主体である「国民」を無視して進む教基法改正 + 石原トンデモ豪遊、今度は久間がトンデモ発言?


   今週にはいって、excite blogの調子が悪い&政治状況はもっと悪い!ので、四苦
八苦&イラ立ちの中で、ブログを更新、管理(TB、コメント対応等)して来たのだが。
 その間に皆さまからのクリックが急増しており、ふと気付いたら、両方のランキング
で1位になっていた。(・o・) <クリック、有難うございます。m(__)m>

 私はそんなに順位にこだわってはいないし<多くの人に問題点のアピールをしたいので、
そこそこ上位にはなりたいけど>、おそらく近いうちに定位置(?)に戻ると思うが。
 ただ、今週、クリックが急増したのは、やはり教基法の改正や安倍政権のやり方に
疑問を抱く人が増えているのではないか、と感じたりもした。同時に、と~っても励み
にもなった。(^^♪  「まだまだ、これから!」の気持ちで頑張って行きましょう!

* * * * *

 さて、教育基本法案の方は、16日に衆院本会議でも、与党単独で可決。17日からは
舞台を参院に移すことになった。
 参院では、17日から教基法特別委員会を作って、精力的に審議し、できる限り12月
15日の会期末までに参院で議決、改正成立を目指すことになる。
 今朝の本会議では、安倍首相が「政府案は志ある国民を育てることを目的とし、新たな
国づくりの基礎をなす。広く深い議論をし、速やかな成立をお願いしたい」と答弁した
そうだ。<で、APECにご出発> <*1>


 ところで、どうも参院での審議時間は衆院の7~8割という慣例があるそうで。衆院
が100時間以上審議してしまったので、70時間はやらないとという話が出ている
らしい。<毎日、審議できるわけじゃないので、1日6~8時間はやらないといけない
とか? しかも野党が欠席をしたままなので、日程がスムーズに進むかビミョ~とも>

 衆院の委員会でも、もう70時間を超えた、もう100時間も審議して機は熟したとか、
やたら時間数の話が出ていて、その度に「チョット違うんじゃないの~?」と神経を
逆撫でされるようなところがあった。
<ちなみに、重要な法案は70時間以上は審議しなくちゃいけないというのが相場になっ
ているので、70時間にこだわっていたらしい。>

 私は、この感覚がわからないのだ。
 もちろん、法案の中には、緊急性を要するものもある。ある程度、計画的に作って行か
なければいけないものもある。ダラダラと長く審議をしていれば、いいってものでもない。

 だけど、教育基本法は、他の法律とは同じように考えられないものだろうと。しつこい
けど、教基法は「教育の憲法」と呼ばれる憲法に準じる超重要な法律なのだから。それを
一般の法律と同じように、何十時間が相場だからと考えること自体がおかしいと思うのだ。
 当然にして、憲法を改正するのに準じるような扱いをすべきではないだろうか?


 それに、これも繰り返し書くが、私がこの件で一番問題に思うのは、この教基法改正に
関して、この法律の主体、主権者である国民の存在や意思があまりにも軽視or無視されて
いることだ。

 教育基本法の前文には、このように記されている。
『われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の
平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において
教育の力にまつべきものである。
 われらは、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、
普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない。
 ここに、日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい日本の教育の基本を
確立するため、この法律を制定する。』

 そして、10条1項には『教育は、不当な支配に服することなく、国民全体に対し
直接に責任を負って行われるべきものである。』と規定されている。

 
 ここからわかるのは、教育基本法は憲法を受けて作られた準憲法的法律であることと、
この法律の主体が「国民」だということである。
 日本は国民主権の国なので、すべての法律は国民が作ったことになるのだが。その中
でも、憲法と教育基本法が特別なのは、わざわざ前文を設けて、その主体が国民である
ことを示し、いわば「国民の、国民による、国民のための」法律であることを明らかに
していることにある。
 私はよく「憲法は国民が国家をコントロールするために作られたものだ」と書くが、
教基法もそうなのである。実際に教育の具体的なことを行なうのは、国や自治体(いわ
ゆる教育行政)であるのだが、彼らは国民が決めた教基法の理念に従って教育を行なわ
なければならず、国民に対して責任を負うのである。それは、国民が教育行政をコント
ロールするということの表れである。

 
 ところが、今回の教基法の改正には、国民の意思がほとんど関わっていない。
 以前も書いたが、つい先日まで、今、現に教基法が改正されようとしていることを
知らないという人が少なくなかったのだ。近時、ニュースで取り上げられるようになっ
たので、「どうも教基法改正でもめているらしい」ということを認識する人も増えて
来たが、いまだに「何のためにどこがどう改正されるのか知らない」という人が少なく
ない。<せいぜいが、どこかに「愛国心」という言葉がはいるらしいということぐらい
しか知らない人が多い。>
 
「だって、新聞とか見ても、どこがどう改正されるのかとか載ってないし。TVでも
愛国心のことぐらいしか言わないもの。」・・・確かに!

 この法案は、4月に国会に提出されて、5月~6月にかけて少し審議されていたの
だが。その頃は、新聞も改正の内容を載せたり、TVでも取り上げたりしていたこと
があったのだ。<でも、TVはほとんど愛国心のことばかりだった気もする。>
 それが、前国会では時間が足りなくなったので、この秋の臨時国会に継続審議に
なったわけだが、秋になってからは、見事なまでに、新聞もTVも教基法の改正の
中身には触れようとしなかったように思う。
 本当なら、メディア側の人間が国民に説明したり、内閣の閣僚や国会議員がもっと
TV等に出て、国民にアピールしたり、議員や識者の間で討論を行なったりすべき
だったのに、それもほとんど行なわれなかった。<まともにやったのは、NHKだけ
だったかも。>

 そんな状態で、国会議員の間だけで何十時間審議したって、<教基法改正に関して
は>さしたる意味はないのである。
 しかも、秋に行なった約50時間の審議の大部分は、いじめ自殺、不正履修、TM
のやらせ質問の問題で、教基法の中身についてなんて、ほとんど質疑は行なわれて
いない。それで「審議を尽くした」「機が熟した」なんて、よく言えるな~と思って
しまう。

 
 何か怒りが貯まっているので、また長々と書いてしまっているが・・・。^^;

 このまま野党が欠席作戦を続けた場合、与党だけで審議が行なわれることになった
ら、ますます教基法の中身についての質疑がなされないことになってしまうので、
果たしてそれでいいのかと疑問に思ってしまう部分もある。

 野党側が、「やらせ等の問題をまだ審議する必要がある」と言っていたのも気に
かかっている。もちろんそれも大事なのだが、もう教基法の改正自体や中身の質疑は
行なう気はないのか、それでいいのかと疑問に思ったりもする。

 さらには、民主党が参院にも対案を提出したとの報が出ていて、「おいおいっ」
とツッコミたくなった。この件は改めて書きたいが、今回、教基法の改正の問題点
が国民に伝わりにくくなった原因の一つには、民主党が妙な対案路線をとろうと
したこともあると思うのだ。
 また対案を出すようじゃ、結局は、与党のアシストになってしまう気がする。

* * * * *

 最後にその他のニュースを少しだけ。

 石原慎太郎都知事が、99年に就任以来、海外出張を19回行ない、うち15回で
2億4千万円も使う豪遊をしていたらしい。<*3>
 都知事は総理大臣と同額の規定があるが、それをかなり超えてたらしい。

 最大は、今年5~6月のロンドン等の欧州視察で、5泊7日、18人で出張し、
3573万を支出していた。夫人も同行。特別秘書も1泊10万円の部屋に宿泊し、
打ち合わせの必要があるとのことでファーストクラスに同乗していたそうだ。
<ガラパゴス諸島で5日間クルーザー借り切っての「仕事」って、何?!(・・)>


 また、石原氏のいじめ自殺に関する発言を受けて、石原知事宛てに都立高2年生
を名乗る者から「その内容がさらに自分を追い詰めることになりました」と非難し、
「一生どこに行ってもいじめられるのはつらいので『死にます』」という葉書が
届いたという。<*4>
 これも本当かどうかはわからないが、ともかくしかるべき立場の人は、言葉には
気をつけて欲しいものである。

  久間防衛庁長官は17日の閣議後の記者会見で、米国の核武装潜水艦の日本近海航行
を容認した自らの発言について、現状では同艦の日本領海内航行も容認可能との見方を
示した。同長官の発言は、非核3原則の解釈をめぐり波紋を呼びそうだ。<時事17日><*4>

 たぶん来週辺りから、騒がれると思うのだが。少し前にCS放送の収録で、核を載せ
た米国の潜水艦を、日本の領海スレスレに航行させてもいいと言ったという話があった
のだが、今度は領海内もOKになったらしい。これは非核三原則の「持ち込ませず」に
違反してしまう。
 いい加減に国民やメディアも怒らないと、どんどん今まで守って来たことに穴をこじ
開けて、広げて行ってしまいそうな気がする。


 追加で、自民党は今月内にも、無所属議員12人の復党を検討しているらしい。<*5>
 この動静も注視したい。しつこいけど、コチラにも書いたように、これは選挙区の議席、
獲得票の二重取りになる。メディアももっとその点を追及して欲しい。
「ともかく沖縄知事選が終わったら」って、知事選が終わったら何でもありという考え方は
いかがなものかとも思う。
 

                     THANKS

【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 
 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも多くの人に安倍政権や社会の問題点
を伝えられるように、ご協力をお願いします。<ランキング上位だと、そこから来て
読んで下さる人が多くなるです。>
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】

にほんブログ村 政治ブログ
 
人気blogランキングへ

*1~3は↓ More の部分に




 *1
『政府与党が今国会の最重要法案と位置づける教育基本法改正案は17日午前の参院本
会議で、安倍首相、伊吹文部科学相が出席して趣旨説明と質疑が行われ、審議入りした。
 民主党など野党4党は本会議を欠席したほか、他の衆参両院の委員会でも全面的な審議
拒否を続行した。

 本会議では、保坂三蔵(自民)、山下栄一(公明)の両氏が質問。安倍首相は答弁で、
「政府案は志ある国民を育てることを目的とし、新たな国づくりの基礎をなす。広く深い
議論をし、速やかな成立をお願いしたい」と強調した。
 また、本会議では、改正案を審議する特別委員会の設置を議決した。委員数は35人で、
委員長には自民党の中曽根弘文・元文相が内定している。野党側は委員名簿の提出を拒否
している。与党側は、扇参院議長が職権で野党委員を指名したうえ、首相が20日にアジア
太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議から帰国した後、21日から特別委で実質審議
に入りたい考えだ。

 一方、民主党の輿石東参院議員会長は17日午前の参院議員総会で、「首相がAPECに
行く日程に合わせて一気にやる。こんな暴挙が許されていいのか」と与党の国会運営を批判
した。<読売新聞 17日>

*2

『東京都の石原慎太郎知事が海外出張の際、都条例の規定を大幅に超過する高級ホテルや
クルーザーに宿泊し、衆院議員時代からの秘書も、飛行機は知事と同じファーストクラス
に格上げしていたことが15日、共産党都議団の調査で分かった。石原都知事の規定額は
総理大臣と同額だが、それを超えていた。神奈川、埼玉、千葉の各知事はそれより下の
ランクで、いずれも「規定額を超えたことはない」という。

 石原都知事はこれまでに計19回の海外出張をしており、共産党の調査では、記録が
残っている過去5年の15回分で、同行職員分も合わせて出張費の総額は約2億4350
万円に及んだ。同党はこのうち6回について、情報公開請求で詳細な記録を入手し、
公表した。

 都知事の宿泊費や交通費、日当は48年制定の都条例で定められている。「国家公務員
等の旅費に関する法律」に準じており、総理や最高裁長官と同額だ。例えばロンドンや
ワシントンなど大都市では1泊4万200円。だが、詳細な記録のある6回の出張では、
石原知事の宿泊費は規定の3.3~1.6倍だった。
 01年9月のワシントン出張では、1泊26万3000円~13万1500円のホテル
に泊まり、同6月のガラパゴス諸島への出張では大型クルーザーを5日間借り切り、1泊
あたり13万1000円だった。

 6回の出張にはいずれも特別秘書が随行し、5回は知事と同じファーストクラスを利用。
都の規定では、知事はファーストクラスだが、特別秘書はビジネスクラス。今年5月の
ロンドン出張では、格上げの理由を「知事と機内で打ち合わせを行う必要がある」とし、
航空運賃は規定を約80万円超える167万5700円だった。

 また、5回の出張では大手通訳会社と随意契約し、通訳が日本から同行している。うち
4回の理由書には、「知事自身が発言を無意識に省略あるいは割愛した場合に、必要に
応じて都政の現状や知事の従前の発言を踏まえて適宜補足するという高度な技術が不可欠」
と書かれていた。

 石原知事はこの日、「何も豪勢な旅行をしようと行っているのではなくて仕事だから。
(出張費の使い方は)知事が差配することではない。規定はよく知らないし、それから
はずれているなら直さなければいけないと思う」などと語った。<朝日新聞17日>』
  ↑
 TVで見たけど、もっとぶっきらぼうに「知らないよ、俺はそんなこと。事務局に
きいてくれ」みたいに答えてたけどね。<mew目撃談>
 


*3
   
『東京都教育庁は14日夜、石原慎太郎知事あてにいじめ自殺を予告するはがきが届いた
と発表した。差出人は「都立高校2年」を名乗り、「新宿区東京都庁 石原慎太郎都
知事殿」のあて先で12日の日付と新宿の消印があった。同庁は、該当する事例が
あれば連絡するよう各都立高校長に指示した。
 はがきは、10日に石原知事が記者会見したことをインターネットで知ったとし「その
内容がさらに自分を追い詰めることになりました」と非難。「一生どこに行ってもいじめ
られるのはつらいので『死にます』」と結んでいる。
 石原知事は会見で、文部科学省に届いたいじめ自殺を予告する手紙について「あれだけ
の騒ぎになって、(出した)当人は満足している」「ファイティングスピリットがなければ
一生どこへ行ってもいじめられんじゃないの」などとコメントした。<夕刊フジ14日>』

*4

『久間章生防衛庁長官は17日の閣議後の記者会見で、政府が非核3原則で禁じる核兵器の国内持ち込みについて核武装艦船の領海内航行は容認する見解を明らかにした。3原則を事実上修正する発言だけに野党などの反発は必至だ。

 政府が核武装艦船の寄港と領海通過を認めずにきたことは「それはそれでよい」と肯定した。そのうえで、以前は沿岸3カイリだった領海が12カイリに広がったことを指摘。「通行してよかったのが、何で(現在は)駄目かという話になる。議論を整理した方がよい」と語り、3カイリより外の領海は対象外との認識を示した。

 日本は1996年に領海は12カイリと定めた国連海洋法条約を批准した。

 久間氏は同日、宮崎礼壱内閣法制局長官、的場順三官房副長官に会い、政府見解の整理を要請した。16日に「日本をかすめるような状態で潜水艦が動くのは持ち込みにならない」と発言していた。 <日経17日>

*5
『自民党の中川秀直幹事長は17日午前の記者会見で、郵政造反組の復党問題をめぐり、平沼赳夫元経済産業相、野田聖子元郵政相ら無所属12議員の復党を落選議員に先行して検討する方針を明らかにした。19日投開票の沖縄県知事選の直後に造反組の窓口役を務める平沼氏と正式に会談する意向も示した上で、「期限を切って決着を付けていかねばならない」と述べ、月内にも12人の先行復党が決まる可能性が強まった。
 これに先立ち、平沼氏ら無所属議員は国会内で会合し、12人が週明けにも「復党願」と、昨年の衆院選での政権公約(マニフェスト)順守を明記した「誓約書」を党本部に一括提出する方向で、対応を平沼氏に一任することを申し合わせた。党執行部はこれを受け、直ちに党紀委員会(笹川尭委員長)を開き審査に着手する見通しだ。 <共同通信17日>
[PR]

by mew-run7 | 2006-11-17 14:57 | 安倍政権に関して | Comments(32)

Commented by けん at 2006-11-17 15:43 x
最近、左派系の人でもテレビで発言していますが、アメリカの原潜がいったいどこで核を下ろしてきているの。持っているに決まっているジャン。もう、いいかげん嘘はやめにして、核の持込は許す、非核二原則にするべきです。もちろん、私は日本自身による核保有には反対しますが。
Commented by 教えて下さい。 at 2006-11-17 16:09 x
<溜め息
大手マスコミは既に朝鮮勢力の影響を受けまくりですからね。
そりゃあ左翼寄りのニュースしか流さないでしょう。

大手マスコミはどのメディアか?
朝鮮勢力とは?
左翼寄りのニュース   と、だれが判断するのか?

どこの新聞社を推奨しますか?
Commented by ゴンベイ at 2006-11-17 16:32 x
AbEndフォーラム :: トピックを表示 - 久間防衛庁長官、非核3原則否定、核持込を容認!
http://atbb.jp/abend/viewtopic.php?t=137
Commented by さざなみ at 2006-11-17 19:25 x
国民の意向って、何だよ。
自分の都合の悪いことは全て「国民の意向を無視」なんて言うの、虫が良すぎるじゃん。
Commented by FK at 2006-11-17 20:05 x
民主党の対案路線については、私はこれで良かったと思います。衆院tvを見ていますと、政府案とは明らかに理念が違うと思います。教育基本法に限らず民主党の目指している国家像は地域主権の考え方だと思います。おそらく教育についても国家は必要最低限の責任の義務を負い、後は各々の地域に任せる考え方だと思いました。

おそらく民主党は郵政民営化の審議の時に対案を出せなかった事を反省し、今回は対案を出し政府案よりも優れていると自負したかったのだと思います。ただ個人的には国旗、国歌に対する東京地裁の判決に対して、明快な支持を示さなかった事もあり愛国心教育に関する強制と涵養が政府案と共にもう一つはっきりしていないと感じました。

以前にも書きましたが、現行法、政府案、民主党案の各々の主張と問題点をメディアを通してもっと国民に知ってもらい、憲法に準ずる法律なのですから、改正するにしても国民の納得のもと法律を作って欲しいものです。もしかすると、民主党もそれを望んでいたのかもわかりませんが、政府の方が何が何でもこの国会での成立を望む強い意志があったので今日のような事態になったと思います。
Commented by FK at 2006-11-17 20:22 x
個人的には文章だけを見ますと、政府案よりも民主党案の方が日本語として格調高く好きなのですが、mewさんを始め改正に反対の人は突っ込みどころが満載なのだと思います。それらの意見も含めて判断したかったのですが、政府案が衆院を通過してしまい残念です。

おそらく現行法でも今起きている様々な教育の問題について対処できるのではないかと思いますが、それでも改正した方が良いという主張は政府案、民主党案の双方ともに疑問です。

ただ民主党案で評価している点もあります。現行法、政府案では教育の主体を「すべての国民は・・・」としていますが、民主党案では「何人も・・・」としていて教育を受けられる権利を拡大していると感じます。また国の最終的な責任を明記している事も評価しています。

ただ、現行法、政府案、民主党案について教育行政に関しては、それぞれ大きな隔たりがあると思います。本当に国民がその事を理解しているとは到底思われません。
Commented by 肥溜め息 at 2006-11-17 22:04 x
溜め息さん。
教えて下さいさんが聞きたいのはあなたの考えを聞いているのではないですか?それなら答えてあげたらいいじゃないですか。
あなたの考えを何処で調べればいいのですか?
Commented by こうたろう at 2006-11-18 00:56 x
(情報提供です。)
前にもご紹介したかと思いますが、古山明男さんの教育論集HPです。
http://www.asahi-net.or.jp/~ru2a-frym/

「不当な支配」が「政治的、官僚的支配」であることについてや、「教育の目的を法律で定めることについて」など、様々な資料が置いてあります。
論理的に悩んだりした時にご参考になるかもしれません。

どころで、教育基本法を作った田中耕太郎という人は、どちらかというと「教育勅語擁護派」だったそうです。にも関わらず「教育の目的を法律で定めるべきでない」と考えていて、「それは法の使命の範囲外の事柄である。我々はそれを教育哲学に求めなければならない。そうしていかなる教育哲学を我々が採用するかは、我々の哲学的立場、宗教、世界観等をはなれては決定できないのである。」と書いています。


今の与党の皆さんはこれを読んでも恥ずかしくないのでしょうか???
Commented by understanding at 2006-11-18 02:15 x
現・教育基本法というのは本来、日本人のアイデンティティー&道徳を育む教育勅語と両車輪だったそうです。
ところが、何故か、教育勅語が廃止され、片輪教育を60年間させられていたのです。
また、かつて、日本共産党の志賀義雄は「(日本赤化の)暴力革命は必要ない。革命は教育で達成できる。共産党が教科書を書き、日教組が教育をすれば、30~40年後の日本人は皆、共産主義の考え方に近づいてくる」

石原都知事の発言に返答がありましたか。お騒がせな奴ですね。まあ、「目立ちたかったから他人を殺す」って奴よりはマシか。死にたかったら死ねば良いじゃん。世間に迷惑をかけるな。

久間長官発言の何が問題?
非核3原則の解釈に波紋? 
じゃあ、それを変えなくちゃ。憲法も同様。

国家のやるべき最低限にして最大の仕事は、国民の安全と財産を守ること。
それを妨害するような憲法や「国是」は時代に合わせて改正しなくてはいけませんね。
現憲法によれば、日本の安全保障は他国任せ。
無責任な国家&憲法だこと。
その下で生きた国民も反国家的で無責任になるよ。
Commented by mew-run7 at 2006-11-18 03:53
けんさん、コメント有難うございます。

私もおそらくは、もう既に核は日本領土内に持ち込ま
れていると思っています。<艦船の寄港のように一時
的なものか常駐かはわかりませんが・・・。>
ただ、事実として持ち込まれているのだから、OKに
しようというのは、本末転倒の話だと思います。

もしそういう事実があっても、「いけない」と主張
することで、歯止めがかかると思うからです。
暴力団が銃を持っているのは当たり前だから、彼ら
には銃の規制をなくそうと言っているようなものでは
ないでしょうか?
Commented by mew-run7 at 2006-11-18 03:53
溜め息 さん、コメント有難うございます。

私は、マスコミや大手広告代理店などは、保守系議員や
企業の関係者が増えて、政権寄りのニュースしか流さなく
なっているように思いますが。

ただ、果たして野党が全面的に国会を欠席する戦術が
妥当なのか・・・私も疑問を抱いています。

また、郵政民営化に関しても、同じ考えです。
それゆえ、私は勇気を持って、反対票を投じた自民党
議員には、(その点では)敬意すら抱いています。

ただ、自民党は(本当は郵政民営化に反対or慎重の人
が多かったのに)、小泉氏の方を支持して、彼らを
切ってしまったのですから。そうしてしまった以上、
自分たちの行為の責任をとるべきでしょう。
Commented by mew-run7 at 2006-11-18 03:55
ゴンベイさん、記事のご紹介&情報を有難うございます。

どんどん何でもありの言いたい放題になっているのが、コワイです。
Commented by mew-run7 at 2006-11-18 03:56
さざなみさん、コメント有難うございます。

私は国民が理解、納得しているなら、教基法の改正
をしてもいいと考えています。
でも、そうではないのに、政府の恣意で急いで改正
しようとしていることに怒っているのです。

尚、もう一つのコメントには不適切な表現が含まれて
いると考えますので、後ほど削除させて頂きます。

Commented by mew-run7 at 2006-11-18 03:57
FKさん、コメント有難うございます。

民主党の教基法改正に対する姿勢については、
近いうちにブログに書きたいと思っていますが。
私は、国民にとっては、とてもわかりにくい行動
だったように思います。

小沢氏や鳩山氏は「教基法の改正は慎重にすべき」
「1~2年かけて行なうべき」などと主張して
いましたが、対案を出したことによって、その
アピールも弱いものになってしまったように思えます。

「結局、民主党は教基法を改正すること自体には
賛成なの?反対なの?」ときかれても、私は返事
ができません。
「民主党は、愛国心を入れること自体には賛成な
わけ?」・・・これも困る質問です。
たぶん民主党の議員の半分ぐらいは、両方とも反対
のように思うのですが・・・。党として、対案を
出した以上は、両方とも賛成と受け止める人がいても
致し方ないでしょう。
各条項を見れば与党案とは違いがあるのですが、
まずはその前の入り口の部分で、「それでは民主党は
支持しにくい」と考えてしまう人もいるのではないか
と思いました。
Commented by mew-run7 at 2006-11-18 03:58
こうたろう さん、コメント有難うございます。

サイト紹介、有難うございます。
以前、ホームスクールのお話の際に、拝見させて
頂いたところですね。

田中耕太郎氏は、最高裁長官として名前を
存じ上げていた方なのですが・・・。
教育は国から独立した存在であるべきだという
主張は、重要だと思います。

残念ながら、安倍首相をはじめ自民党の一部は、
憲法の何たるかもわかっていないというのが
実情です。<改憲派の小林節先生が、この人たち
には改憲させるのは危険だと嘆くほど>
「先に国家あり」の発想で物事を考え、それが
正しいと思い込んでいる以上は、何を見聞しても
理解できないように思います。
Commented by ゴンベイ at 2006-11-18 08:27 x
核武装賛成が2割を超えたのは一連の中川などの発言と、核武装しても核攻撃抑止力にならない日本の地政学的問題や核開発に必要な核実験が国内で行えないなど、核武装が非現実的なことを伝えなかったマスコミの問題ですね。

◎日本の核武装、反対69%=2割超は肯定的-時事世論調査

 時事通信社が18日まとめた世論調査結果によると、日本の核武装について反対が7割弱に上った。北朝鮮の核実験などを受け、閣僚や自民党幹部が核保有論議を容認する発言を繰り返す中、大半が核武装を否定していることが明確になった。ただ、肯定的な意見も2割を超えた。背景には、日本の安全保障への懸念の高まりがあるとみられる。

 調査は10日から13日にかけて、全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回答率は68.9%だった。 

2006年11月18日06時09分
Commented by 明石海峡@初心者ネットで98万 at 2006-11-18 22:06 x
ランキング1位おめでとうございます
応援します
がんばってください
Commented by mew-run7 at 2006-11-18 23:30
ゴンベイさんへ、コメント有難うございます。

他の調査でも、当初は10%ぐらいだったのが、徐々に増えていた
ように思います。
<朝ナマなんて半分ぐらい容認で、コメンテーターたちも真っ青でした。おそらく若いホ~クちゃんたちの仕業でしょうが。>

ただ、あまり核、核と言ってると、確かに抵抗感が薄れてしまう部分が
あるように思います。

中川氏らは、とりあえず堂々と国内に持ち込むことを考えているの
かも知れませんね。
Commented by mew-run7 at 2006-11-18 23:30
明石海峡さん、
 お祝いと励ましの言葉を有難うます。
Commented by atilla at 2006-11-19 23:04 x
こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
僕の見解は自分のブログに書きましたので、ここは簡単に。
日本は議会制民主主義をとっていますから、先の衆院選挙で国民が連立与党を勝たせた、と解釈できます。(先の選挙の論評はともかく。)国民の意思なるものがあるとすれば、それは選挙においてしか、具体的に行使する手段はありません。つまり今回の教育基本法改正についても、与党側からすれば、少なくとも国民の半数の合意は得られた、ということだと思います。
さて、この法案は通るでしょう。日本はどうなるのでしょうか?右派がいうように、本当にこの改正で「よくなる」のでしょうか?また、左派がいうように「トンデモ国家」になるのでしょうか?
いずれにしても、国民全体にとってよくなれば、それはいいことだし、トンデモ国家になり、憲法改正~軍国主義化に進めば進んだで、民主国家の枠組みさえ変わらなければ、その与党は衰退するでしょう。もしそうならなければ?日本の民主主義なんて、そんなもんです。
右派、新自由主義者がたくらむ国家像では、ひずみが必ず生まれます。そのときこそ、退潮しっぱなしの、あなたのような左派の出番です。
Commented by mew-run7 at 2006-11-21 01:28
atilla さん、コメント有難うございます。

ブログのいくつかの記事を拝読しました。
私も世の中には絶対的なものなどなく、基本的には
相対的なものなのだと思っている部分があります。

そして私も時々<特に居酒屋談義などでは>、
医療関連法案でも、教基法でも何でも改正されて、
昨秋に与党を大勝させたことが、どういうことに
繋がるのか実感した方がいいんだよ・・・と言っ
たりしています。
<最近、医療改悪に直面している人の中には、
何であの時に自民党に入れちゃったんだろうと
いう人たちもいるようですが。>

ただ、憲法改正して、戦争できる国になったり
経済、社会面で大きなひずみ出ると困るんですよね。
私や家族も巻き込まれてしまうおそれがありますから。
その時には、アレコレ言いたくても言えない状況に
なっているかも知れませんし・・・。

ですから、今からアレコレ言い続けておきたいと
思っているのでした。
Commented by cluthunter at 2006-11-23 06:21 x
第1項。この様な塵以下、オウムや新興宗教カルト又は政治屋、
無能官僚と同じくらいの塵である小島ヒューザーを直
ぐに死刑に出来ない法体系法制度が問題。明治時代に
出来た刑法そのものが問題。
Commented by cluthunter at 2006-11-23 06:22 x
昔なら、切腹や世間が怖
くてこの程度の刑罰でよかったのが戦後は屑が這い出
して家族を作り増殖し、社会的制裁も既に有名無実化
し、抑制力を持たなくなった為悪循環が発生している。
これと同様な状態なのが賠償金や損害金問題である。
屑には資力、財産が無く、あの池田小学校児童23人殺
傷事件犯人、創価学会信者宅間 守などがいい例で何
の賠償も補償もなされていない。その父親など家族親
類がまだ存命でいるのにである。結論としてはこの様
な屑を放置してき続けた自治体の問題であることは明
白であり、政府そのものに責任がある。言うまでも無
く刑法改正を約100年間も怠り、賠償金も現実の損害
には到底及ばない些少な額に裁判官を指導して(昇進
や移動の恩典をえさに)固定化させた。全てに日本政
府の責任と失政である。その典型的なのが名前を変え
る前の社会民主党、この馬鹿の土井や村山などは北朝
鮮外交で60年間失政を自民党とともにやり続けた。馬
鹿の見本である。
Commented by cluthunter at 2006-11-23 06:24 x
第2項。国境審判、密入国も無く、また拉致
問題も発生していないとの答弁を続ヶまくった挙句の
金正日の拉致謝罪である。以下に卑劣で無能極まりな
いかがこの無能者、寄生虫でも判る。しかもあきれ返
るがこの村山などは拉致問題のさなか拉致はないと答
弁している。しかも新潟県警察所轄署署長が新潟県警
を通じて警察庁に北朝鮮による拉致、誘拐、国境審判
の疑いが強い事を報告していた。しかもこいつは首相
の立場であるから、引継ぎはもとより各、国務大臣官
僚の報告を受けているのにそらとぼけていたわけであ
る。しかも金日成や北朝鮮外交団にも加わっていた。
まさに国賊でありながら、驚くべき厚顔さで最高勲章
を授与されている。しかも受賞理由が長年にわたって
国政にあたり業績を残したからだとの事である。基地
外である。隣の韓国の馬鹿な大統領とそれにBUSHの取
り巻き顔が怖いだけのネオ紺とかの罷免された馬鹿坊
主老爺とを足した以上の大馬鹿である。この様な馬鹿
がのうのうと戦後60年以上生きてこれたからこそ、
Commented by cluthunter at 2006-11-23 06:25 x
ホリ
エモンやヒューザーから岐阜知事のような寄生虫、害
虫が発生するのも、全て説明し証明できる犯罪発生メ
カニズムである。最近では目黒区区議会これもまた自
民党と例のカルト宗教創価学会の隠れ蓑である、公明
党、公明党目黒区区議会議員段である。この馬鹿で幼
稚な公明党税金着服、詐偽横領汚職大事件は20万人の
馬鹿な目黒区区民の愚かさを世界にさらした事件であ
る。世界に恥じるカルト宗教汚染、寄生虫が政治屋の
世界に入り込んでいるかをより鮮明にした事件であり、
ホリエモン詐欺事件とよく似ている。犯行手口もライ
ブドアはネットと株式情報操作、カルト宗教は
病院内患者への選挙訪問(院内感染。)と学校、職場
(カルト宗教師弟が勧誘、噂を流す。
Commented by cluthunter at 2006-11-23 06:26 x
第三項。要するに前者は
資金を使い利益を得るネズミ講式、後者のカルト宗教
は資金も出さず、末端の雑魚信者を使い奉仕させる手
口(オウムと同じでカルト宗教内部での地位の向上が
最優先。要するにゾンビ愚者の見本劇)。オウム事件
当時の世界の人々全てが普遍的に感じた常識であるが
一番愚かで踊らされやすい馬鹿の雑魚が陥り、必然的
に集っまったただけの事であると。そのような寄生虫
で、外の世界に害をもたらす集団に人権など認める必
要があるのかという、完全な答えが過去の歴史にも既
に出ている馬鹿か馬鹿しさ強烈に覚えた。一般的な例
であげても、要するにSODOMA E GOMORRA、旧約聖
書 創世記 19 、24、29でも答えとして出ている。要す
るに病院内での選挙訪問でも職場での選挙訪問でも、
自分に、その雑魚に利益の無いことでよってきたりす
るわけがない。
Commented by cluthunter at 2006-11-23 06:27 x
第4項.利益があるから依頼してくるだけの事
であり、その利益の意味を一番よく知っているのが犯
罪者(寄生虫)でしかありえないのだから。 
(ライブドア事件)はばかな日本人型経営者のN.Y.
間抜け振りを思い出す。バブル経済の時期、連日報道
があったがアメリカ人不動産業者と経営コン サルタン
ト業者におだてられて何の判断能力も無いのにN.
Yのエンパイアステートビル を買った事件などが連想
される。その後すごく安く
買い叩かれている様は馬鹿な日本人の 典型であった。
政治家(たかが国会議員程度の知能)しかない一般の
個人経営者や会社員、プータロー、年金者を狙った犯行
。要するにホリエモンは株価変動とその報道口コミの噂
に目をつけての犯行。
Commented by cluthunter at 2006-11-23 06:27 x
しかし、実際は、稚拙なねくらな
オタク(以前の生活風貌を見てみよ。)のあきばオタク
がミニ株式や株式上場ブームを作る為の報道,キャンペー
ンにのって時節に隙間産業だった為、多に競合が少なく、
たまたま上場して㈱ のうまみを覚え証券サラリーマン崩
れを雇いれて(以前、ホリエモンの秘書とか言ってい
たピエロと同じ。マスコミはどんなクズでも才媛、天才
とか頭につけるものである。)この様な間の抜けた愚か
な事件を冒しただけのことである。前出の馬鹿な国会
議員と無能政 府が招いただけのことである。何等、1
0年間-15年間法整備をおこなわず放置し続けた為で
ある。アメリカでは既に20年も前から同様の犯罪に対
して法改正がおこなわれていた。予断では有るがヒュー
ザーや姉歯の間抜けな三文犯罪、建築業法についても米
国ではその ような稚拙な犯罪はおこっていない。しか
もヒューザーの小島のような小者の財産没収についても
すべてにおいて完璧におこなわれ日本のような稚拙な欠
陥法ではなく凄まじい厳罰と追起訴がおこなわれていた。
無論財産も全て没収されていた。
Commented by cluthunter at 2006-11-23 06:28 x
どこまでも間抜けな日
本人型の事件でしかありえない。しかもその馬鹿な事件
を現在もまだ 馬鹿な検察官とやらがやっている。しかし
ホリエモンは3百30億円の財産を持ってせせら 笑って
いる。ただの根暗あきばオタクのデブが間抜けなマザコン
ペーパー無能国家公務員が 漫才をやっている。検察官、
裁判官程度は辞めたら収入の道が無い為、ホリエモン程度
やパチンコ業者にでも、自ら売り込みに行き土下座する輩
である。これも敗戦のときから一部のクズによって独占
されてきた世界であり、一般市民が自身の権利を寄生虫ガ
イチュウに汚染され実際に賠償金の額や、刑罰、懲役の刑
期の適正化に被害を被っているのにそれらを理解できない
一般市民の馬鹿さもさらけ出している。国会議員の選挙区
と同じ社会構造である。この構図とよく似ているのが、新
興宗教の選挙への介入と斡旋(病院内の選挙斡旋、誘導、
学校での選挙斡旋)である。
Commented by cluthunter at 2006-11-23 06:30 x
第5項。この構図とよく似ているのが、新
興宗教の選挙への介入と斡旋(病院内の選挙斡旋、誘導、
学校での選挙斡旋)である。以下に選挙が金と自分たち寄
生虫を守ってくれるかはこれまでの日本国の戦後歴史が証
明しており、これらを理解するのに外国人は2時間も要し
ない。いかに馬鹿な国かを体現している。しかもこの様な
犯罪を未然に防ぐ為 の手段はたった。二つの事だけである
。まず第一に刑事犯を含むこの様な巨額な経済事件に関 し
ては原則厳罰化を行い懲役もすべて実刑で30年から60
年の懲役に処すること。第二に 刑事犯を含め経済犯に関し
ても全て財産を没収し被害者救済に当てる。刑事事件と平
行して、強制的に財産没収、追徴等を並行して行い被害者
へ還付させる制度を新設する。第二に警察官 及び検察官等
の汚職、不正を捜査する専門捜査機関を新設させる。(この
場合は裁判官の職務不履行や汚職(人間として稚拙さや幼
さが際立つ裁判官も目立つの為。)も当然想定されるので、
平行して別組組織としての裁判官汚職専門の捜査機関もあ
わせて新設する。)以上、
たった二つだけのことである。
Commented by cluthunter at 2006-11-23 06:31 x
では何故、日本政府が行わ
ないか?。当然で ある。ペーパー官僚と無能痴呆老人国
会議員が妨害しているだけのことである。真っ先に自分
たちピエロ供が逮捕されるからである。ちなみに日本国
の債権は戦後60年で既に1200兆円を超えている。以下に官
僚と政治屋とやらが優秀なのか、はっきりわかる証拠であ
る。しかもこの負債金額は増大することはあっても減少す
る事は皆無である。これまでの半世紀をかけた経済運営が
全てを立証している。これが本当の日本国の姿であり現状
なのである。 いかに寄生虫ドモを繁殖させ被害を拡大した
かがわかる。その上、近郊の場かなゲリラモドキノ思想犯
国が平均の水準に到達していない原子爆弾を持ち、其れを
日本へ向けている状態のまま、この馬鹿な政治屋、官僚が
政務、行政とやらをおこなっている危険を考えれば恐怖そ
のものである。一体何位の人がその状態にきずいているの
か?。 しかもこんな政治屋、官僚寄生虫たちどころか、
カルト宗教、宗教屋すら駆除できなかった日本国民のつけ
はまた、戦前のようにやってくると考えるほうがまともな
のだろうか?。

Commented by mew-run7 at 2006-11-24 07:45
cluthunter さん、コメント有難うございます。

まず最初に・・・このコメント欄は字数制限があるので、不自由で
申し訳ないのですが。当ブログは、一投稿は一コメント欄でという
ルールを設けているので、ご協力をお願いいたします。

日本国民がもう少し賢くならないと、きちんと色々なものを見る目を
もったり、考えるようにならないと、本当にそのツケが来てしまうように
思います。
自分たちの手で、民主主義を勝ち取ってない分、逆の意味で、平和
ボケなんですよね。
人任せに慣れてしまっているというか・・・。

戦後60年、そろそろ目を覚まさないといけないと思います。