教基法改正の世論 + いじめで出席停止?! +  復党問題の「みそぎ」と安倍氏不在


  26日(日曜)の朝は用事をしながら、何となく報道系の番組を流していたのだが。
 教基法や防衛省昇格の改正を急ぎ過ぎることやミサイル防衛の集団的自衛権の問題を
取り上げているところもあって、ちょっとほっとさせられた。
<でも、これがなかなか国民的議論にはならないんだよな~。(涙)>
 
= 安倍政権、そんなに急いで どこへ行く? (・・) = 「急がば回れ」も教えてあげたい!


 そうそう。前記事で自民党のHPに設けられた「教育基本法改正Q&A」というコー
ナーのページを紹介したのだが。
 その中に、教育基本法改正に対するマスコミ各社の世論調査も載っていた。<コチラ>


 教育基本法の改正や愛国心に賛成の人が過半数いるということをアピールしたかった
ようなのだが。
 これは3~5月の時点での世論調査の結果ではあるのだけど、よ~く見ると・・・

【NHK】 
「改正案の成立時期について(上記で「改正すべき」と回答した人に質問)」
 今国会に提出して早く成立させるべきだ 21%
 今国会での成立にはこだわらず、時間をかけて議論すべきだ 76%

【毎日新聞】
「教育基本法の改正について」
 今の国会で成立させる方がよい  12%
 今の国会では採決をせず、議論を続ける方がよい 73%
 改正する必要はない  9%

 ・・・という結果も載せられていたのだった。

 自民党側は、この数字には着目しなかったのだろうか?
 それとも、半年立って、次の国会になったんだし、もう国民の間でも議論や理解があった
とでも思っているのだろうか?

<あ・・・やたら100時間も議論したと強調しているのは、このためなのかな?^^;>


* * * * *

 いいニュースを見つけたので追記!

『参院で審議中の教育基本法改正案に反対する意見書を、札幌市の私立北星学園女子中高校(浅里慎也校長)の生徒が26日までに、安倍晋三首相あてに送った。現在の教育基本法
起草にかかわった教育者河井道(故人)の出身校で、生徒は「国を愛する心は自分から思う
もの。先輩がつくった法律の精神を守って」と訴えている。
 意見書を送ったのは中学3年の1クラスと、高校の生徒会。安倍首相と参院議長、文部科学相
各政党にファクス送信した。

 改正案が「我が国と郷土を愛する態度を養う」などとした教育の目標について「日本が本当に
『美しい国』であるならば、私たちは国を愛するようになる」と指摘し、「おしつけるばかりでは
嫌いになるばかり」と愛国心の強制に反対している。 <共同通信26日>』

 子供たちが本当に愛せる&誇りに思える国になって欲しいな~・・・と心から願うmewであった。


* * * * *

25日、ちょっと唖然とさせられた記事が出ていた。
例の安倍官邸の「教育再生会議」が、いじめ対策の一つとして「いじめた側の児童や
生徒を出席停止処分にする」ことを提言する予定だというのだ。<*1>
 しかも、今回の提言では、暴力行為がなくても、明確ないじめがあった場合、厳格に
出席停止命令を適用することを求めることにするのだという。

メンバーの中には「事後的な対策を羅列しても効果は限られる」「出席停止を命じた
からといって、いじめを食い止められるという話ではない。議論を進めたら、提言の
内容は変わるのではないか」と指摘した人がいたそうだが、まさにその通りだと思う。

 それにしても、実に安易で短絡的な発想だし、教育やいじめなるものや、学校教育、
特に公立の学校の現場が全くわかっていない人の考え方ではないかと思われる。
<メンバーの中で学校運営に関わっている人も、私立の学校だしね~。>

 この件についてマジに書き始めたら、5日ぐらい続いてしまいそうなぐらい思うこと
たくさんあるのだが・・・。^^; 長くなりそうなので、別稿に書くことにする。

* * * * *

自民党の復党問題も佳境?にはいっている。

 少し前に、中川幹事長が「みそぎが必要だ」という話をしていたのを見た。
そのために、反省文や誓約書の提出を求めるということだったように思う。
 
 みそぎ 【禊】とは、海や川の水で体を清め、罪や穢(けが)れを洗い流すことだという。

 実は私が「みそぎ」という言葉を知ったのは、政治のニュースを通じてだったのだが。
 何か問題のあった議員が(時に一度辞職して)選挙に出て当選した時には、選挙民の
審判を経て「選挙民が許した」と、そして「みそぎが済んだ」というような形で使われる
ことが多いように思う。
 
 これに沿って考えるなら、やはり復党希望者は、一度きちんと自民党公認の形で選挙
を経て、選挙民の支持を得た上で、堂々と復党すべきなのではないだろうか?
 そうであれば、自民党支持者も、国民全体も納得行くことだろう。<コチラに書いた議席、
票の二重取りの民主主義に反するような詐欺っぽい問題も起きないしね。>
 
 昨日いくつかの世論調査の結果を見たが、どの調査も「復党に反対」という意見の人が
50~60%を占めていた。<賛成は20%台>


 中川幹事長は25日になって「安倍首相の本音は院内統一会派だ。それが困難ならば
国民党員の理解が得られるやり方でやってほしいというのが、首相の考え方だ」と発言
していた。<毎日新聞25日>

 これを見て、「今さら何を言っているの?」という感じもあった。
 本当にそう考えているのなら、自民党と総裁である安倍氏がお得意の「リーダーシッ
プ」とやらで、そのようにさせればいいのだ。実際のところ、そうした方が国民の理解も
得られやすいだろう。
 だが、総裁になってからの2ヶ月を見る限り、安倍氏は首相として官邸のお仕事や法案
改正には熱心なようではあるが、自民党の方ではリーダーらしいことは何もできず、党内
もまとめることができていないように見える。

 おそらく、安倍氏がこの件でゴリ押しをしたような印象を与えないためにこのように
言ったのであろうが。安倍氏が自民党の代表&責任者であるにもかかわらず、結局、最後
までこの件に距離を置いて人任せにするような形のままであることに、もっと疑問や批判
の声が出てもいいのではないかとも思う。

 そんな曖昧なことをしていると、どんどん支持率が下がっちゃうぞ~!(@_@。<早く50%
割れないかな~>*3

                              
 <つづく>               THANKS


【よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 
 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも多くの人に安倍政権や社会の問題点
を伝えられるように、ご協力をお願いします。<ランキング上位だと、そこから来て
読んで下さる人が多くなるです。>
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】

にほんブログ村 政治ブログ
 
人気blogランキングへ


<*1~3は↓ More の部分に>





*1
『 学校でいじめによる自殺が相次いでいる事態を受け、安倍首相直属の教育再生会議(野依良治座長)は25日、いじめ問題に対する緊急提言を来週にもまとめ、公表する方針を固めた。

 都道府県や市町村の教育委員会に対し、〈1〉いじめた児童・生徒に出席停止など厳しい対応を取る〈2〉深刻ないじめ問題が起きた場合に備え、緊急に学校を支援する態勢をつくる――ことなどを求める。

 同会議は来年1月に中間報告を作成する予定だが、自殺問題を重く見て、法改正などが不要の緊急対策を早急に打ち出すことにした。文部科学省も速やかに対策を講じる考えだ。

 学校教育法では、「児童の性行不良で、他の児童の教育に妨げがある時」は、市町村教委は保護者に対し、その児童の出席停止を命じることができると定めている。具体例として、傷害、心身の苦痛、財産上の損失などを与える場合を挙げている。

 しかし、近年、出席停止の件数は年間40~50件程度で推移しており、言葉などによるいじめで出席停止になるケースはあまりなかった。今回の提言では、暴力行為がなくても、明確ないじめがあった場合、厳格に出席停止命令を適用することを求めることにした。

 福岡県で中学生が自殺した問題では、担任教師の不適切な言動がいじめを誘発したとされることを踏まえ、いじめに加担した教員の懲戒処分も提言する。教員の懲戒は主に体罰、セクハラ、交通事故などが対象だが、懲戒処分基準の見直しを教委に要請する。

 さらに、いじめ問題が発生した学校に対し、教委から緊急支援チームを派遣し、保護者への説明や児童・生徒の「心のケア」などの面で教員をサポートする態勢を整えることも求める考えだ。

 提言には、いじめがあった場合、地域住民や学識経験者からなる学校評議員会に対して報告を義務づけることや、学校教育法で定められている「体罰」の解釈見直しを検討することなども盛り込む予定だ。<読売新聞 25日>



*2
『郵政民営化に反対し自民党を離党した造反組の復党への賛否を聞いたところ、61%が
「反対」と答え、「賛成」は24%にとどまった。復党問題が大詰めを迎える中で世論の反発の
強さが改めて裏付けられたことは、党執行部や造反組の最終判断に影響を与える可能性が
ある。
 賛否の理由をそれぞれ四つの選択肢を挙げて尋ねた結果、反対は(1)「参院選対策という
狙いが露骨だ」42%(2)「衆院選の際の自民党の方針と矛盾する」27%(3)「かつて郵政民営化
に反対した責任は重い」20%(4)「時期尚早だ」7%――の順。

 賛成理由は「もともと離党させるべきでなかった」が最多の41%。「小泉政権から安倍政権に
変わった」の32%、「すでに郵政民営化に賛成している人が多い」の16%、「前回の衆院選
から1年以上たっている」の5%と続いた。

 支持政党別で見ると、自民支持層も反対の54%が賛成の33%を上回ったほか、民主支持層
が反対75%、賛成18%など、無党派も含めたすべての支持層で反対が賛成を上回った。
安倍内閣支持層は反対57%、賛成29%、不支持層は反対75%、賛成14%だった。
<毎日27日>』





*4
『毎日新聞は25、26日、全国世論調査(電話)を実施した。発足2カ月の安倍晋三内閣の
支持率は53%と過半数を維持したが、発足直後の歴代3位だった前回調査(9月26、27日)
の67%と比べ14ポイントの大幅減。自民党支持率も前回比9ポイント減の33%となった。
いじめ自殺など「教育3点セット」問題への対応や、郵政造反組の自民党復党問題などが
マイナスに働いたとみられる。教育基本法改正案の審議が大詰めを迎えた臨時国会の攻防
や首相の党内求心力にも影響を与えそうだ。<毎日新聞 27日 抜粋>
[PR]

by mew-run7 | 2006-11-27 08:57 | 安倍政権に関して | Comments(29)

Commented by やや右寄り?のベル at 2006-11-27 11:28 x
>25日、ちょっと唖然とさせられた記事が出ていた。
教育問題については、基本的に右も左もあまり関係がないと思っていたのですが、mewさんがこうコメントするとは意外でした。安倍官邸の「教育再生会議」が出した『いじめ対策』の一つだから反対なのかな(冗談です)?

一連のマスコミ報道は「いじめた側の児童や生徒」にはほとんど触れず、学校側の対応や教育委員会の責任に終始していました。私は「これではいじめた側の生徒は反省しないばかりか、自殺するほどいじめても加害者は問題にならないと誤解を与えかねない」と危惧していたので、「いじめた側も出席停止処分にする」としたのは当然だと思っていました。もちろんこの案が、たとえ民主党や社民党からの提案であっても、ね。

暴力行為はもちろん、窃盗、万引き、麻薬・・・、犯罪行為を行った生徒には「停学・退学」の処分が行われます。いじめは犯罪だと認識する私は、厳格に出席停止命令を適用することを求めるのは当然だと思います。

安易で短絡的な発想で対策を先送りにし、学校の現場が全くわかっていない人の考え方は、この案に反対する人たちの方ではないかと思います。
Commented by まーくす at 2006-11-27 12:52 x
いじめの主犯格に教員が注意をしても、同じ校舎内に居たら被害者は常にビクビクですよ
だから出席停止(どのくらいの期間かは分からないけど)は適用すべき。
いままでは被害者が現場を離れるしかなかったけど、むしろ逆になるべきでしょ?
いじめの被害者の気持ちも大事ですよ
Commented by ひろ at 2006-11-27 13:13 x
教育基本法改悪法案は、参議院で廃案しかありません!
国の根幹を決める教育基本法を国民抜きに議論する与党のあり方は「愛国心」がありません。
Commented by とおりすがり at 2006-11-27 13:45 x
上記、毎日新聞記事のアンケートで、
「改正する必要は無い」がわずか9%である件について。
Commented by SESIRIA at 2006-11-27 15:30 x
出席停止を適用させるのは妥当だと思います。虐めが「悪い事」なのだと
示すべきです。教育勅語と修身を復活させ真人間を増やさなければ
社会に公序良俗安寧秩序は保てません。
Commented by もーちゃん at 2006-11-27 17:34 x
すみません。1つ目のTBをなぜか2重送信してしまいました。
お手数ですが、片方を削除願いますでしょうか……。
Commented by 語るに落ちる at 2006-11-27 19:46 x
最近のイジメ問題と教育基本法(改悪)法案とは、次元の異なる課題です。イジメ問題があるから教育基本法(改悪)法案、?????

日本帝国軍隊の新兵教育では、「教育勅語と修身」の教育を受けた下士官が新兵をイジメ抜いた。 内務班というのでしょうか。   うぐいすの谷渡り  など、若い世代の方々は知っているのでしょうか?屈辱ですね。
しかも、上官の命令は天皇の命令---。上手く天皇を利用しましたね。巧緻と言いますか狡知ですね。
「教育勅語と修身」は語るに落ちる、申せましょう。ヒューマニズムが私達に宿りますように。
Commented by 美しい国 at 2006-11-27 20:34 x
>そんな曖昧なことをしていると、どんどん支持率が下がっちゃうぞ~!

私の名前は「アベ」でございます。私の支持率をとても心配して下さって誠にありがとうございます。ここは私もmew様をまねて、ひとりでも多くの人に私の魅力を伝えられるようにブログを立ち上げたいと考えております。
ブログのタイトルは「参院選がアブナイ!」にしようと思っております。
TBをよろしくです。

P.S.) 「安倍」は「アベ」に変更します。「アベ」は「美しい国」の架空の人物です。
Commented by SESIRIA at 2006-11-27 21:03 x
だからやっぱり改正が必要なんですよ。人の話を聞き入れない。自分の考えだけが正しいと思っている人がいるんですね。
Commented by ちひろ at 2006-11-27 23:00 x
こんばんは、ちひろです。
いじめた子の出席停止に関しては私は議論してみる余地もあると思います。しかし、日本のいじめは精神的なものが多くその判断が難しいと言われています。仮にこれが施行され、子どもが家庭でいじめられたと訴えればその親は当然相手の子の出席停止を要求するでしょう。でもそれが本当にいじめに当たるのか、多様な事例を誰が判断するのか、その判断を先生にさせれば先生と出席停止を受けた子の親の間にも確実にしこりが残ります。つまり、今の親と教師の力関係、そして人手不足の現場状況を考慮しなければ絵に描いた餅になると言う事です。
そんな学校の状況が熟慮されていればいいですがどうも発案者は取りあえず罰則を規定すればいいという安直な考えしか持っていないように思えて不安です。議論を進めれば内容が変わるだろうと言うのは恐らくそういう事でしょうね。
最後に、この場を借りて失礼しますが「美しい国」様のコメントはいつも面白くて楽しく拝見してます。私も「安倍」さんのファンになりそうです。
Commented by understanding at 2006-11-28 02:41 x
共同通信(左翼の元締め)の記事:
<子供:「日本が本当に『美しい国』であるならば、私たちは国を愛するようになる」>

左翼が好みそうなコメントですが、よく読んでみてください。
私たち愛国心がある人は、現代の日本の堕落、腐敗を嘆いて、何とか「美しい国」にしたいと考えるものです。
また、貧しいor 混乱した国の子供たちは、「母国を立派な国にしたい」という愛国心を持っているのです。
ところが、この記事の子供の甘ったれた卑屈な態度はどうですか。
中3にして早くも堕落して自発的な態度が全くない。
「美しくないから嫌い」とかそういうものではないでしょ。
「美しくないから美しくしたい」という国を愛する態度(心)を涵養する必要があります。

<子供:「おしつけるばかりでは嫌いになるばかり」と愛国心の強制に反対している>

「おしつける」「強制」と、誰がそんな左翼プロパガンダを吹き込んだのでしょうか!?
数年前、国連総会で、左翼教師に連れられた日本の学生が「私は学校の規則で強制的に制服を着せられています。好きな服を着る自由や権利があるはずです。人権侵害です」と発言し、大顰蹙を浴びました。
Commented by 組合員A at 2006-11-28 19:17 x
この国が美しいか否かなど、自分の望む体制になっているかどうかで決まるものです。現代の日本の腐敗と堕落とは何と比較して言っているのでしょうか? 
私はかつての日本と比べ、現代の日本は特に腐敗も堕落もしているとは思いません。むしろ昔から比べると、犯罪も事故も災害も減ってきています。「教育は死んだ!」などとやたら軽々しく口にする人たちには、では素晴らしい教育の時代がいつあったのか?と問いたい。
今を憂えた言葉を吐いて、自分のイデオロギーの方向へ誘導するのは権力側のよく使う手ですので要注意です。

さていじめ生徒の出席停止問題ですが、私はこれについては反対しません。なぜなら多くのいじめられた生徒が登校できなくなっているのに、いじめた側がのうのうと登校しているのはまったく理不尽なことだからです。
最近のいじめ報道も、学校や教師ばかりを責めるものばかりなのはおかしいです。
やはり第一義的には加害者に責任を取らせることだと思います。
Commented by FK at 2006-11-28 19:18 x
私はいじめた生徒の出席停止措置には条件付賛成です。理由は、やや右寄り?のベルさんと同じ理由です。このままですといじめる生徒の意識は全然変わらないと思います。また、問題になれば学校関係者が困って面白いと考える人もいるかもしれません。

しかし出席停止措置によっていじめ問題が改善されるとは思えませんし、長期間続きますとかえって弊害の方が大きくなると思います。おそらく生徒はその行為がいじめになるかどうかわからないので(例えばクラスの中で規律を乱す特定の人を、一人もしくはみんなで注意すると、注意を受けた人はこれをいじめと考えるかも知れません。)、他人との関係をますます恐れ、自分の殻に閉じこもるか、特定のグループにしか関係を持てなくなる危険性があると思います。また、自分の気に入らない人やグループを陥れるために「いじめを受けた」と声を上げる人も、もしかすると出てくるかもわかりません。ひいては、自分の事柄にしか関心をしめさず、社会の様々な問題に無関心な人間が多くなると思います。

できれば、1ヶ月、長くて3ヶ月程度ですと容認できますがそれ以上は反対です。
Commented by FK at 2006-11-28 19:33 x
すみません。つづきます。

できればその期間に学校を卒業した生徒の生の声を聞いて、その学校独自の対策を打ち出した方がいいと思います。

主にいじめは、小学校高学年から中学校1、2年に多いと記憶しています。自殺に至らないまでも悩んでいた生徒は他にもいると思います。学校に在校していた場合はなかなか声を上げる事ができなくても、卒業してしまえばそれも容易だと思います。

またいじめた側の生徒、それを傍観していた生徒も、比較的冷静に物事を見つめなおす事ができると思います。できれば過去10年位の意見を分析し、検討し、その中で有効だと思われる対策をその学校独自で打ち出せばいいと思います。ある学校では有効でも他の学校では弊害があるかもしれません。政府が一律に対策を定めるよりも、その方がはるかに効果的だと思います。

この観点からも教育基本法の政府案には反対です。
Commented by we at 2006-11-28 19:36 x
 はじめまして。weといいます。
現在中学1年です。

 僕は、いじめた子の出席停止について、基本的に反対です。いじめた側にも、何かする必要はあると思いますが。
 例えば、靴を隠すとか、犯人がわからないような場合はどうするのでしょう。「『誠意』を見せていますよ~」と、一般に言われる「ワル」を何もしていなくとも学校から追い出すのでしょうか。

 そうすれば、学校は楽なので、嘘八百で、とにかく学校に都合の悪い生徒を追い出すようになるのではないでしょうか。
Commented by 名無し at 2006-11-29 17:35 x
understandingさんに同感です。眼から鱗の正論ですね。でも、ここのブログ主はそういう正論はいつも無視するみたいです。
Commented by 組合員A at 2006-11-29 19:35 x
いじめた側に社会奉仕案なるものが出てきました。
私は先のコメントで、出席停止をなかば容認する書き込みをしたのですが、それはいじめられている生徒を守るためであったのですが、この会議の面々は「懲罰」のつもりだったようですね。
なんかちょっと違うかなぁ、という印象に傾いてきました。

前の名無しさん
>understandingさんに同感です。眼から鱗の正論ですね。でも、ここのブログ主はそういう正論はいつも無視するみたいです。

ここのブログを読んでわかりませんか?
ここはリベラル系のブログです。相手にして欲しかったら賛同できるブログに書き込めばよろしい。
ストーカーまがいのコメントには私でも相手にはしません。
Commented by mew-run7 at 2006-11-29 22:01
やや右寄り?のベルさん、コメント有難うございます。

私は安倍氏でも、それこそ天敵イッタくんの言ったこと
でも、いいと思ったことは評価するです。(笑)

まだ記事の方が書ききれていないのですが・・・
今の出席停止制度では、いじめられる生徒は救えない
ように思います。
暴行被害でもなければ、1週間もせずに帰って来ますし、
却って逆効果になることも考えられます。
いじめ対策にも有効だとは思えません。

また高校の停学とは違い、小中学生では出席停止制度は、
年に30~40件しか用いられていないのが実情です。

もし懲罰やレッテル貼り、見せしめとして行なうのが
よいというなら話は別ですが・・・。そうでなければ、
いじめで出席停止を多用するのは、危険だと思います。

Commented by mew-run7 at 2006-11-29 22:01
まーくす さん、コメント有難うございます。

私もいじめの被害者は何とか守りたいし、救いたい
と思いますが。
出席停止制度は、有効な救済策にならないと思います。
暴行被害でもなければ、数日か1週間で帰って来ます
し、いじめの根本的対策としても逆効果になる
おそれがあります。
Commented by mew-run7 at 2006-11-29 22:01
ひろ さん、コメント有難うございます。

本当に何とか廃案にしたいですね~。
彼らは「国」は愛しているけど、「国民」は愛して
いないのかも知れないです。
Commented by mew-run7 at 2006-11-29 22:02
とおりすがりさん、コメント有難うございます。

もちろんコピペした時に確認していますよ。
ただ国民が改正の内容をきちんと知っているのかには
疑問を覚えています。
Commented by mew-run7 at 2006-11-29 22:02
SESIRIA さん、コメント有難うございます。

私は、社会のモラルやマナーを教えることは
大事だと思っています。
でも、教基法改正は反対ですし、教育勅語、
修身の復活は考えられません。
教育勅語の内容にはいいものもあるので、
それはモラルとして教えてもいいかもです。
Commented by mew-run7 at 2006-11-29 22:02
もーちゃん さん、コメント有難うございます。

TB有難うございます。了解しました。(~~)
Commented by mew-run7 at 2006-11-29 22:03
語るに落ちる さん、コメント有難うございます。

軍隊でのいじめはヒドイものだったようですね。
映像や文字で見るだけでも、ゾッとします。
<自衛隊も程度こそ違え、イジメがあるようですが。>

ついさっき、自分が戦地で痩せ衰えて行く姿を
描いていた美大生のスケッチを見て(餓死した
そうです)、それにもゾッとさせられました。

やはり自由と平和が一番です。
Commented by mew-run7 at 2006-11-30 16:05
組合員A さん、コメント有難うございます。

私も戦後の教育も戦後の社会も、まったく悪いと
思っていません。
むしろ言いたいことが言えない、仕事でも勉強でも
遊びなどでもやりたいことがやれない社会に
戻りたくはないと思う人が多いのではないでしょうか?
<一部のエリートは、その時代も自分の思うように
できたわけですが。>

いじめの出席停止については、もし特定の1~2名
だけが暴行などを行なっている場合は、まだ効果が
あるのかも知れないのですが。
<それでも逆恨みなどの逆効果があるかも>
そうでない形のいじめの場合は、実効性がない上に
いじめ対策にもかえって逆効果になるおそれがあるので
難しいところです。
今回の隔離、社会奉仕命令にしても、運用は難しい
ように思います。
Commented by mew-run7 at 2006-11-30 16:06
FKさん、コメント有難うございます。

そのあとの記事に書きましたが、ひどい暴行などの
いじめでなければ、出席停止は数日か1週間以内
で終わってしまいます。
その間に、いじめられた子が以前のような状況を
回復できるか私には疑問です。

むしろ、逆恨みやさらにいじめを隠す方向に
進むのが危険ではないかと思っています。

また近時の集団的いじめにも、適用が難しい
面があります。
ある教師が、もし出席停止制度が採用されたら
クラスの半分以上が学校に来られないと言って
いましたが、厳格にやればそういう異常な状況が
起きるのではないかと思います。
Commented by mew-run7 at 2006-11-30 16:07
we さん、コメント有難うございます。

中学生の方からコメントがいただけてすごく
嬉しかったです。
レスが遅くなってすみません。
weさんは、今の学校の状況が一番わかっている
と思います。大人が考えるように、いかにも
特定できる「いじめ」という感じのものより、
遊び感覚でものをとったり隠したり<単に忘れ物
したら、他人のものをとっちゃうとか>、急に
悪口やからかい、仲間はずれにしたりとか、
そういうことで苦しんでいる子が少なくないように
思います。
確かに一部にワルもいますけど、結構、一般の生徒
も参加している場合があるので、特定の子を何日か
教室に来なくさせても、問題は解決しないように
思います。逆効果になるおそれもありますよね。

そういう実態をもっと理解した上で、現実的な
対策を立てて欲しいと思います。

また意見を寄せてくださいね。


Commented by understanding at 2006-11-30 20:37 x
mewさん:「私も戦後の教育も戦後の社会も、まったく悪いと思っていません」

私も「まったく悪い」とは思ってません。しかし、戦前の歴史全てを暗黒化するのはどういうことでしょうか?
コミンテルン史観に縛られすぎています。

日本統治時代を生き、それを高く評価している韓国の崔基鎬・加耶大学客員教授は、こう語ります。
「李朝朝鮮は(略)、人々の精神から社会まで腐り切ってしまった。もっとも私は同じようなことが戦後の日本をも見舞っているのではと憂慮している。日本人は気高く、公徳心に溢れ、強い愛国心を抱いていた。ところが、戦後、アメリカの属国の地位に甘んじるうちに(略)、毎年、日本人らしさが失われている。独立心を失った国民は堕落する。日本はかつて明治以後、アジアの光であったのに、すっかり曇るようになった。国家の消長は結局のところ、国民精神によるものである」
Commented by mew-run7 at 2006-12-01 00:12
ちひろさん、コメント有難うございます。

レスが遅れてすみません。<字数制限に引っかかって書き直しを
したあと、アップが遅れてしまいました。m(__)m>

美しい国のアベさん、面白いですよね。当ブログのコメント欄の
アイドルになりそうな感じです。(~~)

この件は改めて記事に書きたいと思いますが。
どうも再生会議は、出席停止を懲戒処分としてとらえている
ようですね。いじめた子に罰を与えることによって、本人の
反省を促すと共に、罰があるという脅威で他の子がいじめを
しないようにと考えているように思います。
それで、いじめの根本的な対策や子供への教育になるのか
疑問に思います。

また、いじめられた子の中には、いじめた子が罰を受ければ
それで満足感を得られる子もいるかも知れませんが。その子が
数日で帰って来たあと、すべては解決した形の状況になるのか。
逆恨みや、逆いじめなどは起きないのか・・・そのことも
懸念されます。