人気ブログランキング | 話題のタグを見る

民主&野党は松岡問題にブーメラン返しを!+石原は自民そのもの+鈴木ヒロミツ氏逝去

松岡農水大臣の問題がくすぶり続ける中、安倍首相がこの件に不満をもらす1回生
議員たちに「迷惑を掛けていることは分かっている」と述べたという。<後述>

「迷惑だってわかっているなら、とっとと対処しなさいよ」と言いたくなってしまう。
 この件がグダグダ続けば、自党の議員たちだけでなく、実のところ、格差問題やその
他の国政に対する問題に関してアレコレ追及しようと手ぐすねを引いて待っていた野党
議員にとっても迷惑な部分があるのだ。
<野党が他の重要テーマの質問をして、松岡大臣の件をあまり扱わないと、追及が甘く
なったとか言われちゃうし~。でも、決まりきった答弁の繰り返しをきくために、貴重
な質問時間を何十分も使ってたら、時間のムダ遣いになるし~。>


 そんな中、14日に民主党の中井洽議員(衆院、元法相)の光熱水費の問題が出た。
<*1,2>
 松岡氏と同じように、議員会館に資金管理団体の主たる事務所を置きながら、政治資金収支
報告書には2005年までの3年間に計約1070万円を「光熱水費」として計上していたことが
分かった。
 
 中井氏は、全額が慶弔費やガソリン代など別の支出を計上していたことを認め、収支報告書
を近く訂正するとしている。民主党は、中井氏に16日にも記者会見させ、領収書など詳細を
公表する方針を表明した。
 会計責任者は「前任者から引き継ぎを受けた際、おかしいと思ったが、光熱水費が急に減る
と不審だと思い、慣例的に続けてしまった」と釈明。今月中に総務省へ提出する06年分収支
報告書は、光熱水費をゼロにするという。

 
 こう言っては何だが、私はこの件があってよかったように思う部分がある。
 これで民主党がトーンダウンするという見方もあるが、私はうまくやれば、逆に追い風に使える
のではないかと思ったりする。<ブーメラン返しじゃ~~~!!!>
 読売新聞(*2)に「終息ムードが漂っていた政府・与党内の雰囲気は、中井氏が虚偽記載
を認めたことで一変し、松岡氏問題の再燃を懸念し始めた」という一文があったが、この件で
何とか逃げ切り体制に持ち込もうとしている安倍内閣にとっては、逆風になると思うからだ。
<民主党のイメージ面でも、少しはプラスに働く可能性がある。>

 安倍首相は、14日、中井氏の問題について、「政治家はそれぞれ法令にのっとって政治
資金を処理しなければいけない。法令に反していれば当然問題だ」と批判。一方、松岡
大臣の問題に関しては「法令にのっとっていると報告を受けている」と述べ、問題ない
との認識を示したそうだが。<時事通信社 14日>
<社民党の福島代表は「全くの噴飯ものだ。中井氏は付け替えを認めたが、松岡農水相
は説明すらしていない。首相に中井氏の問題を批判する資格は全くない」「首相は説明
責任を一切尽くさない松岡氏をかばっている。松岡氏と同罪だ」と非難<時事14日>』

 ここで民主党議員が同じようなことをしながら非を認めて、きちんと謝罪し、説明責任を果たせ
ば、野党はもっと攻めやすくなるし、与党内からの批判も高まる可能性も高い。


 実際、与党内からも少しずつ批判の声が表に出だしている。
 14日には公明党の北側幹事長は、「ここまで指摘されているので、もう少し誠実に説明
してしかるべきではないか」「『各党、各会派で一致したら(公表する)』というが、
政治と金の問題で疑惑が指摘されれば、説明責任は政治家個人にある」と政治資金規正法
の改正などを待たず、率先して説明すべきだとの認識を示したという。<産経14日>

 また、14日に安倍首相が官邸で開いた当選1回の同党衆院議員約40人との昼食会
では、出席者から「(統一地方選を控えた)地元の市議、県議は納得しない」「国民の
視線は厳しい」などの意見が続出。首相は「迷惑を掛けていることは分かっている」と
述べたという。
 同日行なわれた津島派幹部会では、首相が松岡氏を擁護する姿勢を示していることに
関連し、笹川堯副会長が「安倍内閣をつくるのに協力はしたが、1閣僚を守ると言った
覚えはない。(松岡氏は)自分で転んだのだから自分で起きなければいけない」と述べ、
自ら疑惑払しょくに踏み出さない松岡氏の対応を批判した。<時事通信14日より> 

 前記事にも書いたが、ともかくこの松岡大臣の問題は逃げ切らせてはいけない。
地方選や参院選のことを考えても、4月8日投票の地方選後にコトを進めようとして
いる国民投票法案や教育関連法案を安倍自民党ペースで運ばせないためにも、私はこの
松岡問題は大きな鍵になると思う。


* * * * *

 その4月8日投票の地方選の中で、最も注目を浴びている&もし現職の石原知事が
負ければ、自民党に大きな打撃を与えられるのが、東京都知事選だと思う。

 石原都知事に対する批判<国旗・国歌通達や度重なる差別的発言に見られる超保守的・
強権的&人権軽視の姿勢、勝手にアレコレ決めてしまう非民主主義的な政治手法、
大企業や経済団体との癒着&格差問題への無関心、経費や人事の不透明性など>は、
ほとんど安倍内閣にも通じるものである。
 彼は自民党の推薦を断ったものの、自民党超保守派そのものの政治家なのだ。<もと
もと自民党で二十何年か議員をやっていて、総理を目指したこともある人だし~。>
 
 石原氏も、浅野氏も「東京の政治を変えることは、日本の政治を変えることにつな
がる」という趣旨の言葉を語っているのだが、私はその要素は十分にあると思う。
 
 昨日、宮崎の東国原知事が、日本外国特派員協会でスピーチを行なったのだが<TV
で見た範囲では、スピーチの内容自体は笑いをとりに走り過ぎた感じでイマイチのような
感じもしたが>、安倍内閣の支持率低下について「国民の体温を感じていないのが原因
ではないか」と分析。また無党派層の増加については「既成の政党を変えなくてはいけ
ないという使命を、国民は感じているのではないか」と語ったことに関しては、「確か
に」と思うところがあった。

 都民の人たちは、もちろん都政を第一に考えるべきなのだが、今後の日本の政治のあり
方も含めて、果たしてこのままの方向性でいいのかということもよ~く考えて、投票する
人を決めて欲しいと切に願う。

 何だか今日15日の夜に、中野で東京都知事選に立候補を表明している4人(石原氏、
浅野氏、吉田氏、黒川氏)が集まって、公開討論会<コチラ>が行なわれるらしい。
 投票率アップにつなげようという試みで、東京青年会議所が企画。4年前は石原知事
のスケジュールが合わずに中止されたが、今回は知事も参加を了承したため実現にこぎ
つけたという。<さすがにここをパスったら、評価が落ちると懸念したのかな?>
 都民としては、コレは是非見てみたいと思うのだが。<仕事が・・・(--)> ネットで
録画の公開をしてくれるといいな~と思う。

* * * * *

 最後に14日、鈴木ヒロミツ氏が肝細胞がんのため60歳の若さで亡くなったという。
 いまは俳優やタレントとして知られる彼だが、もともとは1960年代のGSブーム
の時に「ザ・モップス」というロック・グループのボーカルとして活躍した人だった。
<歌唱力バツグンで、井上陽水が前座を務めたり、松任谷由実が中学時代に追っかけを
するなど、心酔するアーティストは多かったという。(サンスポ14日)>

 今朝は、各局で鈴木氏の訃報のバックに「たどりついたら、いつも雨降り」が流され
ていたが、これは本当に名曲だと思う。(作詞・曲は吉田拓郎なのだが。歌詞を*3に)
<私も大好きで、たまにカラオケで唄うことがある。あとラジオで「月光仮面のうた」
という曲を聴いたことがあるが、ブルースっぽいアレンジと歌がカッコよかった。>

 また、以前、鈴木氏とドラマ等の撮影で一緒に仕事にしたことがある人から、「鈴木
ヒロミツさんっていう人は、ともかく現場で共演者はもちろん、スタッフにまで気を
遣って、場を明るくして、みんなで気持ちよく仕事ができるようにとするイイ人だ」と
いう話を何度もきいたことがあり、彼をドラマで見るたびに、そして今日もそのことを
思い出していた。
 心からご冥福をお祈りいたします。

                         THANKS


【 下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の壁高し。何とか少しでも上を目指して。ご支援よろしくです。m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑1位ブログが超・強いのだけど。・・・また、コツコツ頑張るぞ!(・・)





*1

『元法相の中井洽(ひろし)衆院議員(民主)が光熱水費などがかからない議員会館に資金管理
団体の主たる事務所を置きながら、政治資金収支報告書には2005年までの3年間に
計約1070万円を「光熱水費」として計上していたことが分かった。
 中井氏側は取材に対し、全額が慶弔費やガソリン代など別の支出を計上していたことを認め、
収支報告書を近く訂正するとしている。

 読売新聞が、資金管理団体の主たる事務所を05年に議員会館に置く衆参両院議員167人
について、03~05年の収支報告書を調べたところ、光熱水費を計上していたのは58人。1度
でも年間100万円を超えたのは衆院8人、参院2人で、自民党8人、民主党1人、国民新党1人
だった。合計額では松岡農相が計約1440万円と最多で、中井氏が2番目だった。

 政治資金規正法施行規則では、光熱水費を「電気、ガス、水の使用料」などと定めている。
 中井氏は03年に546万円、04年に236万円、05年に286万円を計上。会計責任者による
と、実際は光熱水費はかかっておらず、供花代などの慶弔費、電話代、会合費などを光熱水費
として記載していた。
 会計責任者は「前任者から引き継ぎを受けた際、おかしいと思ったが、光熱水費が急に減ると
不審だと思い、慣例的に続けてしまった」としている。今月中に総務省へ提出する06年分収支
報告書は、光熱水費をゼロにするという。中井氏は14日、「書き込む項目が間違っていた」と
釈明した。
 これに次ぐのは、自民党の元建設相・関谷勝嗣参院議員(3年計525万円)、元防衛長官・
瓦力衆院議員(同494万円)、園田博之衆院議員(同369万円)。いずれも議員会館以外の
事務所の光熱水費を計上していたとしている。
 その上で、関谷氏の事務所は「資金管理団体の役員が自宅で役員会などを開いた場合、日割り
で光熱水費を請求してもらっている」と説明。園田氏の事務所は、ミネラルウオーターの代金を
含めているとしている。<読売新聞 14日>:』


*2

『民主党の中井洽(ひろし)元法相が政治資金収支報告書に光熱水費を虚偽記載した問題で、
同党の鳩山由紀夫幹事長は十四日、中井氏に十六日にも記者会見させ、領収書など詳細を
公表する方針を表明した。身内の失態に素早くけじめをつけて、同じ問題を抱えながら、一向に
詳細を明らかにしない松岡利勝農水相との違いを際立たせる方針。松岡氏の問題では与党内
からも苦言が相次いでいるが、安倍晋三首相は擁護の姿勢を崩していない。

 鳩山氏は十四日、早急に説明責任を果たすよう中井氏に指示。小沢一郎代表も同日、鳩山氏
らとの会談で「間違いを早く国民に示して、きちんと謝り、説明することだ」との考えを示した。小沢
氏は「与党の大臣は全然説明責任を果たしていない」とも述べており、与野党の姿勢の違いを
強調している。

 ただ党執行部が中井氏の問題を「先週の段階で名前が浮上した」(鳩山氏)と早くから把握して
いたのに、「議員会館以外に事務所があると理解していた」(同)と誤解し、対応が遅れたのも
事実。党幹部は「記載ミスで、悪いことをした訳ではない」と話すが、党内には「議員辞職する話
ではないが、党の役職は辞めざるを得ないんじゃないか」(参院幹部)と楽観を戒める声もある。

 一方、終息ムードが漂っていた政府・与党内の雰囲気は、中井氏が虚偽記載を認めたことで
一変し、松岡氏問題の再燃を懸念し始めた。
 公明党の北側一雄幹事長は十四日の記者会見で、松岡氏の対応について「もう少し誠実に
説明されてしかるべきだ。何らかの疑惑が指摘されたら、説明する責任が政治家個人にはある」
と厳しい見方を示した。
 また、同日昼に首相官邸で開かれた首相と当選一回の自民党衆院議員との会合でも、議員側
から「国民は納得しない」などと苦言が飛び出した。しかし首相は同日も、記者団に「農水相は
法にのっとって適切に処理している」と繰り返すばかりだった。
 統一地方選への影響を懸念する自民党の派閥領袖は「予算案審議中に閣僚を差し替えること
はないが、予算成立後は首相の判断だ」としており、松岡氏の進退論が再び浮上する気配もある。
<読売新聞 14日>』


*3
『たどり着いたら いつも雨降り』 <吉田拓郎 作詞/作曲>


疲れ果てていることは 誰にもかくせはしないだろう
ところがおいらは何のために こんなに疲れてしまったのか
今日という日が そんなにも大きな いちにちとは思わないが
それでもやっぱり 考えてしまう ああ このけだるさは何だ

いつかはどこかへ 落ち着こうと 心の置き場をさがすだけ
たどり着いたら いつも雨降り そんなことのくり返し
やっとこれでおいらの旅も 終わったのかと思ったら
いつものことではあるけれど ああ ここもやっぱり どしゃ降りさ

心の中に傘をさして 裸足で歩いている自分がみえる
人の言葉が 右の耳から 左の耳へと 通りすぎる
それほど 頭の中は からっぽになっちまってる
今日は何故か おだやかで 知らん顔してる自分がみえる
by mew-run7 | 2007-03-15 07:45 | 政治・社会一般

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」アンチ超保守&安倍・菅・維新の立場から、左右ではなく、mew基準の視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書く。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31