは伝聞なので真偽のほどは不明だが、15日参拝の公約を果たすように、
団体か何かからかなりの圧力があったらしいというウワサが出ている。>

 次回以降、首相の靖国参拝に関する問題点を改めて考えてみたい。

                      THANKS

もしよろしければ、↓の2つのリンク(上と下は別々のもの)をクリックして下さい。m(__)m
と~っても励みになるです。(^^♪ 上下のクリック数に、だいぶ差がついてしまったので
できれば、下の方のクリックも是非よろしくです。>

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/3995907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from らんきーブログ at 2006-08-16 08:19
タイトル : 世界が変わる時
KOIZUMIの最後の大仕事、靖国参拝が終わった。 そして一日中TVで参拝批判を語っていた加藤ちゃんの家が火事になった。まだ詳細はわからないがあれくらいの発言が原因でもし放火というような事が行われたのなら情けない事だ。... more
Tracked from Because It's.. at 2006-08-16 09:18
タイトル : 小泉首相靖国参拝の周辺〜加藤紘一衆院議員の実家・事務所が全焼
平成18年8月15日、小泉首相は5年前の公約どおり、靖国神社に参拝しました。その点はまた触れるとして、加藤紘一衆院議員の実家・事務所が全焼しました。この点について触れたいと思います。 1.毎日新聞のHP(8月15日... more
Tracked from 斜眼  at 2006-08-16 11:11
タイトル : 終戦記念日を迎えて
小泉総理大臣が終戦記念日の今日、靖国神社へ参拝。 これまでは靖国参拝に関しては「心の問題」、つまり、どちらかといえば私的立場での参拝としてきたが、終戦記念日とい... more
Tracked from 40代の私にとっての最新.. at 2006-08-16 11:42
タイトル : 加藤紘一氏の実家全焼 放火男が割腹自殺図る、もし言論の自..
2006年8月15日、今後の日本にとって、どういう影響をもたらすかはわかりませんが、 個人個人が自分の信条に従って、言論を戦わせた日という意味では、大変意義のあった一日と思います。 どの方の意見も一理あるし、視野が広がった一日でした。 日本という国の言論の自...... more
Tracked from とくらBlog at 2006-08-16 11:49
タイトル : 小泉首相は静かに去るべきである。(森田実さん)
 「小泉首相は静かに去るべきである。小泉首相の役割はもう終わったのだ。」と森田実さんが書かれています。8月14日の森田実の言わねばならぬ[274]に、8月15日は全国民が平和を祈り、平和を誓う日である。小泉首相の靖国参拝は、8月15日の全国民の静かな祈りを邪魔する暴挙である。小泉首相は理性を取り戻すべきだ。これ以上、8月15日を弄ぶのはやめるべきである。とあり、小泉さんが靖国参拝されても、騒がずに無視したいと思っていました。野良狸の巣さんも、「小泉靖国参拝は騒がれないと成り立たない」で、靖国参拝に関係...... more
Tracked from zara's voice.. at 2006-08-16 12:06
タイトル : 加藤紘一議員の自宅が炎上 男切腹
加藤紘一議員の自宅兼事務所が炎上 十五日午後五時五十五分ごろ、山形県鶴岡地区消防本部に入った連絡によると、鶴岡市の加藤紘一衆院議員の自宅兼事務所から出火、現在炎上している。けが人が一人いるという。 ◇ ▽火災ほぼ消える 全焼のもよう ..... more
Tracked from zara's voice.. at 2006-08-16 12:07
タイトル : 8月15日 首相靖国を参拝
首相靖国参拝:小泉首相、靖国時神社に参拝 小泉純一郎首相は15日午前、東京・九段北の靖国神社に参拝した。首相は「内閣総理大臣小泉純一郎」と記帳。献花料をポケットマネーから3万円払った。参拝方式は「一礼」だった。 首相の靖国参拝は01年の就任以来6年連続..... more
Tracked from ニュースは踊る at 2006-08-16 12:40
タイトル : 加藤氏邸放火右翼の醜悪さ
加藤氏は小泉の靖国参拝を批判していた。 15日に田舎の自宅が放火された。97になる母親は外出していて無事だった。 犯人は「右翼団体」に属しているそうである。 右翼というのは日本人なのか。僕には疑問である。あんな醜い人間たちを日本人とは認めたくない心情が強くする。 ①放火をしている。(放火は重罪である。) ②意見が違うものを暴力で封じ込めようとしている。 ③97になる母親が外出していなかったら死んでいた。弱い人間。97の「おばあさん」を殺すことが彼の「やり方」なのか。 切腹をしたらしいが、...... more
Tracked from びーいとうの「言いたい事.. at 2006-08-16 16:58
タイトル : No225 8月15日に思うこと
 こんにちは、伊東です…と言っても、この記事書いているのは、実は16日だったりするんですね。それでも、8月15日という日は、一年の中で一番「戦争」に関して考えさせられる日でもあるのです。本当は、日々常々考えなきゃいけないのでしょうが…。1・私が戦争を嫌いな...... more
Tracked from 薫のハムニダ日記 at 2006-08-16 17:07
タイトル : 光復節にヤスクニ参拝
韓国で今日、8月15日は“光復節”という祝日です。意味は読んで字のごとくです。 そんな祝日の朝っぱらから、みなさまのNHKは新興宗教、靖国神社の報道を垂れ流しておりました。(わかりきっていたことでしたが)「もうエェっちゅーねん」と思いながら韓国のテレビ局にチャンネルを変えて天気予報や国内ニュースなどを見ておりましたが、そこでも“速報で”ヤスクニのニュースが入ってきました。 そこでキャスターの一言。 「小泉首相は国内問題の公約に関しては守らなくても“たいしたことない”と発言したことがあ...... more
Tracked from Die Weblogta.. at 2006-08-16 17:40
タイトル : 濃霧の中での違法操業を正当化する日本政府
漁船銃撃、1人死亡 違法カニ漁の疑いも (共同通信) - goo ニュースについて。  この事件は明らかに日本側に非がある。なぜならば, 1) もともとこの海域は国境問題で微妙な上に,暴力団による乱獲でカニの生息数が以上に減ってしまったため,日露間の漁業協定でカニ漁は全面的に禁止されている。認可されているのはタコやスケトウダラなどの漁なのだ。 2) この記事にもあるように,威嚇銃撃を受けた根室湾中部漁協所属・第31吉進丸はカニかご漁船として日本側の漁協にも登録されている。従って,ロシア国境警備...... more
Tracked from つっこみニュース解説 at 2006-08-16 18:06
タイトル : 靖国参拝についつい釣られてしまっている管理人・・・
<首相靖国参拝>各国の反応 米国は「日本の国内問題だ」2日続けて靖国参拝に関する話題・・・管理人も小泉パフォーマンスにけっこう釣られてたりするワケですね(笑)さてさて、今回の参拝で各国の反応は、というとどうでしょうか。アメリカが一番まともと言えばまともで....... more
Tracked from 非国際人養成講座 at 2006-08-16 20:19
タイトル : 不毛の地に知の果実が実るとき
前回書いた、表と裏の話ですが、この両者の緊張関係が成り立つためには、表がちゃんとしていなければならないわけですが、日本ではこれが壊滅状態なわけです。それは確かに、潰されたという側面もあったわけですけど、それ以上に、自滅という感もあります。 しかし、国民の..... more
Tracked from そぞろ日記 at 2006-08-16 21:06
タイトル : 最後っ屁?-小泉靖国参拝に思う
みなさま残暑お見舞い申し上げます。みなさまお元気でしょうか? 半月ぶりに思いつき... more
Tracked from 土佐高知の雑記帳 at 2006-08-16 22:52
タイトル : 極右評論テロリズム宣言
卑劣なテロだ。 右翼団体(?)の責任者が加藤紘一元自民党幹事長の宅に放火し、割腹自殺をはかったらしい。加藤紘一氏は、小泉首相の靖国神社参拝や安倍官房長官の靖国観を批判していた。 それが気に食わないからと、一歩まちがえ... more
Tracked from アッテンボローの雑記帳 at 2006-08-17 00:38
タイトル : 死者を冒涜する靖国参拝を批判する
 お盆の間も暦通りの出勤で、昨日は炎天下の仕事で疲れたために記事を書くことも書き... more
Tracked from S氏の時事問題 at 2006-08-17 01:11
タイトル : 「靖国問題」を理解しない小泉首相
小泉首相、「いつ行っても批判勢力変わらぬ」  小泉首相は15日の参拝後、首相官邸で記者団に対し、「あえて15日を避けて参拝してきたが、いつも批判、反発がある。そして何とかこの問題を大きく取り上げようという勢力は変わらない。いつ行っても同じ。ならば今日は適切な日ではないかと判断した。これから戦没者追悼式典も行われる」と語った。  02年4月の参拝時、首相は「終戦記念日にこだわり、内外に不安や警戒を抱かせることは意に反する」との所感を発表したが、所感との整合性については「矛盾しない。過去5年を踏まえ、...... more
Tracked from 風に吹かれて at 2006-08-17 06:48
タイトル : 最後まで余計なことばっかりしてくれるNHK(日本の恥小泉)
今日、あのNHK(日本の恥小泉)が、靖国神社へ参拝したわけだけど、一体何のために行ったんだろう?あの冷血極まりない他人に愛情のない人間が「戦争で命を投げ出さなければならなかった犠牲者に対し、心からなる敬意と感謝の念を持って参拝している」なんて心にも思っていないくせに何を言ってるんだろうか。本当にそう思っているんだったら、広島や長崎の式典後に行なわれる「被爆者代表から要望を聞く会」には、なぜ5年も連続で欠席したんだよ?広島の式典に棒読みの式辞を読み、出席者から顰蹙を買った男が靖国参拝しても意...... more
Tracked from 情報流通促進計画 by .. at 2006-08-17 07:42
タイトル : 小泉の靖国参拝問題で小泉のずる賢さ明らかに~というか,メ..
小泉首相が8月15日,参拝をした。まぁ,もう首相を辞めることになっており,先のことを考える必要がない(と思ってる)んだから,参拝を止めることはできんわなぁ…。それにしても,小泉首相のインタビューを聞いていると小泉のずる賢さがよく分かる。小泉は次のように述べた。 「過去5年間の私の靖国参拝に対する批判は3点に要約される。一つは中国、韓国が不愉快な思いをしているから、やめろという意見。私は日中、日韓友好論者だ。一つの意見の違いがあると首脳会談を行わないことがいいのかどうか。私を批判する方は、つきつめれば...... more
Tracked from DANGER at 2006-08-17 10:45
タイトル : 加藤紘一氏の自宅で男が割腹自殺図る?!
加藤紘一氏の自宅・事務所が全焼 男が割腹自殺図る? 15日午後5時55分ごろ、山形県鶴岡市大東町、自民党の元幹事長加藤紘一氏(67)の実家から出火、木造2階建ての住宅と隣接する加藤氏の事務所計約340平方メートルが全焼... more
Tracked from 虎哲徒然日記 at 2006-08-17 11:16
タイトル : 小泉首相靖国参拝の「功績」
朝も早くの靖国参拝。見物に行った方々もお疲れさん、である。 就任以来6度目の参拝でついに8月15日参拝実現の公約を果たし、政権の最後を締めくくることができた。例によって記者会見では、従来の論理を繰り返したので改めてここで言及することもないだろう。 しかし....... more
Tracked from 雑談日記(徒然なるままに.. at 2006-08-17 12:59
タイトル : 佐高信氏さんの呆れ果てぶりを漫画にするなら、こんな感じか..
(クリックすると拡大します) ① ② ③ 退陣1カ月前に暴挙 彼は果たして正気な... more
Tracked from Re哥's blogroom at 2006-08-17 21:04
タイトル : 首相靖国参拝雑感
 朝、書いた通りだが、小泉首相が靖国神社に参拝したとの事。日程の都合とかもあって、早朝参拝となったのは、ある程度予測が付いたものかもしれない。また、参拝方法については、これまでと特に変わった事はなく「署名は官職... more
Tracked from 三輪のレッドアラート! at 2006-08-17 22:29
タイトル : 下種に抗議する為に命を捨ててはならない・・・
加藤紘一衆院議員の実家と事務所全焼  15日午後5時50分ごろ、山形県鶴岡市大東町の自民党元幹事長、加藤紘一衆院議員(67)の実家敷地内から出火、3棟のうち加藤議員の母、於信(おのぶ)さん(97)宅と加藤議員の事務所の木造2階建て計約340平方メートルが全焼。別棟の加藤議員宅は無事だった。  敷地内で腹部に切り傷のある男が血を流して倒れており、病院に搬送された。ほかにけが人はなかった。山形県警は、男が事情を知っているとみて回復を待ち聴取する。  県警は、現場に火の気がなく、火の回りが速かっ...... more
Tracked from 逍遥録 -衒学城奇譚- at 2006-08-17 22:53
タイトル : 「対馬丸~さよなら沖縄~」
8月15日の終戦記念日に、テレビで放送していたのを観る。 ずいぶん前に観た記憶があるのだが、オトナになって観るのは初めてだ。 ? 昭和19年、戦況の悪化をつづける日本。 米軍の沖縄への侵攻を想定した軍部は、子どもたちをはじめ足手まといになる民間人を、本... more
Tracked from 浮 世 at 2006-08-18 13:31
タイトル : 靖国問題:右翼構成員 加藤紘一衆院議員実家に放火
加藤紘一衆院議員の実家と事務所全焼 放火か 15日午後5時50分ごろ、山形県鶴岡市大東町の自民党元幹事長、加藤紘一衆院議員(67)の実家敷地内から出火、3棟のうち加藤議員の母、於信(おのぶ)さん(97)宅と加藤議員の事務所の木造2階建て計約340平方メ...... more
Tracked from 長江将史~てれすどん2号.. at 2006-08-18 13:53
タイトル : 学生が考える小泉総理の靖国神社参拝と、最新映画。
昨日のTVタックルでも論議されていた靖国神社参拝。いち大学生がエラそうに論じるつもりはないのだが、いわゆる小泉総理最後の使命の実現に、純粋に感動した。... more
Tracked from 閑話ノート at 2006-08-18 17:09
タイトル : 小泉首相、靖国参拝演義
{/kuma_wel/}{/fuki_yonde/} 首相官邸執務室 ◆小泉首相 「富田メモ*か。厄介なことになりそうだな」 *昭和天皇が靖国神社へのA級戦犯合祀に不快感を漏らしたといわれるメモ。 「良いか。国内の動静を探ってくれ」 「中韓?それは考えなくて良い。麻生外相が現地大使館に当たっている」 「みんな観念して織り込み済みだ!」 ◇官邸スタッフA 「ハイ。承知しました」 ◆小泉首相 「うむ。親中派は分かっておる。問題は世論だ」 ◇官邸スタッフA 「ざっと当たりましたが、世の中喧々諤々であります...... more
Tracked from 幸せになるために at 2006-08-19 13:51
タイトル : 自由に意思表明ができない時代はイヤだ!−言論弾圧テロ
加藤紘一さんを応援する。 信念を貫く姿勢を崩さず、進む加藤紘一さんの勇気に続こう。   小泉政権を支持している団体や人が、暴力組織だということを、しっかり心に留めよう。 暴力組織の言いなりにはさせない日本を創ろう。     加藤紘一さん ....... more
Tracked from エクソダス2005《脱米.. at 2006-08-19 14:24
タイトル : 改正入管法からみえるもの:国の情報、データベース管理が外..
共産主義者同盟の一分派である戦旗日向派(荒岱介)は90年代にマルクス・レーニン主義を放棄して名前もブント (BUND) と変更し,路線をエコロジー運動に切り替えた.SENKIはブントの機関紙であるが,なかなか読み応えのある記事を散見する.特に各界・各氏を選択し,独占取材して構成する「インタビュー」がおもしろい.一読をお勧めする(無料). ←ご協力お願いします!アクセンチュア社については本ブログでも何度か取り上げているが,本社をバミューダに置く正体不明の無国籍企業である.正体不明というより正体の...... more
Tracked from 斜46° at 2006-08-19 15:05
タイトル : 小泉首相が終戦記念日に靖国参拝
{/hiyos/}今日は朝早うから夜遅うまで、小泉はんの靖国参拝のニュースでもちきりやったな。ブログもその話題で盛り上がっとるみたいやで。 そやけど、中国と韓国は相当きつく非難しよったな。日本の中国韓国との関係はこんなんで大丈夫なんやろか。 {/kaeru_ang2/}大丈夫や。ぜんぜん心配あらへん。 {/hiyos/}ええ? そうか。中国なんか大使を召還するとまで言うとったで。 {/kaeru_ang2/}終戦記念日に小泉はんが靖国に参拝するっちゅうのは、前々から大方分かっとったことや。直前に...... more
Tracked from 日本の中心で、馬鹿を叫ぶ! at 2006-08-20 15:54
タイトル : 加藤紘一氏の実家が放火全焼、なぜ小泉首相や安部官房長官は..
小泉首相の8月15日靖国参拝を批判した加藤紘一氏の実家が全焼した事件をめぐり右翼団体の関係者による放火の疑いが持たれています。このような言論封殺のテロ行為に対して小泉首相や安部官房長官が非難声明の一つも出さないというのはどういうわけでしょうか?しかし一番困惑しているのは、靖国神社に参拝した一般人かもしれません。少なくと... more
Commented by とむ丸 at 2006-08-16 10:27 x
 来客続きと墓参りに忙しい15日、PCの前に坐ったのは夜になってからでした。そこで加藤紘一さんの実家の火災を知り、これはテロだ、と直観しました。嫌な世の中だ、と思わずつぶやきながら。犠牲者の出なかったことがせめてもの慰めですね。
Commented by ぼとむ at 2006-08-16 13:04 x
ただの卑怯な過激派よ
戦争を知らずして、靖国だ何だ言う奴のモラルは所詮こんなもの
ただのオタク
Commented by んだ at 2006-08-16 13:17 x
まだこういう人いるんだなぁ… 誰がこれに対して得をするのだろうか?
Commented by mew-run7 at 2006-08-16 15:49
とむ丸さん、コメント有難うございます。

私も昨夜遅くになってから知って、本当に驚きました。
と同時に、「もしや」と思い、憤りを感じました。

本当にお母様や事務所の方々がご無事だったのがせめて
もの救いでしたが、長年住まれていて、お母様ご自身の
物や思い出の品(亡くなったお父様の遺品なども)全て
失われたときき、胸がつまる思いがしました。

どのような思想を持つのも自由ですけれど、このような
暴力行為だけは許されるべきではないという風潮を
国民全体で作って行く必要があると思います。政治家
もマスコミも、もっとその点をアピールして欲しいです。
Commented by mew-run7 at 2006-08-16 15:50
ぼとむさん、コメント有難うございます。

もし思想的なものが背景にあるとしたら、これほど
ヒキョ~な方法はないと思います。
相手の家族(高齢の母親)が住む生家を狙うなんて。
思想的には同じor近い人たちも決してヒーロー扱いは
しないで欲しいです。
Commented by mew-run7 at 2006-08-16 15:50
んださん、コメント有難うございます。

もし、思想的なものが背景にあるとしたら、このような
行為をした場合、同じような思想を持つ人にも不利益や
損になることが多いと思いますのに。
彼らの中にも、いい迷惑だと思う人が多いかも知れません。
Commented by 宿り木 at 2006-08-16 18:33 x
そうですね、以前に「こういう馬鹿を面倒見るものが必要なのです。なにしろこの手の馬鹿は本当に頭が悪いので何をするか解りませんから」と、ある団体の幹部が言っていました。 
「お馬鹿さん」というのは誰にとっても「いい迷惑」でしかありません。
Commented by kmura at 2006-08-16 21:01 x
>他人の思想や表現の自由(考え方)を尊重できない者には、自分の思想や言論を主張する資格はないと思う。
→牛歩なんかやる野党に言って下さい。
関係ないけどね。
前BBCでもやってましたがなぜか極右には、在日が多いそうですよ。
右翼、過激な人物というな単純構図でもなく、サヨクにしろウヨクにしろ危険な人は危険というだけだと思います。
それと河野さんの発言は驚くに値しません。彼は謝罪外交(河野談話)で日本外交を迷走させた一人だと思います。彼の発言が意外というのは勉強不足に思えますが・・・。
Commented by morichan at 2006-08-16 21:12 x
8月15日の夜になって、小泉の靖国参拝は、いよいよ新たな時代の始まりと自覚しました。それも真っ暗な時代。
 平和憲法を変え、天皇の靖国への公式参拝を定式化するための新たな法律を作り、結局、太平洋戦争は侵略戦争ではないことを国家を挙げて主張しようとするものです。それ故、日の丸・君が代そして教育勅語を子供たちに教えることにより、庶民を国民にし、愛国心を持たせ、お上に楯突く庶民を排除することに成功する。
 この第一歩が小泉靖国参拝です。
 これに向けて、何があっても抵抗し続ける私の覚悟を決めた日でした。何があっても私のブログで言葉でも抵抗し続ける覚悟を込めた日でした。語り続ける抵抗の日が今日です。
Commented by mic at 2006-08-16 22:19 x
>kmuraさん
本文について「右翼だから危険」というニュアンスのことを書いてあるとは思えませんが、どこを読んでそう感じられたのでしょう。野党とか属性にこだわっているのはむしろあなたなのでは。放火という犯罪行為に牛歩戦術を引き合いに出されてもね。

>極右には、在日が多いそうですよ。
在日が多いからどうしたのか、前後の文章とつながりが見えません。ま、真偽のほども知れない伝聞情報に耳を傾けるだけ無駄かも知れませんが。
Commented by mic at 2006-08-16 22:44 x
それはさておき、
>「(病院に運ばれた男が)靖国(神社参拝問題)の思想的なものと関係があるのか、’(精神的な要因による)突発的なものか、先入観は持ちたくない」と語っていた。
こういうコメントが出せる加藤さんは大人というか、よくできた人だと思いますね。自宅を焼かれて外見上とはいえなお客観的な姿勢を保つことができるのは、頭が下がるというか何というか。
と同時に、「自説を曲げるつもりはない」と言われたとのこと、この季節を過ぎると忘れられがちな問題なので、この問題の議論の場を広げるべく頑張ってほしいものです。
Commented by FK at 2006-08-16 23:39 x
小泉さんが靖国参拝の問題点を中、韓の反発だけを問題にせず、A級戦犯の合祀、政教分離の問題について言及した事は評価できます。(私としてはその内容では全然納得できませんが。)

私は首相(主要閣僚も含む)の靖国参拝は反対の立場ですが、国民の中には参拝を望んでいる人も多くいます。もし、今後、首相が参拝を取りやめるとしても(安倍さんは無理だと思いますが)今度は参拝を支持する国民を納得させねばなりません。参拝を望んでいる国民には靖国史観を尊重している人もいると思いますが、多くは中、韓に対する感情的な反発が主でないかと思っています。

中国も前江沢民主席の時のような傲慢な態度(1998年の宮中晩餐会での発言は私も怒りを覚えました。また、それ以降日本で急激に右傾化が進んだような気がします。)をとらず、友好的な態度で接して欲しいと思いますし、日本の政治家もそのような事については意見を述べるべきだと思います。

つづく
Commented by FK at 2006-08-16 23:53 x
1985年に中曽根さんが公式参拝した時には、中国政府に対して十分根回しをして、参拝したと記憶しています。しかし、中国政府が認めても中国国民の多くがその事に憤慨し政府を攻撃し、政府も国民感情を無視できず翌年以降参拝中止を強硬に求めたのだと思っています。

真に日中友好を考えるなら政府間だけでなく、各々の国の国民感情も考慮して行動しなければ無理だと思います。私はそれができる政治家、政党を支持したいと思っています。なにか近頃の動きを見ていると、どちらの国も国民感情を敵対的に煽って、外交問題を屈する、屈しないの対立にしてしまって非常にアブナイ感じがします。
Commented by mew-run7 at 2006-08-17 09:23
宿り木さん、コメント有難うございます。

どのような思想でも、反対する相手に暴力的行為を行なう
ことが正義であると考えるのは、本当に危険だと思います。
もし、そう思い込んでいる人たちがいるとすれば、今回の
ことで、そうではないことを、関係者はもちろん、マスコミ
国民全体で知らしめる必要があると思います。
Commented by mew-run7 at 2006-08-17 09:23
kmuraさん、コメント有難うございます。

先に河野衆院議長について言えば、彼は自民党の中では
好きな議員のひとりですし、過去の発言もおおむね知って
います。でも、今回あのような場でのスピーチで戦争責任
の話を織り込むとは思いませんでした。
土井たか子氏の時もそうでしたが、国会の議長は三権の
トップとして名誉ある職ではありますが、議長になって
しまうことにより、政治的発言がしにくくなってしまう
ので、色々と忸怩たる思いが募っていたのかな~と感じ
たりもしました。
お互いに考え方が違うので、評価は異なるでしょうが。
私は彼が首相になれなかったのは、本当に残念でした。

思想によって暴力行為を行なってはならないというのは
右も左も関係ないと思います。在日の人なのか日本人
なのか何人なのかも関係ないと思います。
逆に、何か起きると、すぐに在日が云々という人たちの
発想に疑問を覚える面があります。
Commented by mew-run7 at 2006-08-17 09:23
morichanさん、コメント有難うございます。

私は昨年の911衆院選で(実際には解散に至る過程で)
その危険性を感じました。もしこのまま行けば、民主主義は
崩壊してしまう。なのに、政府、国会内で誰もそれを食い
止められない。頼みの国民も、見事に術中にハマってしまい
ました。このまま、国会でも国民の間でも、ろくに議論も
行われない状態で、憲法改正に向かったらどうしようと、
本当に日本はアブナイと思った次第です。

今回の靖国参拝が強行できたのも、憲法・教育基本法改正
に熱心な安倍氏がスンナリ総裁になるのも、あの衆院選の
大勝が大きな後ろ盾になっているように思います。

私も微々力ながら、ブログを通じて、この流れを止める
ためにアピールして行きたいと思います。
小さな石(意思)も集まれば、大きな岩のようになって
川の流れをせき止められると信じて。頑張って行きましょう!
Commented by mew-run7 at 2006-08-17 09:24
mic さん、コメント有難うございます。

本当にこういう時でも、冷静&客観的に状況を見極めようと
するのは、本当に加藤紘一氏らしいと思いました。
そこが彼のいいところ<私が好むところ>なのですが、
政治家として迫力不足や押しの弱さ(強引さ)のような
ところにつながってしまって、権力闘争で負けてしまった
要因なのかも知れませんが。

いまや自民党で、外に向かってまともにモノを言えるのは
加藤氏を含め、限られた人しかいませんので。
今回のことは本当に残念ですが<何よりお母様にとって>
これに屈せず頑張って欲しいです。
<彼は政界再編の際、キーマンのひとりになり得るのでは
ないかということも、期待しています。>
Commented by mew-run7 at 2006-08-17 09:24
FKさん、コメント有難うございます。


私はもともと靖国参拝の問題は、中韓の反対云々に関わらず、
国内問題<憲法&国のあり方>だと考えているわけですが。

小泉氏&その周辺は、最初の参拝の時から、国民の目を
中韓との外交問題にうまく持って行ってしまったように
思います。<これはわかりやすいですし、私でも、靖国神社
に何も問題がないと思えば、内政干渉じゃないかって思って
しまいますから。>
また、これを利用して、中国、韓国への敵対心をあおろう
としている人たちがいることにも問題を感じています。
お互いにそれをやり合っているうちは、いい外交などできる
はずがありませんものね。

やはり靖国神社の問題を、きちんと国民に伝えた上で、
国民に考えてもらうことが必要だと思います。あの戦争を
どうとらえるのか、これも大事です。その前提がないまま
世論調査で賛成、反対とかやっていても、意味がないよう
な気がする今日この頃です。
Commented by intrstg at 2006-08-17 11:32 x
卑劣な放火・テロの被害に遭われた、加藤氏とご家族の、「旧の回復」、---まことに言葉を失います。
小泉氏の靖国問題についてのこのような執拗なやり方は、『尻馬乗り』の「考えない若者」や「暴力」を生んでいる、と思えてなりません。(なお、靖国の問題について、考える若者、考える右翼の方々も居ると思います。考える際には、どうか歴史的事実の経過を明察して下さい。)
静かに、靖国の問題を考えたいものです。
Commented by mew-run7 at 2006-08-18 03:09
intrstgさん、コメント有難うございます。

私も、自分なりの歴史観や考えを持って、自分の考え
を主張することは悪いとは思いません。
ただ、ともかく、自分と意見と異なるものに対して
暴力的な行為で抑圧しようという姿勢は、いずれの
立場からも批判されるべきだと思っています。
小泉首相との関連については、このあとの記事で
取り上げられればと思っています。
Commented by kaetzchen at 2006-08-19 19:12 x
私個人は mew-run7 さんの考え方は少し「生ぬるい」と考えています。つまり,「自分と意見を異にする者に対して暴力的な行為にて抑圧しようとする勢力」に対しては,それと同等以上の武力制圧をかけるべきだというのが学生時代からのポリシーであり,そのために剣道の段位を剥奪されたこともあります。しかし,暴力に対しては暴力で対するしかない,今は既にそのような時代に向かってしまったのではないでしょうか。テロリズムについて,皆さんも真剣に勉強し,考えて頂くことを私は望みます。

# 参考として Ray Bradbury "Green Shadows, White Whale",1992, Bantam Books をお薦め。あいにく和訳が出てるかどうかは知りません。
Commented by mew-run7 at 2006-08-20 02:51
kaetzcheさん、コメント有難うございます。

確かに生ぬるい面はあるかも知れませんが、だからと言って、
「暴力に対しては暴力で対するしかない」と考えてしまったら
私が何より望んでいる「平和で平穏な生活」が維持できない
と思うので。以前MY POLICYにも書きましたけど、
甘ちゃんと言われようと理想論だと言われようと、暴力や
戦争を否定する方向で、色々書いて行きたいと思っています。

テロでも戦争でもそうですが、いかに先行する暴力を生まない
ようにするか、そこが課題なのではないかと思っています。

本を紹介して下さって有難うございます。ただ正直なところ
近時、英語力と根性が著しく低下しているため、まともな本
を英語で読むことはもう不可能かも知れません。<最近、
日本語の本もほとんど読んでいなかったりするです。^^;>
Commented by ああああああ at 2008-11-07 16:59 x
右翼?どうせ似非右翼の犯行でしょ
by mew-run7 | 2006-08-16 04:09 | 靖国参拝に関して | Trackback(32) | Comments(23)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7