公明党は石原を支持せず、独自候補(桜金造)を?・・・どうなる、都知事選?!

今回は、前記事の『石原知事の選挙対策用イメ・チェン戦略にだまされるな!(1)』の続き
を書こうと思っていたのだが。
 都知事選に関して、チョット注目すべきニュースが出ていたので、そちらの方書くことにする。

 俳優・タレントの桜金造氏(50)が、16日に都知事選に出馬することを表明。
19日に正式に記者会見を行なうという。

 何故、これが注目すべきニュースかと言えば・・・桜金造氏は、熱心な創価学会の会員
として知られているからだ。<アチコチに出ていることだが。wikipediaにも書かれている
し、きっこのブログにもあった池田大作氏と一緒に写った写真は、ザのじじズムさんのとこ
コチラ)でも見られる。> 

 ということは、彼が学会をやめていないということを前提に書くなら、公明党(&創価
学会)は、石原慎太郎氏を支持するのではなく、実質的に公明党の独自候補を立てる道を
選んだということになる。

 う~ん。(--)・・・この影響は、どのように出るのだろうか? ビミョ~なところだ。


 つい2~3日前、友人と「そう言えば、公明党は都知事選はどうするんだろうね~」と
いう話をしていたばかりだった。
 今さら言うまでもなく、公明党の選挙活動&集票力は極めて優れたものがあり、特に
投票率が低い時や接戦になった時には、結果を左右するような大きな力を持っている。
だから、当然にして、都知事選で公明党がどのような方針をとるのかにも、強~い関心を
抱いていたのである。

 公明党は、国政だけでなく都議会でも自民党と共に与党側にいる。だから、ふつ~に
考えれば、他地区で見られるように、都知事選でも自民党と共に石原氏を推すことになる
はずなのだが。ところが、(結局は断ったのだけど)自民党が石原氏を正式に推薦しよう
という話が出た時も、公明党も推薦する話は出ていなかった。
 近時になっても、報道記事やブログ、風聞などで「公明党は与党側の座をキープするため
に、様子を見て、石原氏か浅野氏の有利な方の勝ち馬に乗るのではないか」「学会員には
石原氏への抵抗が強いが、民主党支援の浅野氏に乗るわけには行かないので、自主投票に
するのではないか」「学会員の受け皿になる候補を模索しているのではないか」などなど
諸説が飛び交っていたのだった。

 石原氏は、あまり学会員には好まれないタイプの政治家であるという。改憲推進のタカ
派、嫌中朝派&人権軽視である上、創価学会のライバルと言われる霊友会を信仰し、その
関連団体がバックについていると言われているだけに、とても喜んで心から支援しようと
いう気持ちにはなれそうにないのもうなづける。
 ただ、上からの指示が出たとなれば、それに従って行動する人たちが多い。

 逆に言えば、石原氏は以前にはかなり学会批判を行なっていたこともあり<安倍首相も
そうだけど>、できるなら学会の世話などにはなりたくない気持ちもあるだろうが、選挙
となれば、それも苦戦の予想がされているとすれば、そうも言っていられない。
 だから、石原氏は今年の1月に開かれた公明党東京都本部の新春賀詞交歓会にも、自民
党の中川幹事長らと共にしっかり出席して、挨拶に立って「都議会公明党の皆さんは、
なかなか機微に付した、誰も思いつかない、おもしろい提案をされ、いつも感心する」と
高く評価。オリンピックの東京開催について「知恵をお借りして、力を合わせて成就して
いきたい」と述べたという。〔公明新聞1月13日より(コチラ)〕
<「誰も思いつかないおもしろい提案」という表現は、高い評価なのか、自分とは異なる
主張をすることを皮肉ったものなのかはわからないが。^^; ただ、選挙やオリンピック
招致に協力して欲しいと思ったのは確かだろう。>


 公明党の方も、学会員の声を聴きながら様子を見ていたのではないかと思うが。結局は
自前の候補を立てる道を選ぶことになったのであろう。
 桜金造氏は、出馬の理由として「15日夜の(都知事選立候補予定者の)公開討論会で、
共感できる人がいなかった。」「討論会はオリンピック一色だったけど、もっと大切なことがある」
と考えたことを挙げている。
 それは、公明党&学会の考えなのではないかとも思った。学会員は石原氏を支持したくない。
かと言って、他にノれる候補もいないということである。

 桜氏はまた「近所のおばあさんが孤独死したり、近所の子供が虐待を受け施設に預け
られた。都民の生存権と幸福追求権を実現できるようにしたい」と語ったという。そして
「本気で都知事になれるとは思っていない」が、「供託金300万円を払ってでも発言の
機会をもらいたかった」と話したそうだ。<以上、スポニチ、毎日新聞16日より>
 もちろん桜氏自身の思いもあるだろうが、公明党は国民、都民の生活、福祉を重視して
『生活現場主義』『闘う人間主義』『大衆とともに』を今年の選挙戦のテーマにしている
だけに、これも党の方針と合致している考え方なのではないかと思う。

 そして私は、公明党がこのような判断をした背景には、議員や支持者が抱く不満のガス
抜きや、安倍自民党へのけん制を考えたことがあるのではないかとも思う部分がある。
 このブログでもよく書いているが、公明党は安倍首相&周辺に関して、かなりの不満や
疑問を抱いている。もともと超保守&改憲派の安倍氏とは考えが合わない上、彼の独断的
強硬的な手法に対する批判も強い。<周囲のスタッフが根回しをしないので、尚更?!>
特に党の代表が太田氏に変わってからは、「自民党に言うべきことは、はっきり言う」と
いう姿勢が強まっており、公の場でも批判やけん制の発言が多くなっている。
 昨秋の復党問題、今年にはいってからの柳沢、松岡問題でも怒ってるし、安倍氏が参院
選で改憲を争点にしたり、国民投票法案を強引に通そうとしたりしているのも不満だし、
何より安倍氏が突然に独断で衛藤氏の復党&参院出馬を認めたことは、あわや自民、公明
の選挙協力にヒビがはいるかと言われたほど、公明党にとっては大きな裏切り行為だった。

 そこで、この都知事選で安倍氏と重なる部分も多い石原氏を支持しないことによって、
議員や支持者の不満、ストレス解消をはかると共に、安部自民党に公明党が不満や怒りを
抱いていることをアピールし、「何でもそっちの思うようになるわけではない」とけん制
する意図があったのではないかと思ったりもするのだ。


 何かここまでで、かなり長くなってしまったが・・・。^^;
 では、桜氏の出馬は、都知事選にどのように影響するだろうか?

 石原陣営にとっては、公明党の支持を得られないことによって、計算できる票が減る
のは痛いことだろう。近時は全国的に、自民党の組織票が弱くなっているようだが、特に
東京の組織力はあまり強くないときくだけに、今まで以上に無党派層の支持を得られる
ような選挙活動をする必要があるように思われる。
 また、公明党の組織票が減る分、当選に必要な票数のラインが下がるかも知れず、その
点では、石原氏以外の候補者にもチャンスが広がることになるかも知れない。

 だが、浅野氏にとっても、決してプラスになることではないようにも思える。
 浅野陣営が公明党の支援を期待していたかどうかはわからないが、自主投票になれば、
反石原の票が流れて来る可能性は十分にあった。<吉田氏にも、少し行ったかも。>
だが、桜氏出馬により、公明票を得ることはかなり困難になってしまうだろう。
 しかも、桜氏は浅野氏と同じように、福祉や生活、人権を重視することを訴えて行き
そうだ。実は、浅野氏は都民の間では、まださほど知名度や馴染みがないことがウィーク
ポイントになっていると言われている。他方、桜金造氏は、後述するように多岐の分野で
活躍しており、一部の年齢層を除いては、思いのほか知名度が高く、親しみもあるような
のだ。<何か見た目も、「いい人~」という感じだ。>その桜氏が、同じような福祉、
人権などの主張をした場合、浅野氏や吉川氏に行くかも知れなかった無党派層の票が
桜氏にとられてしまうおそれもある。

<桜金造氏は、TBSの人気番組だった「ぎんざNOW!」素人コメディアン道場でデビュー。
75年、ザ・ハンダースを結成。その後、「アゴ&キンゾー」で活躍。また俳優として
映画「タンポポ」、「マルサの女」など伊丹十三監督作品への出演やNHKのコメディ
「お江戸でござる」「道中でござる」のレギュラー出演も。その他、多岐にわたる映画、
ドラマ、ビデオに出演しており、近時は怪談テラーとして若者にも知られているという。>

 う~ん。・・・もしかして、桜氏の出馬は、結局、石原氏をアシストすることにつながっ
てしまうのかも?!(-_-;)
 そうなれば、石原氏&自民党側とそんなにギクシャクすることにもならないしね~。

「うまいな~、公明党&学会」・・・れが、私が一番感じさせられたことかも知れない。

                           THANKS


【 下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の壁高し。何とか少しでも上を目指して。ご支援よろしくです。m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑1位ブログが超・強いのだけど。・・・また、コツコツ頑張るぞ!(・・)
[PR]

by mew-run7 | 2007-03-18 10:13 | 政治・社会一般