憲法否定の石原は、憲法違反で知事失格!・・・頑張れ、反石原勢!!

 昨夜、仕事&食事の帰りに、都知事選の掲示板の前を通りかかった時のこと。一緒に
いた人が「あ、浅野のポスターが替わってる」と気づいた。「こっちの方がいいね」
 立ち止まって見てみると、以前より一回り大きく、背景も明るくなって、笑顔の浅野
氏が写っているポスター張り替えられていた。

 そう言えば、1週間ぐらい前に新しいポスターを作ったという記事が出ていた。浅野
氏の陣営は、急いで告示用のポスターを作ったので、最初のポスターはデザインもゆっ
くり考えられず、掲示板のサイズよりもちょっと小さめのものになってしまったのだと
いう。このポスターで最後の1週間に勝負をかけたのだな~と思ったりもした。

<ちなみに、その掲示板には例の4候補のほかに、あの政見放送で有名になった外山
恒一氏やドクター中松のポスターも貼られていた。途中で3千枚のポスターを作ったという
桜金造氏のものは、残念ながら見られず。東京は約13900箇所に掲示板があるとのこと。
ポスターを作る&貼るだけで、多大な労力と費用がかかるようだ。>

 
「でも、オレは本当に、浅野はよく出てくれたな~と思うよ」と同行の男性がしみじみ
とした口調で切り出した。
「吉田も個人的にはいいと思うけど。現実的に見て、難しかったからさ~。このまま、
石原の対抗馬になれそうな人が出ないで終わったら、こんなに批判が出ていても、また
アイツの楽勝で終わるところだったんだからな~。アレコレ言うやつもいるけど、浅野
にはまさに感謝だよ。」

 私も同感である。また都知事選が終わったら、ゆっくり振り返りたいと思うが。
 このブログでも早く対抗馬をと書き続けていたが、浅野氏の出馬にほっとさせられた
都民や国民は少なくなかっただろう。浅野氏とて、県知事を12年もやったあとだし、
色々と新たな仕事に取り組み始めていた時だけに、本人も家族も本当によく、勇気を
もって決断してくれたと思う。心からの感謝と敬意を表したい。
 吉田氏も個人的にはすごく評価してるし<私の周囲では、TVを見て印象がよいと
評判アップ>、黒川氏が「このままじゃマズイ」と言って立ったことも、その後の流れ
を作るきっかけになってくれたと思う。

 ついに投票日まで、あと1日。最後まで「打倒、石原氏!」で頑張って欲しい。

<他道県の反自民党も頑張れ~~~!(~~)>

* * * * *

 さて、アンチ石原の私も、微々力ながらも彼らの援護射撃をしてみたい。

 前回は「石原発言は、知事以前に社会人として問題あり!」という記事を書いたが、
今回は「石原氏は知事として憲法違反で失格」というテーマで書いてみたい。


 政治家が憲法改正を唱えたり、論じたりすること自体は、決して悪いことではない。
私自身が絶対護憲派でない理由もそこにあるのだが、そもそも憲法自体が改正条項を
設けているのだし、国民がよりよいと思うものに変えるのであれば、何も問題はない
のではないかと思う。<ただし国民を主体にして、慎重に議論した上で改正を行なう
べきであり、一部の政治家が強引に拙速に変えようとするのはよくないと思う。>

 ただ、知事などの公職にある者には、憲法尊重擁護義務(憲法99条)が課せられ
ている。だから、個人的には改憲論者であっても、知事としての立場で職務を行なう
時は、今の憲法の規定や精神<民主主義、人権尊重、平和主義>を尊重し、守らなけ
ればならない。

 ところが石原氏は、知事としても真っ向から憲法を否定するのだ。
 都議会の答弁でも「99条違反で結構であります。私はあの憲法を認めません」
という。この時点で、もう知事として「失格」なのである。

 上記の発言は、02年2月の都議会で、石原氏がかねてから「憲法改正手続など不要
だ。国会(の過半数)の決議で憲法を破棄すればいい」と唱えていることに対し、憲法
の規定に沿わない主張は、99条に反するのではないかと質問されて、答えたものだ。

 石原氏の場合は、憲法の「改正」するというより、現憲法はGHQ占領下で作られた
ものなので無効だと。だから、すぐにでも破棄、廃止すべきだという考えを持っている。
現憲法の存在を認めないので、それを守る必要もないという論じ方をする。
 それゆえ、04年4月に記者会見で、小泉首相の靖国参拝の違憲判決への見解を問われ、
「憲法違反だったら、憲法違反と言ったらいいじゃないか、そうしたら。私は、そもそも
日本の憲法そのものが違反していると思うからね。存在として。憲法の成立過程から
見たって、歴史的な正当性はないですよ、あんなものは」
 03年12月には、イラクに派遣される自衛隊が武力行使受けた場合に関して、
「自衛隊がもし攻撃されたら、堂々と反撃して、せん滅したらいい。日本軍というのは
強いんだから」
「憲法違反だ、ヘチマだって済むことですか。総理大臣が胸たたいて『超法規でおれが
責任取る』と言わなかったら、国家は持たない」 ・・・などと、会見で答えている。

 これらは知事として議会や会見で発言したもの(の一部)であるが、他にも知事の
立場で出席したであろう場やインタビューで、もっと過激なことを言っている。
 それらを見聞するたびに、私は「何でこんな憲法否定する人が、ずっと知事の座に
いられるんだろう」と大きな疑問とため息をついているのであった。(-_-;)haa

もし安倍首相が国会の場や総理としての会見で、同じことを言ったら、国内外で
大問題になり、首相の座をおりなければならないことになるだろう。
 安倍氏をはじめ改憲に熱意を傾ける政治家は少なくないし、心の中では現憲法の存在
を否定している者もいるだろうが、さすがの彼らもそれを公の場で口にすることはない。
<逆に言えば、だからこそ、安倍首相は、現憲法の下で、いかに集団的自衛権や武力の
行使をできるか、アタマ(法解釈)をひねるべく、コチラに書いたような有識者会議を
作ったり、仲間内で研究したりしているのだ。^^;>


 石原氏のこの憲法意識のなさが、民主主義や人権への意識の乏しさにもつながって
いるのかも知れない。自分と意見や考えの合わないもの、自分の嫌いなものに対して
は何を言っても構わない、差別したり、排除をしたりするようなところがあるのだ。

 前記事で書いた瑞穂町の五輪招致決議否決の時の「頭おかしいんじゃないか」も
そうだが、00年に三宅島村議会が都が推薦した助役を否決した時には、空港に見送り
にきた三宅村議11人に対して「お前ら、都が推薦した人事をよく否決したな」「おま
えらバカかって。三宅島っていうのは本当にまとまりのない島だ」と言ったことが
報じられた。議会で民主主義による結論も、石原氏の意思に背くものは、このように
扱われてしまう。
 築地市場移転問題もそうだし、石原氏提唱の三宅島オートレースも、地元の声を十分
にきかずに勝手に決めてしまう。先日、下北沢で選挙演説中に野次が飛んで「うるさい、
黙れ!」と怒鳴ったという報があったが、あれも東京都が主導して計画道路を通すため
に強引に再開発を行なおうとしていることに反対運動が起きており、その反対住民から
の野次だったようだ。
<五輪招致で言えば、知事選候補者の討論会の時も、「日本人がすべて賛同するはずだ。
会場でそう思っていない人が手を上げて欲しい。そういう人にお目にかかってみたい」
と強い調子で言う。反対の人は許すまじという感じだ。(反対の人~ (~~)/ ハイ!)>
 こんな調子だから、石原都政は独裁政治だと批判されるのである。


 ここまでで、かなり長くなってしまった&時間がなくなってしまったので、本文は
終わりにしたいと思うが。
<もしあとで、時間ができたら、どうしても気になる差別発言をMoreの部分にアップ
しておきたいと思う。>

 このようなわけで、私はどうしても石原氏がMY東京都の知事を続けることには、
反対なのであるが。<反対を越えて、もうイヤだ~~~!!!(xox)という感じ>
 ただ、実際のところ、都民の多くは、ふだん石原氏が議会や会見でどのような発言を
しているかは知らないのが実情だ。しかも、ほとんどオール与党になりつつ都議会
(120人中自公民が100人)では、石原氏へのチェック機能は働かなくなっている
のも実情だ。<だから、石原提案は、ほとんどそのまま通ってしまう。四男や公費の問題
をはじめ、諸問題で共産党が孤軍奮闘してくれているのだが、石原氏は共産党も「ハイ
エナ」呼ばわりしたり、常に悪く言っている。>

 改めて、あと1日・・・。何とかならないものか、と切に切に願う私であった。(-人-)

THANKS
  
【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、最後まで読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の壁高し。何とか少しでも上を目指して。ご支援よろしくです。m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑上位に強いブログが来て、3位常駐に ・・・また、コツコツ頑張るぞ!(・・)







3月に行なわれた都知事選候補者の討論会の席で、石原氏は堂々と「わたしが差別
するのは、北朝鮮と中国の一部だけだ」と発言。また同じ席でも話が出たが、彼らが
差別されているように感じるので好ましくないと思い、一般には使用が控えられている
「三国人」「シナ」という言葉を、「これは差別用語ではない」と言って、あえて
公式の場でも用いている。
<もう発想がほとんど、右翼系ブログやネット・ウヨの世界なのである。それも個人と
してだけでなく、知事として公の場で、やってしまうのだ。(-_-;)>

 そして、こういうどこに根拠があるのかわからないことを言ってしまう。

『中国の一人っ子政策に反して秘密に生まれた子供たちが不法入国して犯罪を犯して
いるとして・・・
「(中国では産児制限されているが)避妊なんて方法知らないから、中国には六千万人以上
いるっていうんだね、戸籍のない人間が。」
「その人間達は非常にイリーガルな願望を持っているしね、犯罪というものを反省する
ような倫理観を持っていないし、動物的に生きているわけだから、願望のままに」
「その人たちが例えば日本に入ってきて、どんどん組織化されて、今までなかった犯罪を
する。それに対する道徳的な反省というものを我々が強要しても、精神的な基盤そのもの
がない」(2001年10月23日の「少子社会と東京の未来の福祉」会議席上で)

『尖閣諸島・魚釣島への中国人の上陸事件について問われて、
「彼らのやり方は、内部の人から聞いたけども、調査団が行くんです。そのときに持って
いった、向こうで掘り出した古い土器とか什器じゅうき、それから古いお金を持っていっ
て、海へ置くんだな。次の調査団が行って、『アイヤー、こういうのがあった。これは
中国人はここまでいたんだ。これ、私たちの領土アルヨ』ということで主張するんですよ」
(2004年3月26、都庁の記者会見にて)』

 私自身は、議会や会見その他で、もっと色々ときいているのだが。
 残念ながら、メモをとっているわけではないので、ココに記すことができない。
<他の問題発言サイトに載っていたのだが、都知事選への配慮からか、今は削除されて
しまっていて、そこからコピーできないので。>
[PR]

by mew-run7 | 2007-04-07 14:14 | 政治・社会一般