「子供を飼い慣らす」「日本が滅びるとショックを与える」教育再生?!+鳩山・安倍の代表質問 

 最初に、是非皆さまに見ておいて頂きたいものが!<特にお子様のいる方には!>
これを見たら、「安倍政権に日本の教育を任せるのはアブナイ!」と実感して頂ける
のではないかと思うのだ。

 これは小渕&森首相の時に、首相が開催する形で、今後の日本の教育のあり方につい
て検討するために作られた「教育改革国民会議」の報告資料なのだが・・・。<当時の
官邸HPに残っている。>
 安倍首相と共に教育再生を主張している仲間たちは、この「教育改革国民会議」の
提案をかなり重視していて、再生のための具体的なプランを決めるために大きな参考に
しているのだ。<イギリスのサッチャー首相が行なった教育改革も、かなり参考にして
いるようだが。> また、これは教育基本法の改正案を考えるもとにもなっていた。

 要は彼らは、戦後教育には問題があったということを前提にして、日本の教育を精神
的な面も含めて、根本的に変えるべきだと考えているのである。<中には、新しい時代
への対応を考えている人もいたが。>

 コチラがTOPページなのであるが、是非見て頂きたいのは、このページだ。
「1.子どもへの方策」「2.大人や行政が主体となって家庭、学校、地域で取り組む
べきこと」というタイトルで、この会議で提案された事項を表にまとめたものなのだが。
 
「これが首相開催の形で行なわれた会議なの?」と思いたくなるような、ビックリする
ような記述がたくさんあるのである。

 たとえば、

『(行政が)子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう』

『「ここで時代が変わった」「変わらないと日本が滅びる」というようなことをアナウンスし、ショック
療法を行う』

『一定レベルの家庭教育がなされていない子どもの就学を保留扱いする』

『遠足でバスを使わせない、お寺で3~5時間座らせる等の「我慢の教育」をする』

『簡素な宿舎で約2週間共同生活を行い肉体労働をする』

『満18歳で全ての国民に1年ないし2年間の奉仕活動を義務づける』などなど。

 ある意味では、いかにもという感じなものとして、『団地、マンション等に「床の間」
を作る』『学校に畳の部屋を作る』『教壇を復活させることなどにより、教師の人格的
権威の確立させること』などというものもある。

 この件は改めて取り上げたいが、これから官邸に作られる「教育再生会議」では、この
報告も参考資料にされると思われるので、教育に関心のある方には是非読んで頂きたい
と思い、先にアップすることにした。


<つづきは ↓More をクリック>



* * * * * *

 2日の衆院本会議で行なわれた民主党鳩山氏の代表質問&安倍首相の答弁を見た。

 何か二人とも話し方がタルイ感じなので、話を聴くのにかなりの苦痛を覚えてしまっ
た。・・・今までより国会を見る人が減ってたり、政治に関心を持つ人がますます減って
しまったりするのではないか、と心配になってしまう。

 それに鳩山氏が、格差社会の問題を追及しても、どうもリアリティに欠けるとこが
あるんだよな~。教育基本法の問題だって、鳩山氏は「愛国心」を入れたい派でしょ?
<やっぱ、菅氏がやった方がよかったんじゃないかと思った。>

 小沢代表が復活して、党首討論が始まったら、チョットは迫力のある&興味深い論戦
が見られるのだろうか?<そうあって欲しい!>

 文末に報道記事をアップするが・・・。安倍首相は、歴史認識、靖国参拝、消費税
などなど、都合の悪そうなことは、ともかく答える気はないらしい。
 そういう質問には、ひたすら所信表明などのために用意した原稿を、何度でも繰り
返してそのまま読むという答弁をするばかり。<どこが闘う政治家なんだか・・・>
<歴史認識はとりあえず村山談話を踏襲するらしいが、全文かどうかは不明。>
 
 
 来週訪問する予定の韓国側にも、外務省から「あいまいな政策を理解して欲しい」
と説明しているという。中国側にも「お互いが条件を付けずに、虚心坦懐に両首脳が
胸襟を開いて話ができる場をつくることが大切だ」と、靖国参拝しないことを条件に
しないように交渉を行なっているようだ。
<韓国訪問は本当に決まったようだが、中国訪問はメディアによって決まったような
書き方をしているところと、まだ最後の調整みたいに書いてあるところがある。どう
なっているのだろう? やっぱ「靖国」でもめてるのかな?>

 安倍首相は、こんな調子でのらりくらりと参院選までやって行く気なのだろうか?
それとも、ヤブを突っつくうちに何か出て来るだろうか?
 このあとも、できるだけ安倍ウォッチングを続けて行きたい。
<今日は参院で民主党が集団的自衛権をメインにツッコむ予定らしい。>

 共謀罪に関しても、新展開があるようだ。<米国が条約批准の際に一部留保をして
いたとか。外務省が条約を作る際に「日本の法体系に合わない」と主張していたとか>
 こちらの方も改めて取り上げたいが、民主党&野党の頑張りを期待したい。

                          THANKS

【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも
多くの人に安倍政権や社会の問題点を伝えられるように、ご協力をお願いします。
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリックが
頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ

2日の代表質問に関して <愛媛新聞3日>

『安倍流の「あいまい戦術」をどこまで貫くのだろうか。
 安倍晋三首相の所信表明演説に対する代表質問が始まり、きのうは衆院で民主党と自民党の計三人が登壇した。
 首相となって初の国会論戦で、キャッチフレーズ先行といわれた所信表明にどう肉付けするのか、大いに注目された。
 まず関心を引いたのは、A級戦犯の戦争責任について「政府として具体的に断定することは適当でない」と明言を避けたことだ。自民党総裁選から一貫する姿勢であり、「戦争犯罪人」とした小泉純一郎前首相の認識から後退している。
 小泉氏は靖国神社参拝によりA級戦犯合祀(ごうし)を問題視する中国や韓国との関係を悪化させた。この点、安倍氏は戦争責任をあいまいにするのと同時に、東京裁判に関しては「異議を述べる立場にない」と述べた。
 国内向けにはフリーハンドを保ちつつ、外交面では説明を使い分けて中国や韓国に批判の余地を与えず、関係改善の環境を整える。したたかな知恵といえなくもない。参拝の事実を明らかにしない、とあらためて述べたのも同じだろう。
 首相は八日に中国、九日に韓国で首脳会談に臨むという。早期に関係改善をはかろうという意欲はひとまず評価したい。
 ただし、肝心なのは会談の中身とその後の言動であって、あいまい戦術がいつまでも通用するとは考えにくい。
 加えて、歴史認識や靖国参拝は首相が思い描く国家像の根幹にかかわる。政治家が「謙虚であるべき」なのは歴史認識を語ることに対してではなく、歴史そのものに対してのはずだ。憲法問題をはらむ靖国参拝でも、事実関係さえ公表しないのは説明責任を果たしていない。
 これに限らず、よどみない答弁の半面、あいまいな言い回しが目立った。
 たとえば「逃げず、逃げ込まず」を掲げる消費税だ。意図するところは理解するが「本格的、具体的議論は来年秋以降」と述べるにとどまった。
 負担増以前に歳出削減を徹底するのは当然にせよ、それだけで基礎的財政収支を二〇一一年度までに黒字化させるという政府の目標を達成するのは難しいとみられており、増税論議は避けて通れない。それでも議論は来秋からというのは、やはり参院選を意識してではないか。もしそうなら自らのめざす「闘う政治家」とは相いれない。
 天下り規制では「公務員改革全体のなかで検討する」と歯切れが悪く、官僚機構に対抗すべく官邸機能強化をめざす首相らしくない。足元の自民党の中川秀直幹事長が再提出の必要性を明言した社会保険庁改革関連法案でもかわす答弁に終始した。
 今国会では教育改革や再チャレンジ支援策など重要課題が待ち受ける。だが、小泉氏のようなワンフレーズから多弁へ一転しても、言葉があいまいでは議論の深まりは望めない。
 委員会審議や党首討論もある。本質部分を掘り下げた中身の濃い論戦を期待したい。 』


中韓訪問について

外務省の谷内正太郎事務次官は2日夕の記者会見で、安倍晋三首相が靖国神社参拝に関し明言しない「あいまい戦術」を取っていることについて「首相がそういう考えであることは中国、韓国に伝えてある」と述べ、両国との首脳会談に向けて理解を求めていることを明らかにした。
 その上で「政治的困難は両国ともにある。ともに努力して克服し、首脳会談をやろうとしている」と指摘し、中韓側から一定の理解を得つつあるとの認識を示した。 <共同通信2日>
[PR]

by mew-run7 | 2006-10-03 08:45 | 安倍政権に関して | Comments(30)

Commented by 明月 at 2006-10-03 10:18 x
すみません。「是非見て頂きたいのは、このページだ。」のリンクがトップページになっています。どのページか教えてください。
Commented by mew-run7 at 2006-10-03 10:34
明月 さん、コメント有難うございます。

ご指摘有難うございます。リンクでミスをしてしまいました。
すみません。m(__)m
改めてリンクをし直しました。『このページ』のところから、飛べます。
Commented by JAN at 2006-10-03 12:35 x
初めまして。今回書かれている記事のほんの一部について、少し伺いたいと思います。
10.23通達に関する署名のお願いについてです。
私はあえて署名しなかったのですが、この10.23通達に対してここまで反対する事に、果たして意味があるのでしょうか。『国家や国旗は強制するのではなく、自然と国民に溶け込む物だ』とリンク先に記載されていましたが、大人、それも教育を率先して行う教員がそれを拒否していたら、子供はどう思うのでしょうか。
子供はそもそも国旗の意味や国家の意味などホトンドわかっていないのではないでしょうか。そんな中で、大人が『嫌だから国家は歌わない、国旗は揚げない』と言っていたら、自然に浸透するも何も無いと思うのですが、どうなのでしょう。
そもそも、自国の旗の下に集わない国民って一体なんなんでしょう?
歌詞に若干問題はありますが、自国を称える歌を歌いたくない国民って一体なんなんでしょう?
日本人とは、一体何を以って繋がっている人達の事なんでしょう?
10.23通達というのは法に触れる通達なのかも知れませんが・・・
Commented by mew-run7 at 2006-10-03 13:58
JANさん、コメント有難うございます。

今回の通達は単に起立して君が代を歌いなさいというだけではなく、
国旗に真正面を向いて、ピアノ伴奏で、式典にふさわしい服装で、
など決められており、従わなければ処分を行なうというものでした。

そして、都の職員が各教師の態度や服装、大きな声で歌っているか
などをチェックして、問題があると研修に呼び出したり、減給や停職など
をの処分を行なうどして、かなり強引に従わせようとしていたという現状
がありました。
判決も、国歌、国旗は尊重すべきことや、子供たちにきちんと教える
ことは必要だけど、このような通達の内容はあまりに強制的で、憲法
の思想・良心の自由に反して、教育基本法の不当な支配に当たるので、
違憲違法だと判断した次第です。

こういう通達も許されるとすると、結果的には子供たちにも色々な
ことを強制することに繋がりかねません。たとえば、愛国心や偏った
歴史の教育を強制されることもあり得るわけです。<ただの愛国心
ならいいのですが、「国を守る気持ち」とか>それで、反対する人が
少なくないのだと思います。
Commented by 語るに堕ちる。 at 2006-10-03 18:12 x
子どもを厳しく「飼い馴らす」必要がある----!!!???驚きました。
子どもを育てたことの無い人が委員になっているのではないでしょうか???、子どもの教育を語るのには、まず謙虚になるべきだと思います。
あらためて、教育改革国民会議委員名簿の一人ひとりの名前を見ました。(コチラがTOPページなのであるが、より)   現代日本の教育の荒廃はこの委員たちによるのではないかと、しかと痛感されました。といいますのは、委員の大部分の人たちはは戦後日本の教育の当事者だった訳ですから。いまさら何を言っているのですか?と言いたい。
Commented by ヤスヒト at 2006-10-03 18:21 x
どうも失礼いたします。
コチラの記事、拙ブログにて取り上げさせていただき、関連記事など書かせていただきました。
つきましてはTBもさせていただいております。どうかご了承を。

しかし、官邸のサイトに行ってみましたけど、これSFの世界です(笑)
いや、笑ってる場合じゃないかも知れないですけども。
いずれにせよ衝撃でございました・・・。
Commented by FK at 2006-10-03 19:05 x
アベアベ詐欺、新たな認定です。

<教育基本法ーナショナリズム>(危険度1)

(建前) 国の自然や地域や家族への帰属意識を持てば、自然に愛や誇りを持ってそれらを守る気持ちにつながる。

(本音) 国を守るために政府で子供を飼いならすのだ。
     日本が滅びるとショックを与え国民に支持してもらおう。

(被害者) 子供、親

個人的には、テレビ番組を少しずつ上品で道徳的なものにすれば民度は上がってくると思っています。最近ではテレビは殆ど見ませんが、たまにワイドショーや報道番組を見ますと、レベルが低すぎてイライラします。
あと、署名送りました。

ps)今日の一言
映画「シンドラーのリスト」の続編
「シンゾウのリスト」 (監督、山本一太)
Commented by FK at 2006-10-03 20:19 x
後から思いついたのですが、先の国会審議を見た限りは、この資料は野党の人も知らないと思います。誰か期待できる議員に知らせてあげてもいいと思います。非常にいい資料だと思います。
Commented by basilicus(バジル) at 2006-10-03 21:45 x
興味深いページを教えて頂いて、ありがとうございました。笑いすぎて涙目になってしまいました。これを平気で閲覧させている神経が恐ろしいです。拙ブログにも貼らせて頂きます。
簡素な宿舎、床の間、畳もその妙な具体性が楽しいのですが、「名刺に信念を書くなど、大人一人一人が座右の銘、信念を明示する」
いいですねえ、議員の皆様のご名刺を是非公開していただきたい。
これから私も名刺に書く信念を考えよう。眠れなくなりそうだ。
Commented by snakeasyl at 2006-10-03 23:10 x
はじめまして、不定期に巡回させてもらっております。
「徴農」発言も飛び出した例のシンポジウムに関するこんなコトご存知ですか?教育基本法特別委の稲田議員について
http://shizunaijin.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_de5b.html
http://d.hatena.ne.jp/opemu/20061001/1159635814#tb
http://www.videonews.com/on-demand/281290/000901.php
北海道新聞の報道が事実だとするなら、こういう人物には今後教育を語ってもらいたくないですね。
Commented by Rolling Bean at 2006-10-04 00:16 x
こんにちは。TBを送らせていただきました。
わたしも先ごろ知人からこのURLを聞いて鼻血が出そうな思いで読んでおりました。

いくらなんでも現実的にはこうした暴言を吐く人は淘汰される…かと思いきや、実際こういう教育と調教を履き違えている教育者(と呼べるのかどうか)は、体験的に、確実に存在します。現場にも教育委員会にも。
彼ら彼女らが言い出しかねない内容が平然と書かれていますね。

わたし自身、「叱れば叱るほど子どもはよくなる」「何十キロ体罰で走らせても問題はない」などなどなど、ハァ?と思う言説を語られる現場の方々に、もしかしてここって戦前なの?と呆れていたのですが、さっきふと思いました。
・・・もしかしたら本当にまた「戦前」なのかもしれないって。

サッチャー政権に学ぼうとすることの愚については、数週前の週刊エコノミストや週刊ダイヤモンドにコラムや記事がありました。
また、教育基本法の新旧対照表は、。「教育基本法の改革をとめよう!全国連絡会」のサイトにある
http://www.kyokiren.net/_recture/date060428.pdf
が詳しいです。
Commented by nodanger at 2006-10-04 08:00
この批判の仕方はきわめて卑怯です。

トラックバックもしましたが、発言者不明、発言の文脈不明のメモみたいな資料ではなく、中間報告のほうを読むべきです。
復古主義的、家族主義的な意見だけ取り上げて批判していますが、中間報告にはもっと多様な方針が提案されています。

こんなアンフェアな議論のしかたではなく、正々堂々とやりましょうよ。
Commented by kojitaken at 2006-10-04 08:23 x
ちゃちゃです。
「日本はアブナくない」というブログからのTBにはブッ飛びました(笑)。飛んでみてそのデザインにまたビックリ。
アンチのブログまで開設させてしまうとは、mewさんのブログのパワーは素晴らしいです。
私もガンバって、「きまじめな日々」とでもいうアンチサイトを開設してもらうくらいになりたいものだと思っています(笑)。
Commented by 無党派 at 2006-10-04 09:20 x
「日本はアブナくない」と言うブログを見てしまいました。久しぶりに大笑いしました。あちらの管理人さんも楽しいお方のようです。

>こんなアンフェアな議論のしかたではなく、正々堂々とやりましょうよ。

このフレーズも笑わせて頂きました。タイトルもデザインも全くマネしてブログを立ち上げた方の、お言葉とは思えません。しかし、少しでも多くの方に見てもらうためには、かえっていいのかもしれません。もしかして、あちらの管理人さんの正体はmew-run8さんでしょうか?
Commented by なるほど♪ママ at 2006-10-04 10:01 x
こんにちは。
拙い私のブログに、ご訪問&コメントを頂きまして、ありがとうございました。

こちらのブログと、記事等、近い内に、ぜひ、記事にさせて頂き、普通のママ達にも、憲法の改正の、布石ともいえる、教育基本法の改悪の流れを、少しでも、多くの方に、知ってもらえれば・・・と、思います。

では、ささやかな事しかできませんが、どうぞ、宜しくお願い致します。では、クリックして帰ります。

PS.東京都緊急メールの件は、別のブログさんのお知らせでみて、一応、参加させて頂きました。
Commented by ニケ at 2006-10-04 10:11 x
mewさん、久しぶりに驚きました!^^いや~実にいい記事です。
しかしいくら情報時代とはいえ、こんなのが堂々?^^と議論され公開されていたのですねえ~

座長(江崎玲於奈氏)以下のメンバーをみたら浅利 慶太氏もいた(驚!)
何年かの後に“美しい国、日本”なんて劇でも見せられるのか?
最近は『有識者』に名を連ねる人たちへのイメージが変わっていってしまう。江崎玲於奈氏もウィキによれば>教育改革国民会議の会合において、遺伝子レベルでの出生選別(日本を背負って立つエリートを見つけ伸ばす為の)とも取られかねない発言をし、物議を醸す。<だったそうで・・

現在日本の政治ばかりではない指導層全体はどのような「醜い国」を作ろうとしているのかと思うと空恐ろしくも情けなくなります(涙)

Commented by mew-run7 at 2006-10-05 05:49
語るに堕ちるさん、コメント有難うございます。

私もコレらを見て、本当にビックリしました。(・o・)
委員すべての年齢までチェックしていないのですが、
おそらく50~70代だと思いますので、戦中か戦後
の教育を受けているのだと考えられますが。
彼らはどのような教育を理想としているのか、子供
たちをどのような国民に育てたいと思っているのか
・・・何だかイメージをすると恐ろしくなってしまう
です。
Commented by mew-run7 at 2006-10-05 05:49
ヤスヒトさん、コメント有難うございます。

記事で取り上げて下さって、有難うございました。

私も、わが目を疑いました。
正直なところ、一瞬、何か違う資料が誤まって
混ざってしまったのではないかと思ったのですが。
でも、どう見ても首相官邸HP内の資料でして。
ざざっと議事録を見たら、確かにこの表に載って
いるような発言をしている委員がいるので、
「本物なんだ~(・・)」と・・・。

戦前にタイムスリップすることだけは、絶対に
避けたいと思った次第です。
Commented by mew-run7 at 2006-10-05 05:51
FKさん、コメント有難うございます。

ふと思いついたのだけど。。。
もしかしてFKさんにブログを作って頂くのが、
一番いいのかも?<アベアベ詐欺専科で?!>
だって私よりもまとめるのが上手そう&興味を
引くような感じで表現できますし。
やはり、それは大変・・・ですか?<こそっときいてみる>

もし議員やマスコミにアピールをするとしたら
誰がいいのでしょう?
マスコミは東京新聞かな~?
教育委員会にいる人を調べてみるといいかも
知れないですね。

安部側? モチ! <一太> くるしい?
Commented by mew-run7 at 2006-10-05 05:52
Rolling Bean さん、コメント有難うございます。

>・・・もしかしたら本当にまた「戦前」なのかも
>しれないって

これを見て、背筋がぞ~っとしました。
もしかしたら・・・。(**)

識者の中にも、1930年代を思い出すと言って
いる人がいますものね。

子供にきちんと躾をする、叱るべき時は叱るという
のは必要なことだと思っていますが。
強圧的な軍隊教育みたいなことは、もう2度と
行なって欲しくありません。

サイトのご紹介、有難うございます。
少しずつ勉強して、教育関係の記事に活かして
行きたいと思います。
Commented by mew-run7 at 2006-10-05 05:57
nodangerさん、コメント有難うございます。

議事録はお読みになったでしょうか?
それをお読みになれば、誰がどのような発言を
したかわかりますよ。
<そのためにTOPページもつけたのです。>

中間報告なんていうのは、公に出すことを考えて
あたりさわりのない言葉や文に書き換えられて
いますしね。
問題はその背後に、どのような考え方があるかと
いうことです。

<この表には、私も「これはいい」と思える発言も
あります。また記事にも書きましたが、中には
新しい時代の教育をきちんと考えた提案をされて
いる委員もいました。それは評価をしたいと
思いますが。>

尚、私は自分の記事への批判、反論はオープンに
受け付けていますが。その方法や内容次第です。
<社会通念上、妥当かどうかで考えます。>
今後、コメントやTBの内容によっては削除させて
頂く場合がありますので、予め申し上げておきます。
Commented by mew-run7 at 2006-10-05 05:57
kojitakenさん、コメント有難うございます。

私も最初は他の人から、そういうブログが作られて
いるときいて、ビックリしました。
<国民会議の表を見つけたのと同じくらい?!>

デザインまで一緒だし~。

私が「きまじめな日々」というタイトルに変えましょ
うか?(笑)

正直な話・・・(ーー゛)です。
Commented by mew-run7 at 2006-10-05 05:58
無党派さん、コメント有難うございます。

やられている本人は、楽しくないですぅ。_(__)_

「きXXの日記」「世にXX日々」ぐらい有名な
ブログならいざ知らず・・・。
そんなに知られていないブログのアンチブログを
作ったって、わかる人なんてほとんどいないのに~。

まあ、めげずに淡々とわが道を行くように
したいと思います。

Commented by mew-run7 at 2006-10-05 05:58
なるほど♪ママ さん、コメント有難うございます。

わざわざお越し頂き、有難うございます。

多くのママたちに、是非、このまま安倍政権が
続くと、子供たちが大変な教育や生活を強いられる
危険があることを知って欲しいと願っています。

私には伝える力が乏しいので、なるほど♪ママさん
にご協力いただければ、本当に有難いです。

これからもよろしくお願いいたします。m(__)m
Commented by mew-run7 at 2006-10-05 05:59
ニケさん、コメント有難うございます。

ニケさんからコメント頂けるのは、久しぶりで
嬉しかったですぅ。(~~)

いや~、私もたまたま教育関連の調べものをして
いて、配布資料のところをあけてみたら、こんな
ものが出て来て、ビツクリしました。

また官邸HPに堂々と残しているというのが、
スゴイですよね。

何かアチコチに、各界のリーダーになる人を養成
するという話が出て来るです。
愛知にトヨタなどが中心に作った全寮制エリート校
も、このような発想で作られたのではないかと
思ったりもします。


Commented by FK at 2006-10-05 18:47 x
せっかくのご提案ですが、私には時間的に無理です。正直言って、他のブログや掲示板に投稿していた方が気が楽です。また自分でブログを開設する場合は、できたら他の人の文章の引用は避けたいと思っています。

また、仮に私がアベアベ詐欺専用でブログを作ったとしても次のような問題点があると思います。
1.建前、本音、被害者、だけでは説得力は無いと思います。参考になるエントリーの文章があってはじめて納得すると思います。
2.仮に、エントリーの文章も全て貼り付けたとしても、疑問に思ったり、反論がある人に対して、私ではうまく対応できないと思います。
3.私が専用ブログを作ったとしても、多くの人が見てくれるのか疑問です。大半はmewさんのところから来るのではないかと思います。

ご期待にそえなくて申し訳ありません。
Commented by FK at 2006-10-05 18:56 x
>もし、議員やマスコミにアピールするとしたら誰がいいのでしょう?

正直言って私にもわかりません。個人的には地元の民主党の国会議員と、この前知り合ったれんほうさん(文教委員)にメールを送ってみます。
ただ、衝撃的な内容ですし、安倍首相の考える教育や国家の在り方がわかる貴重な資料だと思いますので、訪れた方に広めてもらうのもいいと思います。
Commented by mew-run7 at 2006-10-06 07:17
FKさん、コメント有難うございます。

いえいえ、こちらこそ急に妙な提案をして、
すみませんでした。

FKさんのアイデア(アベアベ詐欺のリスト)は
いいな~と思ったのですが。いざ、自分で作ろうと
思っても、難しそうだったので。自分で作れる自信
がなくて、ちょっと言い出してみただけです。
どうか「このことはナシ」で、これからもコメント
で、色々なアイデアや意見を寄せて下さい。

れんほうさん・・・いいかも知れませんね。
彼女は教育問題にも関心が高いようですから。

今、民主党その他の議員さんのHPやブログを
ちょこまかチェックしています。
Commented by mew-run7 at 2006-10-06 08:16
basilicus(バジル)さん、コメント有難うございます。

<書き直しをしたので、後ろに回ってしまいすみません。>

記事でのご紹介も有難うございました。

ちなみに簡素な宿舎は、トイレもつけなくていいのでは
ないかという話が会議で出ていました。

確かに今の子供たちは恵まれすぎているとはいえ、
何か国や学校で鍛え直してやる~というような感じが
見えて、寒くなって来ます。

ちなみに私の座右の銘の一つは「お気楽極楽」なの
ですが、国民会議に認めてもらえるか心配です。

Commented by 名無しさん at 2006-10-14 00:19 x
岐阜県警は23日午前6時半ごろ、同県高山市の北アルプス・奥穂高岳(3、190メートル)の岩場で動けなくなっていた男女7人のうち、東京都杉並区の会社員花田達也さん(34)ら3人を県警ヘリコプターで救出した。7人は病院に搬送され、命に別条はないという。