教基法&自衛隊法改正を受けて・・・安倍首相は何と、国民が選挙で教基法改正を望んだと言った

 教育基本法と自衛隊法(防衛省昇格法案)が一気に改正されてしまったせいか、この
週末はPCも私も、やや状態がよくなかった。
<PC、exciteのいずれに問題があるのかわからないが、この週末は、自分のブログに
繋ぐと画面が真っ白という状態が多発したりもした。>
 おまけに、自分の不注意でキーボードの上に物を落として、キーが吹っ飛ぶし~。(涙)
<二つは修復不可能か?サブ機を調達して、入院させなくちゃだわ。>

 教基法改正についての記事も2回書いたのだが、結局アップできずに終わってしまっ
た。<号泣> でも、ちょっとめめしい内容もあったので、アップできなくてよかった
のかも知れないと思う面もある。
 TBを頂いた皆様の記事からも、力強いメッセージが伝わって来たのだが。本当に、
この悔しさをバネに、またコツコツ前向きにやって行くしかないと改めて思った。


 教基法改正や防衛省昇格法案は、彼らにとって憲法改正までに少しずつ国を変えて
行くための序章に過ぎない。
 来年にはいったら、具体的に教育を変えるための教育関連の法案提出や学習指導要領
の改定案などが次々と出される予定になっている。こちらも具体的な活動を想定しての
自衛隊海外派遣をの恒久法の提出や、集団的自衛権の解釈改憲もなされる可能性が高い。

 早くこの流れを止めないと、本当に本当に日本がアブナイ!
 そのためには、やはりまず何より来年の参院選挙に勝つことが重要だと思う。
 そして参院選やその後のためにも、少しでも多くの人に、このアブナイ政治の流れを
知ってもらうことが必要だとも思う。

 この件は改めて書きたいが、今回、教基法や防衛省法案の改正に関しては、国民が
あまり知る機会もなく、国民の議論や理解が不十分だったことが、一番の問題点だった
だったと考えられる。<改正賛成者からも、そのような批判が少なくない。>

 それは本当に残念なことなのだが・・・。逆に言えば、まだまだ救いがあるとも考え
ることができる。もし国民が、安倍政権or今後の自民党政権の問題点や危ない流れの
ことを知れば、異なる反応を示す可能性が残されているからだ。
 そう思えば、希望は十分に残されているように思える。

* * * * *

<ちょっとPCがどこまで持つかわからないので、ここから先は、既に書いてあった
15日の記事のつづきを織り交ぜて、書いてみたい。>

 4日に行なわれた地方公聴会(長野会場)で、首都大学東京の大田直子教授が「教育基本法
は準憲法とも位置付けられている。選挙などで一度国民の声を聞くべきレベルのものでは
ないか」と述べたという。
 私は、その記事を見て、心底、そうできないものかと思ったものだった。<それこそ、
まやかしの郵政民営化選挙で800億もかけるより、どれほど有益なことだろう。>
 そうなれば、自民党も他の政党も、きちんと説明せざるを得なくなるし、メディアも
もっと取り上げてくれるだろうし、国民ももっと関心を持って、色々と考えることが
できたかも知れない。
<やはり憲法9条に密接に関わる自衛隊法改正とセットで、選挙を行なってくれても
よかった。>
 
 逆に言えば、今回の教基法等の改正に至る過程で、私がある意味で、一番悔しく思えた
のは、やはり昨年の総選挙で自民党に大勝させたことだった。
 公明党や民主党の対応の問題もあるが、あの選挙での大勝が政府与党&その背後にある
勢力を強気にさせ、一気にコトを運ぼうとした原動力になったのは確かだと思う。


 昨秋の総選挙は、小泉前首相が「郵政民営化に賛成か、反対か」を国民に問う選挙だ
と位置づけ、各党からマニフェストは出されたものの、教基法の改正については全く争点
になっていなかった。
 果たして自民党の候補者の何人が、教基法改正のことを訴えたことだろう? また、
有権者の何人が、教基法改正を意識し、それを望んで自民党に投票したことだろう?

 少しでも見識のある政治家なら、それぐらいのことはわかっている。だから、今回の
教基法に関する国会質疑では、政府与党の閣僚や議員は、かなり自分勝手な解釈やとって
つけたような理由付けを語ることが多かったが、私の知る限り、さすがに選挙の話を持ち
出す人は一人もいなかったのだ。
<私が閣僚でも、「それだけは口が裂けても言えない」と思うことだろう。>


 だが、安倍首相は、国会の場で臆面もなく、美しい正論を述べて下さった。
 14日の午前中の参院教基法特別委員会の審議で、民主党の桜井議員の「何故、教基
法改正が国民に望まれていると思うのか?」という質問への答弁の中で、

「自民党は、教育基本法の改正を主張して選挙を行ない、勝利している。」

と言ったのである。
 そして桜井議員が、「去年の総選挙は郵政民営化が争点じゃなかったのか?」と反論
したのに対し、安倍首相は「公約2005をよく読んで下さい」と言い返したのだった。
<次の神本議員の質問の時にも「私どもは政党として教基法改正を訴えて選挙を行なっている。
私はそれを何回も選挙で言っている。私は総裁選挙の時も教育改革を訴えた」と言っていた。>


 私は、テレビの中継でその場面を見ていて、(・o・) アゼ~ンとさせられてしまった。<思わず、
このあとで衆院TVで見直してしまったほどだ。>

 確かに自民党は、結党以来50年以上にわたり、憲法や教育基本法の改正を基本方針として
掲げている。昨秋の総選挙で出したマニフェスト「公約2005」<コチラ>でも、郵政民営化のこと
が大きく扱われているものの、「自民党からの120の約束」の25番目には、ちゃ~んと教基法
改正のことが書かれていた。
 そう。彼の言うことは、正論なのだ。あまりにも現実とは乖離しているとはいえ、まさに正論なの
である。

<じゃあ、TOPの公約に反した復党議員はどうなのか、とツッコミたい気もするが。ほかにも、
ウヤムヤになっている公約が色々とあるみたいだし?!>


 私は、これを聞いて、やはり何が何でも来夏の参院選では、与党を過半数割れにするしか
ないという思いを強くした。

 ただ、そのためには、野党が一致団結して戦う必要がある。そして、そうするためには、
やはり民主党の姿勢が鍵になると思う。

* * * * *

 最後になってしまったが、これまで教基法改正に(自衛隊法改正も)に反対して様々な
形で活動をして来た方々(中には長きにわたり活動されて来た方もおられると思います)
そして今月は特に寒い中、国会周辺や各地で集会に参加された方々、ブログやその他の
形で懸命に教基法改正の問題を訴えて来た方々・・・本当にお疲れさまでした。そして
有難うございます。m(__)m
 もちろん、これで終わったわけではないですけど。どうか少しの間、心身を休めて、
大きく深呼吸してエネルギーを蓄えて、また頑張って頂きたいと思います。
 
 そして、教基法改正のことで、また新たに色々なブログの方と出会えたことは、私に
とって大きな喜びでしたし、色々勉強させて頂いたり、励まし合ったりできたことに、
心から感謝しています。有難うございます。m(__)m
 私自身は、思いだけは大きかったのだけど、実際にはここでアレコレ書いていること
ぐらい+αしかできず、自分のことが情けなく思えたりしたのですが。でも、こうして
ブログを通じてでも、皆さんと同じ思いを共有して、同じ目的に向かって頑張れたこと
はすごく大切に思えますし。これからの励みにもなるように思えます。まだまだ、先は
長いので、これからもよろしくお願いします。m(__)m

                                          THANKS



【 よろしければ、↓の上下それぞれののランキングのリンクをクリックして下さい。
と~っても励みになるです。(^^♪ 
 日本の将来にとって大事な時期なので、ひとりでも多くの人に安倍政権や社会の問題点
を伝えられるように、ご協力をお願いします。<ランキング上位だと、そこから来て
読んで下さる人が多くなるです。>
 組織票を持っていないので、最後まで記事を読んで下さった方々ひとりひとりのクリック
が頼りです。お手数ですが、上下ともクリックして頂けると有難いです。m(__)m】

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ
[PR]

by mew-run7 | 2006-12-18 05:14 | 安倍政権に関して | Comments(8)

Commented by 語るに堕ちる。 at 2006-12-18 11:51 x
政府広報紙のような(ようになった)朝日新聞で、「改悪・教基法」の全文を(初めて)読みました。  安倍・伊吹の狂喜を忘れない。
前文で、「ここに、我々は、日本国憲法の精神にのっとり、」となっています。
5年後までに改憲しょうとしているヤツがこのような文言を記述することのふてぶてしさ、厚かましさ、恐ろしさを痛感しました。「日本国憲法」を揶揄していますね。
さあ、もう一度、「日本国憲法」をよく読もうと思います。
Commented by 被弾の瞬間に頭の水分が昇華し皮 at 2006-12-18 18:20 x
被弾の瞬間に頭の水分が昇華し皮がはがれる瞬間。
http://pink.ap.teacup.com/123ja8119/img/1165657329.jpg
子供を抱きかかえ、被弾の瞬間頭の水分が昇華し皮がはがれる機内での様子が放射され続けている。あまりの地獄に言葉も出ない。
http://pink.ap.teacup.com/123ja8119/img/1165648271.jpg
現在も放射される中性子線。これが首都圏を中心に構造物に甚大な被害を与えている。
http://pink.ap.teacup.com/123ja8119/img/1165653956.jpg

このような中性子爆弾「きれいな爆弾」の地獄は繰り返してはなりません。
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/
Commented by 語るに堕ちる。 at 2006-12-19 12:10 x
上のコメントは、あのヒトデナシ教諭と同様の悲しいコメントですね。
腐っとる。
「教育」のほんとうの重要さが痛感されます。

Commented by mew-run7 at 2006-12-20 10:26
語るに堕ちるさん、コメント有難うございます。

あの人は、国民より自分の国づくりが大切なのです。
国民主権の国には適さない政治家です。
Commented by tarako at 2006-12-21 17:13 x
まずは、民主主義とはなんなのか、から自問されたらよいかと。

教育というものは、その影響が長きに渡るものであるから、一刻も早い改正がまたれていたのであるが、拙速ゆえ中途半端の感は否めない。

安倍政権には日本を普通の国に戻すという使命が課せられている。
憲法改正の際はこの中途半端に終わった事を払拭し、国民一人ひとりの生命財産を守る国となるよう頑張っていただきたい。
Commented by mew-run7 at 2006-12-23 06:20
tarakoさん、コメント有難うございます。

民主主義とは何なのか・・・安倍氏に知って
欲しいものです。

「数」の要素があるとしても、せめて大きな
法律は、きちんと争点にした上で、「数」を
とらなくてはならないと思います。

これは各人の国家観の問題ですけど・・・。
私は、安倍氏の考える国がふつうの国だとは
思いません。
教育に関してもしかりです。

そもそも今の政治では、国防の前に、日頃の生活の
中で、国民の生命、財産が守れないような状態になって
しまっています。
Commented by yujiart at 2007-01-09 12:55
はじめまして,yujiartです。
その通りです。このままでは,日本は危ない。少なくとも次回の総選挙では,自民党に,だまされないようにしましょう。
Commented by mew-run7 at 2007-01-09 19:11
yujiartさん、コメント有難うございます。

次の参院選、総選挙では、国民もきちんと考えて、投票をできると
いいと思います。
子供たちがのびのびと個性や才能を伸ばす教育や生活をできる
ためにも、国民の自由と平和を守れればな~と思います。