政府の誘導や圧力で、国民がアブナイ方向に持って行かれないように<1> 教基法やらせ質問

 ここから2回にわたって、「教育基本法改正(内閣府のやらせ質問も)」、「NHK
命令放送」、「憲法改正投票運動」と「不正履修問題」の続報について書きたいと思う。

 
 これらをセットで扱おうと思ったのは、「国や政府がいかに自分たちの都合に合う
ように、国民を誘導しようとしているか」という点で共通性が見い出させるからだ。


 私は、「日本の政府」というもの自体に常に敵対心を持っているわけではない。
今までも色々と問題はあったものの、本気で「日本の国を根本から変えちゃおう」と
するような政権はなかったように思うし、そんなに大きな危機感を覚えることなく、
基本的にはまったりとした気持ちで過ごして来たところがある。
<小泉政権は新自由主義を進めた&民主主義を壊したという点で問題が大きかったが>

 でも、今の安倍首相の率いる政権、政府は「マジにアブナイ」と感じている。安倍氏
&その周辺は、日本の「国のあり方」そのものを変えてしまおうとしているからだ。

 彼が掲げる「美しい国づくり」とは、国の根幹をなす「憲法」も、教育の根幹をなす
「教育基本法」も変えて、アレコレの法令を作って、国が国民の生活や言動をコントロ
ール(主導)できるような国に変えて行くことなのだ。
 また、安倍氏&その仲間たちは、そのような形が「日本のあるべき姿」であり、
「美しく誇りに思える国」なのだと考えている。彼らは「先に国家ありき」で、国民は
国家に帰属して、国のために奉仕、貢献すべき存在だと思っている。

 そして、ここに書くことの一つ一つは小さなことだけど。こういうところからも日本の
国民や情報(報道なども含む)をコントロールしようとしていることに、しっかりと
気付いて、警戒しなければならないと思う。
 そうしないと、知らないうちに、国民全体が危険な方向に持って行かれて、ふと気付
いた時には、簡単には引き戻せない状態になってしまうかも知れないからだ。


* * * * *


 前記事に書いた「教育基本法の改正」に関する「内閣府のやらせ」について、「あか
はた」が詳しく報じていた。<国会でこの質問をしたのは、共産党議員だしね。> 
文末*1に、編集、抜粋したものをアップする。
 
 これは、9月2日に青森で行なわれた「教育改革タウンミーティング」で、内閣府が
県教育委員会に依頼して「教育基本法改正法案に賛成するよう」学校関係者に「やらせ
質問」をさせるための文書を送っていたというものだ。
 内閣府の土肥原総括審議官は、国会で「内閣府が作成したもの」と認めている。また
塩崎官房長官は、他にも同様の例がないかも含めて「調査して報告する」と約束した。

 問題の文書は、ある中学校の校長にファックスで送付されたもので、8月30日には
『「タウンミーティングの質問のお願い」と題し、二枚目に質問のひな型として、
(1)時代に対応すべく、教育の基本となる教育基本法は見直すべきだと思います(2)改正
案は「公共の精神」などの視点が重視されていて共感している。改正をきっかけに思い
やりのある社会の実現を目指すべきだ(3)教育の原点はやはり家庭教育だと思います―の
三つが書かれていて、「誠に申し訳ありませんが、…当日に(2)の質問をお願いします」
としている。』

 さらに9月1日には『内閣府から発言の仕方への注意があったとして、「できるだけ
自分の言葉で」「せりふの棒読みは避けてください」「自分の意見を言っているという
感じで」などを、こと細かく指示。また、文科省の担当者が発言者の座席の位置を確認
するということにも言及、「○○さんは『文科省依頼』に該当しています」としている』

 ちなみにこのファックスは、一つめは「地区の教育事務所」、2つめは「県教育庁教育
政策課」から送付されており、内閣府(or文科省?)が地元の教育庁にタウン・ミーティ
ングで「教基法に賛成する色々な意見が出されるように」と指示して、いわば工作活動を
行なうことも容認or指示していたと推察される。

 また「地元の小中学校の校長に言わせるのは、地方では効果があるのではないか」と
いう意見もあった。校長先生も賛成するようなものなら、悪くないのではないかと思う
近隣住民や保護者も少なくないかも知れないという。

 以前なら、マス・メディアはこういうニュースには真っ先に飛びついて、政府たたき
に走ったのに<森内閣の時だったら確実だったわね>、私のきく限り、TVのニュース
&ワイド・ショーでは、全くorほとんど扱っていないのではないかとのこと。
 そのことにもあきれる&ガッカリしてしまう。


<そして、つい、今年の4~5月、米国牛輸入再開を決定する前に全国で行なった「意見
交換会」でも、こういうことをやってたのかな~と思ってしまった私であった。^^;>


 教育基本法の改正に向けての道程は、どんどん進められている。

 1日、衆院教育基本法特別委員会は、地方公聴会を8日に開くことで合意した。
「公聴会は採決の前提となる」もので、開催決定を受け、与党は10日までの衆院通過
をめざすという。<*2>
 同法改正案は先の通常国会で約50時間審議し、今国会でも1日までに18時間の
審議を終えた。2日と6日にも審議を予定しており、8日の地方公聴会までに審議時間
は計70時間を上回る見通し。このため、与党は「採決の環境は整う」として、9日
以降の早い段階で、同特別委で採決したい意向のようだ。


 つまり、とりあえず国会である程度の時間数は審議したので、もうOKだろうと。
<審議の中身はどうでもいいのね。しかも、秋の国会では、いじめや不正履修問題、
やらせ問題があって、法案の内容については、全く審議していないのに。>
 あとは、こちらも形作りで、地方のいくつかの地区で「公聴会」という識者や
住民代表の意見をきく会を開いて、「国民の声もちゃんと聴きましたよ~」という
ことで、採決しちゃおうというのである。

 この公聴会というものほど、アテにならないものはない。これは昔からそうだが、
あらかじめ賛成者をしっかり用意しておいて<ちょこっと反対意見を出す人をまぜ
ておく>、まさに出来レースのご意見伺いなのである。
 
 コチラにも少し書いたが、TVがあまり伝えないこともあって、まだ国民の中には、
この憲法に次いで重要だと言われる「教育基本法」が改正されることを知らない人が
少なくない状況だと思われる。
 もし与党案のまま改正されたら、それを受けて次々と教育に関する新しい法律が作ら
れたり、政府や文科省から命令が出されたりして、どんどんと学校のあり方や教育内容
が変えられてしまうのに。特に子供を持っている親御さんは、本当にこのままでいいの
かと心配になってしまう。
<知っていて賛成ならいいけれど、知らないうちに色々と変えられてしまうことが一番
よくない&コワイ&アブナイと思う。>

 何とか野党の抵抗を期待したいところだけど。マスコミも頑張って、もっともっと
このことを取り上げて欲しい。
<新聞はだんだん取り上げ始めてるのだけど。TVが頑張ってくれないと。>
 


 時間がなくなってしまったので、つづきは、また未明か明日に。

 

           <つづく>            THANKS


【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも
多くの人に安倍政権や社会の問題点を伝えられるように、ご協力をお願いします。
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】

にほんブログ村 政治ブログ
 
人気blogランキングへ

 

*1
『9月2日に青森県八戸市で行われた「教育改革タウンミーティング」で、内閣府が
県教育委員会に依頼して教育基本法改正法案に賛成するよう学校関係者に「やらせ質問」
をさせていたことが一日の衆院教育基本法特別委員会で明らかになった。

 日本共産党の石井郁子議員が裏付ける文書を示したのに対し、内閣府の土肥原洋総括
審議官は「内閣府が作成したもの」と認めた。石井氏は「教育基本法にかかわって世論
誘導するのは重大だ」と批判。塩崎恭久官房長官は「調査して報告する」と約束した。

 問題の文書は8月30日に、青森県の三八教育事務所が、ある中学校の校長あてに
ファクスで送ったもの。「タウンミーティングの質問のお願い」と題し、二枚目に質問の
ひな型として、(1)時代に対応すべく、教育の基本となる教育基本法は見直すべきだと
思います(2)改正案は「公共の精神」などの視点が重視されていて共感している。改正を
きっかけに思いやりのある社会の実現を目指すべきだ(3)教育の原点はやはり家庭教育だ
と思います―の三つが書かれている。文書は、「誠に申し訳ありませんが、…当日に(2)
の質問をお願いします」としている。

 さらに9月1日には、今度は県教育庁教育政策課から同じ校長に対して、「『タウン
ミーティング』に係る依頼発言について」という文書が届いた。内閣府から発言の仕方
への注意があったとして、「できるだけ自分の言葉で」「せりふの棒読みは避けてくだ
さい」「自分の意見を言っているという感じで」などを、こと細かく指示。また、文科省
の担当者が発言者の座席の位置を確認するということにも言及、「○○さんは『文科省
依頼』に該当しています」としている。
 複数の参加者から、(1)と(3)の趣旨の質問が会場から出されたことが指摘されており、
県教委がほかの校長に依頼したとみられる。 <あかはた1日 抜粋>』

*2
『教育基本法改正案を審議している衆院教育基本法特別委員会は1日の理事懇談会で、
地方公聴会を8日に開くことで合意した。公聴会は採決の前提となるもので、開催決定
を受け、与党は10日までの衆院通過をめざす。ただ、民主党は地方公聴会の追加や
参考人質疑などを求め、早期採決は阻止する構え。衆院での審議は来週から最終局面を
迎える。

 同法改正案は先の通常国会で約50時間審議し、今国会でも1日までに18時間の
審議を終えた。2日と6日にも審議を予定しており、8日の地方公聴会までに審議
時間は計70時間を上回る見通し。このため、与党は「採決の環境は整う」として、
9日以降の早い段階で、同特別委で採決したい意向だ。

 これに対し民主党は、地方公聴会のほか、9日以降に中央公聴会の開催や参考人
質疑を行うことも要求。政府の教育再生会議座長の野依良治氏やいじめ問題の専門家
らを呼んで質疑する案も浮上している。

 野党の反対を強引に押し切って採決に持ち込んだ場合、国会審議が空転する可能性
もある。このため与党は、13日の週に先送りすることも視野に、慎重に採決のタイ
ミングをはかる方針だ。
 8日の地方公聴会は仙台、宇都宮、津、名古屋の4市で行われる。<朝日新聞2日>』
[PR]

by mew-run7 | 2006-11-02 17:00 | 安倍政権に関して | Comments(9)

Commented by カメラカメン at 2006-11-02 23:41 x
思わずぽち、です。
続きがとても楽しみです。
Commented by understanding at 2006-11-03 00:59 x
「国の根幹をなす『憲法』も、教育の根幹をなす『教育基本法』も変えて、アレコレの法令を作って、<国>が国民の生活や言動をコントロールできるような国に変えて行くことなのだ」

文中の<国>とはアメリカのことですか?
その通りで、それこそGHQの日本弱体化戦略です。
弱体化させて赤化させようと受け継いだのが昔の左翼で、その宣伝を平和主義と捉えてしまったのが今の左翼。

「彼らは『先に国家ありき』で、国民は国家に帰属して、国のために奉仕、貢献すべき存在だと思っている」

国が無くなったら、『国民』がいなくなるなんて言わなくてもわかるでしょ?
例えば、中国に呑み込まれたら、「日本国民」なんていなくなるし、日本語も日本の歴史も天皇制も全てなくなるかもしれない。あなた方は、我々祖先が膨大な年月をかけて築き上げてきた日本を壊したいのか?

繰り返し言いますが、自由民主主義国に、その二元論は無理があると思います。中国ではその二元論は可能だと思いますけど、私が中国の支配層(中国共産党&人民解放軍)を批判すると、あなたは「中国人の方が欧米人より親しみを感じます」と一元論で語るという真逆のダブル・スタンダード。

Commented by Rolling Bean at 2006-11-03 02:34 x
こんばんは。Rolling Beanです。
続きを楽しみにお待ちしております♪

わたしもなんと今日(もう昨日か)の帰りの新幹線で、ちょうど「情報の制約に関するマップ」を作ってて、さっきアップしたところでした。
短時間で思いついたもので、まだしょぼいんですが(苦笑)、全体観を見渡すことで、何らかの対応の指針が見えてくるように思ってます。
Commented by mew-run7 at 2006-11-03 03:57
カメラカメン さん、コメント&「ぽち」を有難うございます。

私もお写真の一部を拝見して、ぽちっ致しました。(~~)
Commented by mew-run7 at 2006-11-03 04:01
Rolling Bean さん、コメント有難うございます。

お忙しい中、マップ作成、お疲れ様です。

マップ、拝見しました。
面白いことに、問題となる政策もマップの右に寄っていました。(笑)

情報の受信がかなり制約されつつあるかもなんですね~。
送信もD通がらみなのか、自主規制気味だし。
こんなに情報化が進んでいる時代に、肝心なことが見えて来ない
世の中になったら困りますね。
Commented by Rolling Bean at 2006-11-03 15:06 x
mewさん、こんにちは。
弊ブログでもコメントありがとうございます。
たしかに2006年時点、ずーんと右に寄ってますね~(苦笑)

情報受信側(グラフ右側)から制限をかけ、必要な情報が「あるはずなのに」知ることができなくしておいてそこで判断力をまず停止させ、その後に続いて共謀罪なんかで言いたいことを発信させなくする。そうしたシナリオがあるんだと思います。
なんだかなあと思ういっぽうであまりに定石・・・な気もします。
Commented by hontino at 2006-11-03 17:34 x
こめんとありがとう。私達も歴史には弱いです。まるで必修漏れの高校生のようですが。今後もよろしく
Commented by mew-run7 at 2006-11-04 02:10
Rolling Bean さん、コメント有難うございます。

なるほど。「情報はあるはず」と思い込ませておきながら、
実際は受信の幅や量を小さくして行って、本当に知らなければ
ならないことには気付けないような仕組みを作って行くわけですね。
<あまりは早くから送信側に手をつけると警戒感も強くなって
しまいますしね~。>

でも、もう送信側にも手を付け始めているわけで・・・
敵は焦っているのかな?
Commented by mew-run7 at 2006-11-04 02:14
hontinoさん、コメント有難うございます。

私は日本史はとりあえずやったのですけど、受験では選んでいなかった
ので、何となく大体のストーリーしか覚えていない部分もあるのですが。
またチョコチョコお勉強したいな~と思います。
これからも、よろしくお願いいたします。