美しい国づくりの国民運動&「?」のCMにアブナさが漂う?+上田・東国原の問題発言に怒!

<また二つの記事をまとめてアップするので長いのですけど、お許しを。m(__)m>

 2日のニュースで、一番イヤ~な気分にさせられたのは、この件だった。

 政府は2日、安倍晋三首相が掲げる「美しい国づくり」に向けたプロジェクトを検討
する企画会議の発足と有識者メンバーを正式に発表した。<*1>
 これは内閣官房に置かれるもので、塩崎長官や世耕弘成首相補佐官(広報担当)、
12人の有識者で構成。メンバーには、日本画家の平山郁夫さんや、京都大大学院の
中西輝政教授らが選ばれた。
 
 では、コレは何をするものなのか? 産経新聞3月23日によれば、
『政府は23日、安倍晋三首相が掲げる「美しい国づくり」を国民運動とすることを
目指し、日本画家の平山郁夫氏ら文化人や専門家約10人による有識者会議を4月に
設置する方針を決めた。有識者会議は「美しい国」のイメージが不明確なことを踏ま
え、日本の良さの検討や、各地の美しい自然や伝統を募集する予定。政府は23日、
運動を展開する事務局として内閣官房に「美しい国づくり」推進室を設置した。』


 そう。このプロジェクトは、安倍首相&仲間たちが夢見る「美しい国づくり」を
「国民運動」にするためのものなのである。<(-_-;)haa 国民運動だって?!>
 
 塩崎官房長官は、2日の会見で「本プロジェクトには一人でも多くの国民の皆様に
ご参加いただき、日本の未来に向けた新たな可能性、活力を生み出していきたい。
国民が参加する形で、皆でそういった力を産み出していこうということだ」と説明。
<官邸HPより>
 世耕弘成首相補佐官(広報担当)は「国民に美しい国とは何かをしっかり考えて
もらう運動で、押しつけではない」と話している。<朝日新聞2日>

 押し付けかどうかは別として、何で、何のために安倍氏&仲間たちの描く国づくり
ロマンに国民運動を展開するのか、またその必要があるのか。<しかも、わざわざ
内閣官房に企画会議やら推進室まで作ってまで。> 一体、彼らは何をしようと
考えているのか・・・そこが問題なのである。

 しかも、メンバーを見て、「あ~」と思う人がチラホラ。そして、ついに安倍氏
の大ブレーンと言われている中西輝政氏が表舞台に出て来た。
 安倍氏が論じていることの多くは、中西氏の著書&理論の影響を受けていると
言われている。<ほとんど「そのまんま」との話もある。>

 中西氏は超保守主義の国際政治学者で、戦後民主主義を批判し、「押し返す保守に
よる日本の再生」を主張。昨年まで「新しい歴史教科書をつくる会」の理事を務めて
おり、当ブログでも時々登場する八木秀次氏と共に「日本教育再生機構」の設立に
代表発起人として関与している人物だ。<wikipediaより。詳細はコチラに。>

* * * * *

 美しい国づくりキャンペーン?と言えば・・・

 昨年暮れ、TVを見ていて、「あら?」と思ったCMがあった。
 日本ハムがお歳暮用の高級商品に「美ノ国」(うつくしのくに)と命名。
女優の天海祐希さんが優雅な和服姿で、老舗料亭の若女将に扮したCMを展開して
いたのだ。<都内各所には、多数の大きなポスターが貼られていたようだ。>
 そう言えば、天海祐希さんは昨年「女王の教室」で独特な教師役を演じて話題を
呼んだこともあってか、首相官邸の「教育再生会議」の委員を打診されたという。
(CM関連記事は*2&写真はコチラに。ポスター写真がコチラのブログに。)
 これは、まったくの偶然のことか? ハム・メーカーが安倍氏の「美しい国」から
イメージを得たのか? または、何かサポートする意図があるのか?・・・などなど
CMを見るたびに、そんなことを思っていたのだが。

 そして先日、TVを見ていて、また「あらら?」と思うCMと遭遇した。
 今度は、丸美屋の「お茶漬け」のCMだ。こちらは女優の木村佳乃さんが
やはり和服姿で登場。画面には出て来ない男性らしき人に、お茶漬けを作り「あなた
はちょっとたっぷりめ。・・・ゆっくり食べて下さいね」と、ちょっと古式ゆかしき
女性を、ややセクシーに演じているものである。<コチラにCM画像が。>
 このお茶漬けのCMも最後に「美しい日本のお茶漬け」というコピーが出るのだ。

 気のせいだ、考え過ぎだと思いたいところなのだけど。だんだん、「何だかな~」
という気になって来ません?
 もし同じように和風テイストで「美しい国or日本」バージョンのCMが新たに出て来たら、
これはもう、「かなり・・・」かも知れない。

<ちなみに、3月には、拉致問題をアピールする政府CMも流されていた。政府が
1億かけて作ったCMだという。
 ちょうど六カ国協議や専門部会で拉致問題の交渉を行なっている時だったし。確か
に、拉致問題を風化させるべきではないとも考えるので、キャンペーンをやること自体は
悪くないと思うのだが。
 私はそのCMを目にする機会はなかったのだけれど。見た人は「北朝鮮の恐怖を
あおるような感じがした」「結局、安倍首相の存在をアピールする感じで、知事選の
前なのに安倍自民党の広告みたいに思えた」と言っていた。>
 
* * * * *

 2日は、埼玉県の上田清司知事と宮崎県の東国原知事の失言についての報道も
多かった。両者とも、新規県職員の就任式での挨拶の中での発言である。

 このブログでは、もしかしたら何十回と書いていることだが、ともかく政治家たる者
特に首相とか大臣とか知事とか、国や県の行政府を代表する立場の者は、その公の場
での言動には、人一倍に配慮しなければならないということが、どうしてわからないの
であろう。<怒>
 メディアやブログが、そういうことを書くと、すぐに言葉狩りだ、揚げ足とりだと
いう人がいるが<保守系の人の批判でなければ、OKなのかしらん?>。彼らはそれ
ぐらい言葉の使い方や表現の仕方には細心の注意を払うべき立場にあるのだし、それを
きちんと指摘しないと、意識が鈍磨したり、図に乗ったりして、それこそモラルもへっ
たくれもない社会になってしまうことが問題なのではないかと思う。<また、こういう
ことを通して、子供もオトナも、色々なことを学んで行くのではないだろうか?>


 上田知事は「自衛官は大変だ。分かりやすく言えば平和を守るために人殺しの練習
をしている。国民の命、財産を守るためだから偉いと褒めたたえなければいけない」と。
そして「警察官は人を疑ったり痛めつけたり練習をしなければならない」<自衛隊は税金
で云々。自分で稼ぐ分ヤクザの方が偉いと言ったとの話もある。>
 それと対比して県職員の仕事について「人を疑ったり痛めつける練習をしなくてはなら
ない仕事と違い、多くの方に喜びを与え、その喜びを自分のものに感じることができる」
と語ったという。
 式の後、上田知事は人殺しという言葉について「言葉が簡単明瞭すぎてきつかった。
適切でなかった。殺傷の練習をしていると言えばよかった、今は反芻している」と
述べたそうだ。<共同、毎日2日&wikipedia 他より。>』<*3>

 TVの映像で見る分には、上田氏は自分の発言の問題点がよくわかっていないような
感じを受けた。<「人殺しも殺傷も同じことだろ~」とツッコミたくなる。>

 私は平和主義を重視しているし、安倍政権が軍事力や軍事活動を強化しようとして
いることには大反対ではあるが。
<正直なところ、上田発言をきいて、真っ先に思い浮かんだのは、今月から発足した自衛隊の
テロ・ゲリラ対策強化のための「中央即応集団」だったりもした。(コチラ参照)>
 でも、自衛隊の人たちには恨みはないし、いざ日本の国土が攻められた時には彼らは必要
だと思っているし、災害救助活動もよくやってくれていると思うし<この分野では、もっと国際
貢献してもいいと思う>。彼らはそのために訓練しているのだから、この表現はあまりにも
失礼な言い方であろう。
 自衛隊員やその家族の気持ちというものを、配慮することができないのだろうか?
一般市民や子供たちがこれをきいて、自衛隊はそういうところだという印象を抱いたら
どうするのだ?

<上田氏については、wikipedia(コチラ)などでご覧頂きたいが、民主党系と言われる
が、もともとは自民党・中曽根派にいたけど、公認がとれずに、衆院議員時代は、新自
由クラブ、新生党、新進党、フロムファイブ、民主党とわたり歩いて来た人で。安倍氏
らと拉致議連を結成。TVでもタカ派発言をしまくり。知事になってからは、県議会
答弁で「新しい歴史教科書をつくる会」を支持し、同会の元・副会長を教育委員会の
委員に任命したり、アレコレ問題発言をしたりで、県民からの批判も多く。石原都知事
と首都圏連合を組んで、べったりくっついているような超保守系の知事なのである。> 
 

 また東国原知事は、先週、インフルエンザのために入院していたことから、「タミフル
を5日間飲み放題飲んだので異常行動、異常言動に走るかも」と発言したところ、県庁
に県外から「タミフルの服用と異常行動の因果関係が証明されていない」という抗議の
電話が1本あったという。<関連記事*4>』
 その後の定例記者会見で「ユーモアを交えて社会風刺をしたつもりでしたが、そこら
辺の高度な本質が十分に伝わっておらず、一部の方からクレームをいただきました。
不快に思われた方がいたというのは厳然たる事実。真摯に謝罪させていただきます。
すいませんでした」と頭を下げた。
 ただ、社会問題になっているタミフルへの「高度な皮肉」が理解されなかったことが
不満だったのか「就任して以来、ご批判、賛否両論、それが言葉狩りとか、言論統制に
つながっているような気がする」と、ぶ然とした表情で抗議した。<日刊スポーツ3日
より抜粋>

 これも、私は不用意な発言だと思う。<タミフルの異常行動関連で亡くなっている人
もいるのだし、今、この薬にはナーバスになっている親も多いのだから。>
 実は私はオールナイト・ニッポンに出演した際に言った「(高齢の議員は、議場で)
寝てるのか、死んでるのか分からない」という言葉も問題ありかと思っていた。

 本人も「(立場上)言えることと言えないことがすごくある。ただでさえ私は失言が
多い」「芸人(の性質)がこびりついていて、カメラを向けられると何かしゃべらない
といけないと思ってしまう。」<読売新聞 3月10日>と話していたようだが。
 
 同じ発言を芸人のそのまんま東が行なえば、社会風刺の高度?なジョークになると
思うが。県知事の東国原英夫が行なえば、そうは行かない。
 知事だってユーモアはあった方がいいが、笑いをとる必要はないし、特に北野軍団
的の「毒舌」を用いるのは好ましくないように思う。<毒舌というのは、毒がある(人を傷つけ
たりおとしめたりすることによって成り立つ部分もある)ので、ふだんは口にするのを控える
ことも多いことを、あえて言ってしまうケースが少なくないのだから。>
 
 私は東国原知事には頑張って欲しいと思っているし、別にジョークの一つも言わず
堅苦しい知事になる必要はないと思うが、自分の立場というものをわきまえて、
言葉には気をつけるべきだと思う。それは言論統制ではなく、政治家としてのモラル
なのではないだろうか?

                         THANKS

【 下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の壁高し。何とか少しでも上を目指して。ご支援よろしくです。m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑上位に強いブログが! ・・・また、コツコツ頑張るぞ!(・・)


 <報道記事*1~4は↓More の部分に>






*1
『政府は2日、安倍晋三首相が掲げる「美しい国づくり」に向けたプロジェクトを検討する企画会議の発足と有識者メンバーを正式に発表した。日本画家の平山郁夫さんらに加え、京都から京舞井上流五世家元の井上八千代さん、京都大大学院の中西輝政教授らが選ばれた。

 塩崎恭久官房長官は2日の会見で人選について「各分野の第一線で活躍され、さまざまな価値観をもつ方に集まっていただいた」と説明。「地域や足元から日本ならではの美しさを見つめ直し、日本の未来に向けて新たな可能性を国民参加の形で議論していきたい」と述べた。

 美しい国づくりプロジェクトは、首相が通常国会の施政方針演説で表明し、教育再生会議と並ぶ安倍政権の「目玉」。プロジェクトの企画・審議を行う同会議は内閣官房に置き、塩崎長官や世耕弘成首相補佐官(広報担当)、12人の有識者で構成。3日に初会合を開き、座長を決めた上で本格議論をスタートさせる。

 同会議の他の委員は次の通り。敬称略

 石井幹子(照明デザイナー)▽岡田裕介(東映社長)▽荻野アンナ(作家)▽川勝平太(静岡文化芸術大学長・国際日本文化研究センター客員教授)▽庄山悦彦(日立製作所会長)▽田中直毅(国際公共政策研究センター理事長)▽弘兼憲史(漫画家)▽松永真理(バンダイ取締役)▽山内昌之(東京大大学院教授)  <京都新聞 2日>』


*2

『日本ハムは25日、ハム・ソーセージの新商品ブランド「美ノ国(うつくしのくに)」を今年のお歳暮シーズンから販売し、CMキャラクターに女優の天海祐希さんを起用したと発表した。美ノ国は同社商品の平均価格帯より約5割高い最高級ブランド。新商品の投入で、今年のギフト販売数を前年比10%増にする計画という。 <産経新聞ENAK 06年10月26日>』

*3

『 埼玉県の上田清司知事は2日、さいたま市で行われた新規採用職員就任式のあいさつで「自衛官は平和を守るために人殺しの練習をしている。国民の生命と財産を守るため。偉いと褒めたたえなければならない」と発言。それと対比して県職員の仕事について「人を疑ったり痛めつける練習をしなくてはならない仕事と違い、多くの方に喜びを与え、その喜びを自分のものに感じることができる」と語った。

 式の後、上田知事は人殺しという言葉について「適切でなかった。殺傷という言い方をすれば良かった」と述べた。

 これについて、防衛省の守屋武昌事務次官は同日の会見で「災害派遣や人道復興支援活動など自衛隊の現場は多種多様。一つの戦闘場面に限定されるものではない」と述べた。
<毎日新聞 2日>』

*4
『 東国原英夫宮崎県知事(49)が2日、問題発言を連発し釈明するハメになった。この日、インフルエンザから本格復帰し、新入職員の入庁式訓示など公務をこなした東国原知事は「タミフルを5日間飲み放題飲んだので異常行動、異常言動に走るかもしれない」「 (地元紙は)御用新聞」などと発言。「インフル、タミフル、ヒガシコクバル」など意味不明な言動も飛び出したが、その後の会見で「申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 新入職員への訓示のはずが、自らの首を絞めかねない問題発言になってしまった。インフルエンザから復帰した自身について「タミフルを5日間飲み放題飲んだので、今日は異常行動、異常言動に走るかもしれない」と発言。突然のことに周囲は凍りつき、気まずい雰囲気に包まれた。

 しかし、知事は発言の不穏当さよりも、44人の新入職員に全くウケなかったことが気になったのか、その後もばん回を狙い?暴走は止まらず傷は深くなるばかり。

 式には県の部長クラスも出席していたが「部長はいらない。いてもいいが現場の実行部隊が重要」と“リストラ勧告”を放ち、「問題発言があればタミフルのせいだと思ってください」と責任をなすりつけた。さらに地元紙の宮崎日日新聞を「御用新聞」とし、県幹部を集めた年度初めの訓示でも「インフル、タミフル、ヒガシコクバル」とリズミカルだが無意味に韻を踏んだ。

 さすがに自らの脱線ぶりを自覚したのか、午後の定例会見になって「不快に思われた方がいたのは事実だと思う。申し訳ありませんでした」と平謝り。「シニカル、ブラックジョーク的に社会風刺したつもりだったが、本質が十分に伝わらなかった」と釈明した。

 一方で「自由な言論の枠内」「事細かに批判され、訂正を求められるのはいかがなものか」とも反撃。しかし関係者によると知事は一連の発言の後、「言い過ぎた…」と漏らしていたという。

 「御用新聞」呼ばわりされたのは地元紙の宮崎日日新聞。「御用新聞」と言えば辞典では「政府の保護を受け宣伝になるような報道に努める新聞」の意だが、同紙報道部では「あの文脈からすると、御用新聞の意味を勘違いしているのでは? 地元紙、県紙という意味で使ったのではないか」とクールに反応。知事の発言は地元紙の社説に触れた時に出たもので、同紙では「抗議はしない」としている。

 幸い抗議は県には「数えるほど」で、後援会には「2~3件」と少なく致命傷には至らなかったようなのだが。<スポーツ報知 3日>
[PR]

by mew-run7 | 2007-04-03 11:37 | 安倍政権に関して